洋服

プチプラコーデはコスパが命 損をしない3つの分岐点を見極める。

プチプラ損得の分岐点

流行を取り入れるのに強い味方のプチプラファッション。

でも、安いからといって無計画に買い続けていたら節約にはなりません。

プチプラはコスパを見極めてこそ価値があるもの。

損得の分岐点を見極めてみましょう。




分岐点1:総量

実際のところ、洋服はどれくらい必要ですか?

プチプラといえども無限に買い続けるわけにはいきません。賢く買い物をするには、アイテムと予算の把握が必要です。

洋服の場合、ワンシーズンにどれくらい持っていれば、「いつも同じものを着ている」と言われずおしゃれで小綺麗にいられるのでしょうか。

単純に春夏秋冬でわけると、1シーズンは3か月(90日)です。

例えばトップス(インナーとアウター)とボトムスをそれぞれ5着ずつもっていたとしたら、5×5×5で125通りのコーディネートができます。

実際には5着という方は少ないですし、アクセサリーやスカーフなどをプラスしていくと、もっとバリエーションが作れます。

分岐のポイント


必要な量を把握したら、アイテムのうち、
高価でも品質のいいものが欲しいアイテムとプチプラで品質もそこそこのものでいいアイテム
を分けて考えます。

そして入れ替えしたいと思う数を出しておきます。


分岐点2:頻度

プチプラで買う服はやはりお値段相応。使用頻度にもよりますが、あまり何年も着られないもののほうが多いでしょう。

逆にいえばプチプラだからこそ普段は着ないような柄や色に挑戦してみることもできます。

それらを踏まえて、例えば

・ コートは手入れをすれば長く着られるのでいいもの

・ Tシャツはワンシーズンと割り切ってプチプラ

など、メリハリをつけましょう。

プチプラは洗濯表示チェック必須




そしてプチプラを買う際にも洗濯表示は必ずチェックしましょう。

プチプラなのに手洗いが必要なものは面倒です。洗濯機でガンガン洗えるものを選びましょう。

ニットは消耗品


筆者の場合、ニットは消耗品と割り切っていますので高価なものは買いません。

ニットは着るだけで毛玉ができますし、ニット用洗剤で手洗いしても新品のような仕上がりにはなりませんので。

毛玉を取る時間を考えたら、1~2シーズンで手放すのが手ごろだと感じています。

分岐のポイント


「高いかな」と思っても100回着られるなら十分もとが取れますし、安くても1回しか(1回も?)着なければムダ遣いだったということになります。
洋服そのものの価格よりも、使用頻度で割った価格で考える
と、いい買い物だったかどうかがわかります。


分岐点3:手放すタイミング

小綺麗さを保つためにも洋服は循環させていくのがおすすめ。手放すと決まったら早いに越したことはありません

ただ保管しておくだけでも洋服生地も傷みます。虫に食われることもあるかもしれません。

少しでも着ることをためらう服は
「まだキレイかな」
「まだ着られるよね」
と思ううちにフリマアプリ(メルカリ)などで売りましょう。



分岐のポイント


元が安ければ高値で売れることはないかもしれませんがゼロよりはましですし、使用感が少ないほうがもちろん売れやすくなります。
着なくなった服を何年も取っておいてから結局売るのは、とてももったいないこと
です。

プチプラこそ衝動的に買うのではなく計画性と戦略を持って使いたいアイテムです。(執筆者:那波 咲良)

服の予算は1着千円 プチプラコーデマニアである筆者愛用の「GU」で冬の全身コーデを紹介します。

洋服の予算1,000円



私は洋服の予算は1,000円と決めています。
「そんなこと無理では?」
と思われるかもしれませんが、プチプラブランドやネットショッピングサイトをしっかりチェックしていると1000円以下のスグレモノアイテムが見つかることも少なくありません。

2,000円だと「ちょっと高いな」と感じ、3,000円だと清水の舞台から飛び降りる感覚で買います。

安物に見えるものは絶対に買いません


1,000円でも厳しい条件があります。
1. 品質がしっかりしてる
2. 長く着られる
3. 高見えする
4. コーデしやすい
この条件にあてはまるアイテムを狙います。

