通帳

あなたは通帳何冊使ってる? 「3点持ち」で効果的に使い分けよう

あなたのお家には、通帳がいくつありますか?

一人1冊、もしくは一人2冊…またはそれ以上?



たくさん通帳があっても、実際によく使っている口座って実は少なかったりするもの。

たくさんあると管理が大変になってしまうので、できれば最低限の数にまとめてしまうのがオススメです。


通帳を分けることのメリット・デメリット

「管理するなら袋分け」

節約・貯蓄といえば、王道ともいえる生活費の管理方法です。

費用の種類ごとに分けて封筒に入れておき、その中からお金を使い、月末に封筒内にお金が余れば貯金に回す、というやり方ですね。

これは現金を管理するのにはとても良い方法。

「何のお金か」を具体的に見える化することで、「それ以外の用途には使わない」、「その用途に使えるお金はこれだけ」という管理力・抑止力になります。

でも、通帳は分けて持っていてもお金が分散されるだけで、特にメリットはありません。

最悪、通帳をいくつも持ちすぎてしまったために通帳をなくしたことに気づかず、なくした通帳に入っていたお金が紛失・忘却状態になってしまうという事も。

通帳は分けるよりもまとめて、視覚的にもシンプルにしておきましょう




おすすめは「3点持ち」

私がおすすめする通帳の持ち方は、「地方銀行・ゆうちょ銀行・ネット銀行」の3点持ち。

えっ、それって一人3冊になるよね?

いえいえ、ネット銀行には通帳がありません。これなら、実質通帳は一人2冊です。

ネット銀行のお金の管理はスマホやパソコンから。

現金を持ち歩く必要がないので、実はいろんな意味でメリットが大きいんです。


地方銀行

給与の受け取り口になっていることもあるので、引き落としをすべてこの口座にまとめると便利です。

最近ではネット銀行やゆうちょを給与の受け取り口として使うことも増えてきたので、地方銀行をほぼ使わない場合は解約してもOK。

地方銀行は、他県に行くと窓口やATMがない、というデメリットがあります。

しかし地方に密着した銀行だからこそ、サービスや対応が素晴らしいものもあります

広島の地方銀行には「カープ預金」というものがあります。

カープが優勝すれば、それに応じて金利がグンとアップするというもの。

こういったキャンペーンは地方を盛り上げていく大きな原動力となりますし、なにより利用者も楽しいですよね。

地方銀行を、定期預金だけの利用にするのもおすすめです。


ゆうちょ銀行

なんといっても、日本全国どこにでも窓口やATMがあるのが魅力的

支払いなどの利用にも幅広く使え、郵便局なので銀行業務以外にも切手の購入や荷物の配送などなど、かなりのことに対応しています。

全てが「郵便局へ行けば済む」というのは、時間も労力も少なくて済み、本当に効率的です。

1つはもっておきたい、おすすめの通帳。


ネット銀行

最近とても種類が増えてきた「ネット銀行」。

その名のとおり、インターネット上で入出金の管理をする銀行です

使い方は普通の銀行と同じですが、現金のやりとりがなくスマホやパソコンで全てを済ませることができます。

通帳はなく、キャッシュカードのみ

通帳記入の必要がなく、ネットを見れば残高や取引履歴の確認ができます。

現金をおろしたい時は、コンビニATMやゆうちょ銀行ATMなど、連携のあるATMからキャッシュカードを使っておろすことができます

ATM利用時に手数料が数回無料で使えるネット銀行も多いので、使いやすさと近所のコンビニとの連携などを考えて選ぶと便利ですよ。

「楽天銀行」では、ゆうちょ銀行との連携があります。

申し込みをすれば楽天口座からゆうちょ口座への振込み操作はもちろん、ゆうちょ口座から楽天口座への振込みもスマホだけでおこなうことができます。


夫婦の貯金、どうする?

