優待品

【株主優待】1年以上の「長期保有」で優待内容がグレードアップするおトクな4社

株主優待を実施する企業は最近増加していますが、同時に、優待の権利を得るためには半年もしくは1年以上の株式保有を条件にする企業が増えています

これは個人に安定的に株式を持ってほしいという企業の思惑がありますが、むしろ保有を続けることで、グレードがアップする優待品もあります



今回はそういった長期保有がおトクな株主優待をご紹介します。

下記の株価他データは、10/20(金)終値時点でのYahoo!ファイナンスより引用しております。


(1) 3年保有で3倍にも! 明光ネットワークジャパン





「明光ネットワークジャパン(4668)」は、個別指導塾のパイオニアとして、創業から30年にわたり、個別指導塾「明光義塾」を運営している企業です。

春先にはCMでも頻繁にみかけますね。

「明光義塾」を直営およびフランチャイズで展開するほか、医歯薬系の予備校事業や学童保育、サッカースクールなど幅広い分野で教育事業を行い、「自己実現支援企業」として社会に貢献していくとのことです。

こちらの企業は、高配当株としてもたびたび取り上げられることも多いですね。

2017年までに19年連続で増配を行っており、配当性向を段階的に80%にする方針だそうです

「明光ネットワークジャパン」では、株主優待を実施しており、保有株数および継続保有期間によりクオカードが進呈されますが、100株保有の場合は、3年未満でクオカード千円分のところ、3年以上持ち続けると3千円分にランクアップします。

一気に3倍になりホクホクですね。

優待 + 配当利回りを考えると、3年未満保有では3%台後半ですが、3年以上保有になると5%台にはねあがりお得です。

長期保有するにあたっての懸念事項の一つにトラブル・不祥事が挙げられますが、以前こちらの企業はアルバイト講師への賃金未払い問題が発生したことがあり、その問題が解決しているのか、また再燃しないか、が気になるところですね。

・ 株価 1,346円
・ 最低購入金額 13万4,600円(100株)
・ PER 30.01 PBR 2.48    
・ 権利確定月 8月末
・ 配当 42.00円/年
・ 配当利回り 3.12%

株主優待

 
保有株数および継続保有期間によりクオカードを贈呈

【100株以上】 
3年未満 千円相当  
3年以上 3千円相当

【500株以上】 
3年未満 2千円相当  
3年以上 4千円相当

【1,000株以上】 
3年未満 3千円相当  
3年以上 5千円相当 


(2) 1年以上保有でグレードアップ! リコーリース



≪画像元:リコーリース


「リコーリース(8566)」は、プリンターなど電子機器でおなじみ、リコー系のリース会社です。

中小企業を多く顧客に持ち、リコー製品をはじめ、医療・介護、環境関連など、リース取扱分野を拡大するとともに、集金代行などの金融サービスも展開しています。

こちらの企業も1996年の上場以来、実質増配を継続しているそうです。

「リコーリース」では株主優待を実施しており、100株以上保有の株主に対し、保有期間に応じて異なる額面のクオカードを進呈しています。

保有期間が1年未満の場合にはクオカード3千円がいただけますが、1年以上保有すると4千円に、そして、3年以上持ち続けると5千円までランクアップします。

・ 株価 4,130円
・ 最低購入金額 41万3,000円(100株)
・ PER 11.41 PBR 0.82    
・ 権利確定月 3月末
・ 配当 70.00円/年
・ 配当利回り 1.69%

株主優待

 
保有期間に応じてクオカードを贈呈

【100株以上】 
1年未満 3千円
1年以上 4千円
3年以上 5千円     


(3) 家電以外にも利用できる! ビックカメラ



≪画像元:ビックカメラ


「ビックカメラ(3048)」は家電量販店大手の企業で、ターミナル駅周辺で大型店を展開しており、同業であるソフマップやコジマを傘下に収めています。

2017年春には名古屋JRゲートタワーに、秋には京王線調布駅(東京都)やJR船橋駅(千葉県)に新店を出店する一方、ビックカメラ・コジマ・ソフマップの物流拠点を統合し、コスト低減に取り組んでいます。

インバウンド需要が旺盛であった2015年頃に株価がピークを迎えた後、観光客のモノ消費からコト消費への変化によって株価も下落傾向でしたが、2016年後半からは再び上昇基調に転じています

「ビックカメラ」では株主優待を実施しており、保有株数および期間に応じて、買い物優待券を進呈しています。

100株保有の場合、2月末保有時で2千円分頂けます。

そして、継続保有で差が出るのが8月末保有時の優待で、保有が1年未満では千円分頂けますが、1年以上2年未満継続して持つと8月末保有時で2千円分、2年以上継続して持つと8月末保有時で3千円分頂くことができます

