習い事

【家計簿公開】コロナ自粛で支出が増えた!?・・・2020年04月

2020年4月の家計簿公開新型コロナウイルス感染拡大を抑えるため、4月はかなり外出自粛をしました。 生活に必要なものの買い物は週に1~2回、その他はネットショッピングなどを利用していました。 いわゆる交遊費や娯楽費はかなり減っていると思うんですが […]

子供の学習環境の変化・・・子供と大人の順応力と対応力

子供の学習環境への順応、対応力新型コロナウイルスの影響で、仕事の環境や内容にも大きな影響が出ている方も多いと思います。 いきなりテレワークだとかリモートオフィスだとかオンライン会議だとか・・・。 いち早くそれらに対応できる会社や個人もいれば、それが難 […]

【資産内訳】めっちゃディフェンシブな感じで・・・2020年3月

2020年3月末の資産内訳3月の家計管理の最後に現在の資産内訳を公開したいと思います。 新型コロナウイルスの影響で今後どうなっていくのか・・・いろんな意味で不透明で不安ばかりが先行する感じですが、焦らずにじっくり構えている我が家です。 とは言いつ […]

月末に結構なダメージの支出があるのを忘れてた・・・。

月末の支出11月ももう月末です・・・。早いもので今年も残すところあと1ヶ月。 月末になると家計の収支もいろいろと見えてきます。 月末の資金移動をする前に各口座の残高を確認するんですが・・・。 「あぁ~そうだった!」ってなる支出 な […]

子どもの習い事は「なんとなく始める」のが一番もったいない 月謝以外の費用も考慮し、ゴールを設定して決めよう

習い事を選ぶときには月謝以外の費用を考慮し、辞め時を決めてから。

費用の総額をきちんと把握することで最終的な教育費まで見通すことが大切なんです。




買い物で何となく購入しないように、習い事も何となく始めない

子どもの習い事を決める時には、小さければ小さいほど親の思惑が多々入るものです。

長所を伸ばす、短所を伸ばす、可能性を探る、いろいろあると思いますが、周りに習い事をしている子がいるから「なんとなく始める」のが実は一番もったいないと思います。

もちろん、どんな習い事でも良かれと思って始めることが多いでしょうが、何がいいのかをきちんと把握して始めましょう

そうでなければ、習い事ジプシーとなって、結局お金だけがかかったなんてことにもなりかねません。


習い事には初期投資がかかる

習い事にかかる費用は月謝だけでありません

入会金はもちろん、始める際の保険料や用具の準備代もかかってきます

例えば、メジャーな水泳教室は、入会金に水着やキャップといった服装代に加えて、バスタオルやバックといった用品代がかかります。

スポーツ全般がそうですが保険料もかかることが多いですし、必要に応じてバス代や施設使用料もかかるかもしれません。

スポーツ系では道具だけでなく頭の先から足の先までの衣料品をそろえる必要があることも多いです。

最近では、入会金無料という習い事もありますが、そういった習い事こそ、後で追加費用がかからないかよく確認しなければなりません。

小学校に入ったときに少年団系の習い事を始める方も多いかもと思いますが、月謝はとても安いものの、ユニフォームや道具代、遠征費などで高額になってしまうこともあるようです。

中学以降の部活でも同様です。

ピアノなどの習い事では初めは、自宅にピアノなどの道具はなくてもよいと言われることも多いですが、しばらくするとやはりあった方が良いと勧められることもあります。

私が経験した中で、割高に感じたのは、小学校の体育館で行う空手(武道)で、入会金なし、月謝3,000円とお手頃に見えたものの、名前と流派入りの道着が2万に加え、防具数千円が必要で、その上毎月の昇級試験代(数千円)や毎月のように参加する大会費用がかかるということでした。

きちんと実態を把握してから始めないと、思わぬ費用がかかるものの、道具までそろえてしまったからとやめるにやめられなくなって困る場合もあります。


月謝以外にかかる費用がないかを確かめる



先に述べたように月謝以外にかかり続ける費用がある習い事もあります。

学習教室などのお勉強系の習い事では教材費、そろばんなどであれば進級試験の費用、習字教室では墨汁などの消耗品代、水泳教室では進級時のワッペンなど、小さいながらもほそぼそと追加料金が発生する場合は意外と多いものです。

もちろん、道具やユニフォームが傷んだり小さくなったりすれば買い替えが必要ですし、発表会で衣装や参加料、チケット代などがかかったりすることもあります。

高額な衣装や発表会の費用で浮かぶのはバレエですが、お値段も手ごろなそろばん教室や水泳、武道などでも、進級試験を受けるたびに費用がかかるということもあります。

また、スポーツ系に多いですが、遠征費や大会費用などもあります。

例えば、月謝の安い子ども向けのフラダンス教室といったカルチャー系の習い事では、大きな会場での発表の参加費や衣装代、またその発表のための練習用CDの代金など毎月のようにほそぼそとお金がかかり、結局月にかかる費用は月謝の倍というようなこともありました。

