金銭教育

お正月は子供にお金教育をするチャンス! 我が家で実践したお年玉の用途、管理、相場をご紹介します。

お年玉は、子供にとってお正月の最大の楽しみ



親としては
子供がもらったお年玉をどのように使わせていいか。

我が子や親せきの子供にいくらあげればいいか。
など、悩むことが多いと思います。

そこで、今回はお年玉を教材として親が子供にやっておきたいお金教育や、親の悩みの種であるお年玉の金額の決め方についてお話しします。


お年玉は親子でお金について考える際のよき教材

日ごろ親が与えるおこづかいと違い、子供にとっては大金となるお年玉ですが、ほしいままに無計画に買えばせっかくの「大金」もあっという間になくなります

そのことを、親は子供にしっかり教えなければなりません。お正月にもらうお年玉はその際のよき教材となります。

子供がお年玉を有効活用するために親がやるべきこと

子供にお金教育をしながらお年玉を有効活用させる具体的な方法についてお話しします。

子供がお年玉を有効活用するために親がやるべきことはいくつかありますが、まずはお子さんと次の3点について話し合っておきましょう。

1. 何に使うか

2. いくら使うか

3. 残ったお年玉はどうするか

子供がお年玉をむだづかいしないためには、子供自身が計画的にお金を使う必要性をしっかりと認識する必要があります。

しかし、実際にお年玉をもらうと舞い上がってついむだづかいしてしまう子供も多いので、お年玉の使い道についてはお年玉をもらう前にある程度子供と話し合っておきましょう。



小さな子供には「1. 何に使うか」を話し合う


小さな子供のお年玉は自動的に親が管理する形となります。

その場合も、お年玉を「何に使うか」についてだけは、可能な限り子供と話し合うことをおすすめします。


年代別お年玉管理方法

お年玉は子供が日常で使うには多すぎる金額です。そのため、親がお年玉を管理することも必要となります。

ここでは参考までに、筆者が実際に行った「年代別お年玉管理方法」をご紹介します。

乳児~小学校4年生まで


・全額親が管理し、親が「これは子供に与えてもOK」と思うものにだけお金を出す。

・残りは全額子供名義の銀行口座に貯蓄しておく。

小学校5年生~


・半額親が管理し、あとの半額は子供がどうやって使うかを自分で考えさせる

・親の管理分は全て子供名義の銀行口座に貯蓄しておく

我が家は以上の方法でお年玉を親子で管理し、貯蓄したお金はのちに自動車学校の費用などのために使う事で合意しました。

なお、親が管理する比率についてはそれぞれのご家庭の状況に合わせてお考え下さい。


親がお年玉を管理する上で心がけるべきこと



子供のお年玉は、家計など他の会計と切り離して管理することが重要です。

親が勝手にお年玉を使ってしまうと、子供は親を信用しなくなります

そのため、子供がある程度大きい場合は
お年玉を貯蓄した銀行口座の明細を見せ、子供のために貯蓄している
ことを伝えておく必要があります。

その上で、貯蓄しているお金を将来どう使うかについて、折に触れて子供と話し合う習慣をつけておくと、子供は将来自分に必要なもののためにお金をためることの重要性を自然に学んでいきます。


親族内のお年玉金額は事前に取り決めをするとよい

最後に、「お年玉をいくら渡したらよいか?」という点についてお話しします。

通常、お年玉のやり取りは主に親族間で行われますが、その際に金額の違いがあると不公平になります。

そこで、親族間でお年玉の金額を決めておくことをおすすめします。

メリット


1. 親がお年玉の金額に悩まない

2. 子供に不公平感が生じにくい

3. お年玉をいくらもらえる予測できる

特に3番目は重要です。

子供自身がお年玉の金額を予測し、それにもとづき具体的に使い道を考えることができるからです。

それを通してお金の有効な使い方を学べればベストです。

我が家は年代別に次のように取り決めました


祖父母 → 孫

乳児~大学生一律5,000円

おじ・おば → おい、めい

・ 未就園児:2,000円

・ 小学生:3,000円

・ 中学生:4,000円

・ 高校生:5,000円

・ 大学生以上:なし

ただし、金額についての考え方は当然ご家庭により違いますので、そこは柔軟に対応してください。


お正月の団らんで金銭教育



お正月は子供の学校はもちろん、親の仕事も休みのご家庭が多いため、最も親子で話をする時間が取りやすい時期です。

そんな時こそ、お年玉を上手に活用する方法について、夫婦や親子でじっくりと話し合ってみましょう。(執筆者:大岩 楓)

お年玉問題「いくら?」「何歳まで?」「管理はだれがする?」を徹底的に調べてきました。

この時期になると悩む…



今年から中学校にあがった甥っ子には、去年までより多くお年玉をあげた方が良いのかな?