ですから、1,000円で買っても10年着ているものが多々あります


プチプラコーデの味方「GU」

プチプラコーデマニアの私がヘビーユースしているのが人気ブランド「GU」のアイテムです。

今回はこの冬オススメ、売り切れ御免のGUアイテムをご紹介しましょう。

インナーは暖かい「タートルネック」





まず、インナーには暖かい「ウォームコットンブレンドタートルネックT」を選びます。

ネック部分は折っても立ててもいいので、毎回コーデに変化をもたらすことができて便利なアイテムです。

カラーも7色、サイズもSからXLまで4サイズあるので自分の好みや体型に合わせて選べます。

このタイプのインナーは、何色か持っておくとアウターに合わせて自由にコーデできるのでおすすめです。

お値段も2017年12月時点で980円で販売されていて気軽に購入できるインナーです。

トップスはかわいい「カラーネップヤーンセーター」





カラフルなネップヤーンで編まれたかわいいセーターです。

2017年12月時点で¥1,490で販売されていますが、誰もこのセーターを見てプチプラアイテムだとは思わないでしょう。

カラーが4種類あるので、自分に合う色や今現在持っているボトムスと合わせやすいものを選ぶとコーデがしやすくなります

このままざっくりと着てもいいですが、インナーでおすすめしたタートルネックの中で色が合うものを中に着てもおしゃれです。

ボトムスは高級感のある「レースタイトスカート」





この「レースタイトスカート」はかなり、高見えするおすすめのアイテムです。

2017年12月時点で¥1,490で販売されていますが、とてもそのお値段には見えません。

しかも、どんなトップスともしっくりなじみコーデしやすいのも魅力です。

たとえば、先にご紹介した「カラーネップヤーンセーター」と合わせるとかわいい印象になります。

おうちにあるブラウスと合わせてその上にジャケットを羽織れば少しフォーマルな感じです。

コスパ最高「ベロアジャケット」





2017年12月時点で¥990で販売されている「ベロアジャケット」も使いまわしがしやすいおすすめアウターです。


わたしのすきなコーデ

・ ベロアジャケット
・ タートルネックインナー
・ レースタイトスカート

上記で紹介した洋服をあわせて着ると「こなれ感」もでて、素敵なコーデになります。

このようなイメージです。





洋服選びにはスマホを活用



私は洋服を買いに行く前に、現在自分が持っている洋服をすべてスマホの中に画像にしてストックしています。

気に入った服が見つかったら、スマホにストックした画像を見つつ、どの洋服とコーデするかイメージしていきます。

ただ、やみくもに買っても結局そのアイテムを着る機会がなければ後悔してしまうことにもなりかねません。
プチプラ服であっても「安く買えばお得」というわけではない
です。

今持っている洋服にそのアイテムをプラスすることで、コーデの幅が広がるのかどうかを重視して購入することが大切です。

ぜひ、この冬、あなたらしい素敵なプチプラコーデを楽しんでみてください。(執筆者:桜田 園子)

「高い服」と「安い服」結局どっちがお得なの? 必ずしも高い服がお得というわけではない理由

服を買うとき、高い服と安い服は結局どっちがいいのだろうと考えることってありませんか?

