ドコモ

ふるさと納税はふるさとチョイスの「ドコモd払い」がおすすめ!?

ふる太くん
最近ドコモの新料金プランahamo(アハモ)が話題ですよね!ふるさとチョイスではd払いのキャンペーンも実施しているので、この機会にぜひドコモのd払いを利用してみてください!

ドコモのd払いをご存知ですか?

買い物の支払いでキャッシュレス決済を利用する人が増えてきましたが、中でもドコモの携帯電話ユーザーによく利用されているのが、d払いです。d払いには様々なメリットがあり、上手に使うとポイントなどを貯めることもできます。

新料金プラン「ahamo(アハモ)」がスタートし、話題を集めているドコモ。d払いの加盟店もどんどん増え、利便性が高まっています。この記事では、ふるさと納税の寄付にドコモのd払いを利用するメリットや、d払いでの寄付の方法をご紹介します。

ドコモd払いとは?

d払い

ドコモのd払いとは、NTTドコモが提供するキャッシュレス決済です。

d払いのスマートフォンアプリをダウンロードし、ログインすると支払い用のバーコードが表示されます。店舗での支払い時には、そのバーコードを提示して機械で読み取ってもらって決済完了。スマートフォンさえあれば財布がなくても買い物ができるため、とても便利な決済方法です。

使えるお店は各地にあり、ドコモのショップや一部コンビニやデパート、スーパー、その他ショップなどで取り扱っています。インターネット通販などでも利用可能です。ドコモユーザーはもちろんのこと、ドコモの携帯電話を持っていない人でも使えるd払い。dアカウントを作ればだれでも使えるようになります。

ドコモd払いの特徴

ドコモのd払いは、ドコモユーザーやdポイントを貯めている人にメリットのある決済方法です。

d払いの一番の特徴は、ドコモの携帯料金と一緒に支払いができること(モバイルキャリアビリング)。一般的なスマホ決済ではクレジットカード番号などを登録してクレジットカードで支払いをしますが、ドコモのモバイルキャリアビリングを使えば携帯料金とまとめられるので、支払いを管理しやすいというメリットがあります。

そして、d払いのもう一つの特徴は、支払い金額に応じてdポイントを貯められること。店舗やWebサイトによって100円または200円で1ポイント付与されます。たまったポイントは、1ポイント=1円で支払いに使うことができます。

ドコモd払いのお得なキャンペーン

ドコモd払いでは、様々なお得なキャンペーンを実施しています。

たとえば、特定のWebサイトで買い物をしたらポイントが還元されるキャンペーンや、自治体とコラボしたキャンペーン、特定の日に利用したらポイントバックされるキャンペーンなど、期間限定のキャンペーンがたくさんあります。キャンペーンを上手に利用してポイントをたくさん貯めるのが、d払いを上手に活用するコツです。

その他お得なキャンペーン情報を知りたい方はこちらから↓↓

ふるさと納税でドコモd払いを使える?

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」では、寄付金額の支払いにもd払いを使うことができます。

ドコモd払いが使えるふるさとチョイスとは?

ふるさとチョイス

ふるさとチョイスは、国内で最大級のふるさと納税サイトです。

掲載されている返礼品は30万点以上、受け付けている自治体数は1,700超と国内1位。一般のふるさと納税だけでなく、災害支援などにも力を入れています。決済方法も多く、クレジットカード決済やコンビニ払いのほか、スマホ決済や携帯料金と一緒に支払うモバイルキャリアビリングにも対応しています。

ふるさと納税でドコモd払いを使うメリット

ドコモユーザーやドコモのd払いを利用している人がふるさと雨納税の寄付をするなら、ふるさとチョイスがおすすめです。

ふるさとチョイスは様々な決済方法に対応しており、ドコモのd払いでの支払いも受け付けています。一般的なWebサイトでの買い物と同様に寄付金額に応じてdポイントが付与され、貯まったポイントは買い物の支払い時に使えます。dアカウントを持っている人なら、その登録を使ってふるさとチョイスの会員登録も簡単に行えます。

ふるさと納税でドコモd払いを使う方法

ふるさとチョイスでd払いを利用するのは簡単です。会員登録方法、ログイン方法、そしてアカウント連携方法をご紹介します。

ドコモdアカウントでの会員登録方法

ふるさとチョイスに会員登録する際は、dアカウントを使うのが便利です。
会員登録ページの右にある「dアカウントでログイン」ボタンをクリックし、画面の流れに沿ってお手続きください。

ふるさと納税はドコモd払いがおすすめ!

