マイナンバーカード

10万円のオンラインと郵送の差が・・・

特別定額給付金10万円のオンラインと郵送の差新型コロナウイルスの経済対策として支給される特別定額給付金の10万円。 我が家はカードリーダーやNFC対応スマホがなかったのでオンライン申請を諦めましたが、先日、郵送の申請書が届きました! ふぁさぞう これで10万円の申 […]

結局マイナンバーカードは役に立たず・・・

特別定額給付金日本に住んでいる全ての人に・・・一人10万円が支給される「特別定額給付金」。 5月1日からオンラインで申請できるようになりました。 オンライン申請にはマイナンバーカードが必要となります。 特別定額給付金のオンライン申請を […]

【確定申告】健保組合等からの医療費お知らせで「医療費控除」を申告できるの?

平成29年から改正される医療費控除の大きなものとして、健保組合等から発行される医療費通知(「医療費のお知らせ」など)を添付すると、申告の手間が大きく軽減されるというものです

マイナンバーによる社会保障と税の連携を前提とした改正でしたが、実際に平成29年分の確定申告期が始まって見ると、この点においては残念な状況と言える現実が見えてきました




要件が満たされていない医療費通知もある

添付できる医療費通知には6項目の要件


確定申告の添付資料に使える医療費通知は、現在発行されているものならすべてOKとなるわけではなく、下記6項目の記載が必須とされています

(1) 被保険者等の名前
(2) 治療を受けた年月
(3) 治療を受けた人の名前
(4) 病院・薬局等の名称
(5) 医療費の額
(6) 健保組合等の名称

従来発行されていた「医療費のお知らせ」などは、必ずしも6項目が全部網羅されているとは限りません

また平成29年分の医療費通知においても6項目の記載を健保組合等に義務化しているわけではないので、医療費通知を確定申告の添付に使えない事態も発生しています

医療費通知が添付できない自治体の例


たとえば国民健康保険の保険者である横須賀市は、(5)医療費の額が記載されていないとして、確定申告の添付資料として使えない旨告知しています。

この他、神奈川県の多くの自治体でも同様の注意を呼びかけています。(例えば茅ヶ崎市

医療費通知が確定申告に添付できない場合は、従来通り領収書から集計して計算することになります


医療費通知を添付できる場合の申告書作成方法

領収書からの入力も含め、平成29年分確定申告書等作成コーナーでの入力を紹介します



「医療費通知を利用して入力する」を選ぶのは勿論ですが、利用する医療費通知については「書面の医療費通知を利用して入力する」を選びます。

「医療費通知データを読み込んで入力する」については、次の段落で説明します。



書面での記載と同じ項目ですが、医療費通知は平成29年1~12月という単位で発行されるとは限らないので、平成28年分が混じっている場合などは、医療費通知に記載された分の全額(A)と、平成29年分を抜き出した金額(B)を両方記載します

また(C)に関しては医療費通知に記載されていないケースのほうが一般的ですが、疾病や障がいに応じて自治体から医療費の補助が出ていたり、民間医療保険の保険金がおりていたりする場合は、その金額を記載します。

医療費通知以外にも、自由診療や記載外の医療費がかかっていたり、電車・バスでの通院費があったりする場合は、「医療費通知に記載のない医療費の有無」で「はい」を選び領収書から入力します

通院費を入力する場合




医療費通知に記載されていない医療費を入力する場合





国税庁側はデータの受け入れ体制はできているが…



「医療費通知データを読み込んで入力する」を選択した場合は、XMLの取り込み画面になります。



健保組合等に用意してもらったXMLファイルを取り込むことになります。

しかし書面の医療費通知ですら確定申告に添付できないものが提供されている現状では、XMLを取り込む方法は一般的とは言えません。

マイナポータルを使った電子申請(行政手続き)もそうですが、国の側で手間軽減の体制を整えたにもかかわらず、自治体や組合側が追いついておらず、メリットを享受できる国民が少ない段階と言えます

より多くの国民がメリットを感じられるようになると、低迷するマイナンバーカード交付率が向上するのでは…と思います。(執筆者:石谷 彰彦)

「自治体ポイント」はクレジットカードの新たなポイント交換先 お得な貯め方、使い方を徹底解説

クレジットカードでたまったポイント、何に交換しますか?