100株保有での優待 + 配当利回りを算出すると、1年未満保有では3%前後ですが、1年以上2年未満保有で3%台後半、2年以上保有で4%を超えるので、がんばって継続保有するのがお得です。

ビックカメラでは家電の他、医薬品や日用品、お酒なども販売していますので、使い道にも困りませんよ。

・ 株価 1,424円
・ 最低購入金額 14万2,400円(100株)
・ PER 17.26 PBR 2.12    
・ 権利確定月 2月末・8月末
・ 配当 12.00円/年 
・ 配当利回り 0.84%

株主優待

 

株主お買い物優待券(千円券)
       
【2月末日】
100株以上 2千円(千円券×2枚)
500株以上 3千円(千円券×3枚)
1,000株以上 5千円(千円券×5枚)
1万株以上 2万5千円(千円券×25枚)

【8月末日】
100株以上 1千円(千円券×1枚)
500株以上 2千円(千円券×2枚)
1,000株以上 5千円(千円券×5枚)
1万株以上 2万5千円(千円券×25枚)

長期保有株主向け優待制度

【100株以上】 
1年以上2年未満継続保有 1枚追加(千円券 × 1枚)
2年以上継続保有     2枚追加(千円券 × 2枚)


(4) 3年目に悲願の優待ゲット! キユーピー



≪画像元:キユーピー


「キユーピー(2809)」はマヨネーズやドレッシング製造でお馴染みの企業です。

意外なことに、マヨネーズなどの調味料事業の売上高は全体の4分の1程度であり、その他には、液卵・凍結卵・乾燥卵・スプレッドなどの卵の加工品を製造する「タマゴ事業」や、スーパーなどで販売される惣菜サラダ・パッケージサラダを製造する「サラダ・惣菜事業」、食品を配送する「物流システム事業」なども、経営の柱となっております。

これまでご紹介した企業の株主優待は、継続保有することでよりお得になるものでしたが、「キユーピー」では継続保有した株主にのみ優待品が進呈されます

その期間はなんと3年間で、こちらの企業の優待品を頂きたい場合、3年間じっと持ち続けなければなりません。

株主優待品の内容は、例年自社およびグループ会社のマヨネーズ、ドレッシング、ジャム、調味料などの詰め合わせで、その年の新製品なども入っています。

また、2014年11月期の優待品には90周年仕様の瓶入りマヨネーズなど、お店ではお目にかかれないような特別仕様の商品もありました。

商品が入っている段ボール箱の外装に、かわいいキユーピーちゃんが刻印されているのも和みますね。

・ 株価 2,803円
・ 最低購入金額 28万300円(100株)
・ PER 24.21 PBR 1.86    
・ 権利確定月 11月末
・ 配当 36.00円/年
・ 配当利回り 1.28%

株主優待

  
【自社グループ商品詰め合わせ】
100株以上 千円相当
500株以上 2千円相当
1,000株以上 3千円相当


最後に

長期保有優待を目的にして株式を持っている場合、その企業の株価が急上昇したときでもあっさり売却できない、というのも優待好きあるあるではないでしょうか。

インカムゲインとキャピタルゲインの比較や、優待 + 配当利回りの低下でほかの企業へ投資先の振り替えを検討したり、うまく対処できたらよいのですが、あえて持ち続ける選択もあるのか?

など決断はいろいろ分かれそうですね。

株価その他の情報は変更される可能性があります。ご確認のうえ、投資は自己責任でお願いします。(執筆者:吉井 裕子)

【株主優待】荷物がかさばるトイレットペーパーは優待でゲットしよう 高級ティッシュもいただける製紙会社4社

日々地味に、しかし確実に消費されるのがトイレットペーパーです。

在庫がなくなるのに気が付かないでいると、ある時に突然困った事態になってしまうので気をつけたいものです。

また、12ロールが1セットになっていることが多いトイレットペーパーは、荷物がかさばる買い物だともいえます。

そこで今回は、皆様お使いになるであろう、トイレットペーパーをいただける株主優待をご紹介したいと思います。



かさばる商品を自宅まで届けてもらえる、という面でも便利な優待品ではないでしょうか。

下記の株価他データは、10/6(金)終値時点でのYahoo!ファイナンスより引用しております。


1. 圧巻のボリューム! 特種東海製紙



≪画像元:特種東海製紙


「特種東海製紙(3708)」は、段ボール用紙・クラフト紙などの産業用紙、ファンシーペーパー・画材用紙などの特殊紙、トイレットペーパーなどの生活用品の三事業を中核とした製紙メーカーです

特種製紙と東海パルプにより2007年に持ち株会社が設立され、2010年に2社を吸収合併した企業です。段ボール用板紙で日本製紙と提携しています。

特種東海製紙では、株主優待を実施しており、100株以上保有の株主に対し、紙製品を進呈していますが、そのなかでも圧巻のボリュームを誇るのが、トイレットペーパー96ロール分です。