ドコモdアカウントでのログイン方法

ふるさとチョイスで寄付を申し込む際は、dアカウントを使ってログインします。
会員登録ページの右にある「dアカウントでログイン」ボタンをクリックし、画面の流れに沿ってお手続きください。

ふるさと納税はドコモのd払いがおすすめ!3

ふるさとチョイスとdアカウントの連携方法

ふるさとチョイスのアカウントをdアカウントと連携することができます。

1.まずはマイページにログインします。

ふるさと納税はドコモd払いがおすすめ!8

2.「SNSアカウントの連携」をクリックします。

ふるさと納税はドコモd払いがおすすめ!

3.「dアカウント」の右にある「連携」のボタンをクリックし、画面の流れに沿ってお手続きください。

ふるさと納税はドコモのd払いがおすすめ!6

ふるさと納税について

ふるさと納税とは、本来自分が居住している自治体に納めている税金の一部を、出身地などの故郷や、応援したい自治体に寄付できる制度のことです。

ふるさと納税イメージイラスト
多くの自治体では寄付のお礼として、うなぎ以外にも米や肉など地域の特産品を送っています。また、寄付後、手続きをすると所得税の還付や住民税の控除を受けられ、実質2,000円でふるさと納税を行うことができます。そのため「お得」な制度だと、認知度・人気が高まってきているのです。

まず自分の『寄付上限金額』をチェック!

「ふるさと納税がお得なら、たくさん寄付したい!」と思う方もいるかもしれません。しかし、ふるさと納税で寄付できる金額は、あなたの年収や家族構成などによって決まってきます。というのも、ふるさと納税はご自身が納めた税金の一部が控除されて戻ってくるという仕組みだからです。所得によって納める税金の金額が決まるように、ふるさと納税の控除金額もその税金に比例して上限が決まります。

たとえば、年収400万円の独身者または共働きの人は43,000円まで寄付が可能で、自己負担2,000円を引いた41,000円が、翌年に所得税と住民税から還付・控除されます。年収700万円の夫婦(配偶者控除あり)なら、控除上限金額は85,000円です。

控除限度額は「 控除限度額の目安(ふるなび)」や「限度額計算ページ(さとふる)」から調べることができます。

ふるさと納税寄付限度額の早見表や計算シートなどを、さまざまなサイトを比較してその特徴をまとめました。
ふるさと納税の控除限度額の疑問解決!調べ方、目安、計算法【完全版】 - furusato-toku.red

ふるさと納税の申込期限は12月31日まで

ふるさと納税の申込自体は一年中いつでも可能です。ただし、1月1日~12月31日の間に寄付した金額から所得税・住民税が還付・控除されますので、税金控除を考えている方は毎年12月31日までに寄付申込を済ませる必要があります。
また、ワンストップ特例制度を利用する方は、2021年1月10日までに各自治体へ申請書を送付してください。

寄付しただけでは税金は控除されません

ふるさと納税で寄付を申し込んで終わりではありません。年度末に確定申告をして税金控除を申請します。
適用条件を満たせば確定申告の代わりに「ワンストップ特例制度」が利用できます。寄付時に「申請書を希望する」旨の項目にチェックを入れると、後日、自治体から申請書が送られてきます。必要事項を記入し、2021年1月10日までに各自治体へ申請書を送付するだけですので、手続きは簡単です。

