2017年に「値上がりを期待」して紹介した10銘柄を振り返ってわかったこと。

2017年の振り返り

皆さまに、さまざまな銘柄をご紹介してきましたが、ご紹介後その銘柄はどうなったのか。

今回はご紹介した中でも、優待や配当ではなく値上がりを期待した銘柄について振り返りたいと思います。

ご紹介した時の株価、その後の動き、業績など簡単にまとめてみました。


1. セリア[2782]

5月17日終値5,260円→12月29日終値6,800円


≪画像元:yahoo!ファイナンス


株価は上下をしつつも、安定的な右肩上がりで推移しました。

新規出店も継続し、既存店も業績を伸ばすなど好調です。


2. コメダホールディングス[3543]

5月17日終値1,905円→12月29日終値2,074円


≪画像元:yahoo!ファイナンス


ご紹介後しばらくして、株主であるファンドが株を売却するというニュースが出て急落しました。

1,770円まで下がりましたが、中間決算で業績の良さが確認されたことで株価が持ち直しました。


3. 花王[4452]

6月15日終値6,848円→12月29日終値7,619円


≪画像元:yahoo!ファイナンス


好業績が継続し、2018年12月期も最高益更新の見込みです。

安定的な右肩上がりで、上がれば売り、少し下がればまた買うといったような良いサイクルができた動きをしています。


4. カルビー[2229]

6月15日終値4,510円→12月29日終値3,665円


≪画像元:yahoo!ファイナンス


8月3日に発表された第1四半期の決算で、売上高は前期比8.5%減、営業利益では52.1%減となり急落しました。

下落トレンドへ転換後、10月30日の中間決算発表とともに増配見送りも発表、株価は下げ続けている状況です。

じゃがいもの不作が影響しているほか、一部シリアルの国内販売が終了したことが大きな影響を与えています。

ポテト系スナックは回復傾向にあるものの、シリアル販売が足かせとなっており、現状まだ株価の下げ止まりを確認できていない状況です。

5. カカクコム[2371]

6月15日終値1,562円→12月29日終値1,905円


≪画像元:yahoo!ファイナンス


8月2日の第1四半期決算で大きな伸びが見られず急落、8月14日に安値1286円を付けたのちは、上昇トレンドに転換し急落前の株価を越えてきました。

自社株買いを発表し株価を下支えしています。


6. ダイキン工業[6367]

7月14日終値1万1,820円→12月29日終値1万3,335円


≪画像元:yahoo!ファイナンス


日経平均の上昇と連動するように株価を上げました。

急成長・急拡大はないものの、大企業として安定成長を継続し、19年3月期も最高益を更新する見込みです。


7. ヤマハ[7951]

7月14日終値4,065円→12月29日終値4,160円


≪画像元:yahoo!ファイナンス


11月1日に高値4535円を付けましたが、同日取引終了後に発表された中間決算で予想よりも進捗率が遅れていることから売られ、3815円まで下げました。

通期予想に変更はなく、徐々に株価を戻しています。


8. マンダム[4917]

7月14日終値6,260円→12月29日終値3,695円

※株式分割を考慮すると7,390円


≪画像元:yahoo!ファイナンス


業績は引き続き良い見通し、安定的な右肩上がりで株価が上昇しています。

日経平均の動きと近い動きをしています。


9. ジェイリース[7187]

8月30日終値1,610円→12月29日終値860円

※株式分割を考慮すると1,720円


≪画像元:yahoo!ファイナンス


新規出店が続き売上・利益ともに継続して成長中です。

2018年3月期には初めて配当も実施予定です。

株価や出来高の動きは少々荒いですが、上昇トレンドが続いています。

10. ジャパンエレベーターサービスホールディングス[6544]

8月30日終値1,935円→12月29日終値2,098円

※株式分割を考慮すると4,196円


≪画像元:yahoo!ファイナンス


右肩上がりに上昇していましたが、11月7日の中間決算発表時に業績の上方修正と増配予想も発表し、さらに株価を上げました。


業績内容が素直に株価に反映されている



ご紹介した銘柄の中で、特にカルビーについては大きく下げるという申し訳ない状況となっています。

今回銘柄の状況を振り返って確認してみると、
決算発表時の業績の状況を素直に反映している相場状況
であったことが良く分かります。

好業績であればペースの差こそあれ上昇しており、業績不振となればすぐさま株価が下落していました。

保有銘柄は決算日をしっかりチェックして、内容の確認が重要となりそうです。(執筆者:高橋 珠実)

「株価もコミット?」2017年に話題沸騰のRIZAPグループ各社の値動きを追ってみました。

RIZAPは株価もコミットしたか?



