埼玉県

日光街道の宿場町。その伝統が工芸品に息づいています/埼玉県春日部市

日光街道の宿場町。その伝統が工芸品に息づいています/埼玉県春日部市【ふるさと納税・自治体事典】

FV_埼玉県春日部市.PNG

街道の宿場町として栄えてきた春日部市(かすかべし)。その長年に渡り受け継がれてきた文化と伝統は、「桐たんす」や「桐箱」「押絵羽子板」などの工芸品の中に、今も脈々と息づいています。ここでは、そんな春日部市についてご紹介します。

春日部市の概要

春日部市(かすかべし)は埼玉県の東部に位置し、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の舞台としても全国的に知られています。

古くは日光街道の宿場として栄えた歴史を持ち、江戸の伝統を受け継ぐ桐たんすや桐箱、江戸情緒豊かな押絵羽子板、麦わら帽子などが全国に誇る特産品となっています。

とくに日光東照宮の造営に関わった職人たちが、春日部に移り住んで生産を始めたとされる桐たんすは高い評価を受けており、1979年に国から「伝統的工芸品」の指定を受けました。
そして、この地に豊富にあった桐材はさらに桐枕や整理箱、収納箱などの日用品にも使われ、1977年には県の「伝統的手工芸品」の指定を受けています。
桐箱は木目が美しく、防虫・防カビ効果に優れているという特長があります。

押絵羽子板は、桐でできた羽子板に立体感のある押絵で装飾を施したもの。春日部の押絵羽子板はすべてが手づくりで、200もの工程をかけて1枚の押絵羽子板として仕上げられており、芸術品として高く評価されています。1977年に県の「伝統的手工芸品」指定を受けました。

また、春日部の春を彩る花といえば、「市の木」にも選定されている「藤」。
名前にも「藤」が冠されている「ふじ通り」では、藤棚が総延長約1.1キロメートルに渡って続き、毎年4月中旬~5月上旬頃までさまざまな種類のフジの花を楽しむことができます。

より藤の花の違いを楽しめるように、各木には名札が、そして花の種類や特徴を紹介する案内看板も設置されています。

この「ふじ通り」で毎年行われているのが「春日部藤まつり」です。マーチングバンドなどのパレードやよさこいソーラン、キッズダンスの他、白バイ・パトカー乗車体験、クレヨンしんちゃんラッピングバス展示、さらには吹奏楽やマジックなどで、大いに盛り上がります。

他にも、100畳敷の大凧が江戸川の大空を勇壮に舞う「大凧あげ祭り」などの多種多彩なイベントが、四季を通じてまちに賑わいと活気を呼び込んでいます。

●人口:23万495人(2018年3月31日現在)
●市の花:フジ
●市の木:キリ
●市の鳥:ユリカモメ

さとふるから申込めるお礼品はコレ!:春日部市の名産品・特産品

埼玉県春日部市伝統工芸品 田中帽子店麦わら 中折れハット 頭囲59cm UK-H005-L-NA

埼玉県春日部市の伝統工芸品である「麦わら帽子」。

現在、日本で量産できる工場は少なく、その中でも100年以上の歴史と伝統を誇る老舗が田中帽子店です。

長い歴史を誇り田中帽子のロングセラーモデルである中折れ帽子頭頂部をくぼませ、つば先はダウン型の定番ハット。

田中帽子店の人気型で、世代を問わず人気の中折れ帽です。頭部の深さは少し浅めですので、男女兼用で被ることが出来ます。

■生産者の声
埼玉県春日部市の伝統工芸品である「麦わら帽子」。現在、日本で量産できる工場は少なく、その中でも100年以上の歴史と伝統を誇る老舗が田中帽子店です。麦わら帽子は、7本の麦を1本に編んだ材料を使い、1つ1つ職人の手により重ねて円状に縫い上げる独特な縫製方法により作られます。天然素材である「麦わら」は通気性も良く、日除けにもぴったりな夏に欠かせない帽子です。田中帽子店では、男女・世代を問わず人気の麦わら帽子を、今なお昔ながらの作り方で1つ1つ丁寧に作っています。

お礼品の詳細はこちらをクリック!
埼玉県春日部市伝統工芸品 田中帽子店麦わら 中折れハット 頭囲59cm UK-H005-L-NA

◆【ビースリー春日部】ボルダリング体験(最大3時間) 1名様分

ボルダリング体験ができるチケットのお礼品です。

未経験の方でも気軽にボルダリングを経験(最大3時間)できます。初回は安全に楽しく登るためのインストラクションを受けていただきます。

専用のシューズ(クライミングシューズ)のレンタル料金も含まれているので、必要なのは運動に適したウェアだけ。
キッズからシニアまで、みんなでボルダリングにチャレンジ!

