ダイソー

子ども大興奮の「100均コスパ最高おもちゃ」 高価なおもちゃもダイソーで十分代用できます

欲しいものが何でも揃う100円ショップですが、実は子どものおもちゃもたくさん取り扱っています。

おもちゃ屋さんで購入すると何千円する高価なおもちゃと同じようなものが、ダイソーなら100円で手に入りますよ。



100円なら、パパのお小遣いからでも買えるので、お子様へのプレゼントとしてもおすすめです。

今回は、我が家でも人気の100円おもちゃをご紹介します。


おえかきボード


プラスチック製で軽く、B5用紙くらいのサイズで厚みもさほどないので、持ち運びにも便利です。

我が家ではいつも、旅行や帰省する際に、飛行機や新幹線、車などで活躍しています

何度も返しては書き直せるので、ゴミも出ず、環境にも優しいです。

手が汚れない点もうれしいところ。

いつ100円というお手軽な価格なので、兄弟1個ずつ持たせることもできますね。


カラーこむぎねんど抜き型セット


ねんど遊びは、子どもが大好きな遊びのひとつですよね。

ねんどは、100均だけでなく文房具屋さんやおもちゃ屋さんでも販売していますが、セットだと1,000円以上はする高価なものです。

繰り返し遊びこともできますが、違う色を混ぜると汚い色になってしまうことや、時間が経ってカピカピになり、すぐ使えなくなってしまうことも少なくありません

せっかく買ってもすぐにゴミ箱行きになってしまうのは、とてももったいないですよね。

そこでおすすめなのが、100円で購入できる「こむぎねんど」です。

100円で、7色の年度と抜き型4つ、ローラーがセットになっています

ただ混ぜるだけでなく、ねんど好きな型で抜いて遊べるので、創造力を育むのにも良いですよ。

すぐに捨ててしまうことを考えると、100円で手に入るねんどは経済的にも魅力的ですよね。


ハンバーガーセット


100円ショップには、いろいろなおままごとおもちゃがありますが、我が家で最も喜ばれたのが「ハンバーガーセット」です。

トレーにコーラ、ハンバーガー、ポテトがセットになっています

その見た目はまるで、マクドナルドのハンバーガーセットにそっくりです。

そのまま食べたくなるリアルさに、子どもたちも目をキラキラさせていました。

連日、ハンバーガー屋さんごっこを楽しんでいます。

おもちゃ屋さんでハンバーガーのおもちゃセットを買うと1,000円はするので、その10分の1の値段で購入できるのは、家計も助かりますよね。

ハンバーガーは、バンズ、レタス、パティがマジックテープで取り外せるようになっているので、ハンバーガー作りを楽しむこともできますよ。


光るプリンセスステッキ


女の子なら一度は憧れるプリンセスに、たったの100円で近づけちゃう、プリンセスステッキです

ステッキの真ん中にあるハート型のボタンを押すと、音が出ながらキラキラと光ります。

青とピンクの光が出るので、とても煌びやかで豪華です。100円とは思えない仕上りです。

私の娘は、このステッキでプリキュアごっこやお姫様ごっこをして毎日遊んでいます。

ちなみに、現在はバンダイから販売されている、魔法使いプリキュアステッキは、7.000~8,000円するので、そう簡単に買ってあげることができないのです。

ですが、このプリンセスステッキなら1つ100円なので、子どものおねだりにも答えてあげることができますね。

さらに、このおもちゃには、電池が初めからついています。1.5vのボタン電池が3つ必要なのですが、既に取り付けてあるので買う必要がありません。

ボタン電池だけでも買ったら100円以上しますから、かなりコスパが良いおもちゃだと言えますね。


すながたセットアイスクリーム


お友達とお砂遊びをすると、いつもこのアイスクリーム型が人気です。お砂場でアイスクリーム屋さんごっこが楽しめます

3種類のコーンと、アイススプーンが1つのセットになっています。

プラスチック製で、とてもしっかりしているので、割れたりする心配はありません

ちなみに、同じようなアイスクリーム型を他で購入すると、1,000~2,000円はします。

100円なら、何セットか購入しても数百円なので、お友達や兄弟で仲良く遊ぶことができるので本当におすすめです。(執筆者:三木 千奈 )

今年(2017年)買ってよかった「100均グッズ」ベスト5を発表

今回は、この1年間に100均で買ったグッズの中から買ってよかったものを5つご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。




買ってよかった100均グッズ

では早速、私がこの1年で買ってよかったと感じている100均グッズをランキング形式でご紹介しましょう!

