住信SBIネット銀行

「ミライノカードGOLD」は充実の海外旅行保険が付帯 さらに住信SBIネット銀行との連携でお得度が増す

住信SBIネット銀行では、かつて「SBIカード」というクレジットカードを発行していました。

しかし、SBIカードの新規申込は終了しており、その切替候補として有力視されているのが、同行が2017年11月より発行を開始した「ミライノカード」です。



≪画像元:ミライノカードGOLD


今回は、特にコスパの高い「ミライノカードGOLD」を紹介します


ミライノカードGOLDの概要

まずは、ミライノカードGOLDの概要を紹介しましょう。



年会費は、ゴールドカードとしては低めですが、利用枠は結構多いです。

年間100万円の利用は月換算で8万円強ですので、公共料金や携帯電話料金をカード払いにすれば、決して不可能ではありません。

ただし、家族カードの設定がないので、家族の方も各自で申し込む必要があります。


ポイント還元率は最大で1%

ミライノカードを利用すると、1,000円ごとに「ミライノポイント」が5ポイントたまります。

たまったミライノポイントは、「1ミライノポイント = 1円」としてカードの支払い総額から減算することもできますが、この場合の還元率は0.5%と平凡です。



≪画像元:ミライノポイント


おすすめは住信SBIネット銀行のポイントである「スマプロポイント」で、1,000ミライノポイントを2,000スマプロポイントに移行でき、ポイントが倍増します。

スマプロポイントは1ポイント = 1円で現金化できるため、ポイント還元率は1%と跳ね上がります。


自動付帯で高額補償の旅行傷害保険

ミライノカードGOLDには、海外旅行傷害保険も付帯しています

ミライノカードの一般カードと補償内容を比較してみましょう。



ミライノカードGOLDは自動付帯な上、補償金額も一気に倍近くになっています。

家族特約の補償も充実しているのが、地味に良いです。

ミライノカードGOLDは、国内旅行傷害保険も自動付帯しており、かなりのハイスペックです


住信SBIネット銀行との合わせ技がお得



≪画像元:住信SBIネット銀行


ミライノカードGOLDは、住信SBIネット銀行の口座がなくても利用できますが、住信SBIネット銀行との合わせ技がお得です。

ランクアップで優遇を受けられる


ミライノカードGOLDの引落口座に住信SBIネット銀行口座を指定するだけで、「スマプロランク」が一気に2ランクアップの「ランク3」になります。

ランク3になると、以下のような優遇を受けられます。

・ 提携ATMを使った引き出しの際の利用手数料無料
・ 他行宛振込手数料が月7回まで無料

ちなみに、ミライノカード(一般)でランク3に上がろうとすると、最低でも月1万円以上は利用しないといけません。

カードローンの金利が年0.1%引き下げ


住信SBIネット銀行のカードローン「ミスターカードローン」は、年1.59%~7.99%とかなりの低金利です

その上、ミライノカードの引落口座に設定していれば、そこからさらに金利が0.1%引き下げられます


こんな方におすすめ!

住信SBIネット銀行を利用しない人にはメリットが少ない


ミライノポイントからスマプロポイントに交換するためには、最低1,000ポイントなければなりません。

ミライノポイントを1,000ポイントためるには、20万円の買物が必要ですので、あまりカード利用しない人にとってはハードルが高いかもしれません。

また、得られるメリットの多くが、住信SBIネット銀行を利用していないと無駄になってしまうようなものばかりなのも、少し考え物です。

住信SBIネット銀行を頻繁に利用する人にはメリットが多い


以上のことから、ミライノカードGOLDは、住信SBIネット銀行を頻繁に利用する方におすすめのクレジットカードといえます

コンビニATMやイオン銀行、ゆうちょ銀行など、全国展開しているATMが、住信SBIネット銀行の提携ATMです。

これらの利用手数料が一定回数無料になるのは、地味に大きなメリットです。

海外旅行に行く人にもメリットが多い




また、海外旅行に頻繁に行く方にも、メリットが大きいカードといえます。

前述した海外旅行傷害保険の充実ぶり以外にも、ショッピング保険も付帯しています。

海外でカード購入した品物に対して、購入日から90日間、年間50万円(自己負担1万円)を上限とした補償が受けられるのです。(執筆者:角野 達仁)

