終値

【ローソク足の基本】わかりやすい売買シグナル4パターン

覚えきれないローソク足の売買シグナル



ローソク足の売買シグナル、読み取って活用していますか。

売買シグナルとなるローソク足のパターンはいくつもあり暗記するのも大変です。

また、一つひとつパターンに当てはまるかどうかを日々確認するなんて時間的にも難しい方も多いかと思います。

そこで、今回は暗記しやすいパターンを、高値圏・安値圏に分けて厳選してご紹介します。


ローソク足の基本

パターンをご紹介する前に、まずはローソク足の基本について確認しましょう。


ローソク足始値・終値・高値・安値が視覚的に分かるように作られたものです。

始値よりも終値が高いものを「陽線」、始値よりも終値が安いものを「陰線」といいます。


ローソク足からは、取引時間中のおおまかな値動きも読み取ることができます。

例えば上記のローソク足の場合は、高値が先に来るパターンと安値が先に来るパターンが考えられます。

時間軸までは分かりませんので、ローソク足からどちらと限定できません


心理を考える

このローソク足には、例えば上ひげがない陽線といったような、いくつものパターンがあります

一つ一つに名前があり、意味もあります。

全部暗記しなくても、ローソク足の基本さえ理解していれば、心理面からその意味を推測できます。

パターン1



例えば上記のローソク足の場合、スタートしてから大きく下がったものの、安値を付けた後は一気に上昇しています。
投資家心理は明るく、翌日も株価が上がるかも
と期待されている可能性が考えられます。

パターン2



こちらはスタートしてから一度も上がることなく大きく下げています
終わりにかけては少し上がったもののほぼ安値のままで、翌日も引き続き下がるのではないか
という心理状態です。

心理状態から翌日の株価を推測


ローソク足が表している株価の動きから、投資家がどんな心理状態にあるのか、翌日の株価をどのように予測しているのかを推測できます。

もちろん推測通りになるとは限りません。しかしローソク足が2本や3本並んだパターンから、より精度の高い判断ができます


高値圏で注目の売りサイン2つ

サイン1 宵の明星



特徴:長い陽線+窓+短い陽線や陰線+窓+長い陰線

なぜこのサインが「売り」となるのか、投資家の心理面から考えてみましょう。

1. 株価が大きく上がり、まだ上がるという期待が強い

2. 前日終値よりもさらに高くスタート。さらなる上昇の期待があったものの、スタート後はそれほど伸びず。

上昇の勢いはこのあたりが限界かという見方になる。

3. 前日終値よりもさらに下げてスタート。その後は大きく下がる一方で、やはり前日の高値が限界だったとの判断からさらに売りが出る
長い陽線は買い、長い陰線は売りへの力が強いことを表します
このパターンの場合は、上昇から下落へ、急激に方向転換していることが示されています

サイン2 かぶせ線



特徴:長い陽線+長い陰線

1. 株価が大きく上昇し、翌日の上昇への期待も高い

2. 前日終値より高くスタートしたものの、その後大きく下落。上値を追うほどの勢いはないと判断され、さらに売りが出る
大幅な上昇は、継続して上昇するのではという期待とともに、利益確定の売りも出やすくなります
このパターンは、今後の上昇への期待よりも利益を確定したいという心理が現れています。


安値圏で注目すべき買いサイン2つ

サイン1 明けの明星

特徴:長い陰線+窓+短い陽線や陰線+長い陽線

1. 大きく株価を下げ、まだ下がるかもしれないという状態

2. 前日終値よりもさらに下げてスタート。スタート後も大きく下げるかと思いきや、あまり下がらず。

図の場合は、むしろスタートよりもやや上昇し、下げ止まりかとの期待がでる

3. 前日終値よりも高くスタートし、そのまま大きく上昇。下げ止まりを確認してさらに買いが入る

こちらは宵の明星の逆パターンです。
大きく下げた後、下げすぎと捉えられ買いが入っています
下落から上昇への急転換を示しています。

サイン2 つつみ線



特徴:陰線+長い陽線(陰線の上下を包む長さ)

1. 陰線で今後も下落かと思われている状態

2. 前日終値よりも安く始まったにも関わらず、その後株価は上昇、前日の始値(高値)を越えて、流れが変わったと判断されて買いが入る
長い陽線になればなるほど、上昇への力が強まっていると判断できます
このパターンも急激な方向転換を示しています。


