葬儀保険

メモリード・ライフの葬儀保険「家族の証」、ぶっちゃけどうなのか徹底解説!

大切な人との別れとなるお葬式は、できるだけ盛大に行いたいもの。

しかし、盛大に行うとそれだけ費用がかかり、残された人にとっては大きな負担です。

先立つかもしれない人も、「残される人に金銭的負担をかけたくない」という気持ちがあるでしょう。

そこで最近注目を集めているのが、「葬儀保険」です。


≪画像元:メモリード・ライフ


今回は、テレビCMも放送しているメモリード・ライフの葬儀保険のメリットやデメリット、他の保険との比較もしちゃいます。


葬儀費用は結構かかる

何となく分かっている人も多いと思いますが、葬儀費用は結構掛かります。

地域や規模などによって費用は異なり、一つとして同じ葬儀はありません。

参考までに、平成29年に一般財団法人日本消費者協会が発表した「葬儀についてのアンケート調査」における、葬儀の平均費用についての結果を紹介します。



首都圏の中心ほど葬儀費用は安く、離れるほど葬儀費用は高くなる傾向です。特に、千葉・茨城・群馬・栃木は、全国平均よりも高額ですね。


メモリード・ライフ葬儀保険「家族の証」の概要

「家族の証」は1年ごとの自動更新で、「保険金一定プラン」と「保険料一定プラン」があります。

「保険金一定プラン」は年齢に応じて保険料が変わる


保険金一定プランは、もらえる保険金は一定ですが、同じ保険金をもらおうとすると、高齢者ほど保険料負担が多くなります。

例えば、男性が300万円の保険金を受け取ろうとすると、以下のようになります。



「保険料一定プラン」は年齢に応じてもらえる保険金が変わる


一方の保険料一定プランは、保険料は一定ですが、年間保険料の支払いを一定にしていると、高齢者ほどもらえる保険金が少なくなります。

例えば、男性が年間保険料8,000円で加入すると、以下のようになります。





メモリード・ライフ葬儀保険「家族の証」、4つのメリット

(1) 高齢者でも申し込める

「家族の証」は、20歳~89歳まで新規に加入でき、更新は99歳まで可能です。

高齢のため保険を諦めていた方でも入れます。

(2) 持病があっても入りやすい


「家族の証」は、医師の診断書は必要なく、健康状態に関する簡単な告知書を記入するだけです。

生命保険や医療保険の場合、医師の診断書が必要な場合が多く、持病があると入れない可能性が高くなります。

ほとんどの高齢者は何らかの持病があるので、これはうれしいですね。

(3) 保障額を自分で選べる


「家族の証」は、死亡保険金を30万円~300万円、災害死亡保険金を0円~300万円の範囲内で、自由に設定できます。

自分のお財布具合と保障内容を考えて、ちょうどいい保険が作れるのです。

(4) すぐに保険金が受け取れる


「家族の証」は、保険金請求の翌営業日に、保険金額の100%を受け取ることができます。

この保険は、もちろん受取人を指定できますので、被保険者の死後に財産でもめることもありません。

また、死んだ人の預金口座は凍結されてしまい、葬儀費用に使おうとしてもすぐには使えません。

この保険は受取人の口座に振り込まれますので、口座凍結の心配がありませんね。


メモリード・ライフ葬儀保険「家族の証」、実際どうなの?

ここまで、「家族の証」の概要やメリットを紹介してみましたが、実際のところどうなんでしょうか?

保険をかけ続けないと無駄になる


「家族の証」は掛け捨ての保険であり、解約返戻金がありません。

よって、解約してもお金が戻ってくることはありません。

「家族の証」に加入したものの、高齢になるにしたがって割に合わなくなる商品ですので、解約した直後に亡くなってしまったら、もちろん保険金は入ってきません。

これでは、支払った保険料が無駄になってしまいますね。

死亡保険の「定期保険」でも代替可能


「残された家族に金銭的負担をかけたくない」のであれば、あえて葬儀保険にこだわらず、死亡保険(生命保険)を選ぶという手もあります。

特に、死亡保険の「定期保険」がおすすめです。


≪画像元:オリックス生命


オリックス生命の死亡保険「ブリッジ」は、「家族の証」と同様に掛け捨てで、医師の診断書が必要ありません。

ただし、「家族の証」とは異なり、定期保険にすることで、保険料も死亡保険金も一定にすることができます。

保険金500万円、保障年齢80歳までの男性の場合、年間保険料は以下の通りです。



満期まで支払う保険料が分かりやすく、保険金も減らされることがないので、安心できます。


高齢になって保険を検討する人にはおススメ

「家族の証」は、高齢になってから保険を検討している人にはいいでしょう。

「ブリッジ」は、70歳では新規加入ができませんが、「家族の証」(保険金一定プラン)ならば、89歳まで加入できます。

その分保険料は高くなりますが、金銭的に余裕がある人ならばOKです。

自分が死んだら自分の口座は凍結されてしまうので、「自分の預金口座以外で残された人にお金を残したい」と考えている人にもいいですね。(執筆者:)

