ペット保険

「少額短期保険」は料金が安く種類も豊富 必要な時期に、必要な保障がつけられます

はじめに

日本人の約8割は生命保険に加入しています。

これまで男性の加入率の方が高かったのですが、現在は男性の全体平均は80.6%、女性の全体平均は81.3%と女性の加入率が高まっています。

また、年代別に見ると保障が必要な40~50歳代の加入率が高くなっているのが分かります。



≪画像元:生命保険文化センターHPより≫


医療保険やがん保険、終身保険など種類はさまざまですが保険料は数千円から数万円とコストはかかります。

20歳代の加入率が低いのは、少ないお給料の中からこのコスト(保険料)が捻出できないことや、保障の必要性が低いことなどが考えられます。

収入が少ない時期でもリスクに備える保険に加入することはできないのでしょうか?

今回、ご紹介する少額短期保険はその名の通り少額・短期の保険で、保険料の安さが特徴です。

必要な時期に合わせて加入することができますのでそのメリットなどをお伝えいたします。


少額短期保険とは

保険金額が少額、保険期間1年(第二分野については2年)以内の保険で保障性商品の引受のみを行う事業として、「少額短期保険業」が設けられています。(日本少額短期保険協会HPより)

「少額」が意味しているのは、「保険金額が少額」ということです。保険金額の合計額は1,000万円が上限となります



「短期」とは保険期間が短いことを意味しています。

・ 生命保険や医療保険 … 1年
・ 損害保険 … 2年

一般の生命保険は保険期間が「終身」や「80歳まで」など長期の期間なのですが、少額短期保険は1年更新など短期の期間での契約となります

保険料が安い! というのが一番のメリットです。

例えば、30歳女性、死亡保険(保険金額200万円)の場合、一般の生命保険では保険料が約2,500~3,000円/月ぐらいになるところ少額短期保険では保険料が約400円/月と破格に安くなります


こんな時期にオススメ

少額とは言え、病気やケガ、死亡などのリスクに備えることができます。

また、短期という期間を生かして必要な時期に加入するということも可能です。

【こんな時期の方にオススメ】
・ 収入が少ない時期
・ 教育資金や住宅ローンなど、その他の支出が高い時期
・ 年齢的に病気などのリスクが気になる時期

また、今現在、加入している保険にプラスすることで一時的に保障を高めることもできます

・ お子様が小さい方
・ 起業したての方
・ 予測されるリスクに備えたい方(※)

(※)ペット保険、弁護士保険、葬儀保険など、さまざまな種類があるのも少額短期保険の特徴です。

現に、私も起業し、法人化した際はさまざまなリスクに備えるため、少額短期保険の「弁護士保険」に加入しました

自社で弁護士さんと提携するよりも安く済みますし、リスクにも備えることができます。

少額短期保険は、上記の例のように「予測されるリスクに対して、必要な時期に加入する」ことが活用法となります。

【注意点】
少額短期保険にご加入の際は以下にご注意下さい。

(1) 更新型のため、告知内容に変更がある場合は保険料が上がる可能性がある
(2) 生命保険料控除の対象にならない
(3) 生命保険保護機構の対象にならない


少額短期保険に比べ、一般の生命保険は保障内容もあつく、終身など一生涯の保障で備えることができるのがメリットです。

生命保険料控除による節税効果もあり、保険会社が破綻した際も保護機構により契約者は守られています。

保険料の負担が家計に問題なければ一般の生命保険をオススメしておりますが、時期的に収入が少ない場合や保障をプラスしたい場合は少額短期保険の活用をオススメしております


おわりに



これまで、少額短期保険は安さが魅力だと思っておりましたが、必要な時期や必要な保障を選べることをしり、より活用できるのではないかと感じました。

生活の安定や向上には、お金をためる・増やすことも大切ですがリスクによりお金を減らさないという工夫も必要です

少額でリスクに備えられる少額短期保険の特徴を生かして生活にお役立て頂ければ幸いです。(執筆者:藤井 亜也)

