新規上場

注目のSGホールディングス(9143)。上場後は買いか?

東証一部上場の超大型IPO、SGホールディングス(9143)。宅配、国際輸送等も手掛ける佐川急便の持株会社です。

公募価格は仮条件上限の1,620円で決定。時価総額は5,187億円と想定されます。

時価総額が7,000億円に迫った日本航空(9201)と同様に、初値上昇はそれほど大きく期待できないでしょう。個人的には、公募価格を数%上回る程度だと想定します

では、上場後はどうでしょう。セカンダリで買いに行くべきか否か。

今号では、SGホールディングス(9143)の上場後の投資戦略について考えて見たいと思います。

佐川急便



セカンダリの買いもそれほど上昇は期待出来ないと想定

あくまで私感ですが、SGホールディングス(9413)の上場後の買い付けにはそれほど魅力がないと感じます。

仮に株価が上昇しても、日経平均やTOPIX等のインデックスを大幅にアウトパフォームすることは考えにくい。バリュエーションや直近の業績推移を見ても既に頭打ち。

利益成長はしているものの、劇的な業績改善が期待出来る業態とは言えないでしょう。

PERは15倍程度、成長率は向上も売上高は頭打ち

SGホールディングスのバリュエーションを確認するとPERは15倍程度でEPSは約106円。

同業他社を直近のPERで比較してみると、日本通運(9062)が16.6倍、ヤマトホールディングス(9064)が77.2倍、日立物流(9086)が16.2倍です。

これらの数値を鑑みれば比較的割安と言えるでしょう。

しかし、ヤマトホールディングスをのぞく2社はSGホールディングスとそれほど変わりありません。

仮に、SGホールディングスが日本通運のPERと同程度まで買われたとしても、それほど株価の上昇余地がないことがわかります。

また、利益成長率は成長傾向にあるものの、売上高の推移は頭打ち。大口顧客への値上げ効果の恩恵を受けるようになるまでは、もう少し時間が掛かるでしょう。

日経平均株価


株主の構成と日立物流との資本提携は好材料

今回の上場では、大株主のロックアップが掛かっていることはもちろんのこと、株主の構成を見るとまとまった売りが出ることは想定しにくい。

この点はポジティブな材料でしょう。筆頭株主は従業員持株会、かつ、主要株主にもメガバンク等の安定株主が名を連ねます。

ベンチャーキャピタルの資金が入っていないことで、急な下落を心配する必要はありません。また、日立物流との提携を強化も好材料です。

法人の物流に強みを持つ同社と提携を強固にすることで、対法人向けサービスが強化されます。

大幅な上昇は期待出来ないものの、長期保有すれば恩恵を受けられるかもしれませんね。(執筆者:徳田 陽太)

初値高騰の可能性大! 注目のIPO、「グローバル・リンク・マネジメント」

12月に入り、再び訪れるIPOラッシュ。

好調な日本の株式市場を受け、企業側のマインドも暖まってきている証拠です。いまがチャンスとばかりに、上場案件も増えてきています。

中でも、大注目のグローバル・リンク・マネジメント。需給面も非常に締まっており、初値高騰の期待大と言えるでしょう。


23区エリアをメインに事業展開。高い収益性を背景に業績拡大




グローバル・リンク・マネジメントは、富裕層向けの投資用マンション企画、開発に強みを持つ企業です。

主に、東京23区をメインに事業を展開。収益性の高いエリアでビジネスを行うことで急成長を遂げてきました。

直近5年間の売上高推移も見ても、2013年以降は業績が安定。2016年12月期には、連結決算に移行した要因はあるものの、売上高は100億円を突破してきています

また、同期の当期純利益は3億円越え。マザーズ上場銘柄としては、申し分ありません。

経営の健全性を表す自己資本比率は15%程度と若干低いものの、不動産業という特性を考えれば特に問題視する必要はないでしょう。


時価総額41.3億円程度でマザーズ上場。初値高騰の期待大

個人的に、IPO銘柄の上昇を占う上で最も重視すべきことは、需給面にあると考えています。

結論から言うと、当案件の需給は非常に良好。大株主のロックアップもしっかり掛かっており、上場直後の売り圧力を心配する必要はありません。

また、時価総額も41.3億円程度と、上昇しやすいスケール感。

有価証券届出書の内容を確認すると、EPSは188.27、BPSは657.91。過去5年間の推移を見ても、十分に成長が感じられる推移を見せています。


マザーズ上場、時価総額30億円未満、かつIT関連は大幅上昇傾向


初値高騰する銘柄の特徴には、共通項があります。以下、簡単にまとめると、

1. マザーズ上場
2. 時価総額30億円〜50億円以内。
3. IT関連。

これがIPO投資における初値大幅上昇の鉄則だと考えております。

今回のグローバル・リンク・マネジメントの案件は、これら三点をすべてクリアしております。よって、初値高騰が高い確率で期待されるのです。

実際に、公募価格の倍返しでの上昇や、ワンショット100万円の利益を記録する優良銘柄の多くはこの条件に当てはまっています。

同社は、決して、ITがメインの企業ではありません。しかし、不動産ソリューションをIT技術を駆使して展開している点で、IT関連企業と言えるのです。

同日には、他社の上場も多く控えます。そんな中でも、同社が勝ち組の筆頭。個人的には、そのように想定しております。(執筆者:徳田 陽太)