化粧水

プチプラコスメ「ちふれ」を大解剖 おすすめアイテム7種類も紹介

ちふれのお勧め基礎化粧品

プチプラの化粧品が非常に増えてきています。プチプラなのに使える物がたくさんあります。

中でもザ・プチプラと言えるブランドがあります。それは「ちふれ」です。



≪画像元:ちふれ


ドラッグストアなどで購入することができます。

とにかく基礎化粧品もメイクアップ商品も驚きの料金で購入することができるのに、種類も多く使い心地も良くとにかくお勧めなんです。

どれもこれもお勧めではありますが、中でもよりお勧めの商品を今回はご紹介していきたいと思います。

化粧水・とてもしっとりタイプ


まずは、「化粧水・とてもしっとりタイプ」です。

化粧水といっても、保湿系で4種類・美白系で3種類・エイジングケア系で1種類と合わせて8種類というラインナップになっています。



≪画像元:ちふれ 化粧水


さらに、すべて詰め替え用も販売されているので、買い替えの場合は詰め替えにすればよりお得に購入することができてしまいます。

なかでもとてもしっとりタイプは、肌につけただけでもっちりした肌を実現させることができます。

ヒアルロン酸とトレハロースが配合されていて、保湿に優れた化粧水になっています。

通常180ml・560円で詰め替えが150ml・460円になっています。





この金額なので、惜しむことなくたくさんの量を一度に使うことができて肌もとっても喜んでくれるでしょう。

オールインワンジェル







次は、「オールインワンジェル」です。こちらは保湿と美白の2種類あります。

オールインワンは値段が高いイメージがありますが、こちらは108g・800円で詰め替えが700円と手が出やすい料金で購入ができてしまいます。

化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック・化粧下地まで一緒に含まれている物なので、本当にスキンケアを簡単に終わらせることができます。

すぐに終わるからといって、保湿力は最強なので心配は要りません。

洗顔後これだけを使えばいいので、子育てで忙しい方や仕事が忙しい方など、スキンケアに時間をかけられない方には特にお勧めです。

お風呂上りはこれ1本で終わりです。朝の洗顔後もこれ1本で化粧を開始することができます。

BBクリーム


そして次は、「BBクリーム」です。



≪画像元:ちふれ BBクリーム


美容液・保湿クリーム・日焼け止め・化粧下地・ファンデーションが含まれた簡単に美肌を作ることができるクリームです。

カラーは3種類あって、50g・800円です。

クリームタイプなので伸びが良く塗りやすいです。保湿もされるしカバー力もあります。

ファンデーションよりもツヤ肌を簡単に作ることができますし、崩れにくくお勧めです。


ちふれのお勧め化粧品

次はカラー編です。

グラデーションアイカラー(チップ付)






まずは、「グラデーションアイカラー(チップ付)」です。

カラーが4色入っていて、チップも付いて580円です。

グレー系、ピンク系、パープル系、ブラウン系とどなたでも使いやすいカラーのセットになっています。

パレットの左から順番に上から目の際へと重ねていけば、自然なグラデーションが出来上がります

目も大きく見せることができますし、華やかさも出せます。

普段から4色使う必要はなく、薄色と濃い色の2色を使うだけでも十分なので、ひとつのパレットでいろいろな色の組み合わせを楽しむこともできてしまいます。

化粧初心者は、グレーかブラウン系からはじめてみるといいでしょう。

ピンクやパープルはちょっと遊び心が出てきたら挑戦してみて下さい。

チークカラー(ブラシ付)


次は、「チークカラー(ブラシ付)」です。5色展開で300円です。





ピンク・ピンクパール・オレンジ・レッド・ブラウンと基本色がしっかりと抑えられていますし、なんといっても驚きの300円です。

柔らかい発色で、どれも使いやすくて簡単に顔色を明るくしてくれて、血色を良くしてくれます。

色味の持ちもいいですし、持ち運びにも便利です。

ナチュラルメイクでちょっとした外出にもチークは是非加えておきたい部分です。

その日の気分や行く場所や洋服などに合わせて1色だけではなく2色3色と持っていると、簡単にメイクを楽しむことができるでしょう。

次は、「口紅(詰め替え用)」です。300円で、驚きの18色もあります。





ケースは別売りで1つ100円です。オシャレケースは300円になります。

ヒアルロン酸が美容液と同じくらいの量が含まれているので、とにかく潤いますし、塗りやすいです。

ピンク系やレッド系の種類が多く、自分に似合う色味を探すことができますし、パープル・ローズ・ベージュ・ブラウン・オレンジと何でもそろっています。

ネイルエナメル


最後は、「ネイルエナメル」です。



≪画像元:ネイルエナメル


驚きの53色もあり、320円です。カラーの種類が多いのはもちろんのこと、ラメの種類もとにかく豊富です。

パール入りの物もありますし、透明感の出る物もあります。

速乾性に優れているのでとても有り難いですし、ムラになりにくく簡単に奇麗に塗ることができます

同じ色味でも、2度塗り3度塗りをすることによって、印象も変わりますので1本でも楽しむことができます。

値段が安いのに、使い心地が良くて綺麗になれる「ちふれ」はぜひチェックして欲しいブランドになります。

普段使っている化粧品よりも気に入る可能性もありますよ。

もしそうなれば、出費がかなり変わると思います。(執筆者:小祝 可奈子)

