リボ払い

リボ払い専用カード「JCB EIT」のメリットとデメリットを徹底解説!

JCBが発行する「JCB EIT」には、8つの大きなメリットがあります。

一方で、リボ払い専用カードならではのリスクもあります。

この記事では、JCB EITのメリットだけでなく、デメリットも合わせて紹介します。



JCB EITの8つのメリット

カード名にもあるように、JCB EIT(エイト)には、8つのメリットがあります。

以下で詳しく紹介していきましょう。

(1) カードデザインがスタイリッシュ



≪画像元:JCB EIT

JCB EITのカードデザインは、「ストライプ」、「ブラック」、「ステッチ」、「チェック」、「ドット」、「ロゴ」の6種類から、好きなデザインを選べます。

クールなデザインからかわいいデザインまであり、どんな好みの方でも満足いくでしょう。

(2) 年会費が永年無料


JCBカードは、年会費が有料、もしくは条件付きで年会費無料というカードがほとんどですが、JCB EITは無条件で年会費が永年無料です。

ETCカードや家族カードも永年無料なので、持っていても維持費は発生しません。

(3) ポイント還元率は1%


JCB EITは、税込1000円利用ごとに「Oki Dokiポイント」が1ポイント貯まります。

1ポイント=5円相当なので、ポイント還元率は1%です

これは、JCB一般カードの2倍に相当します。

(4) 海外旅行保険最高2000万円が自動付帯


年会費無料ながら、JCB EITには最高2000万円の海外旅行傷害保険が付帯します。

しかも、海外航空券や旅行ツアー代金をカード払いしなくても付帯する「自動付帯」なので、お守り代わりに持つのにぴったりです。

(5) 最高100万円まで補償してくれるショッピング保険


海外旅行保険だけでなく、最高100万円まで補償してくれるショッピング保険も付帯しています。

年会費無料カードでショッピング保険が付帯しているのは、なかなかありません。

しかも、海外での購入商品だけでなく、日本国内で購入した商品も対象です。

(6) リボ払いの初回手数料が無料


JCB EITはリボ払い専用カードで、利用金額に対してリボ払い手数料が発生します。

しかし、JCB EITは、リボ払いの初回支払いに限り、リボ払い手数料がかかりません。

(7) ネットショッピングも安心


ネットショッピングで、自分のJCB EITの不正利用が発覚した場合も、JCB EITには「JCBでe安心」制度があります。

これは、不正利用と認められた場合、不正利用の請求を取り消してくれる制度です。

これで、安心してネットショッピングができますね。

(8) 個人情報漏えいも心配なし


JCB EITは、WEB明細サービスの「MyJチェック」に自動登録されます。

利用明細書が自宅に届きませんので、明細から個人情報が漏れる心配がありません。

ネットショッピングでも、本人認証サービス「J/Secure」を利用でき、ショッピング時の情報漏えいの心配もいりません。


JCB EITのデメリット


一見いいことづくめにも思えるJCB EITですが、デメリットもあります。

ここからは、デメリットも紹介します。

(1) QUICPayを搭載できるカードは限られる


6つのカードデザインのうち、後払い式電子マネー「QUICPay」をカードに搭載できるのは、「ストライプ」、「ブラック」、「ステッチ」のみです。

どうせならば、6種類すべてに搭載可能にしてほしいですね。

(2) 海外でのATMキャッシングはできない



≪画像元:JCB

JCB一般カードの裏面には「Cirrus」の文字があります。

これは、世界的なキャッシングネットワークの名称なのですが、JCB EITの裏面を見ても、「Cirrus」の文字があります。

現地金融機関の窓口でお金を借りる方法もありますが、借入できる時間帯が限られるうえに、手続きが非常に面倒です。

つまり、JCB EITは海外でのATMキャッシングができないのです。

(3) 「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」のポイントアップがない


JCBが発行するカード(プロパーカード)には、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」のポイントアップがあります。

セブンイレブンやイトーヨーカドーではポイント3倍、オリックスレンタカーでポイント6倍など、カード決済をすると通常より多くのポイントがもらえます。

ただし、JCB EITにはこのようなポイントアップの仕組みがありません。

(4) リボ払い専用カードである


そして最大のデメリットは、リボ払い専用カードであるという点です。

初回支払いこそ手数料無料ですが、2回目以降は普通に年8.04~18%の手数料が発生します

これについては、毎月のリボ払い支払金額をショッピング枠の上限に設定すると、実質一括払いカードとなるため、回避できます。

しかし、その手続きも会員ページから行なう必要があり、多少面倒です。(執筆者:角野 達仁)

「保険料は月々4,000円」はリボ払いと似ている。あなたの保険は大丈夫? まずはこの4つを確認してください。

リボ払い・分割払い


リボ払いはすごく損する
そんな話を聞いたことがありますか?

クレジットカードの支払いでシミュレーション


JCBカードで100万円をクレジット払いするときの支払い総額をシミュレーションしてみました。

一括の場合

100万円… プラスマイナス0です。

分割24回払いの場合(実質年率)

116万1,846円(内手数料 16万1,846円)… 手数料分の16万1,846円がマイナスです。

リボ(定額)払い 2万円の場合

131万6,843円(内手数料 31万6,843円)… 手数料分の31万6,843円がマイナスです。

リボ払いや分割となると、多くの手数料を支払うことがよくわかります。

また、月々の支払額が少ないと、
払込期間が長くなって、手数料も同時にかさむ
ということです。

ご利用は計画的に…


よくCMとかで聞きますが、
先々余計にお金を払うことになりますからどうぞ気をつけてくださいね
ということなんですね。


医療保険にも似ているケースがある

医療保険にご加入の方にとって、この考え方は非常に重要です。

医療保険には同じ保障内容であっても保険料はいくつかのパターンが有るのです。

例)40歳の女性の方が、1日入院すると1万円が支払われる保険に加入


仮にA社で加入すると以下のような、月々の保険料のパターンがあります。
パターンA… 1万2,910円
パターンB… 8,830円
パターンC… 6,990円
パターンD… 5,930円
パターンE… 4,050円
「あなたならどれがいいですか?」と質問すると大体の方が、「Eがいい」と言います。



しかし実際に、これらの本当の値段はここに記載されていません。
本当の値段 = 総額保険料
それを決定づけるのは、クレジットカードのケースと同じように、「払込期間」です。


払込期間と月々の保険料と総額保険料



すべて最初に一括で預けてしまう「全期前納」は、パターンAよりはるかに保険料が減ります。

結論は、
期間が長くなり、月々の支払いが少ないほど、総額の保険料は高くなる傾向にある
ということです。


保険は、家の次に高い買い物

そう言われることも多いのですが、販売している保険募集人は、保険の値段を最初からはっきりと教えずに、保険を売っています

「月々4,000円でいいですよ」と言いながら、
「本当はもっとお得になるんですけどね…」
と腹の中で思っているということのように思えます。

保険にもきちんとした値段があるのですが、家や車のように値段がついていないことが、あなたの保険料をリボ払い化させている原因になるかもしれません




保障見直しはコレをやってから!

1. 月々の保険料はいくら?

2. 払込期間はいつまで?

3. 総額保険料はいくらになる?

4. 戻ってくる金額があるとしたら合計いくら?

ここまで確認してみましょう。

当事務所に相談してくれる方の9割以上の方が、
「そんなに払ってそんだけしか戻ってこないの?」
と言います。確認してみてくださいね。(執筆者:阿久津 和宏)