出品

今年「福袋」買いました? いらないものが入っていたならすぐ「メルカリ」で売ってしまおう

お正月に買った福袋



期待して開けてみたら、気に入らないものや自分には使えそうにないものが入っていたという経験はありませんか?

せっかく買ったからしばらくとっておこうと思う方もいるかもしれませんが、新品のうちにメルカリで売ってしまいませんか?

意外と高値で売れるかもしれません。


福袋にいらないものが入っていたら…チャンスです!

百貨店や人気アパレルブランドで購入した福袋は、お値段の割にいいものがたくさん入っていますよね。

しかし、好みじゃないものやサイズのあわない服、すでに似たようなものを持っているなど、いらないものを手に入れてしまうケースも少なくありません。

今は、フリマアプリで不用品がサクサク売れる時代。タンスの肥やしになる前に売ってしまいましょう

中古品よりも買い手がつきやすく、新品は定価の6~8割ほどで売れますよ。



≪画像元:mercari



少しでも高く売るコツ

福袋に入っていたいらないものを、少しでも高く売るためのコツをご紹介します。

タグはそのままつけておく


タグがついている服や小物は、タグをつけたまま出品しましょう。

タグつきのアイテムは、本当に新品だというアピール材料になるので買い手がつきやすく、プレゼント用に購入したい人にも人気があります。

福袋に入っていたことをアピール


買い手の中には、なぜ新品なのに手放すのかという理由が気になる方もいます。

「訳アリ商品ではないか?」と思われないために、説明欄には「福袋に入っていたけど似たようなものをもっている」、「サイズがあわない」など手放す理由を書いておきましょう

そうすれば、買い手も安心して購入できます。

いらないと判断したらすぐ売る


フリマアプリではシーズンオフの服は売れにくいので、福袋に夏服が入っていたら、初夏に出品したほうがよく売れます。

しかし筆者は、いらないと判断したらすぐ売ることをおすすめします。

メルカリ内では、福袋を買えなかった人が「(ブランド名) 福袋」というワードでよく検索しています。

シーズンオフの服でも、福袋を買いそびれたブランドファンならほしいはずです。検索にかかるよう、説明欄には「福袋」というワードを入力しておきましょう

また、しばらく自宅保管しておくとシワがついたり、場合によっては臭いや汚れがついてしまう恐れがあるため、保管に気をつけなくてはいけません

シーズンオフの服でも出品し、売れ残ってしまったらシーズンが到来したときに再出品しましょう。


福袋をそのまま売るときの注意点

福袋を買ったけど、全部いらないものだった…と残念な結果に終わってしまった方もいるかと思います。

それなら、すべてセットで売ってもかまいません

福袋を買えなかった人がメルカリ内で検索しているので、まとめて購入してくれることがあります。

福袋をそのまま売る際は、何が入っているか分かるようにすべてのアイテムを写真に収めたり、説明欄に書くなどして、中身が分かるようにしておいてください。

メルカリでは、中身がまったく分からない福袋を出品することが禁止されています

袋の写真だけ取って、説明欄にも何も書かずに出品してしまうと削除される恐れがあるので注意しましょう。




福袋にいらないものが入っていたら即出品!

福袋は開けるまでのドキドキ感がたまらなくて、毎年買ってしまうという方もたくさんいますよね。

いらないものが入っていたら、がっかりしてしまいますが、今はメルカリなどフリマアプリで簡単に売ることができます。

いらないものでも定価の6~8割で売ることができれば、かなりのお小遣い稼ぎになるはずです。

ぜひ、きれいに写真を撮って出品するようにしてくださいね。(執筆者:垣内 結以)

【体験談】「メルカリNOW」で不用品を現金に変えちゃおう! 売れない品も即現金化できるシステムとは

フリマアプリ「メルカリ」は、不用品を出品した途端にすぐに売れやすい事で人気です。

ただ、メルカリに出品しても全く売れない商品も中にはあります。

また、出品した商品を「〇円に値切ってください」としつように言うユーザーもいますし「そこまで値下げはできません」と言えば「そこまで価値のあるものではないですよ」と嫌みを言われる事もありました。

しかし、メルカリが新しく始めた新サービス「メルカリNOW」は不用品を撮影しただけで即現金にする事ができます



≪画像元:メルカリNOW


「この商品なかなか売れないなぁ…」と、不用品を抱えながらストレスをためる事なく処分 & 現金化できるので「すぐに不用品を手放して現金化したい」人にオススメのサービスです。

今回は、私自身がメルカリNOWを実際に利用してみて感じた事をお伝えさせていただきたいと思います。


メルカリNOWはどうやって行えばいいの?



メルカリNOWを利用するためには、まずメルカリユーザーになる必要があります

アプリをダウンロードしてユーザー登録したら、タイムラインの上部にある「メルカリNOW」をクリックしてください。

メルカリNOWのページにある「アイテムをお金に変える」というボタンをクリックし、年齢確認の欄に生年月日を入力してください。(サービスを利用するためには、20歳未満の方は現在利用できないようになっています。)

次に、「アイテムの登録」ページが出てきます。

ここで出品したいと思っている商品のブランドと状態を選んでください。(現在、ブランド検索で出てこないブランドは出品できないようになっています。)

服といえども、ユニクロZARAなどのファストファッション系は出品できないようです。

次に、レディース・メンズ → 服(トップス・ジャケットなどカテゴリーは細かめ)・バッグ・小物といったカテゴリーから選んでください。

例えば、バッグをチョイスするとトートバッグなどさらに細かい項目が出てきます。

バッグのジャンルを選ぶと、「商品を撮影してください」と表示されるので撮影してください。

商品は、全体が映るように撮影しましょう。たった1回の撮影で大丈夫です



≪画像元:メルカリNOW



実際、査定される額はどんな感じなの?