2017年5月から7月にかけて株価が高騰し、大注目だった「RIZAP」グループ、以前の記事にも取り上げさせていただきました。
その後、RIZAPグループは躍進を続けたのか?
2017年後半のグループ各社の値動きを追ってみたいと思います。

株価その他の情報は12/15(金)終値現在の「Yahoo!ファイナンス」をもとにご紹介しています。

株式を購入する場合、最低購入金額のほか証券会社への手数料がかかります。

1. RIZAPグループ(2928)


≪画像元:RIZAPグループ


美容・健康関連通販や減量ジム「RIZAP」を展開する企業です。

これからご紹介する企業グループの親会社でもあり、M&Aでさまざまな企業を傘下に収めています。

ただ、こちらは札証銘柄であり、証券会社によっては購入できませんので要注意です。

株価の動き



≪画像元:yahooファイナンス


前回取り上げた7/7の終値は1,764円でしたが、9月以降株価が暴騰、10/1の1株→2株への株式分割をへて、12/15(金)の終値は2,304円となっております。

5か月で株価が2.5倍以上、ここ1年間では5倍以上に成長しました。11月につけた年初来高値3,090円から算出すると7倍以上です。

また、株式分割後も、
株主優待の内容は分割前と同様
という実質拡充のうれしいお知らせがあり、人気が加速した一因となりました。

先ほどの年初来高値をピークに毎日荒い値動きが続いているようですが、さらに上昇余地はあるのでしょうか。

株主優待・配当


・ 権利確定月 3月末
・ 配当 6.29円/年
・ 配当利回り 0.27%

株主優待


自社グループ製品から希望の優待商品を贈呈

・ 100株以上 4,000円相当
・ 200株以上 6,000円相当
・ 400株以上 1万2,000円相当
・ 800株以上 2万4,000円相当
・ 1,200株以上 3万円相当
・ 2,000株以上 3万6,000円相当
・ 4,000株以上 7万2,000円相当
・ 8,000株以上 14万4,000円相当

RAIZAPの商品カタログは、ダイエット食品、洗顔料のどろあわわなど化粧品、雑貨、運動時に着用する衣類などさまざまで、商品数はグループ随一です。


2. イデアインターナショナル(3140)

インテリア雑貨や旅行用品などの企画、卸、小売りを行っている企業です。

ホーロー鍋をイメージしたという、料理映えするオシャレなデザインのホットプレートがヒットしていますね。

株価の動き



≪画像元:yahooファイナンス


前回ご紹介した、7/7の終値は1,347円でしたが、5か月経過した12/15(金)終値は1,075円となっております。

取り上げた後はやや下落基調で、9月以降は1,000円をはさんで株価がうろうろしていました。

11月末から上昇、1,200円台にのる場面もみられたものの、現在は再び1,100円を割り込んでいます

こちらの企業は優待利回りが8%以上と破格ですので、多少含み損を抱えてもホールドを決め込む株主がけっこう多いのではないでしょうか。

株主優待・配当


・ 権利確定月 6月末
・ 配当 3.0円/年
・ 配当利回り 0.28%

株主優待


RAIZAPグループ製品から希望の優待商品を贈呈

・ 100株以上 9,000円相当
・ 200株以上 1万8,000円相当
・ 400株以上 2万4,000円相当
・ 600株以上 3万円相当
・ 1,000株以上 3万6,000円相当

