年末調整

年末調整の期間・期限はいつ?時期を過ぎた場合は【動画で解説】

年末調整は、従業員側の提出期間は11月中旬から下旬、会社側は翌年1月31日までが提出期限です。扶養配偶者や親族はいるか、生命保険料控除が適用される保険等を記入することで、会社が所得税額を計算し、精算してくれます。期間や期限、時期を過ぎた時の対処法を解説します。

年末調整のお金が戻ってきたら何に使う?

お金のこと、難しいですよね。ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。皆さんからのちょっとしたお金の疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、年末調整で戻ってきたお金の使い道について専門家が解説します。専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。

【2021年・年末調整】給与所得者の保険料控除申告書の書き方

会社員やパート・アルバイトの方は秋になると年末調整書類を提出するかと思います。その一つに「給与所得者の保険料控除申告書」がありますが、記入方法が分からず戸惑う方も多いようです。今回は2021年(令和3年)版の保険料控除申告書の書き方について解説いたします。

年末調整とは? 年末調整するメリットをわかりやすく解説

毎年、9月上旬頃に国税庁から、その年の「年末調整のしかた」などの資料が公表されます。また11月になると会社からも年末調整の書類が配布されるでしょう。今回は、そもそも年末調整とは何か、などについて簡単に解説します。

配偶者控除とは…38万円控除の条件は?2021年も気を付けたい年末調整変更点【動画でわかりやすく解説】

配偶者控除とは、主に妻が専業主婦で無収入、もしくは年収103万円以下のアルバイトやパートである際に受けられる所得控除のことで、配偶者がいる人への税金面で配慮という考えから生まれました。2018年以降「38万円控除」の年収基準は150万円まで拡充。また、2020年から合計所得金額要件が引き上げられていますので2021年の年末調整でも引き続き注意したいものです。

年末調整の「扶養親族」は誰?

会社員、パート・アルバイトの皆さんは年末調整書類を記入する際に「扶養親族」について迷われたことはありませんか? 今回は年末調整における「扶養親族」について解説します。

年末調整の対象者は誰?

会社員やパート・アルバイトで働く人は11月ごろになると会社から年末調整の申告書の提出を求められるかと思います。今回は年末調整の対象となる人について解説してみます。

【2021年・年末調整】2020年の年末調整から大きく変わった書類とは?どう書けばいい?

会社員、パート・アルバイトの皆さんはこの時期になると会社から年末調整書類の提出を求められるかと思います。2020年(令和2年)より配偶者控除を申請する書類が大きく変更されています。記入にとまどう人もいると思いますので、モデルケースを用いた記載手順を解説します。