冷凍野菜

野菜高騰で食卓がピンチ! 春までがんばれっ、乗り切るための4つの方法。

野菜の値段が~



野菜の値上げが止まらず、毎日の献立に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

天候不順によるこの野菜高騰は、3月ごろまで続くともいわれています。

値段が高いとはいえ、健康や美容のためにも野菜はしっかり摂りたいもの。

今回は、できるだけ安く・無駄なく野菜を確保するポイントをご紹介します。


1. 高騰していない野菜を狙う

全般に高騰が続く野菜類ですが、その中でも以前と値段が大きく変わっていないものもあります。

根菜・土物類


玉ねぎやニンジン、じゃがいもなど土の中で成長する野菜は、大きく値上がりはしていません

カレーや肉じゃがを作るのであれば、野菜高騰の影響は少なくてすみそうです。

葉物野菜


豆苗がおすすめです。豆苗はエンドウ豆の若菜です。

ビタミンやミネラルが豊富な上、根を水に浸しておくと再収穫も可能な、とてもコストパフォーマンスの良い野菜です。

クセがなく食べやすいので、サラダや炒めものなど、何にでもよく合いますよ。

もやし


豆苗と同様に値段が安定している、もやしも活用できます。

乾物


副菜作りには、切り干し大根などの乾物も役立ちます。

栄養価も高く、長期保存が可能で無駄にならないので、ぜひこの機会に活用してみてください。

鍋に豆苗・もやし・キノコ類・豆腐・一口大に切った鶏もも肉・鶏がらスープの素を入れれば、安くて簡単、しかもおいしい鶏鍋が食べられます。




2. カット野菜を使う

次におすすめなのが、カット野菜を利用する方法です。

カット野菜は年間契約で仕入れ・加工されているため、野菜が高騰している今も変わらず、1袋100円程度で購入できます

野菜を1つまるごと買うよりは割高ですが、使い切れるので無駄がなく、「少しだけ葉物を足したい」ときにぴったりです。

野菜やハーブなどの若い葉を集めたベビーリーフも値段が安定しているので、筆者はサラダが食べたいときに活用していますよ。


3. 冷凍野菜を使う

さらに、冷凍野菜を使うという方法もあります。

冷凍野菜も、ものによっては割高ですが、イオンの「トップバリュ」や西友の「みなさまのお墨付き」など、プライベートブランドの商品を選ぶと、比較的安価で手に入ります。

筆者は、子どもが大好きなブロッコリーや枝豆をよく買っています。食卓に緑が足りないときの救世主です。

関連記事:野菜高騰時は業務スーパーの「冷凍野菜」で乗り切ろう。コスパ最高! 我が家で重宝おススメ冷凍野菜。


4. 野菜の宅配を利用する

生協や野菜の定期宅配は、野菜が高騰しているときも、値段が大きく変動しないことが多いです。

筆者は生協を利用していますが、特に野菜セットの値段は安定的なので愛用しています。

野菜のつめあわせが届くグリーンボックス





野菜が6~8点入って900円~1,000円ほどです。

旬の野菜がたくさん入っているので、毎回とても楽しみです。

野菜高騰の今、
何を買えばいいのかスーパーで悩む時間がもったいない!
という方には、特におすすめです。


賢く野菜を購入して高騰を乗り切ろう!

鍋がおいしいこの季節に、白菜やキャベツといった野菜が高騰するのは正直痛いですが、代替野菜などをうまく使うことで、食費を安くおさえることができます。

野菜摂取不足にならないよう、工夫してこの時期を乗り越えましょう。(執筆者:青海 光)

野菜高騰時は業務スーパーの「冷凍野菜」で乗り切ろう。コスパ最高! 我が家で重宝おススメ冷凍野菜。

冷凍野菜を上手に使おう


≪画像元:神戸物産HP


日本ではあまり浸透していない「冷凍野菜」ですが、ヨーロッパ諸国では当たり前に冷凍野菜が活用されています。

フランスの共働き率が高いのも、
冷凍野菜を上手に活用して時短できている
ことの現れと言えるのではないのでしょうか?