<ワンストップ特例制度の適用条件>

  1. 確定申告をする必要のない給与所得者等であること
    自営業の方や年収2,000万円を超える所得者、医療費控除等で確定申告が必要な場合は、確定申告で寄付金控除を申請してください。
  2. 1年間の寄付先が5自治体以内であること
    1つの自治体に複数回寄付をしても、1自治体としてカウントされます。
  3. 自治体へ申請書を郵送すること
    1つの自治体に複数回寄付した場合は、寄付した回数分の申請書を提出してください。

まとめ

ドコモユーザーやdポイントを貯めている人は、ふるさと納税の寄付金の決済にドコモのdアカウントを使用することができます。

dアカウントを使って寄付をすると通常のショッピングと同じように寄付金額に応じてポイントが貯まり、そのポイントはお店で買い物をする時に使うことができます。ドコモの携帯料金と一緒に支払うこともできてとても便利なので、ぜひご利用ください。

おすすめ記事

還元率〇〇%も!ふるさと納税コスパ還元率ランキング100

【1万5千円で19kgも!】ふるさと納税お米のコスパ最強ランキング2020

【2020年完全版】ふるさと納税サイト16サイトを徹底比較してみた!

「ふるさとチョイス」の評判や口コミは?使い方やメリットを徹底解説

ふるさと納税のやり方・手続きは?初心者でも分かる失敗しない解説書

【毎年3000dポイント】子どものいるドコモユーザーだけの特典

我が家は、パートナーがドコモを利用しています。 NTTドコモを利用していて、子どもが12歳までであれば、 毎年dポイントが3000ポイント もらえる『ドコモ子育て応援プログラム』というのがあります。 12歳まで毎年なので […]

投稿 【毎年3000dポイント】子どものいるドコモユーザーだけの特典おさいふプラス~配当金再投資~ に最初に表示されました。

【ドコモユーザーに朗報】ドコモがAmazonプライム会員が1年間無料特典サービス

ドコモを利用している方であれば、ドコモが2019年から始めた新しい料金体系である30GBで速度制限なしの「ギカホ」か1~7GBまで利用に応じて支払いの「ギガライト」を契約されている方であれば、 Amazonプライム会員が […]

投稿 【ドコモユーザーに朗報】ドコモがAmazonプライム会員が1年間無料特典サービスおさいふプラス~配当金再投資~ に最初に表示されました。

ドコモの「iPhoneユーザー」なら必見  お得なdカードGOLDのケータイ補償サービス

ドコモユーザーの皆さん、ケータイ補償サービスにはdカードの特典として無料でついてくる補償と、ドコモで有料のサービスに加入する補償があることをご存じでしょうか?

実は、dカードを契約している人のスマホ端末にはdカードの特典として1年間のケータイ補償がついています。

このケータイ補償は、dカードGOLDに切り替えるだけ

補償期間が1年間 → 3年間に延長

補償金額も1万円 → 10万円に増えます。

今回は、ドコモのiPhoneユーザーにこそ知ってほしいdカードGOLDのケータイ補償についてです。




≪画像元:dカードGOLD



ドコモのケータイ補償サービスには意外な落とし穴が

ドコモで加入できるケータイ補償サービスの意外な落とし穴、それはケータイ補償サービスを利用できるのは端末を購入してから1年を超えている場合のみという点です。

1年以内の故障にはメーカー保証による補償サービスを受けます

さらに、ケータイ補償サービスに加入できるのは端末を購入してから14日以内のみ。

要するに、ほぼ丸1年は補償サービスを受けられないにも関わらず料金を支払わなければいけないのです。


iPhoneユーザーならではのメリット

ドコモには、2種類のケータイ補償サービスがあります。

1つは従来通りの「ケータイ補償サービス」、もう1つは「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」です。

実は、「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」はアンドロイド端末向けのケータイ補償と違って修理対応をしてもらえません。

なぜiPhoneは修理対応をしてもらえないのでしょうか?

