誰も住まなくなった実家を相続すると、多くの方がご検討されるのが「売る」という手段。


「利用しないのだから持っていてもしょうがない」

というのは、ごもっともなご意見で、それならば換金した方が良いだろう、と想うのは、実に自然な考え方だと思います。

そもそも「実家を売る」という行動は「財産」を手放すということを意味します。
 
この財産には、土地や建物、家宝などの「物理的な財産」の他、想い出や安住と行った「精神的な財産」も含まれますが、こういった財産を手放すことのメリット・デメリットを考えたことはあるでしょうか?
 
今いる環境やライフスタイルによって、人それぞれメリット・デメリットは違ってくるとは想いますが、以下に、私が今までお手伝いさせていただいた方やまた私が考える実家を「売る」場合のメリット・デメリットを挙げてみました。


実家を売るメリット

(1) まとまった金額が入る。




・借り入れが返済できる。
・老後資金が確保できる。
・教育資金が確保できる。
・事業資金(起業資金)が確保できる。
・相続関係者に現金で分けられる。
・住宅購入資金ができる。
・室内を片付ける費用が捻出できる。
・相続税などの納税資金ができる。
・生活資金が確保できる。

(2) 空き家の管理をしないで済む。


・草むしりをしなくて済む
・空気の入替えをしに行かなくて良い。
・周囲からの苦情から解放される。
・建物を解体して売却することができる。

(3) 固定資産税を払わなくて済む。


(4) リフォームやメンテナンス費用がなくなる。


(5) 実家への想いを断ち切れる。等

 

実家を売るデメリット

(1) 希望金額で売れる保証はない




(2) 権利や物件状況によって、売れない場合がある。

(3) 地方の不動産だと、相場が極端に安い場合がある。

(4) 帰れる実家がなくなり寂しい。

(5) 兄弟・親戚等で集まる場がなくなる。

(6) 実家で得られる収益が一度きりで終了する。

(7) 共有で相続した物件だと、売却金額や売却条件で話がまとまらない。

(8) 行方が分からない人がいると、売るまでにかなりの時間がかかる。

(9) 遠方の実家で地元不動産業者に売却依頼すると、頻繁に帰れない業者の言いなりになる可能性がある。


以上をまとめると、実家を「売る」メリット・デメリットは

(1) まとまった金額が入り、固定資産税や維持管理にかかる
費用・手間がなくなる。

(2) 思い通りの金額や条件で売れない可能性がある。

(3) 実家への思い入れの気持ちから、売るのに抵抗感がある。


となるように想います。

実家の売却を考える基準は、


A. 実家にかかる諸問題から、解放されたいのか?


B. 実家を活用して、豊かな人生を創りたいのか?

の2つに分かれるのではないかと、私は考えています。

前者のように周囲への迷惑をこれ以上かけたくなかったり、維持管理費用をなくしたいというのが目的なら、金額の問題でなく売れる金額と条件で、早々に売却した方が良いでしょう。

売却の形もさまざま


問題解決型の売却


後者のように将来かかるであろう教育費や老後費用、または自身の夢の実現など、豊かなライフプランを描くことを目的とするならば、今は売れなくても売却以外の活用方法も検討しながら、戦略的に時期や金額を考えて、売却を検討していった方が良いでしょう

未来創造型の売却


実家を資産と見るのか? 負債と見るのか?それによって、売る方法や時期も大きく変わってきます。

実家を売ることを考える際には、「いくらで売れるのか?」よりも、「何の為に売るのか?」を優先して考えてみると、今まで見えなかったもの、気付かなかったことが見えてきて、人生にプラスとなる売り方も考えられるのではないでしょうか?

私の持論でもありますが、「日本の不動産は必ず売れます。」

必ずというのは、時期や価格・条件など折り合う時が必ずあるという意味ですが、「なかなか売れない」というのは、「まだ購入される方に巡り合っていない」という意味にも捉えることができます。

まとまったお金が必要な時期と売却物件の相場・需要を見ながら、売却する適切な時期と価格を検討し、人生を豊かにするメリットが得られるよう、実家の売却を考えていってほしいと想います。(執筆者:細井 久男 )