友人には大学生のお子さんがいるが、お年玉はあげるべきだろうか?
こんな疑問を抱えている人が多くなるのではないでしょうか?

お年玉の相場などは、なかなか情報が出回らないので疑問点は意外と多いですよね。

そこで今回は、年齢別(学年別)のお年玉相場についてリサーチしてみました!

また、子供のお年玉の管理についても調べてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。


年齢別(学年別)お年玉相場

年齢別(学年別)にお年玉相場を見てみましょう。

・ 幼児:1,000~2,000円

・ 小学校1~4年生:1,000~3,000円

・ 小学校5~6年生:3,000~5,000円

・ 中学生:3,000~5,000円前後

・ 高校生:5,000円~1万円

・ 大学生:1万円

私は「予想通りかな」という印象を受けました。


お年玉は何歳までもらっていた?

大学生については、賛否両論いろんな意見があると思います。

世間では何歳までお年玉をもらっていた人が多いのかもリサーチしてみました。

何歳までお年玉をもらっていたのかを調査している機関はたくさんありますが、残念ながら結果はマチマチです。

ですが、どの調査でもランキング上位に必ず入っている年齢は
・ 18歳
・ 20歳
・ 22歳
の3つでした。

高校を卒業してすぐに就職するのか、大学へ進学するのかによっても違うようです。

同じ大学生でも「20歳までしかもらえなかった」と答える人もいました。



働き始めたら両親にあげるという人も


自分が働き始めたら、今度はお年玉をもらうのではなく両親にあげるという人も多いです。

このように、目上の人に渡すお年玉を「お年賀(おねんが)」と言います。

自分の両親や親戚だけでなく、結婚したときにお世話になった仲人さんやご近所さん、上司や取引先の方に渡す人もいるそうです。

こちらの金額相場は、3,000~1万円でした。


子供のお年玉は親が管理する?

世間では、子供が何歳になるまで親御さんによるお年玉の管理を行っているのでしょうか?

こちらもリサーチすればするほど、さまざまな家庭があると分かりました。

お年玉の総額や、お子さんの年齢によっても違います

例えば、小学4年生のお子さんが総額2万円のお年玉をもらった場合と、同じ4年生でも3,000円しかお年玉をもらっていない場合では違ってきますよね。

ですが、やはり中学生になるまでは、お年玉の大半(半分以上)をお子さん名義の通帳などに貯金してあげる家庭が多いようです。

「お母さんに取られた!」とお子さんに騒がれることのないよう、本人と相談したうえでお年玉を預かるのがベストなのではないでしょうか。




今年はわが子に託してみよう

我が家でも、息子が中学校にあがって初めての年末年始を迎えます。

残念ながら私は親戚も友人も少ないので、息子のもらえるお年玉の総額はおそらく多くて1万円ほどです。

それでも、息子が自分で1万円近い金額を管理する機会はほかにないため、今回から本人に管理させてみようかなと考えています。

お金に関する考え方はその家庭によって様々ですが、これを機会にぜひ考えてみてくださいね。(執筆者:永瀬 なみ)