ドコモの店員さんいわく、iPhoneが故障するとほとんどの端末が修理不能で新品交換となるからだそうです。

dカード特典のケータイ補償でも、同じく修理対応はしてもらえません。(アンドロイド端末も修理対応はしてもらえません)

ただし、dカード特典のケータイ補償ならiPhoneを購入して1年を超えていなくても補償してもらえます

だからこそ、iPhoneユーザーはdカード特典のケータイ補償サービスを利用した方がお得なのです。

アンドロイド端末をお使いの方は、ドコモのケータイ補償サービスで受けられるハズの修理補償がなくなってしまうので注意してください

さらに、iPhoneは端末自体の価格が10万円を超える機種もありますよね。

dカードでは1万円までしか補償されませんが、dカードGOLDならほぼ全額の機種代を補償してもらえます

これは、iPhoneユーザーにとっては大きなメリットです。




dカードGOLDのケータイ補償サービスは無料

ケータイ補償サービス for iPhone & iPadの月額料金が750円だとすれば、1年間で9,000円にもなります。※機種によって月額料金が異なります

ですが、dカードGOLDのケータイ補償サービスはカード特典なので無料です。

その代わり、dカードGOLDは1万円の年会費がかかります

とは言え、場合によっては年会費の1万円を超えるポイントがもらえるかもしれません。

毎月のスマホ代や固定電話料金・ネット利用料などをdカードGOLDで支払うと、NTTへの支払金額に対しては10%のdポイントがつくことをご存じですか?

つまり、毎月のNTTへの支払料金が1万円を超えている人は毎月1,000ポイント以上もらえるということです。




≪画像元:dカードGOLD


dポイントは毎月のスマホ利用料にも使えますから、実際にキャッシュバックされるのと何ら変わりません。

さらに、補償を受ける際の機種購入費として10万円まで補償してもらえるのですから、どれだけオトクなのかは一目瞭然ですね。

ドコモのiPhoneをお使いの方は、ぜひdカードGOLDのご利用を検討してみてください。(執筆者:永瀬 なみ)

【ドコモ機種変更応援プログラム】最大2万7,000円割引「何月何日までに機種変すれば割引が最大になる?」と問い合わせてみた。

ドコモユーザーの皆さん、「機種変更応援プログラム」をご存じでしょうか?

「機種変更応援プログラム」は、機種変更をするときに端末の購入代金を割引してもらえるオトクな制度です。


「機種変更応援プログラム」がオトクな理由

ドコモの機種変更応援プログラムは、2年に1回は機種変更をする人で24か月払いを選ぶことの多い人にオススメのサービスです。

毎月300円を支払うことで、iPhoneなら13か月目以降、その他のスマホなら19か月目以降の機種変更時に、最大で2万7,000円もの割引をしてもらえます。

機種代の高いスマホの場合、19か月目の残金は意外と多いです。(iPhoneの場合は13か月目の残金)


≪画像元:NTTドコモ 機種変更応援プログラム


XperiaXZ Premium(SO-04J)で考えてみる



≪画像元:NTTドコモ 製品


機種の価格は9万3,960円なので毎月の支払額は3,915円。

次に機種変更をするのが19か月目だった場合、機種代の残りは5か月分の1万9,575円です。

本来なら、この残金は次に機種変更するときに清算しなければいけません。

でも、機種変更応援プログラムを利用すれば2万1,000円のポイント還元によって清算できます。

実際にそれまでに支払う月額料金は5,700円ですから、とてもオトクなプログラムですよね。
機種変更応援プログラムを利用しなかったら損をするのではないか?
と考える人もいるでしょう。

ご安心ください。

もし機種変更応援プログラムを利用しなかったら、それまでに支払った24か月分の金額(300円×24か月=7,200円)は、機種変更応援プログラムに継続加入したタイミングですべてポイントで還元されます。


19か月目っていつからいつまで?