通常店頭で販売されている袋が12ロール入りなので、なんと8袋分ですね。収納の問題をクリアできれば大変ありがたい優待品です

・ 株価 4,410円
・ 最低購入金額 44万1,000円(100株)
・ PER 28.58 PBR 0.96   
・ 権利確定月 3月末・9月末
・ 配当 50.00円/年
・ 配当利回り 1.13%

株主優待

 
【100株以上】

3月のみ(下記1~3のうちから選択)

1. タウパー・ポップペーパー @150枚×12個

2. トイレットペーパー @12ロール×8パック

3. ファンシー文具セット B6丸背上製ノート 1冊, 豆本カードスタンド 1冊

9月のみ 自社製カレンダー


2. 配当高し! 日本紙パルプ商事



≪画像元:日本紙パルプ商事


「日本紙パルプ商事(8032)」は国内最大の紙専門商社です。

印刷・出版やパッケージ用途などの多様な紙を扱う国内卸売を中心に海外卸売や再生家庭紙製造などの製紙及び加工、古紙再資源化をはじめとする資源および環境、不動産賃貸の事業を展開しています。

日本紙パルプ商事では株主優待を実施しており、100株以上保有の株主に対し、トイレットペーパー24ロールを進呈しています。

・ 株価 4,545円
・ 最低購入金額 45万4,500円(100株)
・ PER 12.79 PBR 0.79   
・ 権利確定月 3月末
・ 配当 100.00円/年
・ 配当利回り 2.20%

株主優待

 

【100株以上】 JPワンタッチノーコアトイレットペーパー 24ロール


3. 高級トイレットペーパー! 小津産業



≪画像元:小津産業


「小津産業(7487)」は江戸時代創業の和紙問屋がルーツの企業です

現在の主力は不織布で、半導体向けワイパー製品で国内シェアトップクラスを誇っています。

医療、コスメ、農業など不織布の用途開拓や、海外での市場獲得を目指しています。

小津産業では株主優待を実施しており、保有株数に応じて、クオカードやティッシュペーパーやトイレットペーパーの詰め合わせを進呈しています。

ここで注意したいのが、100株以上保有の株主に対しての株主優待品はクオカード千円分であり、トイレットペーパーなどの紙製品を目当てとしている場合200株保有が必要ですのでお気を付けください。

また、優待品であるボックスティッシュやトイレットペーパーは、和紙が使われた高級品だそうです。もったいなくて使うのがためらわれそうですね。
 
・ 株価 2,186円
・ 最低購入金額 21万8,600円(100株)
・ PER 38.10  PBR 1.33   
・ 権利確定月 5月末
・ 配当 17.00円/年
・ 配当利回り 0.78%

株主優待

 

【100株以上】 クオカード千円分

【200株以上】 ティッシュペーパー・トイレットペーパー詰合せ 2千5百円相当

【500株以上】 ティッシュペーパー・トイレットペーパー詰合せ 5千円相当


4. 生活に欠かせない消耗品いろいろ! 日本製紙



≪画像元:日本製紙


「日本製紙(3863)」は製紙で国内2位、うち洋紙1位、板紙3位を誇る企業です

そして木材繊維を原料とする製紙、パッケージ、ヘルスケア、木材成分を無駄なく利用したケミカル・木材・建材・エネルギーといった多岐にわたる事業を展開する総合バイオマス企業です。

日本製紙では株主優待を実施しており、100株以上保有の株主に対し、自社グループ製品の詰め合わせを進呈しています。

その内容は、2017年はボックスティッシュペーパー、トイレットペーパー、ポケットティッシュ、キッチンタオル、ペーパータオル、ウェットティッシュ、掃除クロスとなっており、家庭で利用する紙製品を網羅しているので、何かと重宝しますね。

また、ボックスティッシュはクリネックスの「ローションティッシュ」および「プレミアムティッシュ」ですので、高級品をお試し感覚で利用できるのがうれしいです。

・ 株価 2,116円
・ 最低購入金額 21万1,600円(100株)
・ PER 16.33 PBR 0.56   
・ 権利確定月 3月末
・ 配当 60.00円/年
・ 配当利回り 2.84%

株主優待


【100株以上】 自社グループ製造販売の家庭用品詰合せ 1セット


最後に

あらためて見ますと株主優待品もかさばるものですが、株価のほうも現在は40万円以上の値かさ株ですね。

株価下落のタイミングを狙うのがよいかもしれません

株価その他の情報は変更される可能性があります。ご確認のうえ、投資は自己責任でお願いします。(執筆者:吉井 裕子)