世間の常識では、お金があるんだったら高い服がいいけど、出費を抑えたい場合は安い服を上手に着まわすのがいいというのが、暗黙のルールです。

そのため、安い服を買っている方の中には、「できれば高い服を買いたい」と思っている方もいるかもしれません。

私も以前は、お金があるんだったら高い服を買ったほうがいいと思っていました。

やっぱり高い服のほうがデザインが洗練されていますし、質もよくて長持ちしますからね。

しかし、最近はそういうわけでもないなと感じるようになりました。

ユニクロやGUなど、ファストファッションブランドの質が上がってきているという理由もあるのですが、それ以外の要因に気づき始めたんです。




高い服の方が結局お得と思っていた過去

会社員で働いていたころは、私服通勤だったので取引先や先輩の目もあるし、ある程度高い服がいいと思っていました。

高い服のほうがデザインやシルエット、生地の質、着心地のすべてが安い服よりも優れています。

流行アイテムなら安くすませたほうがいいですが、定番アイテムなら流行が変わっても着続けることができます

そのため、会社で着る頻度の多かったカーディガンやスカートを、色違いやデザイン違いでたくさん買っていました。


高い服がお得というわけでもないと気づいた理由

しかし、最近は高い服がいいわけでもないと気づきました。

トレンドが変わりすぐ着られなくなる


ファッションはどんどんトレンドが変わっていきます

1年で終わるものもあれば、5年くらい続くものもあります。これは、実は定番アイテムであっても同じです。

例えば私がよく買っていた、カーディガンやスカート。

当時、店頭に並んでいたのは、ジャストサイズのカーディガンに、ひざ丈くらいのスカートでした。

シンプルなデザインや無地であれば、10年後でも着られそうと思っていましたが、購入から5年たった今、世の中はオーバーサイズのトップスと、ひざ下スカートが大流行。

当時の服を着ると、変ではありませんが、トレンド感がなくいまいち無難なファッションになってしまいました。

年齢に合わなくなってくる


20代前半のころは、ひざ上のスカートや、フリルやリボンがついたトップスをたくさん持っていましたが、30歳を過ぎた今、さすがに着られなくなりました。

無理やり着てみても、鏡の前に立つと、どうしても違和感があります。

買ったときは年齢に合わなくなるとは少しも思っていなかったので、盲点でした。

服の好みが変わる


年齢に合わなくなってきたのと同時に、服の好みも少しずつ変わってきました

20代前半のころは、ビビッドカラーや明るい色の服が好きでしたが、今はベージュやくすみカラーなど落ち着いた色のほうが好きです。

柄ものよりもシンプルなデザインを選ぶようになりました。

好みではなくなった服を着るのは楽しくないので、自然と手が伸びなくなり、着る機会が減ってしまいました。


高い服だからこそ処分できないというジレンマ

着られなくなった服は、捨てるなり売るなりして早く処分したほうがいいとよく言われます。

しかし、高い服だからこそ数年たっても質がよく、簡単には捨てられません。どうしても、もったいないと思ってしまうのです。

また、捨てる代わりにメルカリなどのフリマアプリで売る方法もあります。

しかし、私の場合はメルカリ内で同じブランドの服をリサーチしてみると、思ったより低価格で取引されていて、売る気がなくなってしまいました。

結果、どう処分していいか迷っている服たちが、今もタンスの中に眠っています。




まとめ

高くて質のいい服を買っても、トレンドや年齢、好みが変わるとすぐに着られなくなります。

「高い服 = いい、安い服 = 悪い」というわけではないのです。

とくに、ファッションのトレンドはめまぐるしく変わるため、ある程度安い服を数年サイクルで買い替えたほうが、実はおしゃれに見えるかも…と最近は思っています。(執筆者:垣内 結以)

少ない数の服でもプチプラでおしゃれに冬を乗り切るミニマリスト流着こなし術

筆者が秋~冬に着用している服は、コートも含めて7点ほど

そのほとんどがユニクロやINGNIなどで買ったプチプラアイテムです。

どのアイテムも組み合わせしやすいものですが、基本的には3~4パターンの定番コーディネートの中から、その日の気候や気分に合ったものを選んでいます

大好きな洋服ばかりなので、毎朝着るものに迷うこともありません。

今回は、少ない枚数でプチプラブランドを着まわすコツや、そろえるべきアイテムをご紹介します!