加えて盲点になりやすいのが交通費です。

歩いて通える近場であればよいですが、バスや電車などの公共交通や自家用車で送迎する場合はガソリン代や駐車場代などがかかる場合もあります。

これらのコストを踏まえて、習い事の費用は比較したいものです


何年通うか決めて、年間平均を出し、月額の費用を計算してみる

子どもの習い事において、一生習い続けるというようなことはないと思いますし、ある程度習ったら辞めることを考えると思います。

そのため、あらかじめゴールを決めてから習い事を始めるのがコストの上でもおすすめです。

何歳まで、何年間といった決め方はもちろん、バタフライができるようになるまで、書道や水泳などは何級になるまで、一回の発表が終わるまで、と言った決め方があるでしょう。

見通しが立たない場合は、ほかの習い事に興味を示すまで、といったかたちでも構いません。

どういう状態になったらやめるということを決め、その状態になる期間を漠然とでも見積もり、その習い事にかかる総額を計算したうえで、年平均を出し、そこから月額の費用を出してみましょう。

そうすることで、その習い事の費用対効果を客観的に見ることができます。




費用の総額をきちんと把握することで最終的な教育費まで見通すことが大切

この金額を投資するくらいなら、違う習い事をさせたいということもあるかもしれませんし、高いと思っていた習い事が安いことも、その逆もあるかもしれません

また、この総額を出してみることで、複数の習い事をするときの家計への影響がわかるのはもちろん、将来的な教育費の把握にもつながります。

ひいては余裕をもって教育にどの程度までお金をかけていけるかを見通すこともできます。

小さなころから子どもの才能を開花させるのも大事ですが、生活やその後の教育費がうまく捻出できなくなるのは考え物です。

上手に費用対効果の高い習い事をしていくためにも、あらかじめきちんとかかる費用を把握し、大まかにでもゴールを決めて総額まで把握することも大切ですよ。(執筆者:小柳 結生)

子どもの「お稽古事」どうする? 何を、いつから、どのくらい? 予算捻出についても考えてみましょう

子どものお稽古「何を? いつから?」そして予算は?



子どもができた段階から、将来についてはいろいろ思い巡らせますよね。

学習だけでなく習い事も能力を伸ばす大切な要素。

「天才脳をつくるために幼児期からしっかりやりたい」という方も、「本人の性格を考慮して意思が芽生えてから徐々に」という方もあり、考え方はさまざま。

では、効果的な費用捻出方法はあるのでしょうか。

ちなみに、お稽古ごとを紹介する「ケイコとマナブ.net」によると、2016年に「習わせたいランキング」のトップ5は下記だそうです。


≪画像元:ケイコとマナブ.net


通う教室によって月謝などはさまざまですが、おおよその予算(月謝)をあげてみました。

1位 英語・英会話 : 1回60分・月3~4回6,000円
2位 水    泳 : 週1回1時間4,000円~8,000円
3位 書    道 : 1回120分・月3回8,000円など
4位 ピ  ア  ノ : 週1回30分のレッスンで、月謝5,000~7,000円
5位 そ ろ ば ん : 週1回1時間5,000円~
(入会金・教材費等は別途)

