終身保険

終身の医療保険は、払込期間が決まっているほうがオトク? それとも一生払うほうがオトク? 

60歳で払い終えたい? 一生払う?



医療保険を見直そうと思ったときに、迷うポイントの一つが、「払い込みをいつまでするか?」です。

保険料の支払いは、ローンと同じようなものなので、できれば現役世代に払い終えたい。

でもそうすると毎月の保険料が上がってしまう、と迷われている方もいらっしゃるのでは?

そこで今回は、医療保険の支払いは、どうするのがオトクなのか、ということをお伝えしたいと思います


支払総額が安いのは、払込期間が決まっているタイプ

今回は、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の医療保険で、比較してみたいと思います。

35歳女性の場合


商品名 : 医療保険(2014)B型手術Ⅰ型・60日型
入院日額 : 5千円
保険期間 : 終身
特約 : 先進医療特約



終身払いで、女性の平均寿命87歳まで支払い続けた場合は、払込期間が60歳までのほうが安くなります

損益分岐年齢は、78歳で43年後。

払込総額だけを見ると、払込期間が決まっているほうがいいのかな、と思います


払込期間が決まっているデメリット

デメリットもあります。

(1) 87歳までの52年間、保険の内容が変わらない


要は35歳から87歳まで、同じ医療保険を持ち続けることになります

医療保険は年々進化しているので、医療事情と保険が合わなくなる可能性があります

(2) 途中で見直して解約するとき、割高な保険料を払っていたことになる


保険を見直そうと思って解約した場合、割高に払っていた保険料は、当然戻ってきません。

以前の医療保険は、貯蓄性のあるものもあったのですが、最近はほとんどが掛け捨てです

医療保険は見直しをする方が多いので、払込期間は終身払いにするほうが、合理的な気がしますね。


終身払いの対策

一生払うのは大変だなと思われた方や、途中で病気になったらどうするの? と不安に感じられた方への対策法です。

対策その1「払込免除特約をつける」


元気で老後を迎えた場合はなんとかなるかもしれないけれど、病気になった場合は払い続けるのが大変だな、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そういう場合は、「払込免除特約」を検討されてみては?

先ほどの損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の医療保険に、「特定疾病診断保険料免除特約」をつけたとします。

終身払いの月々の保険料1,617円にプラス316円 = 1,933円で、三大疾病で特定の状態になった場合、以後の保険料の支払いが不要になります

例えば45歳で所定のガンになったけれど、治ったといった場合でも、支払い免除は一生続きます



対策その2「変換する」


変換」というのは、あまり聞きなれない言葉かと思います。

これは損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の、医療保険で使える制度です。

例えば医療保険に加入していた人が糖尿病など、一般的には保険の見直しが難しくなるような病気になったとします。

普通はその時点で入っている保険を、一生継続するしかありません。

ただこの変換制度を使うと、どのような体の状態であったとしても、今入っている保障の範囲内で、新しい医療保険に入り直しができる、という制度です。

ただしすでに払込が免除になっている場合は、この変換制度は使えません

また医療保険の変換制度は、ほとんどの会社で取り扱いがないので、ご注意ください。


まとめ

医療保険は見直し前提で考える。

そのために終身払いにして、保険料を安く抑えるのが、今の時代に合った入り方ではないでしょうか。

払込期間を選ぶ際の、参考にしていただければ幸いです。(執筆者:水谷 文枝)

【共済 vs 保険】35歳女性が加入する場合、医療・定期・終身保険はどれがトクか? 徹底比較。

共済の定番以外の商品は、安い?高い?



前回の記事で、共済の定番商品を比較しました。

共済の定番商品は、60歳または65歳までの保障なので、それ以降の保障を持ちたい方や、死亡保障がもう少し欲しいなと思われる方もいらっしゃると思います。
「不足分は共済に入ったほうが、おトク?」

「一般の生命保険会社に入ったほうが、おトク?」
そのような疑問をお持ちの方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、共済は一般の生命保険会社と比べて、安いのか、高いのか、ということを検証してみたいと思います。


