自動車

ガソリン給油「リッター単位」と「1,000円単位」どっちがお得? 「ドルコスト平均法」でお得に給油

「ドルコスト平均法」という言葉を聞いたことがありますか?

ドルコスト平均法とは、

値動きのある金融商品を購入する場合に、毎月(定期的に)一定の金額ずつ購入することにより、毎月(定期的に)一定の数量ずつ購入する場合よりも有利な取得価額に分散をすることができるという投資法です。


実際に言葉は聞いたことがあるけど、「ピン」とこない…

そんな方も多いのではないでしょうか?

実はこのことは、「ガソリン代の節約」にも関係してきます。

もしあなたが、

・日常的に車に乗る方なら
・投資のリスクを抑えたいなら
・有利に資産を形成するための手段を知りたいなら

ぜひ、この先も読んでくれたらうれしいです。

ところで、ガソリンスタンドで給油をしたことがある人であれば、こんなことを考えたことはありませんか?

「給油のパターン、どうしようかな。」



(1) 満タンで給油する

(2) 1,000円単位で給油する

(3) リッター単位で給油する

どれが得なのか? って考えたことがあるかもしれません。

ま、税金も変わるし、同じ環境ではありませんが、それを踏まえたうえでお話したいと思います。

満タンはとりあえずおいておいて、

リッター単位と1,000円単位、どっちがお得か? ってお話で行きましょう。




リッター単位と1,000円単位、どっちがお得?

ドルコスト平均法のお話でもしましたが、ガソリンは、価格が変動し続ける商品です

80円のときもあるし、100円のときもあるし、120円の時もあります。

今は大体130円前半です。(わかりやすく80円、100円、120円の金額でちょっと見ておきましょう)

では、リッター単位で入れて見るときの話です。

10リッターずつ給油する場合


80円のときは、80円 10L = 800円

100円のときは、100円 × 10L = 1,000円

120円のときは、120円 × 10L = 1,200円

80円の時、100円の時、120円の時を合計すると

30リッター入れて、800円+1,000円+1,200円=3,000円となります。

そんなの当たり前じゃないか! という話ですが、では今度は、金額に合わせて1,000円ずつ給油するとどうなるか? ということです。

1,000円ずつ給油する場合


1リッター80円のときは、

1,000円 ÷ 80円 = 12.5L 給油できます。

100円のときは、

1,000円 ÷ 100円 = 10L 給油できます。

120円のときは、

1000円 ÷ 120円 = 8.33333L給油できます。

これも10Lずつ入れたときと同じように計算してみましょう。

合計3,000円は変わりません

何リッター入ったのか?


80円の時 + 100円の時 + 120円の時=12.5L+10L+8.333L

30.8333Lとなります。

同じ金額なのに、

1,000円ずつ給油したほうが0.83リッター多く給油できました

というわけで、答えは、

(2) 1,000円単位で給油する

でした。

2017年の1年間で試算してみます

そんなの仮定の話じゃないか!? とおっしゃる方もおられると思いますので、2017年の1年間で試算してみました。(参考サイト:e燃費


≪クリックして拡大≫


リアルな数字なので、ちょっと半端もありますが、月に50Lずつ給油すると、年間600リットル、給油金額が7万5,600円となります。

次に、計算上、7万5,600円を12か月で割って、6,300円ずつ給油したとすると、601L給油して、合計7万5,600円です。

年間1リットルしか変化しませんが、これは、80円~120円のときと比べて、最高金額と最低金額の差が少ないからあまり変わらない、ということもいえます。

もちろんいろんな変化があるからこの通りなりませんが、

価格が変化するものは、一定量でなく、一定額ずつ買うとお得になる


これがまさに、ドルコスト平均法ですね。

あなたのお金もドルコスト平均法を用いて有利にためることができます

・ 一括で投資や他の資産にお金を移し替える場合や

・ これから資産形成をする場合

一度「ドルコスト平均法」という手法を取り入れてみるかどうか? 検討してみてはいかがでしょうか?(執筆者:阿久津 和宏)

任意の自動車保険料に影響を与える、車の「料率クラス」を徹底解説。

車を運転する人には欠かせないものの一つに、自動車保険があります。

そのうち、任意の自動車保険については、インターネット割引、ゴールド免許割引、年齢による割引、等級による割引など、多彩な割引メニューがあります。

実はそれだけでなく、どの車に乗るかによっても、保険料は変わってくるのです。



「車両料率クラス」とは?

乗る車によって変わる保険料の仕組みを「車両料率クラス」と呼びます。

料率クラスとは、車種別の型式ごとにリスクを算出し、それに基づいて保険料が決定される仕組みで、「損害保険料率算出機構」という組織が算出を行なっています。

クラス分けは「対人」「対物」「損害」「車両」の4つのカテゴリーに分けられ、それぞれ「1~9」にクラス分けされます。

数字が大きいほど、リスクが高くなるため、保険料も高くなるということです。


人気車種の車両料率クラスは?

では、ここでは人気車種の車両料率クラスを公開しましょう。



最近の人気車種は、軒並み数字が下がっています。

これは、自動車メーカー各社が安全対策に力を入れていることが大きな要因です。

衝突被害軽減ブレーキシステムや誤発進抑制システムなどが、多くの車に搭載された結果、数字は下がる傾向にあります。


保険料が高くなる傾向のある車は?