私がしょっちゅう活用しているロンシャンのトートバッグ、実際に査定してみると何と650円でした

おそらくかなり使用感があってクタクタだったので価値も低かったのかもしれません。

しかし、もし廃棄する事になって少しでもお金に変えたいと思ったらメルカリNOWで現金化してしまうのも良いかもしれません

もちろん、撮影して査定したらすぐに現金化される訳ではありません。何度でもキャンセル可能です。

まず試しに査定だけしてみても良いのかもしれませんね。


査定後は、どうすれば良いの?

アイテムはお金に変えるとメルカリの売上額に入金されます。

入金されたお金は、メルカリ内で購入にも可能ですし現金として受け取る事も可能です。

アイテムをお金に変えたら、2週間以内に出荷依頼をしてアイテムを発送してください

集荷は自宅まで来てもらえますし、集荷・配送ともに無料です。

わざわざメルカリのように発送手続きをする手間がないのも良いですね。




メルカリNOW体験記まとめ

メルカリNOWは、今まで出品しても売れない品・すぐに現金化したい・出品や配送の手続きが面倒くさい時におすすめです。

撮影も、わずか1枚で簡単に査定してくれるのも魅力です。

ただ、決して自分の希望額(むしろ、かなり安くなる傾向)では売れないので、値段を安くてもいいから早く売りたい人向けです。

みなさんも、メルカリNOWをうまく活用して不用品を現金化してみてくださいね。(執筆者:多良 真由美)

フリマ感覚でスマホ写真を販売できるアプリ「スナップマート」 出品から報酬の受け取りまでスマホで完結できるのも魅力です 

前回、「趣味で撮った写真でお小遣い稼ぎができるフォトストックサイトを4つ」ご紹介しました。

プロじゃなくても、写真を売ることができる点が魅力でしたが、今回は前回ご紹介したサイトよりももっと気軽に出品できる「スナップマート」についてご紹介します。



出品から報酬の受け取りまでスマホで完結できるので、フリマ感覚で販売できますよ!


スマップマートとは



≪画像元:スマップマート


スナップマートはSNSに写真を投稿するように、簡単に写真販売が始められるアプリです

購入するのは、写真を広告として使いたい企業やメディア

プロが撮影したような作りこんだ写真ではなく、日常の一コマなどナチュラルな写真が求められています。

出品方法は、フリーテーマで自由に出品できる「マーケットプレイス」と、決められたテーマに沿った写真を投稿する「企業からのリクエスト」の2種類があります。



≪画像元:スマップマート


売れたり、採用された場合に、報酬が支払われる仕組みです。

スマホで撮った写真だけではなく、一眼レフやデジカメで撮影した写真も、いったんスマホにダウンロードすれば出品できます。

販売価格は、サイズや人物が写っているかどうか、定額制か単品購入かで異なります。

単品購入の場合、Sサイズが324円、Mサイズが540円、原寸大が1,296円で、人物が写っている場合は少しだけ高い価格で設定されます

販売価格が最初から決まっているので、安売りする必要もありません。

報酬は、出品枚数や販売実績などに応じてもらえるメダル数によって、販売金額の30~60%がもらえるシステムです。


スナップマートの魅力

写真が販売できるという点では、他のフォトストックサイトと同じですが、スナップマート独自の魅力がたくさんあります。

出品から報酬の受け取りまでスマホ1台で完結する


購入はWEBサイトからですが、出品はスマホから行います。

そのため、出品から報酬の受け取りまでスマホ1台で完結します。登録手続きも簡単で、出品は1~3分あれば完了します。

他のフォトストックサイトより手軽に投稿できるので、今まで写真を販売したことがないという方にもおすすめです。

審査がなく気軽に出品できる


フォトストックサイトの多くは、出品する前に写真の審査が行われます。

きれいに撮れた写真でも、運営側に売れないと判断されたら出品できません。しかし、スナップマートは審査がなく、SNSに投稿した写真でも出品OKです。

「いいね」機能がある


スナップマートでは、気に入った写真があればSNSのようにハートマークを押して評価することができます。

出品者側からは、人気のある写真とそうでない写真が分かるので、どんな写真がウケるのかを簡単にしることができます


出品するときのコツや注意点

販売できない写真を事前にチェック


気軽に出品できるからこそ、販売できない写真についてしっかりチェックしておかなくてはいけません。

販売できない写真には、他人が撮影した写真(著作権が自分にないもの)や、写っているモデルに出品の許可をもらっていない写真などが該当します

それ以外に、有名建築物や寺社仏閣が写り込んでいる写真もNGなので注意しましょう。

有名建築物や寺社仏閣などは、訪れた記念に撮影する人が多いですが、勝手に写真を販売してしまうと知的財産権侵害になる可能性があります。

検索に引っかかるようタグをつける




≪画像元:スマップマート


写真を出品するときは、できるだけ検索に引っかかるようタグをたくさんつけましょう

最低でも5~6個はつけ、関連するワードや類義語をつけておくと、たくさんの人に見てもらうことができます。


まとめ

スナップマートは、フリマ感覚で気軽に写真販売ができるアプリです。

フォトストックサイトに興味があるけど、審査や登録が面倒くさいという方でも簡単に出品できます

スマホで撮った写真が大量にたまっているという方は、チャレンジしてみてはいかがですか?(執筆者:垣内 結以)