元銀行員ママの金銭教育 子供のムダづかいを防ぎ「正しい金銭感覚」を育てる3つの言葉

元銀行員ママの金銭教育



子供への金銭教育は、わが子が将来自立して生きていくために親が必ず行うべき重要な教育の一つ。

親は子供が小さいうちから金銭感覚をしっかり身に付けさせる必要があります。

そこで、今回は子育てでよくあるシーンで、筆者自身が実際に使った
3つの言葉
をもとに、子供の金銭感覚を養う方法をご紹介します。


「よそはよそ、うちはうち」



子供は他の子が持っていて自分が持っていないもの、特にスマホやゲーム機など、親が安易に与えたくない高価なものを欲しがります。

そんなときかけるべき言葉は「よそはよそ、うちはうち」です。

総務省の「情報通信白書」によれば、ゲーム機は小学生の65%以上、スマホは中高生の約80%が持っています。

そのため、周囲にもスマホやゲーム機を持っている子はたくさんいるでしょう。

・ スマートフォン個人保有率の推移

≪画像元:総務省 スマートフォン経済の現在と将来(pdf)≫


・ 子どもが利用しているICT端末全て(保護者が見せているものも含む)
≪画像元:総務省 情報通信白書


決めたことはブレない


「〇歳の誕生日までは持たせない」などの方針があるなら、子供にその時まで我慢させましょう。

方針がなくても親が安易にものを買い与えない意思を子供にはっきりと告げましょう

もし、そのような場面で親の方針がぶれてしまうと、なし崩し的に子供の思い通りになりがちです。

そうなると、
「欲しいものがあっても時期が来るまで待つ事の大切さ」
子供が学ぶ機会を奪い、お金をあるだけ使ってしまう大人になる恐れがあります。

とはいえ、ママ友や祖父母などに「厳しすぎる」と言われれば親は迷います。そんな時こそ
「よそはよそ、うちはうち」
という言葉を使いましょう。そうすることで、親自身の迷いを取り払う効果も期待できます。


「みんなってだれ?」



子どもが何かを欲しがる時の決まり文句に、「みんなが持っているから」という言葉があります。

みんなといっても、実際はせいぜい2~3人にすぎないのですが、その言葉を聞くと、親は「みんなが持っているなら、うちも持たせなければいけないかしら?」と不安になりがちです。

そのような場合、親は一呼吸置いて冷静になり、
「みんなってだれ?」
と尋ねてみましょう。

たいていの子供はそこで仲の良い友達の名を並べていくでしょうが、見るからに不自然なリアクションになるため、すぐにそれが「みんな」ではないことがわかります。

それでも「みんなが持っているから」と言い張る場合は、前述の「よそはよそ、うちはうち」という言葉をかけ、よその子が持っていてもうちでは安易に与えないという態度を明確にしましょう

また、それと同時に、
「どうしても欲しいなら、お小遣いをためて自分で買うように」
などのアドバイスをすれば、子供が「欲しいものがある場合は自分でお金を貯めないといけない」という、とても大事な事を学ぶ良いきっかけです。


「それは今本当に必要なもの?」



子供と一緒に買い物に行くとなんでも欲しがります。子供が望むままに買い与えていたら、お店を丸ごと買い取っても足りないほどです。

そのような事を子供が言い出したら、「それは今本当に必要なもの?」と問いかけてみましょう。

実は、この言葉は子供だけでなく大人の衝動買いにも大変効き目があります。また、親子で正しい金銭感覚を身に付けるよいきっかけにもなります。

親自身、本当に必要なものであるかを確かめず、無駄なものを買っている事はよくあります。

子供はそんな親の背中をよく見ています。親が悪い見本であれば、子供に何を言っても説得力はありません

そこで、親子で一緒に買い物をする場合は、商品を前に
「これは本当に今必要なもの?」
と、子供と一緒に考え、慎重に買うものを選ぶ習慣をつけましょう

そうすることで、子供だけでなく、親自身もお金を上手に使う習慣が身につきます。


子供の金銭教育を行う前に、まずは親の方針をきめることが重要

今回は子供の金銭感覚を養い、マネー力を育てるために有効な3つの言葉をご紹介しました。

けれどもその大前提として最も重要なのは、お金に関する親の方針をしっかりと決め、父母間で意見を統一しておくことです。

また、親自身のお金の使い方についても振り返り、自分が子供の悪い見本になっていないかどうかの確認も怠らないようにしましょう。

そうすることで子供は親の背中を見ながら正しい金銭感覚を身に付けていくことでしょう。(執筆者:大岩 楓)

家計を管理できる子に育てる。借金ゼロからのスタートを子供に用意できていますか?

