定期預金

【ムダのない保険加入】保険契約は「減額」や「払い込みをストップしても契約を継続」することができる 

「定期預金は分けて入るねんで~。」

と言っていたのは私の母親。



彼女は500万円の貯蓄を、200万円、100万円、100万円、50万円、50万円の合計の5つの定期預金として保有していました。

まだ私が幼いころの話です。

定期預金って、300万円未満と300万円以上、そして1,000万円以上では利率が少々異なりますが(とはいえ現状、店頭で確認するとあまり変わりませんが)、当時はどうだったのかどうかは知りません。

ただ母親によると、出口の選択肢が多いほうを選ぶべきだということでした

こうしておけば、いざ手元にお金が必要になったときに、その金額に応じて解約する定期を最小限に抑えられるからだということです。


保険契約は「減額」できる!

ですが今回は、保険契約にはそんな手間をかける必要はないですよ、という話です。

なぜなら、保険契約は「減額」ができるからです。これ、けっこう知らない人いるんじゃないでしょうか?

定期保険を保険金額3,000万円、保険期間30年で契約していた場合


たとえば定期保険を保険金額3,000万円、保険期間30年で契約したとしましょう。

そして、子どもの独立などのライフイベントによって必要保障額が減少したり、家計が苦しくなって支払保険料を抑えたくなったりしたとします。

そんなとき、保険契約は「減額」できるのです。

細かくいえば、残りの保険期間はそのままで、減額後の保険金額を1,000万円にするなど下げることで、以後の支払保険料を抑えることができるっていうことですね。

この制度のミソは、以下の2点です。

・ 解約 & 新規契約してしまうと、旧保険の契約時よりも年齢上昇や健康条件が悪化しているため、新保険は不利な契約になってしまいます。ですが「減額」なら当初の保険加入時の契約条件で契約が継続するため、有利な条件が続きます

・ したがって、私の母親の定期預金のように、当初の保険契約時に契約を分割しておく必要はありません。保険会社によっては、一定以上の保障額の契約であれば小口契約よりも、保障額あたりの保険料が有利に設定されていることもあるので、ありがたい。

ただし、保険会社ごとに最低保険金額が設定されておりますので、保険金額がそれを下回ることになるような「減額」はできません

今後の選択肢を見据えておくためにも、これから保険契約する人はそれも確認して契約しましょう。

また現在お持ちの保険の最低保険金額も、確認しておく価値はあるはずです。


保険料払い込みをストップして、契約を継続するという手も!



実は保険は、「減額」にとどまらず、保険料払い込みをやめてしまって保障を得続けるという選択肢もあります。

「払済」と「延長」の2つがあるので、それぞれ解説しましょう。

払済 : 保険期間を変えずに、保険金額を縮小する
延長 : 保険金額はそのままに、保険期間を短縮する

保険料支払い無しに保障は得るなんて、そんなことが可能なのかという話ですが、そのタネは「解約返戻金」にあるのです。

解約すれば受け取れる解約返戻金をその後の保険契約続行の原資にして、契約を継続するということですね。

ですからこの2つの手段は、解約返戻金があってもごくわずかな定期保険ではなく、終身保険むけのものになります


必要保障額の減少が当初から見込まれるのであれば、こんな手も

家計が苦しくて保険料支払いを抑えたい…というような事態はなるべくなら避けたいと思います。

ですが、必要保障額が減少して…という事態は、普通に生活していれば当然生じるものなのではないでしょうか。

だって、子育てをして子供が成長すれば独立が徐々に近づき、必要保障額は逓減します。

それに、台所がうまく回って貯蓄ができれば、やはり必要保障額は減りますよね。

そんな風に必要保障額が逓減することが十分予測できているのであれば、以下のような保険が無駄なくお得だと思います

収入保障保


「家族収入保険」ともよばれます。

たとえば、30歳時に契約期間30年で契約して、万が一の時には満期まで保険金を毎月10万円というように年金形式で受け取る、というような保険です。

保険金受け取りが年金形式ということは、保険契約が続くにつれて保険金総額は徐々に減少しますね。

逓減保険


保険金額が保険契約継続にしたがって徐々に減少する点では収入保障保険と同じですが、こちらは一時金で受け取ることになります

住宅ローンの団信のかわりに契約しておけば、万一の時には一括繰り上げ返済できますね。


最後に



保険を契約するときには、ついつい目先の保険料とにらめっこしてしまいます。

良くても保険期間と必要保障額くらいまでしか考えないのではないでしょうか。

ですが人生、一寸先は闇です。出口にどんな選択肢があるのか把握しておくのは、決して損にはならないと思います。(執筆者:徳田 仁美)

金利が3%のマレーシアで資産運用 「口座開設」して貯金を増やす方法

日本では、預金がマイナス金利のため、定期預金を組んだとしても金利はほぼゼロなわけですが、海外には定期預金を組むことで結構な金利が付く国があります。

下記の「政策金利ランキング」をご覧ください。


≪画像元:政策金利ランキングより≫



マレーシアで、1年の定期預金を組んで3%以上の金利を得る!



