年賀はがき

年賀はがき購入でも使えるカードがある 「クレカ払い」でポイントをゲットする方法を紹介します

2017年も残りわずかとなり、2018年の年賀状の準備をそろそろ始める時期です。

年賀はがきの購入でもお得になりたい人は、年賀はがきをクレジットカードで購入して、カードのポイントをためたいところです。

しかし、果たしてそれは可能なのでしょうか?



今回は、年賀はがきを購入してポイントをためる方法をいくつか紹介します。


郵便局ではクレジットカードを利用できない

年賀はがきの購入場所として真っ先に思い浮かぶのは、郵便局です。

しかし、郵便局では年賀はがきはもちろん、切手やその他の官製はがきの支払いでも、クレジットカードを利用できません


コンビニならば一部で可能

郵便局と並んで全国にネットワークを展開しているのが、コンビニです。

このうち、年賀はがきの購入でポイントが付くのは、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップです

セブンイレブンは「クレジットチャージしたnanaco払い」


セブンイレブンでは、支払いにクレジットカードが利用できますが、年賀はがきの購入はクレジットカード払いできず、それは「セブンカードプラス」も決して例外ではありません



≪画像元:nanacoカード


電子マネー「nanaco」で支払えば、年賀はがきを購入できますが、nanacoポイントは付与されません。

しかし、クレジットカードからチャージしたnanacoで年賀はがきを購入すれば、チャージしたクレジットカードのポイントは付与されます



≪画像元:リクルートカード


全てのクレジットカードが、nanacoにチャージ可能なわけではありません。

チャージ可能なクレジットカードの中で還元率を重視するならば、還元率1.2%の「リクルートカード」です

ファミリーマートでは、「ファミマTカード」




≪画像元:ファミマTカード


ファミリーマートでは、Tマネーを使っても年賀はがきは購入できませんが、クレジットカードの「ファミマTカード」で、クレジット払いが利用可能です。

税込200円のカード払いにつきTポイントが1ポイントたまりますので、還元率は0.5%です。

ファミマTカードのクレジットカードで年賀はがきを購入しても、カード提示によるショッピングポイントは付きません

ミニストップでは「クレジットカードでチャージしたWAON払い」


ミニストップの場合も、セブンイレブンと似た方法です。



≪画像元:WAONカード


それは、クレジットカードでチャージした電子マネー「WAON」で支払うことです。

WAON利用によるポイントは付きませんが、クレジットチャージによるポイントがたまります

ただし、セブンイレブン以上にチャージ可能なクレジットカードが少ないです。





まずは「イオンカードセレクト」で、WAONにチャージをすると200円ごとに1WAONポイントが付与されます。



≪画像元:JAPAN AIRLINES


他には「JALカード」がありますが、JAL・JCBカード、JALカードDC(VISA/MasterCard)、JALカード TOKYU POINT ClubQのみが対象です。



≪画像元:JMB WAONカード


また、使用するWAONカードは普通のものではなく、「JMB WAON」でなければなりません

以上の条件を満たせば、200円のクレジットチャージごとにJALマイル1マイルがたまります


ネットショッピングでカード払い

最後に、ネットショッピングで年賀はがきをカード払いで購入して、カードのポイントをためる方法です。

郵便局のネットショップ




≪画像元:郵便局


郵便局の窓口ではクレジットカードで年賀はがきを購入できませんが、通信販売の「郵便局のネットショップ」なら、10枚単位で年賀はがきを購入できます。

もちろん、主なクレジットカードは利用可能ですが、税込5,000円未満の注文については、送料が税込720円かかってしまいます

他の商品購入を前提にクレジット払いできる


楽天市場を見てみると、インクとの同時購入やプリントサービスとの同時注文、またはプリント済みの年賀はがきを条件に、年賀はがきの購入ができます。

はがき1枚の単価も、52円かそれ以下となっています。



≪画像元:楽天カード


楽天で購入するなら、もちろん「楽天カード」がお得です。

条件が合えば「ヤフオク!」もあり


インターネットオークションサイト「ヤフオク!」でも、年賀はがきの出品があります。

実は、ヤフオクで年賀はがきを落札して、登録してあるクレジットカードで落札代金を支払うことができるのです。

ただし、ヤフオクに出品されている年賀はがきは、50枚以上など枚数が多い出品が多いです。

また、出品者によっては手続きが遅いこともありますので、年末ギリギリでの落札には避けた方が無難です。

そして、コレクション目的で古い年賀はがきが混じっていますので、間違えないように確認しましょう。


結局どれがおすすめ?