図の通りとは限らない

今回ご紹介した4つのローソク足のパターンがそのまま表れるとは限りません

陽線や陰線にひげが付いていることもあります

下記のローソク足チャートで、実際に出ているサインを見てみましょう。


1. 安値圏で注目すべき買いサインの「つつみ線」は、長い陽線になればなるほど、上昇への力が強まっていると判断できます。

2. 高値圏で注目の売りサインの「かぶせ線」は、今後の上昇への期待よりも利益を確定したいという心理のあらわれです。

大幅な上昇は、継続して上昇するのではという期待とともに、利益確定の売りも出やすくなります。


まとめ



実際に日々の株価を見ていると、現状が高値圏なのか安値圏なのか判断が難しいこともあるかと思います。

そんなときは、長いスパンのチャートを見て、現在の位置づけを判断してください。

ローソク足の売買判断にはさまざまなパターンがあり、その中には
「ある一定の条件を満たした場合」にこのパターンが出れば売り・買い
という複雑なサインもあります。

今回はその中でも比較的判断のしやすいものに絞ってご紹介しました。

全てのパターンを使いこなせるとより精度の高い判断ができるのは間違いありませんが、まずは第一歩として今回のサインを使いこなしていただければと思います。(執筆者:高橋 珠実)

【投資家あるある】「株を売ったら株価が上がった!」 ルールを決めて売るタイミングを判断する、嘆かないための4ステップ。

「売ったら上がった!」はよくあること



株式投資をしている方なら、誰でも経験したことがあるかと思います。

損せずに売れたのであれば決して悪くはない結果だと思いますが、薄利で売却した後に、何度も同じことが起こるとさすがに「なんで?」となるかもしれません。

今回は、できる限り利益を大きく成長させて売るための方法をご紹介いたします。


「損切は素早く、上昇したらできるだけ長く」が理想

株価が下落トレンドになってしまった場合は、再起不能になるまでの損失を出さないような素早い損切が重要です。

そして上昇トレンドの場合はできる限り長く保有し、大きな利益に成長させることが理想です。

ステップ1 自分なりの目標株価を決めておく


まずは自分なりの目標株価を決めておきます。1割の利益の株価でも、買値2倍の株価でも構いません

ただし、目標株価まで到達しないうちは、「損をしないこと」を最優先に考えます。

(例)株価1,000円で購入し、目標株価を1,500円とする。

ステップ2 高値を付けるごとに「売却株価」を設定して、そこまで下がったら売る


株価が上昇トレンドに乗って高値を付け、下がってきたとします。その高値の株価から*2割下がった株価を「売却株価」として設定します。

ただし「売却株価」が実際の買値よりも低い場合は、実際の買値を「売却株価」とします。

目標株価まで到達しないうちは「損をしないこと」を最優先にするためです。(手数料分は考慮していません)

株価が下がってきて、「売却株価」まで到達してしまったら売ります。到達しない限り持ち続けます

*2割に設定する理由は以前の記事を参照してください。

株価が1,100円の高値を付けた場合

売却株価:1,100×0.8=880円

実際の買値は1,000円なので、この場合は1,000円を売却株価とする。

株価が1,300円の高値を付けた場合

売却株価:1,300×0.8=1,040円

本当の買値1,000円よりも高いので、もしこの売却株価で売ったとしても40円分の利益は確保できます。

ステップ3 自分の目標株価を越えたら、売却株価を修正する



株価が自分の目標株価まで到達したら、目標株価から2割下がった株価を「売却株価」として設定します。

そしてその株価まで下がってしまったら売ります。売却株価まで到達しない場合は持ち続けます。

株価が目標株価である1,500円になった場合

売却株価:1,500×0.8=1,200円

株価が下がってきたら1,200円で売る。買値1,000円から考えたら、200円の利益は確保できます。

ステップ4 目標株価以上の高値を付けるごとに「売却株価」を設定する


高値を付けるごとに売却株価を設定するのはステップ2と同じです。ただし、目標株価よりも売却株価が低い場合は、目標株価を優先して売ります

株価が1800円の高値を付けた場合

損切株価(2割の下落で設定):1,400円

自分の目標株価1500円を優先し、下がってきて1,500円になったら売り→当初の目標はキープする。


実際の株価で検証してみる

ソニー[6758]で、この方法を試しているとどうなっていたでしょうか。

2017年1月4日 終値3,333円で買う


目標株価を3割上昇の4,332円としてスタートしていると、現在まで売ることなく持ち続けていることになります。

途中下がる局面もありますが、設定した売却価格までは落ちずに来ました。

もちろん設定した売却価格まで下がらなかったのは偶然かもしれませんが、利益が上がっているときに早々に売ってしまうことは避け、少しずつ含み益を拡大しています。

ちなみに10月31日終値は4,413円です。


≪画像元:Yahoo!ファイナンス



「頂点で売ろう」と思わないことが重要

この方法では、高値で売り抜けることはできません

そもそも高値というのは、株価が下がって初めて分かるものなので、高値で売れたとしてもそれはただの偶然です。

できるだけ利益を大きく伸ばしたいという方、株価が下がり始めると損をするかもと不安になってすぐ売ってしまう方にはおすすめです。

株価が上がったとき、
「下がらないうちに利益を確保しよう」

「もっと上がるかもしれないから売らないでおこう」
など、どのように考えるかは人それぞれです。

心理的に判断するのではなく、今回ご紹介したようなルールを決めて売るタイミングを判断することで、「損失は少なく、利益は大きく」を実現できます。ぜひ参考にしてみてください。(執筆者:高橋 珠実)