土鍋の返礼品には、日本が誇る名産地の伝統工芸品から、IH対応のハイテク土鍋、本格燻製専用土鍋まで、数多くの種類があります。

冬の鍋料理に大活躍の土鍋。ぽってりとしたフォルムに心が和みますね。
土鍋はお鍋のほか、ごはんがふっくらモチモチに炊ける、熱効率よく省エネ時短料理も作れます。
年中使える大変優秀な調理器具、どれにしようか迷ってしまう時、この記事は必見です。

ふるさと納税返礼品の土鍋、どんなものが人気?

萬古焼

三重県四日市市の代表的な焼き物で、国産の約8割の土鍋は萬古焼です。長年研究し尽くされた「萬古焼の土鍋」は、ペタライトと呼ばれる鉱物が含まれており、丈夫で割れにくいのが特徴です。

伊賀焼

三重県伊賀市にある伊賀焼の土は、耐火温度が高いのが特徴。
民具由来の土の風合いが粋です。かの文豪・川端康成「料理をよりおいしく見せる心遣いに満ちた風合いと形」と評す、目にも美味しい至高の逸品。

信楽焼

たぬきの置物など大きな陶器で有名な滋賀県の信楽は、日本六古窯の一つに数えられています。民芸調の素朴なデザインから、モダンで深みのあるデザインに変容しました。炊飯用の土鍋が人気です。

hario(ハリオ)

土鍋でご飯を炊く時、とっても重要なのが火加減です。harioは火を止めるタイミングで知らせる「ホイッスル」が付いているので、火加減不要で、絶品土鍋ごはんが食べれます。フタがガラスのご飯釜は一合専用からご用意ありますので、ひとり暮らしにもぴったりです。

kinto(キント―)

機能的な土鍋をお探しならピカイチのkinto。すべてのIH調理機対応で熱源に影響されず、土鍋のまろやかな火の通り方をお楽しみいただけます。高品質のセラミックを使用しているため、香りや汚れ、カビの付着に悩まされる心配がありません。

多治見・DONABE

DONABEは、非常に優れた遠赤外線効果と、土鍋としては高い密閉性により、炊く・煮る・蒸すの料理をパパッと作れ、無水調理にも対応しています。
ふたを閉めたときの見た目も素敵なので、様々な料理を美味く彩るテーブルコーディネートを楽しめます。棚にしまい込まず、外に出しておきたくなるようなインテリア&アート性もお楽しみください。

燻製用土鍋

独自の構造により、室内で煙も香りも逃さずに本格スモークができる優れもの。本体とふたの間に水を張るシーリング効果で、煙が外に漏れない仕組みです。約10分でできたての燻製を楽しむことができます。

IH対応バッチリ!なふるさと納税の土鍋

IH対応の土鍋を使うとこんなメリットがあります。
・割れにくい
700℃の熱衝撃に耐える耐熱素材を使用しているので、安心して使うことができます。
・体に安全
身体に天然石や鉱物を使用し、1250℃の高温で焼き上げて商品化しているので、鉛などの有害な物質は含まれていません。
・保温性が高い
IH対応土鍋には遠赤外線を放射する物質が練りこまれています。そのため、食物に有効な範囲で、効率的な遠赤外線を放射してくれます。食材の芯から熱が通り料理がふっくらと美味しく仕上がります。
・お手入れが楽
金属のたわし、メラミンスポンジが使用可能なので、こびりつきも簡単に落とせます。

コンパクトで使いやすい1人用の土鍋返礼品

一人用の土鍋は食卓にそのままのせても美しく、大きなお皿に移し替える手間も省けるので、洗い物も少なくて済みます。
お手入れもラクしたいなら是非IH対応の土鍋を。こびりつきも簡単に落とせて特におすすめです。

ふる太くん

伝統工芸の逸品を、自分用に日々の食卓で使えるのって幸せだね。


気軽な一人用鍋だからこそ、手に入れやすいですね。

ふる太くん

ひとり暮らしはモノをできるだけ減らし「ミニマリスト生活」を実践したい。そんな方にこそ、土鍋はベストアイテムだね!

土鍋の選び方

・用途を選ぶ
さまざまなレシピをひとつの土鍋で…とつい欲張りたくなりますが、基本的にはそれぞれの料理専用の土鍋を買った方が、におい移りやひび割れの心配なく、長く使い続けることができます。
・ビジュアルを選ぶ
金属製の鍋と異なり、土鍋は食卓にそのままのせて食卓を彩るため、見た目も大切です。普段使っている食器との組み合わせなど、テーブルコーディネートを考えて、色や形を選びましょう。
・迷ったらIH対応を
土鍋の魅力は、優しい温かみのある風合いですが、お手入れを誤ると割れやすいという側面も持っています。多用途目的で頻繁に使いたい方は、硬くて丈夫で直火でも使えるIH対応タイプがいいでしょう。

まとめ

土鍋を使うと、普段味わえないようなふっくらとしたご飯が炊けたり、本格的な燻製が作れたり、おでんなどの鍋料理に使えたりと大活躍。料理の幅がぐっと広がりますね。
返礼品の中には、生産地の窯元でも簡単には手に入らないような、稀少価値の高いものも多数あります。
数ある返礼品の中で、どれにしようか迷ってしまったら「土鍋の選び方」の章を参考に、あなたにぴったりな土鍋を是非選んでくださいね。