ドコモユーザー

【筆者実体験】ドコモユーザーは修理後に下取りをするとスマホの機種変更がオトクになる

スマホの調子が悪くなると、

「修理に出すか、それともこのまま機種変更するか」

と悩む人も多いのではないでしょうか。

実は、ドコモのスマホをお使いの方なら、修理をしてから下取りに出せば2万円以上オトクに機種変更できる可能性があります

今回は、ドコモユーザー向けに私がこの年末年始に経験した修理と機種変更の実体験をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。




故障したら下取りに出せない

2017年12月上旬、私のスマホが突然おかしくなりました。

再起動をくり返すエラーが起きているようで、電源を入れ直すことができません。

仕方なくドコモへ行き、修理に出すか機種変更をするか悩みました。

なぜなら、私の使用しているスマホは下取りに出せば1万6,000円も割引してもらえる機種だったからです。(2017年12月時点での金額)

ドコモの下取りプログラム


ドコモの下取りプログラムは、使用しているスマホを下取りに出せばオトクに機種変更ができるプログラムです。

ただし、下取りに出すスマホは正常に使用できることが絶対条件。

つまり、電源が入らない状態では下取りに出せないということです。


修理すれば下取りに出せる

実は、ドコモで修理してもらったスマホでも下取りプログラムを利用した機種変更が可能です。

そこで、修理に出す前に確認しておかなくてはいけない点を2つご紹介します。

1.ケータイ補償サービスに加入しているか


修理に出す前に、ケータイ補償サービスに加入しているかを確認してください。





ケータイ補償サービスとはドコモでスマホの修理代金をサポートしてくれるサービスです。

もしケータイ補償サービスに加入していなければ、修理代金が下取り価格を上回ってしまう可能性があります

2.下取り価格は修理代金を上回るか


修理に出す前に、自分の端末の下取り価格を確認してください。

ケータイ補償サービスを使って修理したとしても、修理内容によっては5,000円の代金がかかってしまうかもしれません。

もし下取り価格が5,000円未満だったら、わざわざ修理をしてから下取りに出す意味はないでしょう。

しかも、下取り価格は定期的に変動します

スマホが修理から返ってくるタイミングによっては下取り価格が下がっている可能性もあるので、必ずチェックしてください。


機種変更応援プログラムと併用できる

下取りプログラムは、機種変更応援プログラムと併用できます

私は、機種変更応援プログラムに加入して300円 × 24か月を支払っていたので、7,200円分のポイントが返還されました。

※ポイントを還元されるためには、機種変更応援プログラムに再加入する必要があります。

ちなみに、機種変更応援プログラムで返ってきたポイントは、下取りに出す端末の分割支払金残高にも充当できます

私の場合は、返還されたポイントだけでは分割支払金残高を精算できなかったので、下取りプログラムで付与されたポイントも充当してもらいました。


修理の直後でも下取りに出せる



私が下取りに出したのは修理の直後でしたが、ドコモの店員さんには修理について一言も触れられませんでした。※修理から返却されたのが12/28、機種変更が1/2でした。

「無償で修理をしてもらったのに、下取りに出して機種変更をするのは何となく気が引ける…」

そんな方は、修理に出した店舗ではなく別の店舗で機種変更をするのがオススメです。

実は、私も気が引けたので別の店舗で機種変更をしました。

下取り価格が修理代金より多いなら、修理に出さずにただ機種変更をするよりオトクです。(参考:ドコモ下取りプログラム

機種によっては、2万円以上で下取りに出せることもあります

ぜひ、ご自分の機種の下取り価格をチェックしてみてくださいね。(執筆者:永瀬 なみ)

「dカードゴールド」を作って年会費以上のお得をゲット【後編】家計に還元できる4つの使いこなし術

前回の記事では、ドコモをお得に使う方法としてdカードゴールドでポイントをドッサリためる方法をお伝えしました。

今回はさらに、

たまったポイントを家計にプラス還元する使いこなし術
を4つご紹介しましょう。


1. 携帯や機種変更の代金、データ量追加の支払い

dポイントは、1ポイント1円としてさまざまなサービスに利用できます

その第一番目として、ぜひ覚えておいてください。「今月ピンチ!」というとき、携帯料金や機種変更の代金、データ量を追加購入した料金をdポイントで支払えます




2. ネットのお店で使う

dポイントを使えるネットショップは、
無印良品ネットストア
WORLD ONLINE STORE
DHCオンラインショップ
ジェットスター
Jリーグチケット
メルカリ
ニッセンオンライン
高島屋オンラインストア
UNITED ARROWS LTD
など数多くあります。これらショップでは、dポイントが使えるだけでなく、さらにたまります

dマーケット



≪画像元:dマーケット


ネットショッピングの中でもdカードをお持ちの方は「dマーケット」がおススメです。

dマーケットは、ショッピングやゲーム、ブック、トラベルなど19のストアを紹介する、ドコモのポータルサイトで、無料の抽選サンプルやセールなど盛りだくさんです。

例えば、dデリバリーでは
「半額キャンペーン」

「条件達成で3000ポイントプレゼント」

「初回利用1,000ポイントプレゼント」
などうれしい特典が多く用意されています。


3. 交換商品にかえる

dポイントは、商品に交換するほか、ギフトカードや自治体ポイント、Pontaポイントなどに換えられます

しかし、金券やポイント交換には手数料として追加ポイントが必要になり、全てのポイントを使うことができません

iDにキャッシュバックしましょう


2,000ポイントから2,000円分のiDに、ネット上でキャッシュバックできます

さらに利用できる店舗は、dポイントを利用する場合より多くなるというメリットも生まれます。

おまけにiDでの買い物にも、店舗独自のポイントももらっちゃいましょう。

例えばイオンではiDでの支払いにWAON POINTカードにも、ポイントがつきます。イオンのお得なお客様感謝デーには、WAON POINTカードがあればiDの支払いでも5%オフです。