ギフトカード、航空会社のマイル、電子マネーなど、いろいろありますね。



最近、クレジットカードの新たなポイント交換先として注目されているのが、「自治体ポイント」です。

今回は、自治体ポイントの概要などについて紹介します。


自治体ポイントとは?



≪画像元:クリックして拡大 自治体ポイントナビ


「自治体ポイント」とは、地域商店街でのショッピング、公共施設の利用料金の支払い、オンラインでの物産品購入などに、「1ポイント=1円」のレートで利用できるポイントです。


自治体ポイントのため方は2種類

自治体ポイントのため方は、大きく2種類あります。

1. 地域活動への参加でポイントがもらえる


まずは、自治体が独自にポイントを付与しているケースです。

高知県では、スポーツ教室への参加や健康相談で、香川県ではゴミ拾いのボランティアで、北海道苫小牧市ではアイスホッケー観戦で、1回20ポイント~100ポイント程度もらえます。

また、結婚や転入など、自治体によって喜ばしい出来事に対しては、1,000ポイント以上付与されるとのことです。

後で説明する「他のポイントからの移行」よりも、コスパが良いので、積極的に地域活動に参加するきっかけにもなるでしょう。

ただし、お住まいの自治体によってはポイント付与されない場合もありますので、確認が必要です。

2. 他のポイントから移行する




≪画像元:自治体ポイントナビ


もう一つは、他のポイントプログラムからの移行です。

三菱UFJニコス
三井住友カード
JCBなどクレジットカード会社6社

JAL、ANAの航空会社2社
中部電力、関西電力の電力事業者2社
通信事業者のNTTドコモ

そして全国共通ポイントのサイモンズのポイントやマイル

を自治体ポイントに移行できます。

自治体ポイントに移行して最もお得なクレジットカードは?


ここで気になるのが、「自治体ポイントに最もお得なレートで移行できるのは?」ではないでしょうか?

主な「移行元ポイント → 自治体ポイントへの交換レート」を見てみましょう。



最も交換レートがよいのは三井住友カードですが、三井住友カードのクレカはほとんどがポイント還元率0.5%です。

ポイントを多くゲットできて、交換レートもよいカードは、以下の2枚となるでしょう。

DCカードジザイル



≪画像元:MUFG


ポイント還元率は1.5%と、現在発行されているクレカの中で最高水準です

ただし、リボ払い専用カードですので、リボ払い手数料が発生します

よって、リボ払いの支払額を上限まで引き上げる、カード会社に電話をして一括払いにするなどの対策が必要です。

dカードGOLD



≪画像元:dカード


ポイント還元率は1%と、DCカードジザイルほどではありません。

ただし、ボーナスポイントのチャンスが非常に多いのが特徴です。

ドコモの携帯料金や光回線の料金支払いでポイント還元率が10%、dカード特約店(ENEOSなど)やdポイント加盟店(ローソン・マクドナルドなど)では合計ポイント還元率2%以上など、ポイント還元率2%台もめじろ押しです。

ただし、年会費が税別1万円かかるのと、ゴールドカードですので入会審査が通常より厳しいです。


ポイント交換手続きは意外と面倒

カード会社のポイントプログラムから自治体ポイントに移行する際には、手続きが必要です。

三菱UFJニコスを例に見てみましょう。



≪画像元:三菱UFJニコス


(1) カード会社のサイトでポイント交換を申請する

(2) 「自治体ポイントクーポン」がカード会社から送られてくる

(3) 「マイキープラットフォーム」にログインして、「クーポンコード利用する」を選択して自治体ポイントに移行する

以上のような流れになります。オンラインで完結できないので、時間も手間もかかります


「マイキーID」、「マイナンバーカード」、「ICカードリーダーライタ」が必要



≪画像元:自治体ポイントナビ


自治体ポイントを利用するには、「マイキーID」が必要です。

マイキーIDの取得は、マイキープラットフォームからできますが、そのためには「マイナンバーカード」、「ICカードリーダーライタ」も必要と、事前準備するものは多いです。


自治体ポイントの使い道

自治体ポイントは、以下の場所で利用可能となる予定です。




≪画像元:めいぶつチョイス


また、全国の名産品を購入できるショッピングサイト「めいぶつチョイス」でも利用できます。

現在のところ、利用可能な場所は多くありませんが、今後拡大が予想されます。(執筆者:角野 達仁)