レシピ

【野菜高騰 VS ベテラン主婦】カサ増し、時短に便利な野菜が高騰。食費の節約術を5つ提案します。

野菜高騰 VS ベテラン主婦



ここのところ、野菜の価格が高騰して家計を圧迫しています。

スーパーに陳列されている野菜の価格を見ても通常の倍、あるいは3倍以上の高値がついているのを見ると溜息ばかりついてしまいますね。

そこで今回は、主婦歴25年以上の筆者が、野菜が高い時に行う対策についてお話しします。


そもそも野菜が高くなる原因とは?

野菜は天候に収穫量が左右されやすい食品です。野菜が育つ時期や収穫時期に台風や長雨が続けば当然収穫量は落ちます。

また、猛暑や冷夏など気温の異常も野菜の発育に悪影響を及ぼします。

また、ニュースなどでも報じられている通り、最近は地球温暖化の影響で夏の猛暑や10月の台風などの異常気象が多く、野菜の供給量も不安定になりがちです。

そのような理由から、野菜の価格が高騰しやすくなっているのです。


最も価格が高騰しやすい野菜は?

以上の理由から野菜は価格が大きく変動しやすいわけですが、全ての野菜が大幅に高くなるわけではありません。

そこで筆者は、近所のスーパーでどの程度野菜が高くなっているかについて調べてきました。

価格が通常の2倍以上に高騰している野菜


レタス
キャベツ
白菜
ホウレンソウ
小松菜
チンゲンサイ
水菜
ダイコン
ナス
キュウリ
ブロッコリー
ニラ



通常時より若干高くなっている野菜


ゴボウ
レンコン
ニンジン
カボチャ
ネギ
トマト
サトイモ

ほぼ通常価格の野菜


ジャガイモ
タマネギ
スプラウト類
もやし
キノコ類
かぶ
たけのこ(水煮)
カット野菜

*地域により多少の差があります。

これらの結果を見ると、時短料理に欠かせない葉物野菜の価格が最も高騰していることがわかりました。

これは忙しい現代人にとって厳しい話ですね。


野菜価格高騰に負けず上手に食費を節約する方法とは?