オトクな制度なのは知っていても、実際にこのプログラムを利用しようと思ったときに意外と分かりにくい点があります。

それは、今が何か月目なのか。

仮に、利用明細の「端末等代金分割支払金」という欄に
18回目のご請求です。(全24回)
と記載されていたとします。

すると、今はおそらく18か月目なのだろうと予想できますね。

ただ、「何月何日までに機種変更をすれば最大のポイントで割引されるの?」という点がよく分かりません。

ドコモに問い合わせた回答



「機種変更応援プログラム」に加入したのが2月半ばなら、2/1~2/末までを1か月目、3/1~3/末までを2か月目と数える
このケースだと、翌年の2/1~2/末までを13か月目、8/1~8/末までを19か月目と数えます。

つまり、2017年11月に13か月目となるのは2016年11月中に、2017年11月に19か月目となるのは2016年5月中に機種変更応援プログラムに加入した人、ということです。


注意点

機種変更応援プログラムには、
・最新の機種には機種変更できない

・それまで使っていたスマホを下取りに出さなければいけない

・機種変更のタイミングによっては下取りプログラムを使った方がオトクな場合もある
など、いくつか注意しなければいけない点もあります。

とは言え、最新の機種にこだわらないタイプにとってはオトクなプログラムだと言えるでしょう。
機種変更応援プログラムに加入できるのは機種変更をしたときのみ

です。

機種変更後の単体加入はできないので、この秋冬に機種変更をする予定のある人はぜひ検討してみてください。(執筆者:永瀬 なみ)

「dカードゴールド」を作って年会費以上のお得をゲット【後編】家計に還元できる4つの使いこなし術

前回の記事では、ドコモをお得に使う方法としてdカードゴールドでポイントをドッサリためる方法をお伝えしました。

今回はさらに、

たまったポイントを家計にプラス還元する使いこなし術
を4つご紹介しましょう。


1. 携帯や機種変更の代金、データ量追加の支払い

dポイントは、1ポイント1円としてさまざまなサービスに利用できます

その第一番目として、ぜひ覚えておいてください。「今月ピンチ!」というとき、携帯料金や機種変更の代金、データ量を追加購入した料金をdポイントで支払えます




2. ネットのお店で使う

dポイントを使えるネットショップは、
無印良品ネットストア
WORLD ONLINE STORE
DHCオンラインショップ
ジェットスター
Jリーグチケット
メルカリ
ニッセンオンライン
高島屋オンラインストア
UNITED ARROWS LTD
など数多くあります。これらショップでは、dポイントが使えるだけでなく、さらにたまります

dマーケット



≪画像元:dマーケット


ネットショッピングの中でもdカードをお持ちの方は「dマーケット」がおススメです。

dマーケットは、ショッピングやゲーム、ブック、トラベルなど19のストアを紹介する、ドコモのポータルサイトで、無料の抽選サンプルやセールなど盛りだくさんです。

例えば、dデリバリーでは
「半額キャンペーン」

「条件達成で3000ポイントプレゼント」

「初回利用1,000ポイントプレゼント」
などうれしい特典が多く用意されています。


3. 交換商品にかえる

dポイントは、商品に交換するほか、ギフトカードや自治体ポイント、Pontaポイントなどに換えられます

しかし、金券やポイント交換には手数料として追加ポイントが必要になり、全てのポイントを使うことができません

iDにキャッシュバックしましょう


2,000ポイントから2,000円分のiDに、ネット上でキャッシュバックできます

さらに利用できる店舗は、dポイントを利用する場合より多くなるというメリットも生まれます。

おまけにiDでの買い物にも、店舗独自のポイントももらっちゃいましょう。

例えばイオンではiDでの支払いにWAON POINTカードにも、ポイントがつきます。イオンのお得なお客様感謝デーには、WAON POINTカードがあればiDの支払いでも5%オフです。


4. 街にある店舗で使う

もちろん、街にある実際の店舗でも利用可能です。コンビニなら、特にローソンがいいでしょう。

dポイントを利用することは可能であるうえ、dカードを提示利用して買い物すれば最大5%おトクです。

ローソンお試し引換券



≪画像元:ローソン


ローソンでのdポイントは、お試し引換券に使用できます。

このお試し引換券はとにかく割引率がすごい

毎週火曜と金曜、お菓子やアルコールなどがなんと半額以下のポイントで手にはいります。

例えば10月は、
・ キリン氷結「アップルヌーヴォー」500ml税込206円は80ポイント

・ ロッテアイス「大人の生チョコ」税込194円は、90ポイント
これでも十分お買い得ですが、この商品は、ローソンIDがあれば50ポイントなんと、価格の約1/4のポイントでゲットできます。