4. 街にある店舗で使う

もちろん、街にある実際の店舗でも利用可能です。コンビニなら、特にローソンがいいでしょう。

dポイントを利用することは可能であるうえ、dカードを提示利用して買い物すれば最大5%おトクです。

ローソンお試し引換券



≪画像元:ローソン


ローソンでのdポイントは、お試し引換券に使用できます。

このお試し引換券はとにかく割引率がすごい

毎週火曜と金曜、お菓子やアルコールなどがなんと半額以下のポイントで手にはいります。

例えば10月は、
・ キリン氷結「アップルヌーヴォー」500ml税込206円は80ポイント

・ ロッテアイス「大人の生チョコ」税込194円は、90ポイント
これでも十分お買い得ですが、この商品は、ローソンIDがあれば50ポイントなんと、価格の約1/4のポイントでゲットできます。

期間限定発売のお菓子やアルコールなど、お得感が倍増するラインナップに加え、この購入に関してもdポイントは加算されます。

ただし、店によって置いてない場合があったり、人気のため売り切れになることも。絶対お得、お試しください。

使い方一つで、支払った料金への還元は大きく変わります。やらなきゃ損! もったいないです。あなたに合った賢い方法、探してくださいね。(執筆者:吉田 りょう)

「dカードゴールド」を作って年会費以上のお得をゲット【前編】 ドコモユーザーで家族4人なら年間3万円以上還元されることも

携帯電話は、「格安SIMにしたほうがお得になる」ということはもはや節約の定番、といえるほど頻繁に耳にする話です。

それでもやっぱり、近くに店舗があって何かあればすぐ聞ける気安さ、そして通信回線が安定していることなどから、大手キャリアを離れられない方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は2回に分けて、ドコモをお得に使いこなす必殺ワザをご紹介しましょう。




dカードゴールドを作ろう

ドコモには、クレジットカードが2つあります。

初年度年会費無料のdカードと年会費1万円のdカードゴールドです。

お得に使いたいなら、dカードゴールドを作ることをおすすめします。

でも…年会費1万円! 高いですよね、1万円は、節約には大敵と感じるほどの大きな出費です。

しかしdカードゴールドには、それに上回るメリットがあるんです。



≪画像元:dカード



dポイントを利用代金10%分ゲット!

dポイントゴールドを契約すると、dポイントクラブのステージは契約年数や使用料金に関わらず「ゴールドステージ」に優待されます。

そのため、月々の携帯代金の利用金額1,000円(税抜)につきdポイントが100ポイント、つまり10%がたまります

さらにドコモ光を契約していれば、その代金も含まれます

加えて家族カードを作れば、全員10%の還元が受けられます

ただし家族カードを作るのは1人分は無料ですが、2枚目以降は1枚発行ごとに1,000円かかります。


試算してみましょう

例えば4人家族全員ドコモユーザーで携帯代金1人につき7,000円支払っているとします。

年会費は4人分1万2,000円の支払いですが、還元されるポイントは7,000円 × 4 = 2万8,000円なので、毎月2,800円1年でトータル3万3,600円分のポイントが還元されることになります。

年会費1万円を引いたとしても、年間2万3,600円プラスです。

さらにドコモ光を契約し4,000円支払っているとすれば、月400円 × 12 = 4,800円がさらに加算されます。

ただし、携帯代金で加算されるdポイントは、各割引サービスの適用後の基本使用料、通話料などに限られており、携帯の機器代金やコンテンツ料金などは含まれません。


キャンペーンを見逃すな!



≪画像元:dカード


さらにドコモでは、契約すればキャッシュバックするキャンペーンを行っていることがあります。

まさに今、12月31日までに契約すれば、入会で2,000円分のiDと2万円のカード利用で8,000円分のiDへのキャッシュバックキャンペーンを行っています。

年会費分が浮いてポイント丸々ゲットできてしまいますよ。


支払い方法も吟味して

さらにお得に使いこなすために忘れてはいけないのは、携帯の支払い方法です。

dカードゴールドである必要はありません。手持ちの還元率の高いカードを利用すれば、もっとプラスアルファが期待できます


ユーザー歴16年の筆者の場合は

ドコモユーザー2人の我が家は、ひと月大体1万5,000円の携帯代金とドコモ以外のネット通信費として約4,000円で計1万9,000円支払っています

ところが今回ドコモ光とのセット契約を試算すると…

携帯2台分とネット通信費が約1万6,000円となり、プラス1,600円のdポイントが加算されるため、実質1万4,400円

5,000円近く節約できることが判明しました。ユーザー歴の長い方は特にメリットが大きいです。ぜひ、試算してみてください。

高いと言われるドコモでも、今までよりも節約できると実感です。

次回の「後編」では、さらにお得に使いこなせるワザをご紹介します。お楽しみに。(執筆者:吉田 りょう)