少ない枚数でプチプラブランドを着まわすコツ

着回しのしやすさを優先すると、どうしてもシンプルなデザインのアイテムが増えてしまいます。

しかしシンプルなだけに、安っぽく手抜きという印象を持たれてしまってはいけません。

プチプラブランドでアイテムをそろえるときは、次のような3点に気を付けてみてください。

1. サイズや着心地にこだわる


サイズの合わない服を着ていると、それだけで締まりのない印象になってしまいます

プチプラだからと適当に選ばず、必ず試着をして、自分にぴったりのものを選んでください

同じMサイズでも、洋服のデザインによってフィット感が違います。

試着のときは、同じデザインのサイズ違いも一緒に持っていって、自分の姿を比較してみると良いですよ。

また、洋服の枚数が少ないということは、同じ服を何度も繰り返し着続けるということです。

布地がチクチクする、汗で生地がはりつくなど、少しでも不快感を覚えるような服は避けましょう

選りすぐりの服だけで過ごしたいなら、「ちょっと大きいけどまあいいや」、「ちょっと肌ざわりが悪いけれどまあいいや」とガマンはせず、シビアに判断する必要があります。

探すのに少々時間がかかっても、「毎日でも着ていられる」と思える服を選びたいですね。

2. メンテナンスしやすい素材を選ぶ


洋服の点数を減らすと、何度も同じ服を着ることになるため、着用後のメンテナンスが楽なものを選びましょう

例えば、ポリエステル素材のシルキーなブラウスは、見た目の高級感もあり、洗濯もしやすく、アイロンも最小限で済みます。

またパンツは、アイロンがけが不要なセンタープレスのないものを選ぶと良いでしょう。

プチプラ服でも、着用前にシワが気になったらスチーマーをかける、ジャケットやニットにはブラシをかけるなどのひと手間で、清潔感を持続できますよ。

3. 金具があるものはプチプラを避ける


金具は値段感が出やすいパーツです。

プチプラブランドでベルトやバッグもそろえる場合は、金具のついていないものを選びましょう

同様の理由で、洋服をプチプラブランドでそろえる場合は、アクセサリー類はなるべく品質の良いものをそろえておきたいですね


ベースカラーは白・黒・紺



洋服のアイテム数を減らすためには、ある程度着回しのしやすい色柄をそろえておく必要があります。

どの年代にもおすすめできるのが、

まずは白・黒・紺の上下セット、もしくはワンピースを用意しておくこと

です。

白のニット + 白のパンツ、黒のジャケット + 黒のスカート、紺のワンピースなど、異なったアイテムをそろえておくと組み合わせのバリエーションも豊かになります。

またプチプラでも、この三色のアイテムは安っぽく見えにくいというメリットもあります


アソートカラーはカーキ・水色・ピンク・グレー・ベージュがおすすめ

アソートカラーとは、ベースカラーを引き立てる色です

白・黒・紺のベースカラーにアソートカラーを加えることで、着こなしにバリエーションが生まれます。

アソートカラーとしておすすめなのは、カーキ・水色・ピンク・グレー・ベージュです。

どの色もベースカラーの白・黒・紺と組み合わせがしやすく、品の良い着こなしが楽しめます。

アソートカラーから好きな色を選んで、トップスやボトムスを2~3アイテム用意しておくと、コーディネートにメリハリを出すことができるのでおすすめです。


物足りなさは小物で解決!

全体的に物足りない印象になってしまう場合は、小物を上手に活用しましょう。

人の目線は上半身にいきがちなので、洋服に合わせたピアスやネックレスをセットで用意しておくと、垢ぬけた印象になります。

バッグや靴も、ベースカラーもしくはアソートカラーを基調にしたものを用意しておけば、全体がまとまりやすくなります。

ベルトやストールを活用するのも効果的です。

「小物もできるだけ最小限にしたい」という方におすすめなのが、やや大ぶりで質の良い時計を選んで身に着けることです。

シンプルな服装でも「こなれた感じ」を演出してくれますよ。




お気に入りのアイテムだけならクローゼットもすっきり!

少ない枚数のプチプラアイテムで過ごす場合は、ほぼワンシーズンで洋服を着倒すことになり、次のシーズンにはまた新しいアイテムを追加することになります。

この方法だと、トレンドアイテムも取り入れやすく、白のデニムなど汚れやすく黄ばみやすい洋服も存分に活用できます

また、「もうあまり着ないけれど、まだ着られるから置いている服」が溜まることがないため、クローゼットもギュウギュウになることがありません

常にお気に入りのアイテムだけがクローゼットの中にあるのは、とても気持ちが良いものです。

厚手の秋冬ものでクローゼットがいっぱいになりやすいこの季節、プチプラブランドでミニマリストを目指してみませんか。(執筆者:青海 光)

悲しい過去から学ぶ。衣替えの極意は「しまい洗い」「しっかり乾燥」「8割収納」「定期的な換気」の4つです。

そろそろ衣替えですね



衣替えをしたあとの夏物衣類、そのまま衣装ケースにしまい込んでいませんか?