期間限定発売のお菓子やアルコールなど、お得感が倍増するラインナップに加え、この購入に関してもdポイントは加算されます。

ただし、店によって置いてない場合があったり、人気のため売り切れになることも。絶対お得、お試しください。

使い方一つで、支払った料金への還元は大きく変わります。やらなきゃ損! もったいないです。あなたに合った賢い方法、探してくださいね。(執筆者:吉田 りょう)

「dカードゴールド」を作って年会費以上のお得をゲット【前編】 ドコモユーザーで家族4人なら年間3万円以上還元されることも

携帯電話は、「格安SIMにしたほうがお得になる」ということはもはや節約の定番、といえるほど頻繁に耳にする話です。

それでもやっぱり、近くに店舗があって何かあればすぐ聞ける気安さ、そして通信回線が安定していることなどから、大手キャリアを離れられない方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は2回に分けて、ドコモをお得に使いこなす必殺ワザをご紹介しましょう。




dカードゴールドを作ろう

ドコモには、クレジットカードが2つあります。

初年度年会費無料のdカードと年会費1万円のdカードゴールドです。

お得に使いたいなら、dカードゴールドを作ることをおすすめします。

でも…年会費1万円! 高いですよね、1万円は、節約には大敵と感じるほどの大きな出費です。

しかしdカードゴールドには、それに上回るメリットがあるんです。



≪画像元:dカード



dポイントを利用代金10%分ゲット!

dポイントゴールドを契約すると、dポイントクラブのステージは契約年数や使用料金に関わらず「ゴールドステージ」に優待されます。

そのため、月々の携帯代金の利用金額1,000円(税抜)につきdポイントが100ポイント、つまり10%がたまります

さらにドコモ光を契約していれば、その代金も含まれます

加えて家族カードを作れば、全員10%の還元が受けられます

ただし家族カードを作るのは1人分は無料ですが、2枚目以降は1枚発行ごとに1,000円かかります。


試算してみましょう

例えば4人家族全員ドコモユーザーで携帯代金1人につき7,000円支払っているとします。

年会費は4人分1万2,000円の支払いですが、還元されるポイントは7,000円 × 4 = 2万8,000円なので、毎月2,800円1年でトータル3万3,600円分のポイントが還元されることになります。

年会費1万円を引いたとしても、年間2万3,600円プラスです。

さらにドコモ光を契約し4,000円支払っているとすれば、月400円 × 12 = 4,800円がさらに加算されます。

ただし、携帯代金で加算されるdポイントは、各割引サービスの適用後の基本使用料、通話料などに限られており、携帯の機器代金やコンテンツ料金などは含まれません。


キャンペーンを見逃すな!



≪画像元:dカード


さらにドコモでは、契約すればキャッシュバックするキャンペーンを行っていることがあります。

まさに今、12月31日までに契約すれば、入会で2,000円分のiDと2万円のカード利用で8,000円分のiDへのキャッシュバックキャンペーンを行っています。

年会費分が浮いてポイント丸々ゲットできてしまいますよ。


支払い方法も吟味して

さらにお得に使いこなすために忘れてはいけないのは、携帯の支払い方法です。

dカードゴールドである必要はありません。手持ちの還元率の高いカードを利用すれば、もっとプラスアルファが期待できます


ユーザー歴16年の筆者の場合は

ドコモユーザー2人の我が家は、ひと月大体1万5,000円の携帯代金とドコモ以外のネット通信費として約4,000円で計1万9,000円支払っています

ところが今回ドコモ光とのセット契約を試算すると…

携帯2台分とネット通信費が約1万6,000円となり、プラス1,600円のdポイントが加算されるため、実質1万4,400円

5,000円近く節約できることが判明しました。ユーザー歴の長い方は特にメリットが大きいです。ぜひ、試算してみてください。

高いと言われるドコモでも、今までよりも節約できると実感です。

次回の「後編」では、さらにお得に使いこなせるワザをご紹介します。お楽しみに。(執筆者:吉田 りょう)