◎提供サービス内容
ボルダリング体験1名様(3時間以内)
・初回インストラクション
・レンタルシューズ
・サービス提供地:埼玉県春日部市 ビースリー春日部
※安全に楽しく登るために施設利用時のルール、登り方、基本的なテクニックの説明(インストラクション)が受けられます。インストラクション終了後は、最大3時間、施設を利用することができます。

お礼品の詳細はこちらをクリック!
【ビースリー春日部】ボルダリング体験(最大3時間) 1名様分

◆春日部特産品麦わらカンカン帽

このお礼品は、春日部市の特産品である麦わらカンカン帽と帽子クリーニングのセットです。

提供事業者「よこい帽子」は、帽子製造一筋74年。年間10万個の幼稚園、小学校の帽子や官帽をつくっています。
春日部の特産品である麦わら帽子製造の技術と伝統を生かした、カンカン帽です。

なお、8年前に始まった、帽子を長く大切に使用するための「帽子クリーニングメンテナンスサービス」もセットになっています。
洗えないと思っていた帽子を、洗ってサッパリ、被ってニッコリを体験することができます(体験チケット1回有効)。

■生産者の声
技術と伝統を守りながら、メイドインジャパンにこだわり、ものづくりをしております。弊社の帽子に限らず、帽子を長く大切に被っていただくため、「帽子をつくる 笑顔をつくる」をモットーに日々取り組んでおります。

お礼品の詳細はこちらをクリック!
春日部特産品麦わらカンカン帽

◆男物20号(約60cm)押絵羽子板

職人が一つひとつ手づくりで心を込めてつくり上げた羽子板です。

押絵羽子板は、戦後、東京から良質の桐を求めて移り住んだ職人と春日部の桐との出会いによって生まれたものです。
江戸時代の浮世絵を彷彿とさせるその姿は、一つの芸術品として高い評価を受けています。

豊富なバリエーションがある男物(歌舞伎もの)の中から、1点をお送りします。

お礼品の詳細はこちらをクリック!
男物20号(約60cm)押絵羽子板

◆羽釜の桐米びつ 木はだ 5kg

羽釜で炊かれたご飯はおいしい! 羽釜の形状と、桐の保存性能を生かした桐の米びつです。

「桐の保存容器 桐器シリーズ」は、桐の持つ調湿・防虫・防カビの性能を活かしたキッチン容器シリーズ。

羽釜で炊かれたご飯は見た目でもおいしさが伝わることから、米びつにもその形状を借りました。

羽釜の米びつに入れておくと、保存しているときよりもお米がおいしく見える気がします。蓋の取っ手の形に特徴があります。

■生産者の声
日本独特の気候風土のなかで、古来より大切な品々の保存を任されてきた桐の特性を「もっと自由に、もっと身近に活かしていきたい」と、春日部桐箱工業協同組合の若手後継者がデザイナーと組んで開発した、これまでにない新しい発想の製品です。

お礼品の詳細はこちらをクリック!
羽釜の桐米びつ 木はだ 5kg

あとがき

春日部の春を象徴する"藤"。シーズンには「ふじ通り」も美しい景色を見せてくれますが、市内には他にも「籐花園(とうかえん)」という人気スポットがあります。
春日部市牛島にあり、ここにある「牛島の藤」は国の「特別天然記念物」に指定されている藤の木で、根回り約9.2メートル、藤棚の総面積700平方メートルにもなる巨木です。花の咲く頃には、ぜひ訪れてみてください。

なお、ふるさと納税の寄付金の使い道として、「ふじ通りの藤棚のリニューアル」という項目が用意されています。

春日部市紹介ページ

春日部市のお礼品一覧

※2019年2月20日時点の情報のため、お礼品の受付停止や寄付金額が変更されていることがありますが、ご了承ください。

※参考・参照元
・春日部市公式 ホームページ(https://www.city.kasukabe.lg.jp/)
・『第三版都道府県別 日本の地理データマップ』小峰書店

