「被服費を抑えられる」、「流行の服がたくさん着られる」などの理由で人気を集めているファッションレンタルサービス

持ち物が増えないというメリットもあり、ミニマリストや物をたくさん持ちたくない方に好評です

しかし、借りる前に知ってほしい注意点もあります。

今回は、ファッションレンタルサービスの注意点についてご紹介します。



≪画像元:エアークローゼット


ファッションレンタルサービスとは

服をレンタルするというと、一昔前までは結婚式の披露宴に出席するときのパーティドレスや子どもの入園式のフォーマルスーツなど、たまにしか着ないものが主流でした。

しかし、ここ最近注目を集めているのが、毎日着る服をレンタルするサービスです。

多くが月額制となっており、プランに応じて借りられるアイテム数が違います

着たいときに着たいだけ借りられ、ファッションの幅が広がったり、服にかかるお金を減らすことができます。

有名なファッションレンタルサービスが、

エアークローゼット
サスティナ
Rcawaii
メチャカリ

などです。

それぞれサービス内容や扱っているブランドが異なり、自分の好みに合うサービスを利用するのがポイントです。

しかし、借りる前に注意しておきたいことが何点かあります。


(1) 好みのものが届かないケースもある

ファッションレンタルサービスには、自分で好きなアイテムを選べるものとスタイリストが選んでくれるものがあります

スタイリストが選んでくれるサービスには、普段自分では選ばなかったようなアイテムや流行にあったものが送られてくるので楽しいというメリットがありますが、自分の好みにあっていないために着こなせないということもあります

もし合わなかった場合、他のアイテムと交換してもらったり、スタイリストに好みの系統を伝えることはできます。

しかし、「○○ブランドのこの商品がいい」など、具体的なアイテム指定ができない場合がほとんどです。

着こなせるか不安という方は、自分でアイテムを選べるサービスを提供しているファッションレンタルを選ぶようにしましょう。



≪画像元:Rcawaii



(2) 破損や汚損で弁償金を請求される

借りた服を汚してしまった場合、通常のクリーニングで落とせるものであれば追加のクリーニング代を取られることはありませんが、紛失や破損・汚損がひどいと弁償金を請求されます

例えば、

・ 服を破いてしまった
・ ファスナーを壊してしまった
・ ボタンが取れてしまった
・ シミ抜きをしないととれないほどひどいシミを作ってしまった

場合などです。

ファッションレンタルサービスの中には、最初からサイトに弁償金の金額についてはっきり書いてあるところもあります

気になる方は、事前に弁償金についても確認しておくといいでしょう。

また、破損・汚損があった場合は、自分でクリーニング店に持って行くのではなくファッションレンタルサービスが委託している業者に任せる形となります

勝手な処置はしないよう注意してください。


(3) 中古品が届く

ファッションレンタルサービスで届く商品は、ほとんどが中古品です。

業者できれいにクリーニングされたものが届きますが、不特定多数の人が着た商品なので、古着に抵抗がある方にはおすすめできません

各業者とも品質管理を徹底していますが、毛玉が気になったり、ニオイがついていることがあれば、取り換えてもらうようにしましょう。

一方、メチャカリ(MECHAKARI)では新品の洋服が借り放題のプランもあります。






(4) いきなり高いプランを契約すると使いこなせない場合も

ファッションレンタルサービスにはいくつもプランがあります。

少額で数着借りられるコース、高額だけど借り放題になるコースなどさまざまです

ファッションレンタルサービスを初めて利用する場合、いきなり高額なコースを契約してしまうとうまく使いこなせないことが多いです。

そのため、まずは低額のコースで試してみて、ニーズに合わせて高額なコースに移行していくと失敗がありません。

サスティナなど、一度に15~30アイテムが届くファッションレンタルサービスもあるので、借りる前に収納場所を確保しておくのもおすすめです。



≪画像元:サスティナ



まとめ

ファッションレンタルサービスは、ここ数年人気を集めています。

「お得で便利」、「おしゃれの幅が広がる」などメリットについて触れられることが多いですが、注意点もあるのでしっかり確認したうえで利用するようにしてください。(執筆者:垣内 結以)