優待カタログの内容は、雑貨中心ですが、洗顔料どろあわわなどのRIZAP商品や、グループ会社のジーンズメイトの優待券もラインナップされています。


3. SDエンターテイメント(4650)

北海道でゲーム、ボウリング場を、本州でフィットネス施設を運営している企業です。

今期は営業・経常利益および当期純利益の大幅な上昇を見込んでいるようです。

株価の動き



≪画像元:yahooファイナンス


前回スリリングな値動きとお伝えした、7/7の終値は1,287円でしたが、その後は下落基調、10月以降は1,000円を挟んだ値動きが続いており、12/15(金)の終値は985円でした。

株主優待・配当


・ 権利確定月 3月末・9月末
・ 配当 6.7円/年
・ 配当利回り 0.68%

株主優待

(1) 自社レジャー施設優待券

(2) RIZAPグループ製品
いずれか選択

・ 100株以上 (1) 4枚  (2) 3,000円相当
・ 200株以上 (1) 8枚  (2) 6,000円相当
・ 400株以上 (1) 16枚 (2) 1万2,000円相当
・ 600株以上 (1) 20枚 (2) 1万5,000円相当
・ 1,000株以上 (1) 24枚 (2) 1万8,000円相当


4. マルコ(9980)

女性用体型補正下着、化粧品などの訪問販売を行う企業です。

RAIZAPグループとの連携強化で、今期は営業利益の大幅増を見込んでいます

株価の動き



≪画像元:yahooファイナンス


前回ご紹介した際の、7/7の終値525円を付けた後も下落基調は変わらず、9月以降は360~420円の間を上下する値動きとなっており、12/5(金)終値は396円でした。

株主優待の優待利回りでは、100株保有の場合、イデアインターナショナル以上の10%となり、かつ4万円前後という少額で投資が可能な銘柄です。

株主優待・配当


・ 権利確定月 3月末・9月末
・ 配当 1円/年
・ 配当利回り 0.25%

株主優待


(1) RIZAPグループ製品 および (2) マルコ20%割引券

・ 100株以上 (1) 2,000円相当 (2) 1枚
・ 200株以上 (1) 3,000円相当 (2) 1枚
・ 400株以上 (1) 6,000円相当 (2) 1枚
・ 800株以上 (1) 1万2,000円相当 (2) 1枚
・ 1,200株以上 (1) 1万5,000円相当 (2) 1枚
・ 2,000株相当 (1) 1万8,000円相当 (2) 1枚

2017年9月時点の株主より、RIZAPグループ商品が選べる株主優待に変更となりました。

選べる優待の内容は、女性用ショーツやインナー、パンツ、パンプスなどの衣類のほか、ダイエット食品や洗顔料のどろあわわなどRIZAP関連の商品もそろっています。

100株保有でいただける2,000ポイント(2,000円相当)では選べる商品が限られています。

できれば200株保有して3,000ポイント(3,000円相当)にすると、選択の幅がカタログ記載商品の半分強まで広がるかという印象です。


5. ぱど(4833)

無料情報誌を発行する業界大手の企業です。今年RIZAPグループ入りし、立て直しをはかるそうです。

株価の動き



≪画像元:yahooファイナンス


前回ご紹介した7/7の終値は695円、その後も下落基調で、11/14の安値は500円を割る場面もありましたが、年末が近づくと上昇に転じ、12/15(金)の終値は598円です。

株主優待・配当


・ 権利確定月 3月末
・ 配当 0円/年
・ 配当利回り 0.00%
・ 株主優待はありません。


6. ジーンズメイト(7448)

ジーンズ中心のカジュアル専門チェーンです。都心部に路面店を展開しています。

RIZAP幹部主導で、新ブランドPBジーンズを投入、四季報曰く「復活にコミット」とのことですが、思惑通り行きますでしょうか…

株価の動き



≪画像元:yahooファイナンス


前回ご紹介した、7/7の終値725円のあと、8月には500円台まで下落しましたが、その後は徐々に回復、11月には700円台になりました。

そして、12月初旬より急上昇、12/4には高値1,515円を付ける場面もありましたが、12/15(金)終値は1,008円となっております。

株主優待・配当


・ 権利確定月 3月末(2018年より)
・ 配当 0円/年
・ 配当利回り 0.00%
・ 株主優待はありません。


7. 夢展望(3185)