冷凍野菜は時短できるだけでなく、食費の節約にもおすすめです。

とくに野菜高騰時は、家計を助ける必須アイテムとして我が家では重宝しています。


冷凍野菜は選び方が重要

一度火を通してから冷凍しているものもあり、野菜によっては、生の野菜同様の使い方ができないものもあります。

・ 解凍後味が落ちて、そのまま食べるのは厳しい

・ 解凍の仕方が難しい

など、問題がある野菜もありますので「どの冷凍野菜を選ぶか」がとても重要です。

オクラや菜の花


解凍後繊維が残る場合が多く、そのまま食べるのには向きません。

業務スーパーで販売している冷凍オクラはビッグサイズなので、皮が硬いと感じる場合もあるでしょう。

煮物やカレーなどの具材としては使えますが、おひたしやサラダとして食べるのは難しいです。

青ネギやほうれん草


シャキシャキ感がなく、しなしななので、使い方に困るという意見が多いです。

特に青ネギは、解凍後に水分が出てきてしまうので、やくみとしては適しません。


おすすめの冷凍野菜

いろいろと試した筆者が「これは良い!」と感じた冷凍野菜を紹介します。

ブロッコリー



≪画像元:神戸物産HP


生のままではなく、軽く加熱処理がしてあるので、凍ったままさっと火を通せば食べられます。

我が家では、お弁当の彩りや夕食のおかずに付け合せとして重宝しています。

シチューやカレーなどの具材としてはもちろん、天ぷらやサラダにしてもおいしいです。

生のブロッコリーを調理したものと、食感や味がほとんど変わらないので、使い勝手が良く扱いやすいですよ。

販売価格:150円
 

むきえだまめ




普通のスーパーでは、さやに入った状態で販売されているのはよく見かけますが、業務スーパーの冷凍えだまめは、さやから外した豆だけを購入できます

豆だけぎっしり500gで225円というコスパの良さには驚きですよね。

軽く湯通ししてあるので、簡単な調理で食べられます。

我が家では、枝豆ごはんやかきあげ、チャーハンなどの炒め物の具材として重宝しています。

レンジでチンすれば、枝豆だけを食べることもできます。塩をふって食べるとおいしいです。

お弁当の隙間を埋めるにも助かっています。

販売価格:225円


揚げなす



≪画像元:神戸物産HP


私がリピートしている冷凍野菜の中で、一番おすすめしたい商品です。

他の冷凍野菜よりは少し値段が張りますが重宝します。

一口大にカットされたなすを、一度油で揚げて冷凍してあるので、そのまま調理可能です。

なすがトロトロしていて、香ばしさもあるので、マーボーなすや酢豚などがおススメです。

一度揚げてあるので時短にもなるのがうれしいですね。

夏野菜であるなすは、冬期は値段が高騰するので、冷凍揚げなすが大活躍します。

販売価格:170円

玉ねぎみじん切り




生のたまねぎがみじん切りになって、たっぷり500g入っています。

値段は100円ほどなので、玉ねぎを購入してもあまり変わりません。

みじん切りの手間が省けることを考えれば、かなり安いと言えます。

生の玉ねぎとさほど変わらないですし、あまり水もでないので、チャーハンやオムライスの具としても使えます。

「アメ色たまねぎ」にも最適


私は「アメ色たまねぎ」を作る時、この冷凍玉ねぎが欠かせません。

アメ色玉ねぎは、
冷凍した玉ねぎを炒めると、とっても早く作れる時短テクニック
があります。

業務スーパーのみじん切りされている冷凍玉ねぎを使えば、とても簡単にアメ色玉ねぎが完成します。

アメ色たまねぎは、ハンバーグやスープなど、色々な料理に活用できるので、我が家には必ず1つはストックしてあります。

販売価格:97円

ポテト入りミックスベジタブル



≪画像元:神戸物産HP


スーパーでもミックスベジタブルは購入できますが、ポテトが入っているものはなかなかないですよね。

ベルギーから直輸入しているポテトが使用されています。

我が家では、コンソメスープやオムライス、ピザ、グラタンなどの洋食メニューで活用しています。

ポテトが入っているので満足感もありますし、何しろ500gで100円というコスパの良さですので、買わないわけにはいかないですよね。

販売価格:95円


時短&節約に大活躍



冬になると野菜の価格が上がってしまいます。

また、野菜には旬がありますから、一定の時期は安く購入できても、値段が高騰する時期がどうしても避けられないものです。

年間通して食費をキープするためにも、業務スーパーの冷凍野菜を上手に活用しましょう。(執筆者:三木 千奈)