年末調整

扶養控除等申告書でよくある書き間違いはコレ!

年末調整で配られる扶養控除等(異動)申告書。扶養控除を受けるための重要な書類ですが、今年提出するものなのに、同時に来年分も配られることも。その理由と、運用の誤解、よくある書き間違いを紹介します。

2019年版・年末調整で税金を取り戻すポイントとは?

年末調整の提出書類の内容もわからず記入(あるいは無記入)のまま勤務先に提出してしまう人もいるのではないでしょうか。きちんと記入をしないと税金を多く払ったままになってしまいます。2019年の年末調整の注意点と変更点をとりまとめてみました。

年末調整で還付金が戻ってくる人とは?源泉徴収税額とは?返金・払い戻しの仕組み解説!

年末調整では、毎月給与等から差し引かれる所得税を払い過ぎていれば還付金が戻り、少なければ追加徴収されます。年末調整で還付金が戻ってくる人とは?そもそも源泉徴収税額とは?返金・払い戻しの仕組みをチェック!なお年末調整の還付金が戻るのは12月の給料日が一般的です。

年末調整・保険料控除申告書、社会保険料控除書き忘れに転職者は注意

保険料控除申告書の書き方を間違いやすい、あるいは記入漏れが多いのが社会保険料控除です。特に、年内に転職した人。転職期間中の社会保険料はどうなっていたのでしょうか? 手取りの中から支払っている社会保険料はありませんか?未納になっていた社会保険料をまとめて支払ったというようなことはありませんか? 現在の職場でその旨を正しく申告しないと、払い過ぎた税金を取り戻せない可能性があります。

年末調整の保険料控除、戻ってくる金額はいくら?

年末調整書類の『給与所得者の保険料控除申告書』に1年で払った保険料を書き込み、『生命保険料控除証明書』を添付して提出すると、税金が安くなります。では一体、実際に戻ってくる税金の金額はいくらになるのでしょう? ケーススタディーでは、保険料が年8万円超、税率10%だと所得税は4000円減になり、生命保険、個人年金保険、介護医療保険で合計2万400円の節税となる計算でした!

年末調整の保険料控除、介護保険料や雇用保険の申告漏れなどに注意!

年末調整で処理される保険料控除には、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除といったものがあります。代表的な生命保険料控除の他、手取りの中から介護保険料や雇用保険などの社会保険料を支払っている場合は、申告しないと控除を受けられないので注意が必要です。