衣類

お金がたまらない家には「デッドストック」が多い(2) 衣類の在庫をチェックしてムダな支出を防ごう

かつての我が家は典型的な「お金がたまらない家」でしたが、子供の大学進学を機に大幅な家計の見直しを行いました。

その際に家の中をチェックしたら、いつ買ったかわからないデッドストックが山ほどありました。

その1つが「衣類」です。

今回は筆者の経験をもとに、衣類のデッドストックが家計を圧迫する原因と、その対策についてお話しします。




お金がたまらない我が家には衣類のデッドストックが山ほど

我が家の家計が苦しくなり家計を見直し始めた頃、重複買いによるむだづかいなどが原因となる「家の中のデッドストック」を全てチェックしました。

すると、衣類のデッドストックが収納を圧迫するほどあり、自分がいかにむだづかいをしていたかを思い知らされました。

衣類がデッドストック化しやすい理由はいくつかあります。

1. サイズが合わなくなった
2. 流行行遅れになった
3. 安さにつられてよけいなものまで買った
4. 家にあるものと同じものを買った(重複買い)

上記のうち、特に3と4についてはちょっとした注意で防ぐことが可能です。

にもかかわらず、筆者はまったくそのことに注意を払わなかったため、結果として衣類のデッドストックを増やし、知らないうちに家計を圧迫していたわけです。


我が家が衣類のデッドストックを作ってしまった理由

我が家が衣類のデッドストックを作ってしまった最大の理由は、安さにつられてつい余計なものまで買ってしまった点にあります。

特に危険なのが次の2つでした。

● バーゲン
● ファストファッションのお店(ユニクロ・しまむらなど)


良いものが格安で買えるバーゲン会場ではいやがおうにも購買意欲が高まり、「今買わないと損」と錯覚してしまいます

その結果、ついいらないものまで買ってしまいがちなのです。

また、ファストファッションは1,000円でおつりがくるような価格のものが多いため、やはりつい余計なものまで買ってしまい、結局着ないままデッドストック化しやすくなります




重複買いの理由は「家に何があるかを把握していない」こと

家にある衣類と同じものを買ってしまった原因は、

「家に何があるかを把握していない」

ということです。

特に我が家の場合、収納スペースが豊富にあったことが裏目に出ました。

収納スペースが多いと不要なものがたまりやすく、在庫を確認しづらくなります。

その結果収納スペースにしまい込んだものと同じものを買ってしまうことがよくあったのです。

その結果、着なくなった衣類が膨大なデッドストックとなってしまいます。


デッドストック対策

(1) 衣類の分類と整理を行った


デッドストック化した大量の衣類を前に、筆者は考えました。

まずは今使えるものがどれだけあるかを確認しなければならない。」

そこで、自分の中で以下のルールを作り、手持ちの衣類を分類しながら整理しました。

処分

・ サイズが合わなくなった衣類
・ 明らかに流行が古い衣類

保留

・ 2シーズン以上着ていない衣類

保管

・ 毎シーズン着ている衣類
・ 礼服
・ その他必要だと思う衣類

なお、分類の際はあえて買った時の価格を意識しないようにし、あくまでも「今後も着られるかどうか」で判断しました。

その後、「処分」に分類した衣類の全てと、「保留」と分類したうち3年以上着ていない衣類をすべて処分することにしました

また、衣替えのシーズンには必ず手持ちの衣類をチェックし、必要に応じて整理する習慣もつけました。

その結果、同じアイテムを重複買いすることがほとんどなくなりました。


(2) 衣類を買う前に必ず在庫チェックする習慣をつけた


もう1つ、デッドストック対策として行ったことがあります。

それは、新しい衣類を買う前に手持ちの衣類をチェックすることです。

特に留意した点は「手持ちの衣類とどうコーディネートするか」です。

また、筆者は新たに買うものの予算の上限も決めました

すると、バーゲン会場などに行っても必要以上の買い物をしなくなり、衣類にかける費用を減らすことができました。




衣類のデッドストックを作らないためにはこまめな在庫チェックが必要です

かくして我が家は、家計を圧迫する原因の1つである「衣類のデッドストック撤廃」に成功しました。

しかし、今後もデッドストックを作らないためには

継続して在庫チェックを行い、必要に応じて衣類を整理し続ける必要がある


ことも痛感しています。

そのため、面倒でもシーズンごとの衣類の在庫チェックや新たに衣類を買う前の予算の検討を怠らず、これからもむだづかいの原因となる衣類のデッドストックを防ぎ続けることを心がけたいものです。(執筆者:大岩 楓)

悲しい過去から学ぶ。衣替えの極意は「しまい洗い」「しっかり乾燥」「8割収納」「定期的な換気」の4つです。

そろそろ衣替えですね



衣替えをしたあとの夏物衣類、そのまま衣装ケースにしまい込んでいませんか?

