年会費無料

銀行のクレカなのに年会費無料、還元率1%の「みずほマイレージクラブカード・ザ・ポイント」


≪画像元:みずほ銀行

「銀行のクレジットカードは便利だけど、ポイントがイマイチ」

そう思っている人はいませんか?

今回紹介する「みずほマイレージクラブカード・ザ・ポイント」は、利便性はそのままでポイントなどもお得です。

みずほマイレージクラブカード・ザ・ポイントのメリットはもちろん、デメリットもしっかり紹介します!


みずほマイレージクラブカード・ザ・ポイントの概要



100円利用ごとにオリコポイントが1ポイント貯まり、ポイント還元率は1%ですので、年会費無料カードとしてはなかなかの高還元率ですね。

貯まったオリコポイントは、主に以下のような特典に交換できます。



ポイントからマイル、商品券までバリエーション豊かですね。


オリコモールでさらにポイントアップ!

≪画像元:オリコモール


普通に使っても高還元率のみずほマイレージクラブカード・ザ・ポイントですが、オリコモール経由で買い物をすると、以下のようにポイント還元率がさらにアップします。



Amazonが対象外となっているポイントモールが多い中、オリコモールはしっかりとポイントがもらえるのがうれしいですね。


2つの電子マネーでザクザクポイントが貯まる


≪画像元:みずほ銀行


クレジットカードが使いにくい少額決済も、みずほマイレージクラブカード・ザ・ポイントには「iD」「QUICPay」という2つの電子マネーが搭載されているので、ポイントをもれなくゲットできます。

セブンイレブンやマクドナルド、ローソンやファミリーマート、イオンやエネオスなど、多くの店舗で利用可能です。

しかも、両方とも後払い式電子マネーなので、チャージし忘れる心配がありません。


みずほマイレージクラブのうれしい特典も!

オリコカードの特典だけでなく、月1度以上クレカを利用するだけで、以下のようなみずほマイレージクラブの「うれしい特典」も受けられます。

・みずほ銀行・イオン銀行ATMの時間外手数料が無料
・コンビニATMの利用手数料・時間外手数料が月4回まで無料
・みずほ銀行本支店あての振込手数料が無料

月1回利用するだけでいいので、ハードルも高くありません。

手数料はボディーブローのようにダメージが効いてきますので、無料にできるのは地味に大きいですね。


注意点もある

いいことづくめに思えるみずほマイレージクラブカード・ザ・ポイントですが、デメリットや注意点もあります。

みずほ銀行を利用しない人にはメリットが少ない


みずほ銀行の普通預金口座を持っていない人は利用できないので、注意してください。

ただし、クレカと口座開設の同時申込は可能です。

みずほマイレージクラブの「うれしい特典」も、みずほ銀行利用者以外はあまりメリットが大きくありません。

コンビニATMを利用する機会が多い人ならば、メリットは大きいですね。

キャッシュカード機能はない


みずほマイレージクラブカード・ザ・ポイントには、実はみずほ銀行のキャッシュカード機能がありませんので、キャッシュカードとの2枚持ちが必須ですが


≪画像元:みずほ銀行


カードの枚数を減らしたいみずほ銀行ユーザーは、「みずほJCBデビット」を選ぶのもいいでしょう。


みずほ銀行ユーザーにはおススメ!

みずほマイレージクラブカード・ザ・ポイントには、海外旅行傷害保険がない、キャッシュカードがないなどのデメリットもあります。

しかし、年会費永年無料ながら還元率1%と、デメリットを打ち消すようなメリットのあるカードです。

特にみずほ銀行をメインバンクにしている人にとっては、「うれしい特典」も大きなメリットとなるでしょう。(執筆者:角野 達仁)

年会費無料で還元率1%の「JCB CARD W」「JCB CARD W plus L」が新登場!

これまでJCBカードが発行するクレジットカードは、「安心だけど還元率などのサービスはイマイチ」との印象がぬぐえませんでした。

しかし、2017年10月24日に新登場した「JCB CARD W」、「JCB CARD W plus L」のシリーズは、そんなイメージを一気に覆しました。

この記事では、JCB CARD Wシリーズの基本スペックや特徴、デメリットなどを紹介します。


≪JCB CARD W / JCB CARD W plus L 画像元:JCB



JCB CARD Wの基本スペック


「JCB CARD W plus L」は女性向けカードと銘打っているものの、男性でも申し込み可能です。また、解約しなければ40歳以上も継続できます。


JCB CARD Wの特徴

ポイント還元率が1%


JCB CARD Wシリーズは、1000円利用ごとに「Oki Dokiポイント」が2ポイント(1ポイント=5円相当の価値)貯まります。

他のJCB一般カードの還元率は0.5%ですので、2倍の還元率です。

JCBオリジナルシリーズパートナーでポイントアップ


JCBカードの中でも、「JCBオリジナルシリーズ」と呼ばれるカードには、「JCBオリジナルシリーズパートナー」というポイントアップ加盟店システムがあり、もちろんJCB CARD Wシリーズも対象です。

以下のようなお店で利用すると、通常よりもポイントが倍付されます。



日常使いに便利なお店が揃っていますね。

「JCB LINDA」と共通の特典(JCB CARD W plus Lのみ)



≪画像元:JCB

すでにある女性向けカード「JCB LINDA」と共通の女性向け特典が、「JCB CARD W plus L」にだけあります。

キレイをサポートするプレゼントや優待


≪画像元:linda-project


会員限定で、以下のようなプレゼントや優待を受けられます。

・JCBトラベルで利用可能な旅行代金1万円分
・ネイルメニューギフト5000円分
・TOHOシネマズ映画観賞券

キレイをサポートするメルマガ

カード会員には、「LINDA MAIL」が月2回配信されます。メルマガ会員限定プレゼントや会員向け情報が充実です。

お守リンダ


≪画像元:linda-project


女性向け保険「お守リンダ」に、JCB CARD W plus L会員も加入できます。保険料と保険の内容は、以下の通りです。




JCB CARD Wシリーズのデメリット

なかなかの高スペックを誇るJCB CARD Wシリーズですが、以下のようなデメリットがあります。

40歳になると申し込めない


40歳の誕生日を迎えてしまうと申し込めません。遅くても、39歳のうちに申し込んでおきましょう。

申し込みはWEB限定


JCB CARD Wシリーズは、WEB限定商品のため、インターネット以外からは申し込めません。ネットが苦手な方は苦労しそうです。

ディズニーデザインがない



≪画像元:JCB

他のJCB一般カードには、ディズニーデザインカードがあります。

しかし、「JCB CARD W」「JCB CARD W plus L」には、デザインが各1種類しかありません。

ディズニー好きにとってはちょっと残念です。

「QUICPay一体型」がない


他のJCB一般カードには、後払い式電子マネー「QUICPay」を一体にするか別々にするか選択肢がありますが、JCB CARD Wシリーズには一体型がありません。

お財布の中が少し膨らんでしまいます。


こんな方におすすめ


もちろん、39歳までの人、特に女性の方にはまずはおススメです。

また、年会費無料で持てるJCBのプロパーカードは数少ないので、家族カード、ETCカードも含めて維持コスト掛けたくない人におすすめです。

さらに、人に見せても恥ずかしくないクレジットカードを持ちたい人は、ディズニーデザインがなくても気にならないでしょう。

そして、大きな穴のないJCBカードがほしい人は、還元率1%、利用付帯ながら海外旅行保険もある、「JCB CARD W」「JCB CARD W plus L」がおすすめです。(執筆者:角野 達仁)