"キューポラ"の煙突はまちのシンボル!/埼玉県川口市

"キューポラ"の煙突はまちのシンボル!/埼玉県川口市【ふるさと納税・自治体事典】

FV_埼玉県川口市.png

溶かした金属を型に流し込んでつくる「鋳物(いもの)」のまちとして有名な川口市。現在も脈々と受け継がれる職人魂と、溶解炉「キューポラ」の煙突はまちの宝物となっています。近年はご当地グルメ「鳩ヶ谷(はとがや)焼きうどん」も人気のまち、川口市をご紹介します。

川口市の概要

川口市は埼玉県の南端に位置するまちです。荒川を隔てて東京都に接し、江戸時代から鋳物や植木などの産業が発展。その後、住宅都市化が進みました。

首都・東京と隣接している利便性を活かしながら、固有の伝統ある"ものづくりのまち"として、活力あるまちづくり・人づくりを目指しています。

特産品としては、やはり全国的な評価を獲得している「鋳物」がまず挙げられるでしょう。

その歴史は古く、江戸時代に確立され、南部地域を中心に発展。最盛期には、「キューポラ」と呼ばれる鉄の溶解炉の煙突が林立した風景が有名で、川口市を舞台にした早船ちよの小説「キューポラのある街」は、吉永小百合主演で映画化(1962年公開)もされました。

他にも、「植木」は安行地区が生産・流通における全国的な拠点になっており、こちらも江戸時代から活発な生産が行われています。

「釣竿」も天明年間(1781~88)に「竹釣竿」の生産が始まり、大消費地・江戸があったことで急速に発展。慶応年間(1865~68)には今日の差込式継ぎ竿がつくられるようになり、全国有数の産地となりました。

さらに近年、ご当地グルメとして「鳩ヶ谷(はとがや)焼きうどん」が全国区の人気を獲得しつつあります。
鳩ヶ谷地域(旧鳩ヶ谷市)にあった地元のソース企業とのコラボで完成した特製ソースに、県産小麦100%の麺、そしてチーズや温泉卵など各店舗が工夫した具材が絶妙にからみ合い、「日本5大焼きうどん」のひとつとされています。

また、観光スポットとしては、日本の都市公園100選にも認定されている植物園「川口市立グリーンセンター」、科学展示室やプラネタリウム、天文台などがある「川口市立科学館」、世界にひとつの自分だけの万華鏡をつくることができる「日本万華鏡博物館」などが人気を呼んでいます。

●人口:60万6204人(2018年3月31日現在)
●市の花:テッポウユリ
●市の木:サザンカ

さとふるから申込めるお礼品はコレ!:川口市の名産品・特産品

◆川口 アヴェントゥーラサイダー340ml 12本入り

このお礼品は、Jリーグを目指している川口のサッカーチーム「アヴェントゥーラ川口」とコラボしたサイダー♪

試合の応援の際、子どもからおじいちゃん、おばあちゃんまで飲み飽きしないこの「アヴェントゥーラサイダー」を飲みながら観戦してもらいたい!

チームはJリーグを目指してがんばっているので、応援よろしくお願いします!

■生産者の声
「アヴェントゥーラサイダー」をもって応援に来てください!

お礼品の詳細はこちらをクリック!
川口 アヴェントゥーラサイダー340ml 12本入り

◆昌国 黒磨剪定鋏 No.1(1個)

このお礼品は、歴史ある高品質な万能盆栽鋏です。

「昌国(まさくに)」は、欧米の盆栽愛好家も憧れる、盆栽道具の有名ブランド。
本品「黒磨剪定鋏 No.1」は、初代昌国・川澄七之介によって世に出されて以来、世界中の盆栽専門家、愛好家に高く評価され、愛用され続けている逸品です。

厳選された高品質な鋼を、独自の一貫工程のもとで丹念に鍛え上げてつくられる現代の名刀と言えるでしょう。

お礼品の詳細はこちらをクリック!
昌国 黒磨剪定鋏 No.1(1個)

◆ふじせんべい(20枚)

丹精込めて焼き上げた、昔ながらの伝統の味。提供事業者「高京園」自慢の「ふじせんべい」です。

ソフトな口当たりで、お子さまからご年配の方までどなたでも食べやすいよう仕上げています。
醤油味の素朴なおいしさを皆さまにお届けします。

■生産者の声
ふじせんべいを製造して今年で50周年になります。
やわらかくてサクサクしていますが、歯ごたえもしっかりしています。ソフトな口当たりなので、どなたでも食べやすく、お子さまからご年配の方まで安心していただけるよう、昔から変わらぬ素朴な味を守り続けています。

