機種変更

【筆者実体験】ドコモユーザーは修理後に下取りをするとスマホの機種変更がオトクになる

スマホの調子が悪くなると、

「修理に出すか、それともこのまま機種変更するか」

と悩む人も多いのではないでしょうか。

実は、ドコモのスマホをお使いの方なら、修理をしてから下取りに出せば2万円以上オトクに機種変更できる可能性があります

今回は、ドコモユーザー向けに私がこの年末年始に経験した修理と機種変更の実体験をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。




故障したら下取りに出せない

2017年12月上旬、私のスマホが突然おかしくなりました。

再起動をくり返すエラーが起きているようで、電源を入れ直すことができません。

仕方なくドコモへ行き、修理に出すか機種変更をするか悩みました。

なぜなら、私の使用しているスマホは下取りに出せば1万6,000円も割引してもらえる機種だったからです。(2017年12月時点での金額)

ドコモの下取りプログラム


ドコモの下取りプログラムは、使用しているスマホを下取りに出せばオトクに機種変更ができるプログラムです。

ただし、下取りに出すスマホは正常に使用できることが絶対条件。

つまり、電源が入らない状態では下取りに出せないということです。


修理すれば下取りに出せる

実は、ドコモで修理してもらったスマホでも下取りプログラムを利用した機種変更が可能です。

そこで、修理に出す前に確認しておかなくてはいけない点を2つご紹介します。

1.ケータイ補償サービスに加入しているか


修理に出す前に、ケータイ補償サービスに加入しているかを確認してください。





ケータイ補償サービスとはドコモでスマホの修理代金をサポートしてくれるサービスです。

もしケータイ補償サービスに加入していなければ、修理代金が下取り価格を上回ってしまう可能性があります

2.下取り価格は修理代金を上回るか


修理に出す前に、自分の端末の下取り価格を確認してください。

ケータイ補償サービスを使って修理したとしても、修理内容によっては5,000円の代金がかかってしまうかもしれません。

もし下取り価格が5,000円未満だったら、わざわざ修理をしてから下取りに出す意味はないでしょう。

しかも、下取り価格は定期的に変動します

スマホが修理から返ってくるタイミングによっては下取り価格が下がっている可能性もあるので、必ずチェックしてください。


機種変更応援プログラムと併用できる

下取りプログラムは、機種変更応援プログラムと併用できます

私は、機種変更応援プログラムに加入して300円 × 24か月を支払っていたので、7,200円分のポイントが返還されました。

※ポイントを還元されるためには、機種変更応援プログラムに再加入する必要があります。

ちなみに、機種変更応援プログラムで返ってきたポイントは、下取りに出す端末の分割支払金残高にも充当できます

私の場合は、返還されたポイントだけでは分割支払金残高を精算できなかったので、下取りプログラムで付与されたポイントも充当してもらいました。


修理の直後でも下取りに出せる



私が下取りに出したのは修理の直後でしたが、ドコモの店員さんには修理について一言も触れられませんでした。※修理から返却されたのが12/28、機種変更が1/2でした。

「無償で修理をしてもらったのに、下取りに出して機種変更をするのは何となく気が引ける…」

そんな方は、修理に出した店舗ではなく別の店舗で機種変更をするのがオススメです。

実は、私も気が引けたので別の店舗で機種変更をしました。

下取り価格が修理代金より多いなら、修理に出さずにただ機種変更をするよりオトクです。(参考:ドコモ下取りプログラム

機種によっては、2万円以上で下取りに出せることもあります

ぜひ、ご自分の機種の下取り価格をチェックしてみてくださいね。(執筆者:永瀬 なみ)

【ドコモ機種変更応援プログラム】最大2万7,000円割引「何月何日までに機種変すれば割引が最大になる?」と問い合わせてみた。

ドコモユーザーの皆さん、「機種変更応援プログラム」をご存じでしょうか?

「機種変更応援プログラム」は、機種変更をするときに端末の購入代金を割引してもらえるオトクな制度です。


「機種変更応援プログラム」がオトクな理由

ドコモの機種変更応援プログラムは、2年に1回は機種変更をする人で24か月払いを選ぶことの多い人にオススメのサービスです。

毎月300円を支払うことで、iPhoneなら13か月目以降、その他のスマホなら19か月目以降の機種変更時に、最大で2万7,000円もの割引をしてもらえます。

機種代の高いスマホの場合、19か月目の残金は意外と多いです。(iPhoneの場合は13か月目の残金)


≪画像元:NTTドコモ 機種変更応援プログラム


XperiaXZ Premium(SO-04J)で考えてみる



≪画像元:NTTドコモ 製品


機種の価格は9万3,960円なので毎月の支払額は3,915円。

次に機種変更をするのが19か月目だった場合、機種代の残りは5か月分の1万9,575円です。

本来なら、この残金は次に機種変更するときに清算しなければいけません。

でも、機種変更応援プログラムを利用すれば2万1,000円のポイント還元によって清算できます。

実際にそれまでに支払う月額料金は5,700円ですから、とてもオトクなプログラムですよね。
機種変更応援プログラムを利用しなかったら損をするのではないか?
と考える人もいるでしょう。

ご安心ください。

もし機種変更応援プログラムを利用しなかったら、それまでに支払った24か月分の金額(300円×24か月=7,200円)は、機種変更応援プログラムに継続加入したタイミングですべてポイントで還元されます。


19か月目っていつからいつまで?



オトクな制度なのは知っていても、実際にこのプログラムを利用しようと思ったときに意外と分かりにくい点があります。

それは、今が何か月目なのか。

仮に、利用明細の「端末等代金分割支払金」という欄に
18回目のご請求です。(全24回)
と記載されていたとします。

すると、今はおそらく18か月目なのだろうと予想できますね。

ただ、「何月何日までに機種変更をすれば最大のポイントで割引されるの?」という点がよく分かりません。

ドコモに問い合わせた回答



「機種変更応援プログラム」に加入したのが2月半ばなら、2/1~2/末までを1か月目、3/1~3/末までを2か月目と数える
このケースだと、翌年の2/1~2/末までを13か月目、8/1~8/末までを19か月目と数えます。

つまり、2017年11月に13か月目となるのは2016年11月中に、2017年11月に19か月目となるのは2016年5月中に機種変更応援プログラムに加入した人、ということです。


注意点

機種変更応援プログラムには、
・最新の機種には機種変更できない

・それまで使っていたスマホを下取りに出さなければいけない

・機種変更のタイミングによっては下取りプログラムを使った方がオトクな場合もある
など、いくつか注意しなければいけない点もあります。

とは言え、最新の機種にこだわらないタイプにとってはオトクなプログラムだと言えるでしょう。
機種変更応援プログラムに加入できるのは機種変更をしたときのみ

です。

機種変更後の単体加入はできないので、この秋冬に機種変更をする予定のある人はぜひ検討してみてください。(執筆者:永瀬 なみ)