上の金利ランキング(2017年7月現在)で11位にマレーシアがランクしています。

東南アジアのシンガポールの上に位置している国であるマレーシアは、石油や天然ガス、パ―ムオイルを輸出している資源がとても豊かな国です

シンガポールに次いでGDPが高い、東南アジアの優等生です。シンガポールと同じく赤道直下に位置している常夏の国です。

そして近い将来、先進国入りを目指しており、高度成長今真っ最中です。

ここ10年の間で国民所得を倍増することを目標にしており、人口も若い人たちを中心に毎年2割程度も増え続けています。

このような経済発展中にある国であるため、日本では絶対にできないような資産運用ができるのです。

わずか一年間で3%以上の金利が付く


もしマレーシアで銀行口座を開設し、定期預金を組むことができるならば、わずか一年間で3%以上の金利が付いてきます。

さらに5年間の定期預金を組むと、4%程度の金利が付くことになります

もしくは高額で定期預金を組むことによって、わずか1年間の定期預金であっても、4%程度の高い金利を付けられる場合があるのです。

ただし、金利はマレーシア中央銀行が決定するものであるため、常に変動しています。さらにマレーシアの国内の銀行によっても多少金利は異なっています。

2017年現在、マレーシアの金利は3%ですが、これから何年間もずっと高い金利を維持し続けるかどうかはわかりません。

10年程前にはオーストラリアの金利が高い時代があり、日本国内の多くの銀行でオーストラリアの金融商品をこぞって勧めていました。

その頃はまだオーストラリアの金利が6%程度だったのですが、今ではオーストリアの金利はかなり低く抑えられて低くなり、2%程度になっています。

そのため、マレーシアも今後経済発展がさらに進んでいき、先進国入りを果たすレベルになれば、現在のような高い金利でなくなる可能性が大きいということなのです。


マレーシアの銀行のペイオフ制度



次にマレーシアの銀行のペイオフ制度についてお伝えします。

マレーシアの銀行も日本の銀行と同じようにペイオフ制度をとっています。

日本国内の銀行がつぶれてしまうことは、簡単に想像できません。日本経済が新興国の経済に比べれば強いと思われていることからしても、そのように考えられます。 

まだそこまで国の経済が安定していないマレーシアのような新興国では果たしてどうなのだろう? と思われる方もずいぶん多くいらっしゃるかと思います。

これはマレーシアに限らずですが、海外の新興国で金利の高い国の銀行となれば、突然何が起こるかわからないのではないだろうか? と思われて当然です。
 
なぜなら、一般的に「リスクのないところにはリターンがない」といわれているからです。

そのため、それなりにリスクに対しての補償があるかどうかを確認してから投資することが重要だと思います。

上限は日本円でおよそ675万円程度


マレーシアの国内の全銀行においてペイオフ制度をとっており、上限は25万リンギットとなっています。

現在の為替相場(2017年10月10日現在)では1リンギット=約27円で、日本円にすれば、およそ675万円程度です。

ペイオフ制度は、1つの銀行の口座に対しての補償であるため、もしあなたが2,000万円程度の貯金をリンギットに替え、マレーシア国内の銀行で安全に運用をしたければ、3つの銀行にお金を分けて預け入れ、定期預金を組めばいいのです。

つまり、マレーシアの国内にある3つ以上の銀行に定期預金の口座を一つずつ作り、そこに25万リンギット相当(約675万円程度)を入れておけば、たとえマレーシアの銀行に何かあったとしても補償されるのです。

くり返しますが、ペイオフの範囲内の金額で定期預金を組んだことになるので、もしマレーシアの経済が破綻し、銀行が潰れたとしてもこの範囲内であれば預けたお金は補償されるわけなのです。

マレーシアの3つ以上の銀行にそれぞれ675万円程度の金額の貯金を均等に分けて預け入れ、満期が来ても引き出さずに利子もそのまま定期に組み込んで、複利で年利3%のまま何年も回し続けていくと、1年間で金利分が60万円ずつ増えていくのです。