10~30代女性向けの衣料品ネット販売を行う企業です。業績悪化によりRIZAPグループ入りしたようです。

株価の動き



≪画像元:yahooファイナンス


前回ご紹介した、7/7の終値1,750円の後、下落は続きましたが、9月以降の株価は1,300円から1,600円の間を上下する展開となっており、12/15(金)終値は1,363円となっております。

株主優待・配当


・ 権利確定月 3月末・9月末
・ 配当 0円/年
・ 配当利回り 0.00%

株主優待


自社クーポン券、またはRIZAPグループ製品

・ 100株以上 4,000円相当
・ 200株以上 6,000円相当
・ 400株以上 1万2,000円相当
・ 800株以上 2万4,000円相当
・ 1,200株以上 3万円相当
・ 2,000株相当 3万6,000円相当

2017年9月期から導入された株主優待ですが、選べるカタログには、
・ 女性用のパンツ・スカート・パンプスやインナー
・ RAIZAP関連の健康食品や洗顔料のどろあわわ
・ 時計やバッグなどの雑貨
がそろい、前出のマルコのカタログと同じ商品が多数記載されていました。

100株で4,000円分のポイントをいただくと、カタログ記載の7割方の商品が選べます


8. パスポート(7577)

インテリア雑貨・生活雑貨専門店。首都圏軸に全国展開している企業です。ショッピングセンターなどのテナントに入っていますね。

株価の動き



≪画像元:yahooファイナンス


前回ご紹介した、7/7の終値は704円でしたが、その後も下落、9月以降は500円を挟んだ値動きの期間が続きました。

11月下旬に急上昇、12/4には高値777円をつける場面もありましたが、12/15(金)終値の株価は594円です。

株主優待・配当


・ 権利確定月 3月末
・ 配当 0円/年
・ 配当利回り 0.00%

株主優待


買い物優待券

・ 100株以上 (税抜500円相当)

5,000円相当の自社商品セット(優待券500円×10枚綴りを含む)から選択

・ 1,000株以上 1種類選択
・ 5,000株以上 2種類選択
・ 1万株以上 3種類選択


9. 堀田丸正(8105)

丸正と堀田産業の合併で誕生した企業です。和装・洋装などの事業を行い、今年RAIZAPグループに移行しました。

株価の動き



≪画像元:yahooファイナンス


前回ご紹介した7/7の終値は494円でしたが、8月には300円台まで下落、9月以降は400円を挟んで上下し、12/15(金)の終値は419円でした。

株主優待・配当


・ 権利確定月 3月末
・ 配当 4円/年
・ 配当利回り 0.95%

株主優待


買い物券(自社グループ、ヤマノホールディングスおよび同子会社運営の各店舗で利用可)

・ 500株以上  1,000円
・ 1,500株以上 3,000円
・ 2,500株以上 5,000円



親会社RIZAPの躍進

なんといっても2017年後半のトピックは親会社RIZAPの躍進でしたね。東証への鞍替え期待もあり、今後の展開も見逃せません

ほかのグループ会社については、今年前半の勢いが強かったのかなという印象ですが、来年以降再躍進はあるのでしょうか?

夢展望とマルコはどちらかに絞れる


また、今年株主優待が新設された夢展望とマルコについて、カタログ内容がほぼ同じなので、いずれかの銘柄に絞ることを考えるた場合、

・ 夢展望 13万6,300円(100株) 4,000円相当(カタログ記載の7割選択可) 

・ マルコ 15万8,400円(400株) 6,000円相当(カタログ記載の9割選択可)

となり、現在の株価でしたら
やや高額ですが、マルコを買い増しするほうが株主優待の満足度が高いかな
という感想でした。

今後の動向に注目




現在株主優待を行っていない、ほかのグループ会社でもRIZAPのカタログ優待が今後新設されるのか…動向に注目したいと思います。

以上「RIZAPグループ」をご紹介しました。

株価その他の情報は変更される場合があります。ご自身でご確認の上、自己責任で投資してください。(執筆者:吉井 裕子)