お気に入りの洋服を来年もキレイに着られるよう、正しい方法で夏物を収納しましょう。

夏物アイテムを保管するときに、チェックしておくポイントをご紹介します。


1. 「しまい洗い」をして夏の汚れを落としきる

夏物衣類は、汗や皮脂汚れがついていることが多いもの。

汚れを落としきれないまま保管してしまうと、来年取り出すころには黄ばんでしまい、使い物にならなくなることもあります。

そのため、保管前に「しまい洗い」をすることをおすすめします。

「しまい洗い」とは


着用後に一度洗っている洋服も含めて、夏物衣類を全て洗いなおすことです。

一見キレイに見える洋服でも、脇や襟元などは汚れがしみこんでいて、一度家庭用の洗濯機で一度洗っただけでは十分に汚れが落ちていない場合が多いのです。

「しまい洗い」をすることで、保管中の洋服の劣化を防ぐことができます。

気になる部分はあらかじめシミ抜きをしておいたり、酵素系漂白剤を使って洗濯しておいたりすると、より安心できますよ。

「しまい洗い」にはコインランドリーが便利


「しまい洗い」が必要だとわかっていても、家族全員分の夏物を全て再度洗いなおすのは結構な手間がかかります。

家庭用洗濯機の場合は、一度では洗いきれなかったり、干す場所が足りなかったりということもあるでしょう。

そこでおすすめなのが、コインランドリーを活用する方法です。

大型の洗濯機が複数あるため一度に洗濯を終わらせられる上、ガス式のパワフルな乾燥により、衣類をしっかりと乾かしてくれます

高温殺菌乾燥によって、ダニが死滅するというメリットもありますよ。

必殺技. 「しまい洗い」が面倒な人はクリーニングを利用しよう


「しまい洗い」をする気力や時間がないという方は、クリーニングを活用しましょう。

宅配クリーニング




薄い夏物のクリーニングを安くあげる方法として、宅配クリーニングの詰め放題サービスを利用するという手があります。

小野寺ドライクリーニングでは、57.5×34.5×14cmの袋に入るだけの服をつめこんで、5,980円でクリーニングをしてくれます。(全国対応)

枚数が無制限なので夏の薄物にぴったりですし、自宅から送れるので手間もかかりません

「保管場所がない」、「保管の手間を省きたい」という方は、次の夏までクリーニングした衣類を保管してくれるサービスを利用するのもおすすめです。


2. 洗濯後はしっかり乾燥させる

「しまい洗い」が終わったら、洋服はしっかり乾燥させましょう。少しでも水分が残っていると、カビの温床になる可能性があります

衣類にできるだけ湿気が含まれないよう、可能であればよく晴れた日に衣替えを行うと良いですね。保管場所に除湿剤を使うのも効果的です。




3. 収納は8割を目指す

夏物は薄物が多いこともあり、つい衣装ケースなどにギュウギュウに洋服をつめこんでしまいがちですが、これはNGです。

通気性が悪くなって変色を起こす可能性があるだけでなく、型崩れやシワの原因にもなります

引き出しやクローゼットの中は余裕を持って、8割程度の収納を目指しましょう

そして虫食いを防ぐため、防虫剤は欠かせません。

防虫剤の成分は上から下に広がるため、衣装ケースや引き出しに洋服を収納する場合は、衣類の上に置くのが効果的です。


4. 定期的な換気を心がける

「秋・冬は乾燥しているから、夏物はしまい込んだままでも大丈夫」
というわけではありません。定期的に空気を入れ替えて、湿気がこもらないようにしましょう

理想を言えば毎週、最低でも月に1回は、保管場所を開けて換気をするように心がけてくださいね。


衣替えのひと手間で来年もキレイな洋服を着よう!



筆者には、夏の終わりにバーゲンセールで少し大きめの子ども服を買いこみ、「これで来年の夏服も大丈夫」と思っていたら、翌年には大量の黄ばみが発生していたという残念な経験があります。

洋服を保管中にダメにしてしまわないためにも、衣替えのときのひと手間が大切です。

「しまい洗い」、「しっかり乾燥」、「8割収納」、「定期的な換気」を心がけて、お気に入りの洋服を来年までキレイに保ちましょう!(執筆者:青海 光)

衣替えのシーズンは「断捨離」に最適です 段ボール2つでできるミニマリスト流、洋服の仕分け方

肌寒い日が増え、「クローゼットの衣替えをしなくちゃ」とお考えの方も多いのでは?