1~2個に通うとして月に5,000~1万5,000円は必要ということですね。


とにかく子ども費は天引きしてためグセをつける

学費捻出計画のベストなタイミングはお子さんが生まれた時だと思いますが、何歳でも、調整していけば大丈夫です。

まず、家計を見渡してお子さんにかけられる費用(子ども費)の総額を出しましょう

仮に手取り30万だとすると、2割で6万円です。ここにはお子さんの食費や被服費などは入りません。それらは家族のものとは分けずに家計の中で吸収します。

予算を決めたらそれらは収入から天引きで貯めます。まず半分の3万円は学資保険や定期預金などにいれて死守します。

18年 × 12か月 × 3万円 = 648万円

の学資がたまります。これで大学等の進学はおおよそ賄えます。

残りの3万円は普通預金に入れてためていきます

この普通預金は子ども名義にして家計とは分け、学習机やランドセルなど1度にまとまったお金が必要な時用にします。

一般的には0~6歳くらいまではあまり使わずにためる時期。でも習い事を始めるならここから出します。


 「なぜ習い事をさせるか」の軸を明確にしておく



体操や水泳などの身体を鍛える系、ピアノやバイオリンなどの音楽系、公文や英語などのお勉強系と習い事の種類は無数にあります。

子どもの才能を伸ばすためとはいえ、すべてを習わせるのは、もちろん無理。

手当たり次第に始めさせてから絞るなら、一時にお金がたくさん必要になります。

子どもが「やりたい」といったことをさせるなら、途中でお金を理由に辞めなくてもいいようにする覚悟が必要です。

バレエなどはレッスン代、発表会費、衣装代と高額になりがちです。

納得する時点までやり続けるためにも「なぜ、その習い事なのか」、「どんな能力をつけたいか」を明確にしておくことは大切です。

費用も、身体と脳がバランスよく育つ習い事に配分したいですね。


想定外のことがおきても、子ども費枠の範囲でやりくりを

例えば、「習い事は物心ついた10歳くらいから始めればよいからそれまでは貯金しよう」と思っていのに、幼稚園くらいから「体操教室や公文に行きたい」と言い始めた場合。

前述の子ども費でやりくりをしますが、1つは誤差の範囲でも、2つ目は長期的には響いてきます。

学習机やベッドなどの購入を小学校入学時ではなく先送りにするなど、枠の範囲で調整する心づもりがあれば、今は習い事を優先させるのもいいでしょう。

その時々という「点」ではなく、将来までの道筋として「線」で考えていれば、イレギュラーにも対応していけるでしょう。




まとめ

長期的に考えてあらかじめ枠をとっておくことで、子どもの希望を最大限に叶えられます。

何にどれだけ使うかが見えない時期から天引きで「とにかくためる」習慣づけが大切です。

家計のうちの何割を子ども費に充てるか、兄弟がいる場合はどうするかなど家庭の事情により調整してみてください。(執筆者:那波 咲良)

みんなどのくらいかけてるの? 保育園と幼稚園を比較した場合の教育費・習い事にかける費用について

幼児期の頃から水泳や英会話などの習い事をさせる家庭が当たり前になりつつある現代。

そうは言っても保育園や幼稚園にかかる費用を考えると、習い事の費用の負担も決して小さくはありません。

保育園と幼稚園を比較した場合の教育費の違い、また習い事にかけている費用は一体どれくらいなのか。

今回はベネッセ教育総合研究所の「幼児の生活アンケート」の結果を参考にし、幼児期の教育費について詳しく見ていきたいと思います。




保育園と幼稚園にかかる費用の違い

幼児期の教育費と言えば、まずは幼稚園や保育園にかかる費用が気になりますよね。

ここでは保育園や幼稚園にかかる費用を低年齢、高年齢に分けて見ていきたいと思います

低年齢:1歳6か月~3歳11か月

高年齢:4歳0か月~6歳11か月

保育園にかかる費用(2015年)




保育園にかかる費用を見てみると、低年齢では5万円以上という家庭が最も多く、その負担が大きいことが分かります

高年齢になると2万円~3万円未満が多くなり、平均費用も低年齢の金額より1万円以上安くなっています。

保育園では3歳未満児の負担が高くなることから、「まるで保育料のために働いているみたい」という声も少なくありません。

一方、幼稚園と保育園とではその費用にどれくらいの違いがあるのでしょうか。

高年齢での比較してみると次のようになりました。

園にかかる費用(高年齢)


幼稚園児



保育園児



幼稚園では3万円~4万円未満、保育園では2万円~3万円未満が最も多くなっています。

また平均費用については幼稚園が2010年の調査より約1,500円、保育園が約2,500円程度高くなっており、どちらも増加傾向にあることが分かります。


習い事にどれくらいかけてる? その傾向と負担感について

ここでは習い事にかかる費用の傾向と、その負担感について見ていきます。

習い事にかかる教育費




1歳後半児では1,000円未満が39.3%、1,000円~5,000円未満が43.2%と5,000円未満が80%を超えており、平均費用は3,308円相当となっています。

6歳児になると1,000円未満が10.9%、1,000円~5,000円未満が24.7%、合わせて約36%。平均費用は9,235円となっており、年齢が進むとともに習い事にかける費用が大きくなる傾向にあります

実際に教育費の負担感について調べた結果では



以上のような結果が出ており、両年とも「とても感じる」、「まあ感じる」が半数を超えていることが分かります

これを低年齢と高年齢に分けてみると、「とても」、「まぁ」を含めた「負担を感じる」比率が未就園児で34.2%、保育園児で47.2%、一方高年齢では幼稚園児で72.5%、保育園児で48.9%という結果が出ており、幼稚園児の保護者の負担感が高くなっているようです。


人気の習い事はコレ! 「お稽古ランキング2016」



ケイコとマナブ.net「習っている・習わせたいお稽古ランキング2016」のベスト10にランキングした習い事は次のようになっています。



水泳は回答者の4割以上が習っており、その理由として体力づくりや喘息の対策などが挙げられています。

英語、英会話に関しては将来のことを視野に入れ、早めに慣れさせておきたいといった理由が多くなっています。

ベスト10入りした内容に大きな違いはありませんが、習わせたいランキングの10位に「パソコン関連」が入っています

やはりプログラミングなどの授業が増えることへの早めの準備・対策がこの結果に表れているのかもしれません。

習い事によっては月謝のほかに教材費、ユニフォーム代、道具代、衣装代、検定料などが別途必要になるものもあるので、それらの金額が具体的にどれくらいかかるのかを調べておいたほうがいいでしょう。


子どもにも家計にも無理のない範囲で

子どもの将来を考えると、「あれもいいんじゃないか」、「これも必要なんじゃないか」と、1つだけでなく、いろいろな習い事に目が向いてしまいますよね。

しかしまずは子ども本人が楽しくじっくりゆっくり学べることが重要。

子どもにも家計にも無理のない範囲でスタートさせることを心がけるようにしましょう。(執筆者:藤 なつき)