35歳の女性で比べてみました

共済は、終身保険や終身医療保険がある、全労済とコープ共済。

一般の保険会社は、雑誌の人気ランキングなどで毎回上位に上がる、アクサダイレクト生命とオリックス生命で比較しました。

「医療保険」 割高傾向


比較条件
・ 日額:5,000円
・ 保険期間:終身
・ 払込期間:終身


≪クリックで拡大≫

特に入院保険は、一生涯の保障を持ちたいという方が多いので、検討される方が多いのではないでしょうか。

ご覧いただくと、全労済、コープ共済ともに、一般の保険会社に比べると高くなっています。

ただし、連続入院日数の違いや、手術給付金の違い、先進医療特約の有無があり、条件は全く同じではないので、ご注意ください。

「定期保険」 同程度の共済もある


比較条件
・ 保険金額:1,000万円
・ 保険期間:10年
・ 払込期間:10年



お子さんが小さい間は、死亡保障を少し多めに持っておきたいという方も、いらっしゃると思います。

全労済は不慮の事故で死亡した場合に、割り増しされることもあるので、割高となっています。

コープ共済は、一般の保険会社と同程度の掛け金で加入できます

「終身保険」 割安


比較条件
・ 保険金額:300万円
・ 保険期間:終身
・ 払込期間:60歳


*アクサダイレクト生命は、払込期間が終身のみなので、比較から外しています。

意外だったのが、どちらの共済もオリックス生命より安い終身保険です。

オリックス生命は、雑誌に
「円建て終身保険 最後の砦」
などと評されているのですが、それよりも安い。

しかもオリックス生命の終身保険は、払込が終わるまでの間に解約すると、本来戻ってくるお金の7割しか戻ってこないのに、そういった縛りもありません

終身保険は会社の健全性を見る




終身保険は貯蓄性の商品なので、会社の健全性を見ることも大切です。

保険会社の健全性を表す「支払余力」は、200%以上必要と言われています。

2016年度、
・ 全労済 1,661.2%
・ コープ共済 1,235.6%
なので、どちらも問題ないといえます。

円建ての終身保険を検討されている方にとっては、検討に値する商品ではないかと思います。

今回は35歳女性の場合を試算しました。年齢や性別によっても異なってきます

ご興味を持たれた方は、それぞれの共済のホームページやパンフレットで、一度試算してみてください。(執筆者:水谷 文枝)

【読者の質問に回答(2)】自分に合った保険はどの保険? 大きく分けると3種類しかない「保険の仕組み」を説明します。

「どの保険」を理解できるようになる

前回の記事で、保険は「何のために」、「いくら」、「いつまで」を明確にすることによって、自動的に「どの保険」を選べばいいかわかるようになる、とお伝えしました。

今回は、「どの保険」を理解できるようになるために、保険の仕組みを説明させていただきます




保険は大きく分けると3種類しかありません

生命保険はたくさんの種類があるのですが、大きくジャンル分けすると「定期保険」、「養老保険」、「終身保険」の3種類しかありません。

この3種類を理解することで、保険がかなり分かるようになりますので、それぞれの特徴や、使い方をお話ししたいと思います。

(1) 「定期保険」




例えば30歳の方が60歳まで定期保険に加入したとします

もし60歳までにその方が死亡した場合、遺された家族が保険金を受け取れます。60歳をすぎても元気な場合は、保障はなくなり、何も受け取れません

この保険の目的は、

万一の場合の家族の生活費や住居費、教育費への備えです。

大きな保障が必要なものに対し、保険料は安く抑えたい場合に使います。

(2) 「養老保険」




同じく30歳の方が60歳まで養老保険に加入したとします

先ほどの定期保険と同じく、60歳までにその方が亡くなった場合、遺された家族が保険金を受け取ります。

違うのは、60歳を過ぎてその方が元気な場合、自分が満期保険金を受け取れるところです。

いくら受け取れるのかというと、保険金額と同額です。

この保険の目的は、

お子さんの教育費や結婚資金、夫婦の老後資金など。生きていても万一があってもどちらも必要になるお金を、計画的に準備する場合に使います。

ただし、現在は保険料が高く、元本割れするケースがほとんどですので、ご注意ください。

(3) 「終身保険」




終身保険とは、漢字の通り終身、つまり死ぬまで保障がある保険です。

上の例の場合、30歳で契約して、この保険を続ける限り、例えば100歳で亡くなっても、遺された家族は1,000万円を受け取ることができます

支払いは60歳などで払込が終わる場合や、終身払いなどを選ぶことができます。

この保険の目的は、

お葬式代や相続対策など。いつか必ず必要となるお金を備えたい場合に使います。

貯蓄性があるので、掛け捨ての定期保険に比べて保険料は高いです。

以上3つが生命保険の基本です。

保険料例も併せて一覧にまとめておりますので、ご参考にしていただければと思います。


≪クリックで拡大≫



「収入保障保険」ってどの保険になるの?

前回の記事で、万一の際の教育費・住居費・生活費への備えは、収入保障保険で、と記載しております。

収入保障保険とは、「定期保険」をアレンジしたものとなります



定期保険は万一があった場合、一括で例えば1,000万円、というようにまとまった保険金を受け取ることができます。

収入保障保険は、一括ではなく、毎月給料のようにお金を受け取るため、収入保障保険という名前がついています

例えば年金月額が10万円、30歳で契約した方が40歳で亡くなった場合、60歳までの20年間、毎月10万円を家族が受け取れます。

40歳時点での受取累計額は、2,400万円。

50歳で亡くなった場合は、60歳までの10年間で、受取累計額は1,200万円となります。

保障が年々減っていく分、普通の定期保険よりもかなり割安です。

保険料は安くしたいけれど、万一の際の家族の生活費はしっかり備えたい方に、オススメの保険です。


まとめ

少しイメージはわきましたでしょうか? 

生命保険そのものは、意外と簡単なつくりになっています。ただ分かりにくいのが、保険証券の見方ではないかと思います。

ということで、最終回は現在加入中の保障内容を理解できるようになるために、保険証券の見方を解説します。(執筆者:水谷 文枝)