お気に入りの洋服を来年もキレイに着られるよう、正しい方法で夏物を収納しましょう。

夏物アイテムを保管するときに、チェックしておくポイントをご紹介します。


1. 「しまい洗い」をして夏の汚れを落としきる

夏物衣類は、汗や皮脂汚れがついていることが多いもの。

汚れを落としきれないまま保管してしまうと、来年取り出すころには黄ばんでしまい、使い物にならなくなることもあります。

そのため、保管前に「しまい洗い」をすることをおすすめします。

「しまい洗い」とは


着用後に一度洗っている洋服も含めて、夏物衣類を全て洗いなおすことです。

一見キレイに見える洋服でも、脇や襟元などは汚れがしみこんでいて、一度家庭用の洗濯機で一度洗っただけでは十分に汚れが落ちていない場合が多いのです。

「しまい洗い」をすることで、保管中の洋服の劣化を防ぐことができます。

気になる部分はあらかじめシミ抜きをしておいたり、酵素系漂白剤を使って洗濯しておいたりすると、より安心できますよ。

「しまい洗い」にはコインランドリーが便利


「しまい洗い」が必要だとわかっていても、家族全員分の夏物を全て再度洗いなおすのは結構な手間がかかります。

家庭用洗濯機の場合は、一度では洗いきれなかったり、干す場所が足りなかったりということもあるでしょう。

そこでおすすめなのが、コインランドリーを活用する方法です。

大型の洗濯機が複数あるため一度に洗濯を終わらせられる上、ガス式のパワフルな乾燥により、衣類をしっかりと乾かしてくれます

高温殺菌乾燥によって、ダニが死滅するというメリットもありますよ。

必殺技. 「しまい洗い」が面倒な人はクリーニングを利用しよう


「しまい洗い」をする気力や時間がないという方は、クリーニングを活用しましょう。

宅配クリーニング




薄い夏物のクリーニングを安くあげる方法として、宅配クリーニングの詰め放題サービスを利用するという手があります。

小野寺ドライクリーニングでは、57.5×34.5×14cmの袋に入るだけの服をつめこんで、5,980円でクリーニングをしてくれます。(全国対応)

枚数が無制限なので夏の薄物にぴったりですし、自宅から送れるので手間もかかりません

「保管場所がない」、「保管の手間を省きたい」という方は、次の夏までクリーニングした衣類を保管してくれるサービスを利用するのもおすすめです。


2. 洗濯後はしっかり乾燥させる

「しまい洗い」が終わったら、洋服はしっかり乾燥させましょう。少しでも水分が残っていると、カビの温床になる可能性があります

衣類にできるだけ湿気が含まれないよう、可能であればよく晴れた日に衣替えを行うと良いですね。保管場所に除湿剤を使うのも効果的です。




3. 収納は8割を目指す

夏物は薄物が多いこともあり、つい衣装ケースなどにギュウギュウに洋服をつめこんでしまいがちですが、これはNGです。

通気性が悪くなって変色を起こす可能性があるだけでなく、型崩れやシワの原因にもなります

引き出しやクローゼットの中は余裕を持って、8割程度の収納を目指しましょう

そして虫食いを防ぐため、防虫剤は欠かせません。

防虫剤の成分は上から下に広がるため、衣装ケースや引き出しに洋服を収納する場合は、衣類の上に置くのが効果的です。


4. 定期的な換気を心がける

「秋・冬は乾燥しているから、夏物はしまい込んだままでも大丈夫」
というわけではありません。定期的に空気を入れ替えて、湿気がこもらないようにしましょう

理想を言えば毎週、最低でも月に1回は、保管場所を開けて換気をするように心がけてくださいね。


衣替えのひと手間で来年もキレイな洋服を着よう!



筆者には、夏の終わりにバーゲンセールで少し大きめの子ども服を買いこみ、「これで来年の夏服も大丈夫」と思っていたら、翌年には大量の黄ばみが発生していたという残念な経験があります。

洋服を保管中にダメにしてしまわないためにも、衣替えのときのひと手間が大切です。

「しまい洗い」、「しっかり乾燥」、「8割収納」、「定期的な換気」を心がけて、お気に入りの洋服を来年までキレイに保ちましょう!(執筆者:青海 光)