車選びをする際、どうしてもほしい車があるのならば別ですが、どれにしようか悩んでいるならば、任意保険の保険料も車選びのポイントです。

ここでは、保険料が高くなりがちな車種やボディタイプを紹介しましょう。

スポーツカー



≪画像元:HONDA NSX


まずは、スポーツカーです。

ホンダの「NSX」(型式:NA2)の場合、対人7、対物1、傷害5、車両7となっています。

スポーツカーは最高速度が他の車よりも出ますし、スピードを出して運転する方が多く、事故を起こす可能性も高いです。

また、事故を起こして車を修理する際、スポーツカーは高級なパーツを使用しているため、修理費が高くつく点も、リスクを上げている要因です。

高齢者が運転する傾向の多い車



≪画像元:TOYOTA アクア


意外かもしれませんが、トヨタのプリウスやアクアも料率クラスは割高です。

アクア(型式:NHP10)の料率クラスは、対人5、対物5、傷害5、車両4となっています。

プリウスやアクアは決して古い車ではありませんが、それでも料率クラスが割高なのは、ドライバーに高齢者が多いのが理由です。

理由ははっきりとしないものの、アクアやプリウスに乗った高齢者の事故率の高さと、料率クラスの割高さは決して無関係ではありません。

盗難の可能性が高い車



≪画像元:TOYOTA ハイエース


そして、ハイエースの料率クラスも比較的高いです。

型式TRH214Wの場合、対人7、対物6、傷害6、車両6となっています。特に注目すべきは、「車両6」です。

ハイエースによる事故もリスクを上げている要因ですが、他の車にはない要因としては「盗難リスク」があります。

ハイエースは壊れにくく使いやすい日本車と言うことで、日本国内のみならず海外でも人気の車両です。

日本損害保険協会が発表している「自動車盗難事故実態調査結果」では、2007年より7年連続ワースト1となっており、近年もプリウスに次いで連続2位を記録しているほどです。

盗難被害が多いため、車両保険の部分が高くついています。


料率クラスを車選びの一つの参考に

逆に、保険料の安くなる傾向の車もあります。

・衝突被害軽減ブレーキ搭載車
・誤発進抑制装置の搭載車
・35歳~55歳のドライバーが多い車
・カーテンエアバッグ装備車

などです。




例えば、スバルのインプレッサ(型式:GP7)などは、最新のアイサイトを搭載しており、その結果、対人2、対物3、傷害3、車両3と、かなり低い数字です。

クラス1とクラス9では、保険料は約4.3倍にもなります。




気になる車がある場合には、損害保険料算出機構のサイトに、「型式別料率クラス検索」の機能がありますので、検索して保険料節約の役に立ててください。

もちろん、料率クラスが高いからと言って、その車が危ない車というわけではありません。(執筆者:角野 達仁)

株価低迷が続くフォード・モーター そろそろ仕込み時です。

米国自動車業界の雄、フォード・モーター。日本でも、エクスプローラー等の主力車種に乗っている方は多く見られます。徐々に業績も落ち着きつつあり、株価修正の可能性。

シェアリングやコネクテッドカーへの進出にも積極的で、今後は中長期で株価が上昇する可能性が高いと想定します。


2014年以降フォード株は40%以上の下落。


上昇トレンドの一途をたどる米国の主要インデックスとは裏腹に、フォードモーターの株はここ数年下落を続けています。

販売不振や利益減少を背景に、今年の5月にはCEOが解任される始末。製造ライン一新にかかる設備投資も尾を引いて、なかなか株価上昇の兆しを見せられずにいました。

しかし、その状況もここにきて少しずつ変わりつつあるのです。


直近の業績を確認。決算では売上減少に歯止め。

ここからは7月26日に発表された、第二四半期の決算を振り返ってみましょう。

売上高は398億5300万ドルと前年同期比0.9%の微増。また、第二四半期の純利益は、20億4200万ドルと前年同期比3.7%の増益になりました。

直近発表された決算の動向からも見て取れるように、売り上げ減少に歯止めがかかり、収益も改善されているのです。

引き続き同社が強みを持つ、ピックアップトラックの販売が好調で、業績を牽引。製造ラインの一新でかさんだコストもペイして、販売が収益に直結する状況になってきています。

また、大幅な人員削減の効果も、今後収益環境の改善を後押しする好材料になるでしょう。よって、株価も中長期的な上昇フェーズに突入すると想定されるのです。


2020年までに全世界で販売する新車の9割をコネクテッドカーに。


フォード・モーターは10月3日に行われた経営戦略説明会で、2020年までに全世界で販売する新車の9割をコネクテッドカーにするとの計画を発表しました。

ここもと、シェアリングや自動運転等の新技術への投資も積極的で、今後の成長につながる前向きな投資が増えているとの印象を受けます。

フォードは全世界で4兆円を超える売上を誇る自動車業界の巨人。フォードが自動車産業のパラダイムシフトを牽引する可能性があるのです。

また、国際優良銘柄でありながら利回りは約5%。これほどの優良銘柄がいつまでも、こここまでの割安水準で放置され続けるでしょうか。

個人的には、そろそろ株価の修正が入ると想定します。フォード株にもチャンスがあるのではないでしょうか。(執筆者:徳田 陽太)