100均「ザ・ダイソー」の化粧水ってどうなの? 4種類を実際に使い比べました

100円ショップのザ・ダイソーでは、コスメや基礎化粧品も販売されています。



≪画像元:ザ・ダイソー


ブランドもののアイテムと比べると破格の安さですが、その実力はどうなのでしょうか。

今回は2017年の夏に新発売された化粧水を、実際に買って使ってみました


化粧水のラインナップは4種類



ザ・ダイソーの新作化粧水は、パッケージデザインもシンプルながら安っぽさがなく、100円とは思えないクオリティです。

次の4種類があり、肌質に合わせて好みのものを選べます。

・ ハトムギ配合化粧水
・ 日本酒と米セラミド配合の潤い化粧水
・ ダイズイソフラボン配合のモチ肌化粧水
・ ローヤルゼリーと蜂蜜配合のはりツヤ化粧水

どれも1本120mlと十分な量で、全て無香料・合成着色料フリー、さらに日本製というのがうれしいですね。


日本酒と米セラミド配合の潤い化粧水



それでは個別に使用感などをレポートしていきます。

最初は、筆者が4本の中で一番「さっぱりとした肌になる」と感じた、日本酒と米セラミド配合の潤い化粧水です。

透明で水のような感触です。肌につけた瞬間だけ、少しお酒のようなにおいがしますが、すぐに無臭になります。

バシャバシャ重ねて使っても肌に浸透しやすく、肌の表面はさらっとした仕上がりです。拭き取り化粧水にも良さそうです。



熊本県産の日本酒(コメ発酵液)と、米セラミド(コメヌカスフィンゴ糖脂質)、コメ胚芽油やコメヌカ油なども含まれていて、お米の力満載の商品です。


ハトムギ配合化粧水



ハトムギ配合化粧水は、白濁した、わずかにとろみのある化粧水です。

こちらも浸透力があるので、化粧水を何度も重ねづけしたい方に向いています。ベタつかずに肌に潤いを与えてくれるので、混合肌の方にもおすすめです。



ハトムギ種子エキスは国産のものを使用しており、安心感がありますね。

「保湿力があるさっぱりとした化粧水」を選ぶなら、このハトムギ配合化粧水が一番です。


ローヤルゼリーと蜂蜜配合のはりツヤ化粧水



黄色味のある、ややもったりとしたテクスチャーの化粧水です。

肌につけると、思いのほか軽く広がり、肌へぐんぐん吸収されます。伸びが良いので、マッサージローションとしても適しています



100円という値段にも関わらず、ローヤルゼリーエキスやプロポリスエキスなどが配合されていて、ぜいたくな気分を味わえます。

肌を内側からふっくらさせたいという方におすすめですよ。


ダイズイソフラボン配合のモチ肌化粧水



白く濁った、とろみの強い質感の化粧水です。

モチ肌化粧水という名の通り、4本の中で一番肌がもっちりしました

肌の表面にも潤いが残るので、すぐに化粧をする場合は下地をつけるか、一度ティッシュでおさえてからの方が良いかもしれません



大豆種子エキス配合で、保湿効果は抜群です。乾燥が気になる方におすすめです。


100均化粧水はコスパも使い勝手もばっちり!

筆者は、小鼻の拭き取りには日本酒の化粧水を、ボディの乾燥にはハトムギ化粧水を、デコルテのマッサージにはローヤルゼリーの化粧水を、乾燥が気になるこの時期には顔全体にダイズイソフラボンの化粧水を使っています。

いずれの化粧水も実力は十分あり、値段が安いので遠慮なくたっぷり使えます。

もともと乾燥肌で、顔も身体も白くかさついた部分が多かったのですが、朝夕毎回手のひらからあふれるほどの量を使っていたら、肌のかゆみやつっぱり感がなくなってきました

同じくザ・ダイソーで購入できるフェイシャルマスクに化粧水をひたし、パックするのもお気に入りです。



実力・コスパともに優秀な100均化粧水。ぜひ自分の肌にあうものがないか試してみてくださいね。(執筆者:青海 光)