【投資家あるある】「株を売ったら株価が上がった!」 ルールを決めて売るタイミングを判断する、嘆かないための4ステップ。

「売ったら上がった!」はよくあること



株式投資をしている方なら、誰でも経験したことがあるかと思います。

損せずに売れたのであれば決して悪くはない結果だと思いますが、薄利で売却した後に、何度も同じことが起こるとさすがに「なんで?」となるかもしれません。

今回は、できる限り利益を大きく成長させて売るための方法をご紹介いたします。


「損切は素早く、上昇したらできるだけ長く」が理想

株価が下落トレンドになってしまった場合は、再起不能になるまでの損失を出さないような素早い損切が重要です。

そして上昇トレンドの場合はできる限り長く保有し、大きな利益に成長させることが理想です。

ステップ1 自分なりの目標株価を決めておく


まずは自分なりの目標株価を決めておきます。1割の利益の株価でも、買値2倍の株価でも構いません

ただし、目標株価まで到達しないうちは、「損をしないこと」を最優先に考えます。

(例)株価1,000円で購入し、目標株価を1,500円とする。

ステップ2 高値を付けるごとに「売却株価」を設定して、そこまで下がったら売る


株価が上昇トレンドに乗って高値を付け、下がってきたとします。その高値の株価から*2割下がった株価を「売却株価」として設定します。

ただし「売却株価」が実際の買値よりも低い場合は、実際の買値を「売却株価」とします。

目標株価まで到達しないうちは「損をしないこと」を最優先にするためです。(手数料分は考慮していません)

株価が下がってきて、「売却株価」まで到達してしまったら売ります。到達しない限り持ち続けます

*2割に設定する理由は以前の記事を参照してください。

株価が1,100円の高値を付けた場合

売却株価:1,100×0.8=880円

実際の買値は1,000円なので、この場合は1,000円を売却株価とする。

株価が1,300円の高値を付けた場合

売却株価:1,300×0.8=1,040円

本当の買値1,000円よりも高いので、もしこの売却株価で売ったとしても40円分の利益は確保できます。

ステップ3 自分の目標株価を越えたら、売却株価を修正する



株価が自分の目標株価まで到達したら、目標株価から2割下がった株価を「売却株価」として設定します。

そしてその株価まで下がってしまったら売ります。売却株価まで到達しない場合は持ち続けます。

株価が目標株価である1,500円になった場合

売却株価:1,500×0.8=1,200円

株価が下がってきたら1,200円で売る。買値1,000円から考えたら、200円の利益は確保できます。

ステップ4 目標株価以上の高値を付けるごとに「売却株価」を設定する


高値を付けるごとに売却株価を設定するのはステップ2と同じです。ただし、目標株価よりも売却株価が低い場合は、目標株価を優先して売ります

株価が1800円の高値を付けた場合

損切株価(2割の下落で設定):1,400円

自分の目標株価1500円を優先し、下がってきて1,500円になったら売り→当初の目標はキープする。


実際の株価で検証してみる

ソニー[6758]で、この方法を試しているとどうなっていたでしょうか。

2017年1月4日 終値3,333円で買う


目標株価を3割上昇の4,332円としてスタートしていると、現在まで売ることなく持ち続けていることになります。

途中下がる局面もありますが、設定した売却価格までは落ちずに来ました。

もちろん設定した売却価格まで下がらなかったのは偶然かもしれませんが、利益が上がっているときに早々に売ってしまうことは避け、少しずつ含み益を拡大しています。

ちなみに10月31日終値は4,413円です。


≪画像元:Yahoo!ファイナンス



「頂点で売ろう」と思わないことが重要

この方法では、高値で売り抜けることはできません

そもそも高値というのは、株価が下がって初めて分かるものなので、高値で売れたとしてもそれはただの偶然です。

できるだけ利益を大きく伸ばしたいという方、株価が下がり始めると損をするかもと不安になってすぐ売ってしまう方にはおすすめです。

株価が上がったとき、
「下がらないうちに利益を確保しよう」

「もっと上がるかもしれないから売らないでおこう」
など、どのように考えるかは人それぞれです。

心理的に判断するのではなく、今回ご紹介したようなルールを決めて売るタイミングを判断することで、「損失は少なく、利益は大きく」を実現できます。ぜひ参考にしてみてください。(執筆者:高橋 珠実)