野菜が高いと言っても全く買わないわけにはいきません。

けれども、高い野菜をいつもと同じように買っていれば間違いなく食費がかさみます

そこで筆者は、食費を節約するために以下の工夫をしています。

1. 価格が安い野菜を使った献立を考える


まずは、価格が安い野菜を使った献立を考えることをおすすめします。

今はスマホのレシピアプリで素材別の献立をすぐに調べることができます。

お店で特売になっている野菜やそれほど高くない野菜を見つけたらその場で素材別レシピを検索しましょう。

そうすれば高い野菜を買う頻度が減り、食費を抑えることが可能です。



2. カット野菜や冷凍野菜を利用する


スーパーやコンビニなどで売られているカット野菜や冷凍野菜は、野菜の価格変動にあまり左右されず安く買えます。

冬場に高値がつきがちなキャベツやレタスなどの葉物野菜が安く買えるのはうれしい限りです。また、根菜類の水煮も安くて便利です。

これらの加工野菜は洗ったり切ったりする手間が不要なため、水道代の節約や調理時間の短縮にもなるというメリットも。これを利用しない手はありません。

3. 無人販売や農家直送の野菜を買う


筆者が住んでいるのは畑が数多く残っている地方都市です。そのため、そこかしこに無人販売の安い旬の野菜が売られています。

また、スーパーに行くと、近隣の農家が作る野菜があり、これまた安く売られています。

このように流通コストがかかっていない地場産の野菜を選ぶだけでも、野菜にかけるコストは抑えられます。

4. 乾物を利用する


日持ちのする乾物もおすすめです。

例えば切干大根は煮物として最適ですが、サラダや炒め物など多岐にわたって利用できます。

また、干ししいたけや豆類などもさまざまな用途に利用できるのでおすすめです。

関連記事:野菜が高くても、乾物で節約してご飯もおいしく栄養満点! 筆者のアレンジメニューも紹介します。

5. 皮などの「捨てる部分」を有効利用する


ダイコンやニンジンの皮を捨ててしまう人も多いと思いますが、実は皮は大変栄養価が高いと言われています。

また、白ネギの青い部分は炒め物の香りづけに使えますので、捨てずに有効利用しましょう。




野菜が高くても、ちょっとした工夫で食費を抑えることは可能です

今回は、野菜価格高騰の理由や高くなりやすい野菜、野菜が高い時に筆者が行っている対策などについてお話ししました。

知恵と工夫を凝らせば、いくらでも野菜を安くおいしくいただくことは可能です。

特に、カット野菜は価格が比較的安定しているうえに下ごしらえの手間が省けるため、料理研究家も積極的に利用するようすすめています。

また、スマホアプリの活用で、限られた種類の野菜でバラエティあふれるメニューを作ることも可能です。

野菜が高い今こそ知恵を絞り、上手に食費を抑えましょう。(執筆者:大岩 楓)

「缶ごと」で節約時短料理。夕飯の「あと1品」やおつまみにも大活躍、家族に大好評のレシピを公開。

あら! どうしましょう…



今日のおかずにあと1品が足りない!

だけど材料も時間もない!

パパのおつまみを作らないといけないのに、冷蔵庫がからっぽ…
そんな時、何を出せばいいのか頭を使いますし、ついイライラしてしまうこともありますよね。

毎日、家族の食事を用意するのは、とても大変なことです。

家計のことも考えなければいけませんから、できるだけ安くておいしいおかずが簡単に作れたらうれしいですよね。

そこでおすすめなのが、100円で売っている缶詰です。

しかも、調理によっては「缶ごと」作れてしまうので、洗い物も減らすことができます


缶詰は、困った時のお助けアイテム!

缶詰にはお助けメリットがたくさんあります。

お助け1 長期保存ができる


賞味期限が長いので、ストックしておけます。

安い時に買っておいて、いざという時に使えるのは本当に助かります。
「節約の味方」
というべき食材なのです。

お助け2 調理&味付け不要


缶詰は「すでに調理済み」の食材で、下処理不要、そのままでも十分おいしく食べられるので、調理時間を短縮することができ、忙しい時でもパパっと1品作ることができるんです。