貯蓄の基本は借金がないこと



貯蓄の基本は借金がないこと、これは貯蓄に関心の高い皆さんには周知の事実だと思います。
そこからスタートできていますか?
借金と聞くとカードローンやサラ金と呼ばれる消費者金融でお金を借りていることだと思いがちの若い人は多いでしょうが、家電ローン、自動車ローンに加え、住宅ローンも立派な借金です。

さらに加えるのであれば、最近はやりのスマートフォンの機種代の毎月分割での支払いも厳密に言えば「分割」という名の借金です。

壊れたり、その期間使わなかったりした場合には全額もしくは違約金を払う契約になっています。そしてもう一つ、多くの人が借金の意識なく借りて背負っているものが、奨学金の返済義務です。


我が子に奨学金を安易に受け取らせるのは、借金を背負って社会人生活をスタートさせること

親自身には借金がなくても、高等教育に進む我が子に奨学金を安易に受け取らせるのは、借金を背負って社会人生活をスタートさせることにつながる場合があります。

親子ともに自覚があるならいいのです。その覚悟をしてでも受けたい教育を受けて、それを上回る収入や喜びを謳歌できる可能性のために奨学金を活用することは大事です。

けれど、親も子も「借金」の自覚なく、奨学金に頼ってしまったら、子どもの社会人生活は借金からのスタートです。

奨学金を受ける際は未成年のことが多く、連帯保証人は通常親となるため、子が返済の見通しをうまく立てることができなければ、その借金を親が背負うことになります。

実際に、私の周りでも親が奨学金を返済しているケースもあります。そうなると親の老後も不安になってきます。

奨学金は「高等教育への準備」のコラムにも書きましたが、
・ 子どもの成績によって、受けられる・受けられない

・ 成績が下がるにつれ、給付ではなく貸与になる

・ 無利子ではなく有利子になる
といったかたちで、条件が変わってきます

給付であれば返済の必要がないので、借金という心配はありません。

でも、奨学金というネーミングにつられて貸与される奨学金を安易に借りてしまうと、ただの借金ということを親子ともどもご認識ください。




子ども主体で手続きを一緒に行っていきましょう!

子どもが自立していく過程では、口座開設、クレジットカードの契約、健康保険証の交付などたくさんの親の家計との切り離しが必要になってきます。

まだ開設や契約で親の許可や庇護が必要なうちに子どもに対し、マネー教育をしていくことは親の老後の経済面からみても重要です。

そのためにはまず、親がしっかりと金融知識を持っていなくてはなりません。
・ 携帯の使用料
・ 国民年金
・ クレジットカード
携帯電話を持つようななったころに一度、しっかりと親子で学びましょう。

大切なポイント

親が勝手に手続きしてしまわないこと!
勝手に契約してあげて、勝手に払ってあげるなんて論外です。

子どもにお金の流れを確認させることが、将来自立した家計を管理できるようになるポイントです。

手間でもなるべき子どもが主体で、一緒に行うようにしましょう。




親が「国民年金」を立て替えるメリット

国民年金を納める場合は親が立て替えるほうが節約に通じることもあります。

収入がない学生であっても20歳になると原則として、国民年金に加入し保険料を納めなければなりません。

学生納付特例を利用する場合


20歳以上であっても所得が一定以下の学生については申請することにより、学生納付特例といって在学中の納付が猶予される制度があります。

学生納付特例制度の承認を受けている期間は、保険料の支払いをしていなくても保険料を支払ったものとして扱われ、障害が残ったときに障害基礎年金を受け取ることができます。

ただし10年以内に追納しないと年金額に反映されず将来の年金額が減額されることと、追納の場合3年度目以降は保険料に加算額が上乗せされること、年度毎の申請が必要であることに注意が必要です。

猶予分は後で保険料を支払わなければならないということを、きちんと事前に子どもに伝えておくべきです。

借金ではありませんが、借金を支払うことと同じ仕組みではあるからです。

きちんと加入することが大切




国民年金は老後のためだけの備えではなく、病気やケガで障害が残ったときや、収入を支えていた方が亡くなったときの保障もあります

何も手続きのない状態では障害年金を受け取ることができない可能性もありますので、まずは加入手続きを行い、払えない場合は学生納付特例の申請の手続きを行うことが大切です。

3年度目以降の追納


3年度目以降の追納は支払額が高くなるため、子どもの負担を少しでも軽減してあげる余裕があるのであれば、立替払いもできます

収入が高く所得税率の高い親の場合は、親の社会保険料控除で戻ってくる税金が多くなるため、結果として節税につながるメリットもあります

また、保険料を一括で前納すると保険料は安くなります。

ただし、親が代わりに国民年金保険料を支払う場合には、将来を考えて本来支払うべき子どもに対ししっかりと説明し、子どもが収入を得るようになったときに分割で返済してもらうなどの取り決めをするなどしてもよいでしょう。(執筆者:小柳 結生)