公的手当

生活保護とは? 受けられる条件と種類を解説

生活保護は、最低限の生活の保障と本人の自立を助けること、この2つを目的として、その人の困窮の程度に応じて必要な保護を行う制度です。憲法25条で掲げられている「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を保障するものです。最低限の生活を営むための最後のセーフティーネットといえるでしょう。生活保護の基本と種類について解説します。

生活保護制度とは? 受けられる人の条件と注意点【動画でわかりやすく解説】

生活保護制度とは「国が生活に困窮する国民に対し、必要な保護と、自立を助長することを目的とする」制度です。受給できる人の条件、生活扶助や住宅扶助、医療扶助などの各扶助の内容、生活保護の金額の目安をわかりやすく解説します。また生活保護を受けることになった理由や生活保護の申請を却下されたときの対策についても解説します。

国民健康保険料が払えないときにはどうしたらいい? 無保険状態にしないためには

収入が下がってしまった、生活が苦しい……国民健康保険料が払えないときにはどうしたらいいのでしょうか。国民健康保険は、所得の基準により国民健康保険料の軽減措置があります。高いからと未納にしていると、保険証を返却する必要があり、病院で診察を受けるときに全額負担することになってしまいます。「無保険状態」にならないように注意が必要です。

国民健康保険料が払えないときにはどうしたらいい?無保険状態にしないためには

収入が下がってしまった、生活が苦しい……国民健康保険料が払えないときにはどうしたらいいのでしょうか。国民健康保険は、所得の基準により国民健康保険料の軽減措置があります。高いからと未納にしていると、保険証を返却する必要があり、病院で診察を受けるときに全額負担することになってしまいます。「無保険状態」にならないように注意が必要です。

75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度とは?【わかりやすく動画で解説】

老人保健法が改正され、75歳以上の高齢者を対象にした「後期高齢者医療制度」が平成20年度に導入されました。後期高齢者医療制度とは、昭和58年の「老人保健法」制定以降も高齢者の医療費が増え続けたため、75歳以上患者の一部負担と公費負担を増やし、世代間や保険者間の公平を保つために生まれた健保や国保から独立した制度です。親のためにも、知っておきたい知識をわかりやすく解説します。

高額療養費制度、月の負担の上限は?申請方法は?

月の医療費の負担額が一定額を超えると、超えた額が戻ってくる「高額療養費制度」をご存知でしょうか。負担額の上限は年齢や所得によって決められており、いくつかの条件を満たせば更に負担が軽くなる制度もあります。今回は「高額療養費制度」について解説してみます。

豪雨・台風など災害が多発!公的給付金を知っておこう

ここのところ、豪雨や台風、地震などの自然災害が尋常ではない被害をもたらしています。自然災害で多くの住宅が損害を被り、尊い人命が失われることもあります。そんな場合、被災者の生活を再建するため、国・自治体が給付金を支給しています。住居に関しては、被災者生活再建支援制度の基礎支援金と加算支援金、人命が失われたり障害を負うと災害弔慰金、災害障害見舞金が支給されます。

75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度とは?わかりやすく解説

老人保健法が改正され、75歳以上の高齢者を対象にした「後期高齢者医療制度」が平成20年度に導入されました。後期高齢者医療制度とは、昭和58年の「老人保健法」制定以降も高齢者の医療費が増え続けたため、75歳以上患者の一部負担と公費負担を増やし、世代間や保険者間の公平を保つために生まれた健保や国保から独立した制度です。親のためにも、知っておきたい知識をわかりやすく解説します。

生活保護制度とは?受けられる人の条件と注意点【動画でわかりやすく解説】

生活保護制度とは「国が生活に困窮する国民に対し、必要な保護と、自立を助長することを目的とする」制度です。受給できる人の条件、生活扶助や住宅扶助、医療扶助などの各扶助の内容、生活保護の金額の目安をわかりやすく解説します。また生活保護を受けることになった理由や生活保護の申請を却下されたときの対策についても解説します。