面倒なことが嫌いな方は、ファミマTカードを使ってファミリーマートで年賀はがきを購入するのが、最も簡単です。

確実にポイント高還元を重視するなら、リクルートカードでチャージしたnanacoを持って、セブンイレブンで購入するのがいいです。

年賀はがきを安く買いたいなら、他の商品と同時購入をしてネットショップで購入するか、オークションで購入しましょう。

大量購入をする方、好みの年賀はがきを選びたい方は、大量購入で送料無料になりラインアップも豊富な、「郵便局のネットショップ」がおすすめですね。(執筆者:角野 達仁)

そろそろ考えたい今年の「年賀状」 超早割で最大半額になる所もあるお得な4社をご紹介

暮れも押し迫るころ、はたと「そういえば年賀状!」と思い出し、クリスマスシーズンに慌てふためきながらデザインを選び印刷をして宛名書きに追われ、結局元旦の配送には間に合わず…。

わが家の昨年の光景です。

今年こそは慌てなくても良いように、早々に準備を始めることにしました。



今の時期なら、年賀状印刷が早割でお得になるところも多いようです。

早割を実施している年賀状印刷サービスをピックアップしてみました!


「挨拶状ドットコム」はがき代も安くできる 早割で40%OFF(11/23まで)



≪画像元:挨拶状ドットコム


挨拶状ドットコムでは、11/23まで早期割引を実施中です。早割を使うと印刷料金が通常の40%オフとなります。

デザインタイプ・写真フレームタイプは、どのデザインでも、何枚写真を入れても同一価格というのもうれしいポイントです。

写真を5枚以上入れられるデザインも用意されているので、写真をたくさん載せたいという方にもおすすめです。

また、挨拶状ドットコムではWお年玉年賀はがきというのを数量限定で販売しています。

これは、年賀状ドットコムオリジナルのお年玉くじが付いた年賀はがきを、1枚につき5円引きで購入できるというものです。

早割で印刷料金は割引になっても、はがき代そのものが安くなることはほとんどありませんから、この割引サービスはとてもユニークですね。

なお、2018/1/4まではキャンペーンで宛名印刷も無料となっています。


「Cardbox」キャラクター年賀はがきも 最大45%OFF(11/13まで)



≪画像元:Cardbox


CardBoxでは、11/13まで実施している超早期割引を使うと、印刷代が25%オフになります

新規会員登録で10%オフ、1カートに2明細以上の複数購入で5%オフ、さらにCardboxのFacebookに「いいね!」するともらえるクーポンを利用することで5%オフになるため、全ての割引を利用すると45%オフになります

選べるデザインは1,900点以上あり、リラックマやハローキティ、すみっコぐらしなどのキャラクター年賀状も選べます。

11/13までは全国一律送料無料の上、卓上カレンダーと年始状ももらえるそうですよ。

なお、今はキャンペーン中につき宛名印刷の基本料金が無料となっています。

そのため、宛名印刷は1枚30円の印刷料金のみで追加依頼できます。


「GLAM PRINT」写真はがきに自信あり 最大30%OFF(12/13まで)



≪画像元:GLAM PRINT


GLAM PRINTでは、段階的に割引率が変わる早割を実施しています

印刷料金が11/1まで30%オフ、12/1まで25%オフ、12/13まで15%オフとなるため、早めの注文がお得です。

GLAM PRINTは、Photobackという老舗フォトブックサービスの姉妹サイトとしてオープンしたサービスです。

そのため、写真プリントには強いこだわりがあり、印刷も「ツヤあり」と「ツヤなし」が選べる上、無料でサンプルを取り寄せることもできます。

100種類以上ある写真用のテンプレートは、シンプルながら、おしゃれでセンスの良いものがそろっています。

リピーター割引制度があり、今までにサービスを利用したことがある方は、早割に加えてさらに10%オフになります。

ユーザーのリピート率70%以上というのも頷けますね。

なお、GLAM PRINTでは宛名料金も印刷料金に含まれています。

料金体系が「プリント料金」 + 「年賀はがき代」 + 「送料」だけなので、シンプルでわかりやすいのが良いですね。


「セブン‐イレブン」追加印刷もコンビニで楽々 最大50%OFF(11/30まで)



≪画像元:セブン‐イレブン


セブン‐イレブンでは、11/4まで20%オフの超早割を、11/30まで10%オフの早割を実施しています。

2件以上の同時申し込みで10%オフになる複数割と、ネット申し込みによるネット割の20%オフも組み合わせると、11/4までの注文で印刷料金が最大50%オフになります

店頭申し込みも可能ですが、インターネットからの申し込みの方が割引も大きいですし、選べるデザインも多いため、ネット注文がおすすめです。

写真年賀状を1件あたり40枚以上申し込むと、自分の好きな写真を印刷したnanacoカードを作ってもらえるそうです

世界に1つだけのオリジナルnanacoが手に入りますよ。

また、「年賀状が足りない!」という事態に陥っても、追加印刷可能なデザインを選んでおけば、セブン‐イレブンのマルチコピー機ですぐに印刷できます

宛名印刷もオーダーできますが、基本料金として1件あたり1,000円、1枚あたり25円が追加で必要です。


早割を活用して時間も懐も余裕のある年末を

今の時期であれば、年の瀬の慌ただしさもまだ遠く、余裕を持って年賀はがきに使う写真を選んだり、デザインを決めたりできます。

その上早割で料金も安くなり、年末も焦らずのんびりと過ごせるのなら、先に準備をしておくメリットは大きそうです。

年末、いつも年賀状の準備に追われているという方は、ぜひ早割の効くうちに印刷サービスを探してみてくださいね。(執筆者:青海 光)