【団信加入】働けなくなったら住宅ローンの返済不要 保障内容や条件、注意点を3社で比較しました。

働けなくなったらローン返済不要



住宅ローンを借り入れした際、団体信用生命保険(以後団信)に加入していると、死亡や高度障害で以後のローン支払いは不要です。

この団信保険料が無料という銀行は以前からありました。

それに加えて最近では働けなくなった場合、ローン返済が不要になる特約が「無料」の銀行も出てきています

病気で仕事ができなくなり、住宅ローン破綻する方もいらっしゃいます。

契約する方にとってどのぐらいメリットがあるのか、調べてみました。


保障内容を比べてみました

就業不能になった場合、ローン返済が不要になる銀行を比較しました。


≪クリックで拡大≫


住信SBIネット銀行


精神疾患以外の病気やケガは全て、就業不能状態になった場合、住宅ローン返済不要の対象です。


≪画像元:住信SBIネット銀行


就業不能状態が1年未満の場合、一度住宅ローン返済額は銀行口座から引き落とされます

就業不能状態という医師の診断書を銀行に提出することにより、その後支払った返済額が戻ってきます。

その状態が1年以上継続すると、ローンの返済が不要です。

注意点

その他の病気やケガの場合、就業不能状態と判断するための条件として、入院していることが必須です。

また最初の1か月は、入院していても免責期間となるので、1か月を超える入院が必要です。

楽天銀行



≪画像元:楽天銀行


非常にシンプルで、就業不能状態が1年以上の8大疾病に限り、以後のローン返済が不要です。

わかりやすいですが、保障内容としては住信SBIネット銀行に比べると見劣りします。

じぶん銀行



≪画像元:じぶん銀行


就業不能状態に関係なく、所定のがんと診断された場合、その後の住宅ローン返済額が半額になります。

ローンの半分は残ってしまいますが、個人的な意見として、この3つの中ではじぶん銀行が一番お得感があるように感じます。

それはなぜか。他2行は就業不能の条件が厳しいからです。


就業不能状態のハードルは高い

就業不能状態とは
「被保険者の経験や能力に応じたいかなる仕事もまったくできない状態」
のことです。

例えば午前中だけ働くとか、週に1日だけ働いた場合も、対象から外れます

じぶん銀行の場合はその条件がなく、所定のがんと診断されるだけで、その後の住宅ローン負担が減ります。

そのため該当する可能性は今のところ、じぶん銀行の団信が一番高いのではないかなと感じます。


有料の場合はどうなのか?

例えば三井住友銀行の「8大疾病保障付住宅ローン」は、

・ 借入時の年齢が20歳以上46歳未満の場合

・ がんは所定のがんと診断された場合

・ 急性心筋梗塞や脳卒中は所定の状態が60日以上継続したと診断された場合

住宅ローンの支払いが不要です。かなり条件が緩和されます。


≪画像元:三井住友銀行


追加負担は住宅ローンの金利にプラス0.3%。例えば住宅ローンの借入額2,000万円、20年返済の場合、月に約3,000円がプラスです。

これを安いと見るか高いと見るかは、人それぞれです。


選択肢の一つとして考える



病気やケガで全く働けなくなるリスクは0ではありません。

本当に働けなくなってしまった場合、このような特約があれば家族が住む大切な家を守れます

就業不能状態の条件は確かに厳しいですが、自己負担はなく保障範囲が広がります。

ご自身にとってメリットを感じた方は、選択肢の一つとして考えられてはいかがでしょうか?(執筆者:水谷 文枝)