そしてその金利の分が元金にプラスされていきます。つまり毎年元金の定期預金額が増えて、再投資ができるのです。

このように、そのまま据え置いて、複利で何年も定期のままで続けて預け入れておくことにより、雪だるま式で預金額が増えてくことになります。

マレーシアの金利は変動するので注意が必要


しかし、それはあくまでマレーシアの金利が3%のままで維持している事が前提になります。

マレーシアの金利は変動するものですので、この先何年もずっと変動することなく、ずっと3%のままでキープしていかれるとはいえません。

そのため、いつ口座の解約をしてもいいように1年ごとに定期預金の増えた金利の分だけ普通預金口座に振り替えるようにし、元本だけを更新していくことにしてもいいのです。

そのようにしたら、普通預金口座に振り替えられる金利の分をマレーシアでの生活費やその他の貯蓄に回すことができ、かなりお得にマレーシアでの生活ができます。

ある程度の期間、資金を置いたままにできる方にはおすすめ


このような資産運用が可能なため、ここ10年以上もの間、マレーシアが移住したい国ナンバー1の国としてリタイアした団塊世代の年金生活者の方が多く移住する先として人気をキープし続けているのです。

ただ、金利が高いとは言っても、当然為替リスクがあるため、円 → リンギットに替えた時点のタイミングよりもその後のリンギットの価値が下がってしまった場合にはその分の損失が生じてしまいます。

もし損失がかなり大きい場合には、金利で得た利益より損失した額が上回ってしまうことも考えられます。

ただし、株などの投資と同じように考えて、ある程度の期間はマレーシアに資金を置いたままにできるのであれば、リンギットの価値が再び上がってくるまでマレーシアの銀行口座にリンギットのままにしてお金を預け続け、再び価値が上がったタイミングで解約すれば決して損をすることはないわけです。

以上のことを踏まえた上で、マレーシアで口座開設し、高い金利を受け取って資産運用をすることができます。


マレーシアで口座を開設するには?

マレーシアで銀行口座を開設するためには、マレーシア政府が長期滞在を許可しているビザを取ることが原則的には必要です。

長期滞在ビザには次の3つのビザがあります。

1. ワーキングビザを出してくれる会社で勤務する
2. MM2Hビザ(マレーシア・マイ・セカンドホームビザ)を取る。
3. 永住権を取る。

1. ワーキングビザを出してくれる会社で勤務するためには、マレーシアに駐在として赴くか、マレーシアの現地企業で雇用してもらい、ワーキングビザを発行する手続きをしてもらう必要があります。

2. MM2Hビザ(マレーシア・マイ・セカンドホームビザ)を取るためには、ある程度の財産を持っていることを所有しそれを証明できる書類を金融機関から取り寄せることや、毎月の収入を証明できる書類を取り寄せて、マレーシアの政府から10年間の長期滞在ができるようにビザ発行の許可を取り付ける必要があります。

個人的にビザの申請をしようと思うと、結構大変で時間もかかりますが、ビザ取得の専門エージェントに頼めば、自分で取得するよりもかなり手間と時間をかけずに取得することができます

MM2Hビザ(マレーシア・マイ・セカンドホームビザ)の取得条件など詳細については、別途お伝えしたいと思います。




さいごに

以上のお伝えしたように、マレーシアで銀行口座を開設するには長期滞在のビザが必要なのですが、ここ最近は通常の観光ビザでマレーシアに来ている旅行者であっても、財産の金額にはそれほど関係なく、預け入れができると銀行が認めた方に対しては、例外的に口座開設をしてくれる銀行も出てきているそうです。

口座の開設は、長期滞在ビザ所有の方以外の方はマレーシア政府によって、していけないと禁じられているわけではなく、各銀行で単に口座開設の条件を長期滞在ビザの所有者に限定しているだけのようです。

そのため、銀行自体が口座開設を許可すれば、旅行者で口座開設ができる場合があるです。

ただし、それはあくまで例外的なケースです。

長期滞在のビザなしで口座開設を希望される方は、現地日本人エージェントに仲介をしてもらう必要があるようです。

そして、まずは始めに、通常の観光ビザで90日以内の滞在は可能なので、口座を開設するかどうかの判断をする前には、一度マレーシアという国がどんなところかを旅行者の視点でご自身で視察しに行ってみることをおすすめします。(執筆者:鈴木 美代子)