夫婦になると、夫の口座を妻が管理しているという場合が多いかもしれません。

口座は一般的に本人だけのものです。

何かあった場合は、本人以外の人が利用しようとすると、手続きや確認などが大変になることも。

おすすめは、夫婦それぞれの貯金用口座を用意し、毎月同じ金額ずつそれぞれ入金していくこと

例えば、夫の地方銀行に給与が入金されますね。

家賃や光熱費等の支払いなどを、すべてその給与が入る口座に集結させておき、勝手にお金が入って勝手に引き落とされる状態にしておきます。

毎月のことなので、何もしなくて良いのはかなりの時短・効率化。

数か月に一回で良いので、夫婦で話し合って決めた同じ金額をそれぞれ、別に作っている夫のゆうちょ口座と妻のゆうちょ口座に入金・貯金していきましょう。

そうすると夫と妻の貯金額は同じになるので、不平や不満などが生まれにくいんです。

長く一緒に過ごすパートナーだからこそ、余計な衝突やイライラは極力避けたいもの。

夫婦に上下関係なんてありませんよね。もちろん、金額的な上下関係もありません。

一番シンプルで分かりやすい関係、それが「平等」です。




妻に収入がある場合は

妻も夫も働いていて、別々の口座に入金されるなら、妻の給与口座から夫の給与口座に数か月に一度まるっと移す。

夫の給与口座にたまっていく「引落し後のお金」は、定期的にそれぞれの貯金口座にまた同じ金額だけ移しましょう。

夫も妻も働いている場合なら、口座は全部で4口。通帳は4冊ですね。

妻に収入がなければ、口座は3口、通帳は3冊で済みます。


いざという時に困らない管理の仕方を

せっかくお金があっても、いざという時や使いたい時に使えなければ意味がありません。

持っている口座はしっかりと内容を把握し、常に動きのある状態にしておきましょう

全ては「シンプル」がカギ。できるだけ効率的な循環を目指して、通帳の整理をしてみてはいかがでしょうか。(執筆者:河野 友里)

「使う」と「貯める」を通帳で分けて、お金の流れを見える化すると、貯まりやすくなる。3冊の通帳を使い分ける方法と注意点。

「使う」と「ためる」



たまる家計にするには、まず「使う」と「ためる」を明確に分ける事が重要です。

けれども1つの銀行口座で家計の全てを管理していると、ためるはずのお金をうっかり使ってしまい、いつも赤字なんて事になりかねません。

それを防ぐためにも銀行口座を複数に分ける事をおすすめします。

家計におけるお金の使い道は、大きくわけると次の3つに分類できます。

銀行口座は
「生活費」
「特別出費」←これを作るのがポイント
「貯蓄」
の3つに分けます。


通帳1冊目 生活費

食費、光熱費、税金など毎月の生活で必要な出費
生活費は最も利用頻度が高い「メインバンク」で管理すると便利です。給与振込口座ならなお良いです。

特に「生活費口座 = 給与振込口座」にしておくと、光熱通信費など日常生活で必要な費用の口座引き落としの際に残高不足になりにくいというメリットがあります

また、給与やボーナスの振込、あるいは各種口座引き落としの明細(通帳)が簡易家計簿となり、毎月の収支をはっきりと把握できるという利点もあります。

メインバンクを選ぶポイント


1. 自宅や職場の近くにATMや支店がある

2. ATM手数料が無料または格安である

生活費は毎月一定の金額ではありません。毎月決まった金額しか引き出さない人でも急に追加で現金が必要となる場合もあります。そんな時、近くにメインバンクのATMがないと大変困ります。

また、引き出す度に高いATM手数料がかかるとそれが地味に負担です。

そのため、上記の2つのポイントを満たす銀行をメインバンクとすることをおすすめします。


通帳2冊目 特別出費



冠婚葬祭など不定期で必要となる特別な出費
冠婚葬祭などでたまに必要となる「特別出費用」のお金は、サブバンクの普通預金口座で管理しましょう。

筆者の経験で言えば、毎月5,000~1万円程度確保しておけばいざという時安心です。

同じ口座で全ての収支を管理するという考えもありますが、口座内で生活費とそうでないお金を区別することは困難なので、生活費を除くお金は他の口座に分けてしまった方がよいのです。


通帳3冊目 貯蓄

不動産購入など将来の高額出費に備えるお金
貯蓄するお金は普通預金より金利が高い「定期預金口座」や「積立預金口座」への預け入れがおすすめです。

これらの口座は普通預金より金利が高いことに加え、原則満期日までは引き出せないようになっているため、貯蓄に適しているのです。



「定期預金」と「積立預金」の使い分け


「定期預金」は、一定以上のお金を一括で預け入れます。ボーナスなどまとまった収入の貯蓄に向いています。

「積立定期預金」は、毎月決まった金額を積み立てます。少額ずつためていくのに向いています。普通預金からの自動振替で自動的に貯められます。

特にまとまったお金を預ける場合は、利息が高い銀行や定期預金を選ぶとよりお得です。

口座だけでなく銀行も別にする理由

1. 振り込め詐欺などの防犯対策のため、原則同じ銀行で複数の口座は作れない

2. ペイオフ対策で預金を複数の銀行に分散させる方が良い

中でも特に留意すべき事項は(2) の「ペイオフ対策」です。

「ペイオフ」とは、銀行が破たんした時預金が元本1,000万円まで補償される制度ですが、それは同時にそれ以上補償しないということです。

そのため、あらかじめ銀行破たん時のペイオフ対策として、特に貯蓄用口座とその他の口座は複数の銀行に分散させておくことが望ましいのです。


3種類の口座を使い分けて、効率よく貯める

お金の使い道に合わせて複数の銀行口座にそれぞれのお金を分けておくと、貯めるお金を使い込む心配がありません。
1. 生活費や給与の管理はメインバンクで行う

2. 特別な出費は生活費と切り離してサブバンクで管理する

3. 貯蓄は定期預金や積立定期に預ける
特に、特別出費と貯蓄に回すお金は合わせて収入の2~3割程度を確保し、給料日に先取り貯蓄として別口座に移動させます。

そして残りのお金でやりくりすると毎月その金額ずつお金が貯まっていきます。

ただ、必要な出費が多くて2割確保するのが難しい場合は、無理のない範囲で先取り貯蓄を行いましょう。

家計の管理の基本は「使う」と「貯める」を明確に分けることです。

それができれば意外とお金が貯まっていきます。だまされたつもりでぜひ試してみてくださいね。(執筆者:大岩 楓)

物欲が強い人でも乗り切れる 「つもり貯金」を成功させる方法

買い物は楽しいですよね!

