ポートフォリオ

【株式ポートフォリオの考え方】大きく負けないために実践している8つの投資基準

前から株式投資を本格的にして、投資に対する知識もまだまだ不十分ですが、ついてきたように思います。 住宅ローン返済額を上回る配当金収入を実現することを目標に投資をはじめ、当初は高配当株を中心に投資をしていました。 高配当株 […]

投稿 【株式ポートフォリオの考え方】大きく負けないために実践している8つの投資基準おさいふプラス~配当金再投資~ に最初に表示されました。

日本株・米国株・REITでつくる毎月配当金を得るためのポートフォリオを考える

配当金は不労所得として最適ですので、それが毎月のように入ってくると、家計にも余裕が出てきますね。 配当金を再投資していけば複利効果でどんどん配当金が増えていきます。 この複利効果をあげるためにも、毎月配当金が入金されれば […]

投稿 日本株・米国株・REITでつくる毎月配当金を得るためのポートフォリオを考えるおさいふプラス に最初に表示されました。

米国株のポートフォリオを再考。分散投資をしすぎても効果は薄くなりメリットも相殺される

収入源を増やして家計を強くしていこうと思った2018年は高配当株へシフトしました。 おかげで年間配当金は税引後約50万円(米国株は1ドル110円で計算)程度の収入が入ってきました。※日本株の配当金込み、前年比約2倍 基本 […]

投稿 米国株のポートフォリオを再考。分散投資をしすぎても効果は薄くなりメリットも相殺されるおさいふプラス に最初に表示されました。

目指せ配当長者!(1) インカム収入を増やすポートフォリオとは?

投資の収益は大きく二つにわけられます。株価が上昇した際に利益確定するキャピタル・ゲイン、配当等による収入がメインのインカム・ゲイン。

インカム重視のポートフォリオを作成するには、コツがあります。今号では、インカム・ゲインにフォーカスして、現金収入を増やすコツをみなさまとシェアできればと思います。


ポイント1:J-REITを毛嫌いしない。



日本の株式市場を見渡してみると、高配当銘柄と言っても良くて2%前後。利回りが3%台になると、利回りの観点からみて超優良銘柄と言えるでしょう。

つまり、日本のマーケットは、海外に比べて利回りが低いのです。これでは、いくら国内の高配当銘柄に投資しても、そのリターンは限定的です。

国内マーケットで、インカムを重視したポートフォリオを構築するには、J-REITをうまく組み合わせる必要があります。

不動産特有の値動きの荒さはあるものの、日銀の買い入れ効果も相まって、現状は比較的安定的に推移しています。

利回りが5%以上の銘柄も非常に多く、新興市場の銘柄を短期トレードするより、よっぽど健全リスクの少ない運用と言えるでしょう。

J-REITはインカム重視の運用をするうえで、欠かせないピースなのです。


ポイント2:海外市場にも目を向ける。


上述したように、国内市場でインカム収入を追及するには限度があります。

結論から言うと、インカム収入を確保するには、海外市場にも目を向ける必要があります。特に、投資初心者には米国株がおすすめです。

日本のマーケットには、いまだに単元株制度が残っていますが、米国市場ではその限りではありません。

一株単位で株を購入できるのです。元手も少なく始められ、高配当銘柄も多い。さらに、国際優良銘柄が多数米国市場に上場しています

例えば、自動車大手フォードの利回りは約4.7%。資源メジャーであるエクソンの利回りも3.7%あります。

さらに、コカ・コーラやジョンソン&ジョンソンのように、50年以上も増配を続ける銘柄も存在ます。インカム収入を求めるには、海外市場にも目を向ける必要があると言えるのです。

配当による現金収入を増やすには、J-REIT海外株がキーワードです。

国策の後押しを受けたJ-REITと、米国の国際優良銘柄をうまくマッチングさせれば、それほどリスクの高い投資ではありません。

現金収入を増やしたいと考える方は、これら二つの観点からポートフォリオの構築を考えてみてください。(執筆者:徳田 陽太)