しっかり味がついている缶詰だと、味のベースが決まっているので味付けがほとんど不要。楽々調理ができますよ。

今日は
「魚がいい」
「お肉がいい」
という家族のリクエストにも、缶詰を使えばいつでも答えることができますね。

わざわざ材料を買いに行く必要もないので、「今日は家事をお休みしたいなぁ」という疲れている時の献立としてもおすすめです。


缶詰を「缶ごと」アレンジ

缶詰をそのまま出しても問題はないのですが、やっぱり手抜き感が出てしまいますよね…

缶詰に「ちょい足し」アレンジすれば、立派なおかずのできあがりです。

さらに、缶をそのまま器として利用すれば、洗い物も簡略でき、ママの負担も軽減されますよ。


オイルサーディンのレモンチーズアヒージョ




・オイルサーディン 1缶
・にんにく 1かけ
・レモン汁 お好みで適量
・乾燥パセリ 適量

オイルサーディンに、みじんぎりにしたにんにくを散らし、トースターで3分ほど焼きます。

焼けたら、お好みでレモン汁、仕上げにパセリを散らしたら完成です。

バケットに乗せるのもおすすめです。

塩焼き鶏缶のねぎレモン焼き




・白焼き鶏缶 1缶
・ねぎ 10g
・レモン汁 適量
・ブラックペッパー 適量

塩焼き鳥缶に、みじん切りにしたねぎを乗せ、トースターで3分ほど焼きます。

焼けたら、お好みでレモン汁、仕上げにブラックペッパーをふったら完成です。

我が家では、缶詰アレンジおかず人気NO.1レシピです。

タレ焼き鶏缶の親子丼風




・タレ焼き鶏缶 1缶
・卵 1個
・玉ねぎ 10g

タレ焼き鶏缶に、みじん切りにした玉ねぎを乗せ、真ん中をくぼませたら卵を割り入れます。

そのままトースターで3分ほど焼いたら完成です。

ごはんにかけたら、絶品親子丼になりますよ。

ランチや朝ご飯にもぴったりです。

ツナ缶まるごとグラタン




・ツナ缶 1缶
・玉ねぎ 10g
・ピザ用チーズ 適量
・パン粉 適量
・牛乳 20cc(あふれない程度に加減して)
・乾燥パセリ 適量

ツナ缶に牛乳を少しずつ混ぜ、みじん切りにした玉ねぎ、ピザ用チーズを乗せます。

その上からパン粉をかけ、トースターで3分焼きます。

焼けたらパセリを振りかけて完成です。

パンにも合いますが、我が家では朝ご飯のおかずとして重宝しています。

ツナ缶だけをだすよりも、豪華になりますよ。

鯖味噌バター焼き




・鯖味噌缶 1缶
・刻みねぎ 適量
・白ごま 適量
・白すりごま 適量
・バター 1かけ

鯖味噌缶に、白すりごまと白ごまを混ぜて、上にバターを乗せ、トースターで3分焼きます。

仕上げに白ごまをふりかけたら完成です。
今日は料理を休みたい…
そんな時に助かっているレシピです。

ごはんも進むので、夕飯のおかずとしてもおすすめですよ。


パパッとメニュー

どれも、調理時間たったの5分程度でできる、簡単なレシピです。
・ あと1品
・ パパのおつまみ
・ ランチ
に…パパっと作りたい時におすすめです。

1缶100円で手に入る缶詰なので、コスパも良く、経済的にも助かるメニューなので、お給料日前にもピッタリです。

ぜひ、一度お試しください。(執筆者:三木 千奈)

【おせちリメイク】捨てる前にリメイクメニューをチェック! 11種類の食材別レシピを教えます。

1年に1度「お楽しみのごちそう」



お正月のおせち料理は素材が豪華で見た目も華やか。

でも、2日目、3日目となると、どんなにおいしいおせちでもさすがに飽きてしまい、減らなくて困るということがありませんか?
食品をムダにするなんてことは絶対に避けたい!
ましてや、おせち料理は手間をかけてつくったものだったり、高価な市販品だったりするものです。

そんなせっかくのごちそうおせちを、好みの味にアレンジした「おせちリメイク料理」で最後までおいしく食べ切りましょう。

リメイク食材リスト



1. 紅白なます
2. 数の子
3. 栗きんとん
4. 黒豆
5. 昆布巻
6. 海老
7. 伊達巻
8. 田作り
9. たたき牛蒡
10. かまぼこ
11. 筑前煮