ストレス発散にもなりますし、新しいモノを手に入れられたら、気持ちもスッキリします。

ですが、物欲が強くてついお金を使いがちな人は、買い物をした時の気持ちは満たされても、お金がなかなかたまらず将来が不安を抱えている人も少なくないのではないでしょうか?

自分ではあまりお金を使っている感覚がなくても、気が付いたら財布がカラになってしまう…。

そんな物欲が強い人でも、「つもり貯金」を実践すれば、無理なく貯金を増やすことができますよ。




つもり貯金を実践する前に必要なこと!

つもり貯金を実践する前に、必ず必要なことは、「貯金専用の口座」を作ることです。

カードの引き落とし口座をお給料の振り込み口座と一緒にしているケース、この状態はとても危険です! とても貯金を増やせる状態とは言えません。

カードの引き落とし口座に常に預金が入っている状態だと、「残高があるからいいや」とつい買い物のブレーキが緩くなってしまいます。

そのため、つもり貯金を実践する前に、1つ貯金専用の口座を作りましょう。

貯金専用口座をどの銀行にするか、その点も選ぶポイントがあります。

それは、「入出金時の手数料がかからない銀行」です。

参考までに、私が貯金専用として使っているのは、ゆうちょ銀行です。

ゆうちょ銀行は、普段手数料がかからないのはもちろん、土日祝日でも手数料がかかりません。

また、スーパーの近くにATMが設置されていることも多いですし、日本全国どこにいても利用できるので、将来転勤の可能性がある主婦の方にもおすすめです

そのほか、ネットバンクですが、楽天銀行や新生銀行なども、利用状況に応じて手数料が無料になりますし、コンビニからでも利用できる手軽さがあります。

忙しい会社員の方やOLさんにおすすめですよ。


つもり貯金は「開かない貯金箱」を使うのがおすすめ!

つもり貯金は、「買ったつもり」、「行ったつもり」で、お金をためるという方法です。

例えば…、家でコーヒーを飲んだ時、コンビニでコーヒーを買ったつもりで貯金をしたり、お昼のお弁当を持参した時、ランチ代を払ったつもりで貯金して、お金を増やしつつ節約します。

つもり貯金は、毎日少しずつお金をためていくものですから、浮かせたお金をいちいちATMへ入金するのはとても手間がかかります。

だからと言って、財布に入れっぱなしにしたり、家にそのまま現金を置いていては、つい使ってしまった!ということになりかねません…。

そこで役に立つのが、「開かない貯金箱」なんです!

あかない貯金箱、一度は使ったことのある人が多いのではないでしょうか?

開かない貯金箱は、名前の通り、お金を入れても簡単には空けられないような作りになっているものです。

陶器のものは割らなければ空けられませんし、缶タイプのものは缶切りを使わなければ中身を出すことができません。

簡単に開けられない貯金箱でつもり貯金をすることで、せっかくためたお金を使ってしまうことを防ぐことができます。

また、「この貯金箱がいっぱいになるまでは空けない」、「早く満タンにしたい!」という気持ちになり、つもり貯金を継続するための糧となります。


「買い物の回数を減らすこと」が、つもり貯金を成功させるカギ!



物欲を抑えるためには、単純に買い物の回数を減らすことが有効です。

ですが、気持ちだけで物欲を抑えることはなかなか難しいもの…。

そこでおすすめなのが、買い物がしたくなるものをできるだけ避けることです。

例えば、お気に入りのショップのメルマガの解除や、ショッピングアプリの削除です。

メルマガには、お得なタイムセールの案内や、新作入荷の紹介など、買い物好きにはたまらない情報が載っています。

また、ショッピングアプリも、しょっちゅう通知が来ますし、今人気のフリマアプリは、少額で欲しいものが気軽に購入できるとあって、ついポチっと買い物をしてしまいがちです。

こういった、物欲を刺激するものからできるだけ遠ざけることが、つもり貯金を成功へ導くカギなのです。

そのほか、ダイレクトメールが来ても、読まずにそのまま捨てるようにするなど、衝動買いへつながらないような対処も大切ですね。

つもり貯金を実践していても、そう簡単に物欲は抑えられない時もあります。

その時は、必ず我慢するのではなく、予算を決めてその範囲内で購入すれば、ストレスも解消でき、買い物も楽しむことができますよ。(執筆者:三木 千奈)