ただ預金するだけではもったいない 地方銀行や信用金庫などが販売する「宝くじや特産品」などのプレゼントが付いた「定期預金」が人気です 

地方銀行や信用金庫などが販売する「特典付き定期預金」。

宝くじや懸賞金、地元の特産品などがもらえる定期預金が各地で人気を集めています。



「ただ預けているだけ」ではなく、「お楽しみ感」がプラスされワクワク感が味わえるのは大きなメリット

今回はそんな特典付き定期預金の中から、オススメの商品をご紹介します。


宝くじ付き定期預金

しずぎんインターネット支店






預金の金利だけでなく「ドリームジャンボ」、「サマージャンボ」、「年末ジャンボ」の年3回、各5枚ずつの宝くじが進呈されます(預入金額150万円あたり)。

連番かバラかも選択可能。

さらに宝くじのハズレ券を対象とした敗者復活戦もカバーしており、この抽選で当選が確認されれば商品カタログが送られてきます。

商品名 :宝くじ付き定期預金

販売対象 :インターネット支店に口座をお持ちの個人のお客様

預入単位 :150万円以上、150万円単位

期間 :3年 自動継続(元金継続のみ)または自動解約入金

スルガ銀行




≪画像元:スルガ銀行


日本一の人気売り場と言われる「西銀座チャンスセンター」で全ての宝くじを購入。

さらに「福徳の神」が祀られている静岡県三島市にある「三嶋大社」で、発売当日に当選祈願も行っているという念の入れ様。

そのご利益のおかげなのか、1999年の取り扱い開始以来多くの億万長者、高額当選者が誕生しているそうです。

届く宝くじの種類と枚数



≪画像元:スルガ銀行


商品名 :宝くじ付き定期預金(インターネット支店限定)

販売対象 :個人のお客様(取扱店に限る)

預入単位 :100万円、300万円、600万円、900万円のいずれか

期間 :3年 原則として中途解約不可


懸賞金付き定期預金

城南信用金庫




≪画像元:城南信用金庫


商品名:懸賞金付き定期預金「スーパードリーム」

城南信用金庫が平成6年11月に取り扱いを開始した元祖「懸賞金付き定期預金」。

「日経優秀製品・サービス賞」「最優秀賞」など数々の賞を受賞し、平成15年には民間金融機関の預金単品商品として初めて預金残高が1兆円を突破しました。

そんな大人気の懸賞金(品)の内容は次のようになっています。



≪画像元:城南信用金庫


販売対象:個人の方

預金の種類:城南スーパー定期1年もの

預入金額:10万円以上

抽選権:10万円につき1本の抽選権(抽選番号)がつきます

愛媛信用金庫




≪画像元:愛媛信用金庫


商品名:懸賞金付定期預金「開運大吉くん」

懸賞金だけでなく道後温泉宿泊やグルメなど豪華な賞が用意されています。



≪画像元:愛媛信用金庫


販売対象 :個人の方

預入金額 :1口20万円以上1,000万円以下(1円単位)

預入期間 :1年

抽選権 :1口20万円につき1本の抽選権がつきます


こんなユニークな定期預金も

高知銀行






商品名 :スーパー定期複利型(よさこいおきゃく支店専用)

愛称 土佐からの便り定期

預入期間中は土佐の名産品カタログが毎年2回届くので、その中から自分の欲しい物を注文できます

「300万円コース」と「500万円コース」があり、カタログには次のようなものが掲載されています。

300万円コース(3,000円程度の名産品)

1~7番の中から一つ選べます。






※インターネットバンキング口座からの預入に限る

預入期間:3年(複利型)

500万円コース(6,000円相当の名産品)







山形銀行




≪画像元:山形銀行


商品名 :積立型定期預金「すくすく」



≪画像元:山形銀行


口座名義となる子どもが主人公になった「世界で一冊の絵本」がプレゼントされます。

これはとても良い記念になりますよね。大切な宝物になることは間違いないでしょう。

販売対象 :0~3歳の子を持つ親権者の方

預入金額 :毎月3,000円以上(1,000円単位)

預入期間 :1年以上

新井信用金庫




≪画像元:新井信用金庫


商品名:ふるさと定期「いいね~っと!」

ふるさととして新潟県妙高市をこよなく愛する人に向けた定期預金。次のような特産品を受け取ることが出来ます。



≪画像元:新井信用金庫


販売対象 :個人の方

妙高市、上越市(柿崎区・吉川区除く)、糸魚川市、十日町市のうち旧松代町・旧松之山町、信濃町(長野県)に居住されている方

もしくは「過去に居住していた」「実家がある」「親戚や友人・知人がいる」「遊びに来たことがある」という方

預入金額 :1口100万円以上800万円未満

預入期間 :1年 自動継続のみ(元利金継続)

新井信用金庫には懸賞金付き定期預金もあります。

商品名:懸賞金付き定期預金「よろこび」

懸賞金の金額は次の通りとなっています。



≪画像元:新井信用金庫


預入金額10万円を1口として、抽選番号が1本付いてくる期間1年の定期預金です。

販売対象:個人の方

預入金額:1口10万円以上300万円まで

預入期間:1年(自動継続)


お得感あり! 特典付きの定期預金

このほかにも、店頭表示より上乗せされた金利の適用や特産品などがもらえる「高齢者運転免許自主返納応援定期預金」、子どもの数によって金利が上乗せされる「キッズサポート定期預金」などもあります。

特典付きの商品を販売している銀行や信金は意外と多いもの。

「ただ預けているだけじゃ勿体ない」と感じたら、この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。(執筆者:藤 なつき)