「少額短期保険」は料金が安く種類も豊富 必要な時期に、必要な保障がつけられます

はじめに

日本人の約8割は生命保険に加入しています。

これまで男性の加入率の方が高かったのですが、現在は男性の全体平均は80.6%、女性の全体平均は81.3%と女性の加入率が高まっています。

また、年代別に見ると保障が必要な40~50歳代の加入率が高くなっているのが分かります。



≪画像元:生命保険文化センターHPより≫


医療保険やがん保険、終身保険など種類はさまざまですが保険料は数千円から数万円とコストはかかります。

20歳代の加入率が低いのは、少ないお給料の中からこのコスト(保険料)が捻出できないことや、保障の必要性が低いことなどが考えられます。

収入が少ない時期でもリスクに備える保険に加入することはできないのでしょうか?

今回、ご紹介する少額短期保険はその名の通り少額・短期の保険で、保険料の安さが特徴です。

必要な時期に合わせて加入することができますのでそのメリットなどをお伝えいたします。


少額短期保険とは

保険金額が少額、保険期間1年(第二分野については2年)以内の保険で保障性商品の引受のみを行う事業として、「少額短期保険業」が設けられています。(日本少額短期保険協会HPより)

「少額」が意味しているのは、「保険金額が少額」ということです。保険金額の合計額は1,000万円が上限となります



「短期」とは保険期間が短いことを意味しています。

・ 生命保険や医療保険 … 1年
・ 損害保険 … 2年

一般の生命保険は保険期間が「終身」や「80歳まで」など長期の期間なのですが、少額短期保険は1年更新など短期の期間での契約となります

保険料が安い! というのが一番のメリットです。

例えば、30歳女性、死亡保険(保険金額200万円)の場合、一般の生命保険では保険料が約2,500~3,000円/月ぐらいになるところ少額短期保険では保険料が約400円/月と破格に安くなります


こんな時期にオススメ

少額とは言え、病気やケガ、死亡などのリスクに備えることができます。

また、短期という期間を生かして必要な時期に加入するということも可能です。

【こんな時期の方にオススメ】
・ 収入が少ない時期
・ 教育資金や住宅ローンなど、その他の支出が高い時期
・ 年齢的に病気などのリスクが気になる時期

また、今現在、加入している保険にプラスすることで一時的に保障を高めることもできます

・ お子様が小さい方
・ 起業したての方
・ 予測されるリスクに備えたい方(※)

(※)ペット保険、弁護士保険、葬儀保険など、さまざまな種類があるのも少額短期保険の特徴です。

現に、私も起業し、法人化した際はさまざまなリスクに備えるため、少額短期保険の「弁護士保険」に加入しました

自社で弁護士さんと提携するよりも安く済みますし、リスクにも備えることができます。

少額短期保険は、上記の例のように「予測されるリスクに対して、必要な時期に加入する」ことが活用法となります。

【注意点】
少額短期保険にご加入の際は以下にご注意下さい。

(1) 更新型のため、告知内容に変更がある場合は保険料が上がる可能性がある
(2) 生命保険料控除の対象にならない
(3) 生命保険保護機構の対象にならない


少額短期保険に比べ、一般の生命保険は保障内容もあつく、終身など一生涯の保障で備えることができるのがメリットです。

生命保険料控除による節税効果もあり、保険会社が破綻した際も保護機構により契約者は守られています。

保険料の負担が家計に問題なければ一般の生命保険をオススメしておりますが、時期的に収入が少ない場合や保障をプラスしたい場合は少額短期保険の活用をオススメしております


おわりに



これまで、少額短期保険は安さが魅力だと思っておりましたが、必要な時期や必要な保障を選べることをしり、より活用できるのではないかと感じました。

生活の安定や向上には、お金をためる・増やすことも大切ですがリスクによりお金を減らさないという工夫も必要です

少額でリスクに備えられる少額短期保険の特徴を生かして生活にお役立て頂ければ幸いです。(執筆者:藤井 亜也)