衣替えの時期は、クローゼットの中身を見直す絶好のチャンスです。

「洋服は必要最小限に」を心がける筆者の、衣替えの方法をご紹介します。




まずは「手放すもの」と「検討中」の箱を準備

衣替えを始める前に、大きめのダンボールや衣装ケースを2つ用意しておきます。

1つは「手放すもの(譲る・売るものも含む)」、もう1つは「検討中」の箱です。

「いきなりゴミ箱は抵抗がある」という場合でも、「検討中の箱に入れておく」だけなら気持ちのハードルも下がります。

2つ分用意しておくことで、衣替えの仕分けに必要以上に時間をかけずにすみますよ。


洋服を全てクローゼットから取り出す

全ての洋服をクローゼットから出して、床に広げます。

「クローゼットの奥にこんなものが!」という発見につながることもありますし、どういった服が今手元にあるのかを、全て並べて確認するためでもあります


半年着なかったもの、サイズアウトしたものをチェック

洋服を仕分けるときは、まず「今年の夏一度も着なかったもの」を探します。

まだ着られるのに着なかったということは、それは自分にとっての賞味期限が来てしまったということ

仕事や冠婚葬祭のときに必要なものでなければ、「手放すもの」か「検討中」のボックスに移動させましょう。

また、体形が変わり着られなくなってしまった洋服も、「手放すもの」か「検討中」どちらかの箱へと移動させましょう。

ダイエットのモチベーション維持のために、「いつか痩せたら着る」という洋服をしまっているという方もいるかもしれません。

ただ、長い間着られないまましまっていると、洋服も痛み、アピール力も弱まってしまいます。1年以上経過したら、一旦手放すことをおすすめします


洋服の「残念なポイント」を見つけてみる

残った夏物を1点ずつ手に取り、「残念なポイント」がないか確認してみます。

・お気に入りだけど色あせてきた
・汗染みが取れない
・肌ざわりが気になる、など

気になるポイントをチェックして、「それでも着続けたいか」を自分に問いかけます。

「でもやっぱり好きだし来年も着る!」と即答できたもの以外は、「手放すもの」か「検討中」のボックスへ移動します。


クローゼットを見回して足りないものをチェック

残った洋服をクローゼットに全てつるして見てみます。

この時点で「似たような用途の服が複数ある」など、さらに不要と感じる服があれば箱へ移動します。

この時点で、クローゼットの中には「今の自分にフィットするもの」、「着心地の良いもの」、必要なもの」しか残っていないはずです。

明らかに足りないと感じるものがあれば、夏物のセール品などをチェックして、次の夏に備えておくのも良いですね。

秋物のセールが始まるまでは、店の奥で夏用の薄手の商品が、大幅に値引きされて販売されていることもあります。

また各種ファッション通販サイトでは、シーズンオフの洋服がとても安く購入できます。

筆者はシーズンオフのセールを使って、シンプルなブラウスやベーシックカラーのワンピースなど、あまりトレンドに影響しないような服を買っておくことが多いです。


「検討中」の箱は、1週間後にもう1度見てみる



クローゼットに残った夏物は保管するとして、「検討中」の箱に入った洋服は、とりあえず1週間ほど寝かせておきましょう。

1週間後、改めて洋服を取り出し、再度「半年後また着たいかどうか」考えてみます

このときは、「手放す」か「残す」の2択のみです。

この時点で「残したい」と即答できなければ、手放すようにしています。

「検討中」という期間に一度頭をリセットさせることで、手放すか手放さないかの判断がしやすくなりますよ。


衣替えのチャンスを逃さず、すっきりとしたクローゼットを手に入れよう!

持っている洋服をとにかくたくさんつめこんで保管するよりも、大好きな洋服だけを大切にしまう方が、気持ちも良く、服と再会できる次の夏が楽しみにもなります。

衣替えのたびにこの工程を繰り返すことで、自分の今のスタイルや好みを把握し、衝動買いや無駄買いを防ぐセンスが鍛えられますよ。

衣替えの機会を活かして、不要な洋服を断捨離し、使いやすいミニマムなクローゼットを手に入れましょう!(執筆者:青海 光)