1. 紅白なます



家庭によっては、酢の物が残るということもあるでしょう。

そんなときは、すでにできている合わせ酢を生かした料理にリメイクを。

マリネに変身


一口大にちぎった生ハムを、なますにさっと混ぜて黒コショウを散らしたらマリネになります。

コールスローに変身


子どもが食べやすいコールスローにもリメイクできます。

千切りにしたキャベツや白菜、玉ねぎなどの野菜を電子レンジでしんなりさせてなますと合わせます。

マヨネーズとコショウで味を整えたらコールスローのできあがり。コーンやハムなど、自由に足してみてくださいね。

あんかけの「あん」に変身


しいたけや玉ねぎなどの野菜を薄くスライスし、なますにプラス。

だし醤油で味を整えながら煮て、片栗粉でとろみをつけたらあんかけのあんが完成。

片栗粉を付けてカリッと焼いた白身魚などにあんかけして楽しめます。


2. 数の子



数の子がもし残ったら、クリームチーズと合わせてみると相性バツグンです。

サラダに変身


サイコロ状に切って合わせればサラダっぽくなります。わさび醤油をたらしてもおいしいですよ。

ディップに変身


細かくしてクリームチーズに混ぜ、黒コショウを散らしたらおしゃれなデッィップになります。

和風パスタに変身


明太子パスタならぬ数の子パスタにもアレンジできます。

ほぐした数の子をめんつゆとバターで味つけしたソースにして、和風パスタの完成。クリームソースにしてもいけます。


3. 栗きんとん



栗きんとんも、たくさんあるのなら洋風スイーツにアレンジして2度楽しみましょう。

ジェラードに変身


バニラアイスにきんとんを混ぜるだけ。栗をトッピングしたら見た目もカフェ風です。

モンブランに変身


ホイップクリームに混ぜて、カステラやカップケーキにクリームをしぼって栗を飾れば簡単モンブランも楽しめます。

パイに変身


栗きんとんのおいしいサクサクパイも、市販のパイシートを使えばかんたんにできあがりますよ。


4. 黒豆



黒豆のリメイクもやっぱりスイーツにアレンジするのが無難。

パウンドケーキに変身


ホットケーキミックスを使って、黒豆入りのパウンドケーキや蒸しパンなど、ふだんつくっているおやつをグレードアップさせましょう。

お弁当用に冷凍もありです


カップに4~5個ずつ入れて冷凍しておけばお弁当の一品に活躍します。

おせちでは食べ飽きても、いつものお弁当にちょっとだけ黒豆が入っているとうれしいものです。


5. 昆布巻



昆布巻は、きざんでめんつゆやしょうゆで味つけした和風パスタにして食べ切りましょう。

ニンニクととうがらしを加えてオリーブオイルで炒めたペペロンチーノにしてもおいしいですよ。

昆布も冷凍保存OK


そのまま冷凍しておいて、おでんをつくる時にタネとして使うこともできます。


6. 海老



海老のうま煮はもともとシンプルな料理なので、エビマヨやエビチリなどにリメイクしやすいです。

有頭エビのうま味はムダにしない


せっかくの有頭エビなので、頭や殻も玉ねぎやセロリなどの野菜と圧力なべなどで煮込んでザルでこしたら、うま味をムダにしないスープができます。

トマトソースと生クリームを加えて煮込んだら、エビのうま味がたっぷり味わえるおしゃれなビスクになりますよ。


7. 伊達巻



伊達巻は細かく刻んでマヨネーズであえてひと味違ったタマゴサンドに。

甘いタマゴサンドがとってもおいしいんです。大人用には辛子をちょっと加えても美味。

パンを使わない「フレンチトースト」


伊達巻をフレンチトーストにリメイクすることもできます。卵液に漬け込む必要はありません。

たっぷりのバターでカリッと焼いてシロップをかけたら、フレンチトーストそのものの味になりますよ。


8. 田作り



かたくて味も濃い田作りは残りがちかもしれませんね。

クルミやアーモンドなどのナッツをいっしょにフライパンで煎って、味をみながら砂糖・しょうゆ・みりんを適当にからませてポリポリのおやつにアレンジしましょう。


9. たたき牛蒡



たたき牛蒡は、ゴボウの下ごしらえ済みなので、手早くできあがります。

サラダに変身


細切りにしてゴマだれとマヨネーズとあえてゴボウサラダにリメイクしましょう。ツナを混ぜたりしてもおいしくなります。

肉巻きに変身


薄切り肉で巻いて肉巻きにするとメインのおかずにもなります。


10. かまぼこ



おせちになくてはならないかまぼこですが、赤と白の両方買うと量が多くなりますよね。

せっかくのお正月用かまぼこなのに、飽き飽きしながら食べるのはもったいないことです。

ピカタに変身


小麦粉をまぶしたかまぼこを、卵に粉チーズたっぷり・牛乳少しを入れて混ぜた液につけてフライパンで焼いたらおいしいピカタができます。

焼き色がついたらしょうゆを少したらしてからめて仕上げを。立派な一品料理です。


11. 筑前煮



素材に味がしっかりついている筑前煮は、リメイクメニューが豊富です。

・ 炊き込みご飯
・ コロッケ
・ カレー

ポタージュスープにも変身


大根、にんじん、里いも、ごぼうなどの根菜だけをミキサーにかけて、牛乳や豆乳でのばして塩コショウで味を整えたらやさしいポタージュスープにも変身できます。


リメイクで2倍楽しめる



おせちのリメイクは年に1度のことですが、家族が気に入ったおせちリメイク料理がわが家の定番として定着すると、お正月のおせちの楽しみが2倍になりますよ。

主婦のカンやアイデアでいろんなリメイクをしてみてもよいですし、「おせち リメイク」で検索するとたくさんレシピが紹介されています。

ぜひ、おせちが残ったらリメイクしておいしくムダなくいただきましょう。(執筆者:野原 あき)