お礼品の詳細はこちらをクリック!
ふじせんべい(20枚)

◆川口堪能セット 御成道味噌2種・にんにくパンチ500g・サイダー1本

川口市の味噌やビールの醸造の歴史をご存知ですか? このお礼品は、川口の歴史を十二分に味わえる、「川口堪能セット」です。

鋳物産業が盛んなことで知られる川口ですが、江戸時代後期から昭和40年頃までは味噌の主要な産地でもありました。

2014年に川口市の醸造文化を発信すべく、川口市内の諸団体の活動により、「川口の麦味噌」が復活しました。
関東の麦味噌は長期熟成で色が濃く、九州の麦味噌のように甘くはありません。

「御成道麦味噌」は、香りが良く味噌汁やサバの味噌煮に。

「御成道米味噌」は、カレーや麻婆豆腐、シチューなどのコクだしに。合わせ味噌ならうま味が増します!

「にんにくパンチ」は、飲食店でも使用されている一品です。にんにくの香りと麦味噌のタレがやみつきになります。
野菜スティックやつまみなどに添えると白飯、お酒が進みます!

「アヴェントゥーラサイダー」は、川口でJリーグを目指すサッカーチーム「アヴェントゥーラ川口」のオリジナルサイダー。お子さまからご年配の方までお楽しみいただけます。

■生産者の声
【御成道味噌 麦・米】
川口市新井宿にある社会福祉法人「ごきげんらいぶ」で製造されています。
川口ではもともと麦味噌がつくられていたことを知り、川口の市民団体のその歴史を後世に伝えるために復活させたいという想いに賛同し麦味噌もつくるようになりました。

社会福祉法人「ごきげんらいぶ」の近くには日光御成街道が通っていて、「御成道味噌」と命名しました。

【にんにくパンチ】
2018年、発売7年目にして使っていた味噌に御成道味噌を使用するようになりました。
にんにくのパンチと麦味噌の甘みがピリッと辛いのがクセになります。

【アヴェントゥーラサイダー】
川口でJリーグを目指すサッカーチームです。小さなお子さまからおじいちゃん、おばあちゃんまで家族みんなでサッカーを観戦しながら飲める、万人ウケのサイダーをつくりました。

お礼品の詳細はこちらをクリック!
川口堪能セット 御成道味噌2種・にんにくパンチ500g・サイダー1本

◆埼玉県川口市産 樹里安アイス90ml 【安行寒桜】・【柚子】・【山椒】×各3個 計9個

このお礼品は、植木の里川口安行ならではの、花びら・実・葉を用いた珍しいアイスです。

伝統ある植木の里・川口安行から、爽やかな3種類のアイスをお届けします。
【安行寒桜】安行を代表する花木である安行寒桜の花びらを塩漬けにし、ミルクに混ぜた甘じょっぱいアイス

【柚子】川口市内の農家の方から仕入れた新鮮な柚子から、ピールと果汁を使用したさっぱりしたアイス

【山椒】市内の生産組合から仕入れている、日本料理に欠かせない山椒の葉を使用した意外性たっぷりのアイスで、爽やかなハーブのような味

■生産者の声
川口緑化センターは、川口市の伝統産業である、植木・花と造園の特産農業の振興を図り、緑化産業のための各種情報の収集、提供を行う拠点施設です。このアイスをきっかけに、川口市の緑化産業に興味を持って頂ければ幸いです。

お礼品の詳細はこちらをクリック!
埼玉県川口市産 樹里安アイス90ml 【安行寒桜】・【柚子】・【山椒】×各3個 計9個

あとがき

江戸時代から鋳物がまちの重要産業であった川口市。1964年の「東京オリンピック」で使用された聖火台もここでつくられたそうです。なお、そのレプリカを市内の「青木町平和公園」で見ることができます。そんな川口市を、ぜひ訪れてみてください。

川口市紹介ページ

川口市のお礼品一覧

※2019年9月13日時点の情報のため、お礼品の受付停止や寄付金額が変更されていることがありますが、ご了承ください。

※ご紹介している内容は記事の公開日時点の情報です。最新情報については公式ホームページなどをご確認ください。

※参考・参照元
・川口市公式 ホームページ(https://www.city.kawaguchi.lg.jp/)
・『第三版都道府県別 日本の地理データマップ』小峰書店