払込期間

終身の医療保険は、払込期間が決まっているほうがオトク? それとも一生払うほうがオトク? 

60歳で払い終えたい? 一生払う?



医療保険を見直そうと思ったときに、迷うポイントの一つが、「払い込みをいつまでするか?」です。

保険料の支払いは、ローンと同じようなものなので、できれば現役世代に払い終えたい。

でもそうすると毎月の保険料が上がってしまう、と迷われている方もいらっしゃるのでは?

そこで今回は、医療保険の支払いは、どうするのがオトクなのか、ということをお伝えしたいと思います


支払総額が安いのは、払込期間が決まっているタイプ

今回は、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の医療保険で、比較してみたいと思います。

35歳女性の場合


商品名 : 医療保険(2014)B型手術Ⅰ型・60日型
入院日額 : 5千円
保険期間 : 終身
特約 : 先進医療特約



終身払いで、女性の平均寿命87歳まで支払い続けた場合は、払込期間が60歳までのほうが安くなります

損益分岐年齢は、78歳で43年後。

払込総額だけを見ると、払込期間が決まっているほうがいいのかな、と思います


払込期間が決まっているデメリット

デメリットもあります。

(1) 87歳までの52年間、保険の内容が変わらない


要は35歳から87歳まで、同じ医療保険を持ち続けることになります

医療保険は年々進化しているので、医療事情と保険が合わなくなる可能性があります

(2) 途中で見直して解約するとき、割高な保険料を払っていたことになる


保険を見直そうと思って解約した場合、割高に払っていた保険料は、当然戻ってきません。

以前の医療保険は、貯蓄性のあるものもあったのですが、最近はほとんどが掛け捨てです

医療保険は見直しをする方が多いので、払込期間は終身払いにするほうが、合理的な気がしますね。


終身払いの対策

一生払うのは大変だなと思われた方や、途中で病気になったらどうするの? と不安に感じられた方への対策法です。

対策その1「払込免除特約をつける」


元気で老後を迎えた場合はなんとかなるかもしれないけれど、病気になった場合は払い続けるのが大変だな、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そういう場合は、「払込免除特約」を検討されてみては?

先ほどの損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の医療保険に、「特定疾病診断保険料免除特約」をつけたとします。

終身払いの月々の保険料1,617円にプラス316円 = 1,933円で、三大疾病で特定の状態になった場合、以後の保険料の支払いが不要になります

例えば45歳で所定のガンになったけれど、治ったといった場合でも、支払い免除は一生続きます



対策その2「変換する」


変換」というのは、あまり聞きなれない言葉かと思います。

これは損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の、医療保険で使える制度です。

例えば医療保険に加入していた人が糖尿病など、一般的には保険の見直しが難しくなるような病気になったとします。

普通はその時点で入っている保険を、一生継続するしかありません。

ただこの変換制度を使うと、どのような体の状態であったとしても、今入っている保障の範囲内で、新しい医療保険に入り直しができる、という制度です。

ただしすでに払込が免除になっている場合は、この変換制度は使えません

また医療保険の変換制度は、ほとんどの会社で取り扱いがないので、ご注意ください。


まとめ

医療保険は見直し前提で考える。

そのために終身払いにして、保険料を安く抑えるのが、今の時代に合った入り方ではないでしょうか。

払込期間を選ぶ際の、参考にしていただければ幸いです。(執筆者:水谷 文枝)

【読者の質問に回答(3)最終回】保険証券を理解するための12のチェックポイント

自分が入っている保険の内容がわからない人は多い



1回目は「保険選びのポイント3つ」、2回目は「保険の仕組み」をお伝えしました。

ただ意外とわからないのが、保険証券の見方ではないでしょうか。

保険の内容を常に覚えておく必要は全くありません。

ですが何十年もお金を払っていくものなので、保険証券を見たときに内容がわかるようになりたい、という方は多いのではないかと思います。

そこで最終回は、保険証券の見方をお伝えします。


保険証券12のチェックポイント

12個もチェックポイントがあるの? と思われたかもしれません。

ただこの12個すべてを確認できれば、今入っている保障内容が確実に理解できます

保険会社によって表現の違いがあるので、項目がない場合は、同じような内容を探していただければと思います

(1) 保険種類・名称


自分が加入している保険の名称。

内容が分かりにくい場合等、インターネットで「○○生命、○○保険」と検索すれば、詳細がわかります。

「2014」などと書かれている場合は、2014年に発売された商品です。

(2) 証券番号


保険契約した際に割り当てられた、契約番号。

保険会社のカスタマーセンターに問い合わせをした際、証券番号の確認が必ずあります。

(3) 契約日


保険会社との契約がスタートした日

保険会社の利率である「予定利率」がいいかどうかを確認する際に、重要になってきます。

(4) 保険契約者


保険会社と契約し、一般的には保険料を支払う人。

保険会社との手続きは、基本的に保険契約者が行います。

(5) 被保険者


誰に保険がかけられているか

契約者と被保険者が違う場合、保険種類によっては、本来であれば払わなくていい税金を払う可能性もあるので、注意が必要です。

(6) 死亡保険金受取人


死亡保険金を受け取る人。

(7) 主契約・特約


どの保険に入っているか。

主契約というのは、一番主になる契約なので、ほとんどの保険証券で一番上に書かれています

残りは特約ですが、特約ではなく、特則という表現を使っているものもあります。

行の数だけ、特約がついていると思ってください。

(8) 保険期間


いつまで保障があるか。

10年20年といった年満了と、60歳65歳といった歳満了、それから一生涯の終身があります。

(9) 払込期間


いつまで支払うか

ローンと同じで、短く払うと1回の支払いが多く、長く払うと1回の支払いが少なくなります。

(10) 保険金額・年金額・給付金等


いくらの保障があるか

受け取れる金額や、受け取り方は一時金なのか、年金形式なのか、ということが書かれています。

給付金というのは、入院給付金や手術給付金のことです。

手術給付金は倍率で表現されていることが多いのですが、入院日額に倍率をかけたものが、手術給付金となります。

手術の種類や、入院の有無によって倍率が変わります。

(11) 保険料


いくら支払うか

主契約・特約ごとの保険料と、合計保険料が記載されています。

自分がこの保険に対して一生涯でいくら支払って、いくら受け取れるのか、計算してみられては?

(12) 保険料払込方法


月払・半年払・年払などの払い方。

年払にすると割引があります


まとめ


漢字や聞きなれない言葉が多いため、抵抗感がある方もいらっしゃると思います。

私も最初はわかりませんでしたが、保険のカタチを図にして、何枚か読み解くうちにわかるようになりました。

自分の入っている保険を自分で理解できるようになり、必要な保険を、ご自身で選べるようになっていただければ、うれしく思います。(執筆者:水谷 文枝)