小動物や鳥類、爬虫類も加入できるペット保険「プリズムコール」 最もこの保険に適しているのは亀

最近では、ペットも家族同様の扱いを受けています。それに伴い、ペットにかかる医療費も増加傾向です。

犬や猫ならば豊富なペット保険から好きな商品を選べますが、ウサギなどの小動物や爬虫類に関しては、ペット保険があると聞いたことがありませんでした。

ところが、日本アニマル倶楽部株式会社の「プリズムコール」は、犬猫はもちろん、小動物や爬虫類までも対象なのです。


犬猫用プラン

まずは、「プリズムコール」の3プランを簡単に説明しましょう。


≪画像元:プリズムコール


「犬猫用プラン」は他の保険であるような品種による分類はなく、「小型犬」、「中型犬」、「大型犬」、「猫」の4分類となっており、補償内容を選べます。


≪画像元:プリズムコール


例えば、3歳のミニチュアダックスが、保険会社が勧める「プレミアムオレンジプランⅡ」に加入しようとすると、小型犬の分類となり、年払い34370円(月払い3150円)の保険料です。

プレミアムオレンジプランⅡの補償内容は、以下の通りです。



この犬が、アレルギー性皮膚炎にかかり10日間通院、治療費用が36720円かかったとすると、保険金が34160円支払われ、自己負担額は2560円にまで軽減できます。
通院日額保険料の超過分と薬用シャンプー処方料のみ、自己負担となります。


うさぎ等小動物プラン


≪画像元:プリズムコール

次に、ウサギなどの小動物を対象としたプランです。

このプランの対象となる動物は、うさぎ、フェレット、チンチラ、ハリネズミ、リス、モモンガ、モルモット、ハムスターです。

このプランは、動物の種類や体重による分類はなく、補償内容による区別のみです。

標準的なプランともいえる「オレンジプランⅡ」の補償内容は、以下のようになっています。



オレンジプランⅡの保険料は年払い40400円(月払い3670円)です。


鳥類・爬虫類プラン


≪画像元:プリズムコール

そして、鳥類・爬虫類プランです。

対象となる動物は、オウム、ヨウム、ブンチョウ、サイチョウ、カナリア、インコ、ジュウシマツという、昔ながらの鳥のペットとしておなじみの面々です。

爬虫類の対象は、カメとイグアナです。

幅広く補償される「グリーンプランⅡ」で、補償内容を見てみましょう。



保険料は鳥類と爬虫類で異なり、鳥類は年払い25310円(月払い2300円)、爬虫類は年払い28020円(月払い2550円)となります。


「プリズムコール」はお得か?

正直言いまして、犬猫用のペット保険でしたら、プリズムコールより補償内容がよくお得な保険はたくさんありますので、ここでは、小動物と鳥類・爬虫類にスポットを当てましょう。

手術の補償が弱い


フェレットはがんや腫瘍の発症率が非常に高い動物ですので、4歳以降はほとんどのフェレットが何らかの病気を経験していると言っても、過言ではありません。

副腎腫瘍の治療費は、外科手術で8万円~15万円程度、内科治療の場合は10万円程度かかります。

「オレンジプランⅡ」では、半額以上は自己負担を余儀なくされます。

対象となる品種が少ない




プリズムコールの大きな特徴は、爬虫類や鳥類、小動物も加入できる点ですが、対象となる品種はさほど多くはありません

爬虫類で対象となるのはカメとイグアナのみで、人気のトカゲやヘビ、ヤモリなどは対象となりません。

鳥類で最近人気の高まっている猛禽類(フクロウ、ミミズクなど)も対象ではありません。

一度全額自己負担しなければならない


他のペット保険は、窓口で保険の補償額を引いた残りを自己負担金として支払います。

一方のプリズムコールは、一度全額自己負担をしてから、保険金請求をする仕組みとなっているため、結構面倒です。

長寿のカメなどは加入を検討してもいいかも


数ある動物の中で、最もこの保険に適しているのはカメでしょう

カメの平均寿命は30年程度と言われており、ご長寿なほど治療費もかさみますので、保険のバックアップは心強いでしょう。

カメは満15歳まで新規加入が認められていますので、おすすめです。(執筆者:角野 達仁)