【第5位】セサミストリート お弁当用抗菌シート



≪画像元:Spotlight


セサミストリートのかわいいお弁当用抗菌シートを見つけたのは、セリアです。

日頃から、息子のお弁当には抗菌シートを入れています。

ですが、抗菌シートは何となく幼児らしさを感じるデザインのものが多いことに不満を感じていました。

セサミストリートの抗菌シートは、息子でも恥ずかしがらずに使えています

もちろん、女の子や大人にもオススメです。

100円クオリティとは言え、銀イオン(Ag+)両面抗菌加工をほどこしてあるのでご安心ください。


【第4位】株式会社大創出版の本




≪画像元:大創出版HP


株式会社大創出版の本を見つけたのは、もちろんダイソーです。

日頃から心理学を取り入れたコラムを執筆することの多い私は、心理学の本をたくさん集めています。

そんな私が購入した本はこちらの2冊。

●相手を操る 黒い心理術
●新書判シリーズ18 男のホンネ 女のホンネ

内容の充実度から言って、とても100円とは思えません。

ただし、大創出版では続々と新しい本が出版されているため、もう一度ダイソーの店舗に同じ本が並ぶとは限らないようです。

「おっ!」と思う本と出逢ったら、その日に購入することをオススメします。


【第3位】ウォーターボトル



≪画像元:macaroni


買ってよかった100均グッズ第3位は、ウォーターボトル350mlです。

私が買ったのはキャンドゥのウォーターボトルで、「DRINK ME」と書いてあります。

100円とは言え、フタをしっかり閉めれば倒してもこぼれない優れもの

パソコンの近くに置いておいても、カバンに入れて持ち歩いても安心です。

※100均の場合、同じ製品でも仕上がりにバラつきがある可能性も。念のため、こぼれないことを確認してから使用してください。


【第2位】置くだけフック

買ってよかった100均グッズ第2位は、キャンドゥの置くだけフックです。

S字フックだと使えないし、穴を開けたり粘着シールを使ったりするのは気が進まない…でも何とかしてここにフックを付けたい。

そんなときにピッタリなのが、こちらの置くだけフックです。



≪画像元:毎日をhappyに♪


約2kgまで耐えられるので、我が家ではじゃがいもを入れたネットやストックしてあるお菓子やパンなどを吊り下げています。

この置くだけフックは、「もっと早く見つけたかった!」と思う本当に優秀なグッズです。


【第1位】ハートスポンジ入り洗顔ネット

買ってよかった100均グッズ第1位は、ハートスポンジ入り洗顔ネットです。



≪画像元:ゆでまかろん


こちらの洗顔ネットは中にハート型のスポンジが入っていて、あっという間に泡立ちます。

上手に泡立てるコツは、一度ギュッと握ってスポンジが吸っている水をしぼること

セリアで見つけたこの洗顔ネット、セリアでの先行販売後には100円で販売されなくなるようです。(参照元:日本経済新聞

もし100均の店頭で見つけたら、その日に購入することをオススメします!


100均での出逢いは一期一会

100均クオリティでは不安なグッズもありますが、100円で十分なグッズは意外と多いですよね。

また、100均は再入荷しないグッズも多いので、気になるグッズを見つけたらその日に購入することをオススメします。(執筆者:永瀬 なみ)

100均探索が趣味の筆者が即買いした「正月アイテム」おすすめ5選

正月アイテムも充実



年の瀬が近づき、慌ただしくお正月準備を進めているご家庭も多い時期かと思います。

短い期間しか使わない季節のアイテムは、100円ショップが得意とするところ。ザ・ダイソーの商品を活用して、お得にお正月アイテムをそろえてみませんか。

100均探索を趣味としている筆者が見つけた、お正月に役立つアイテムを5つご紹介します。

1. しめ縄


スーパーでは500円~数千円程度で売られているしめ縄。ザ・ダイソーなら100円で購入できます!

伝統的なデザインはもちろん、洋風にアレンジされたものもあります。

大きさも10cmほどのかわいらしい飾りから、20cm以上のものまで販売されているので、飾りたい場所に合わせて選ぶことができます。

出番が短いからこそ、100均で


しめ縄は、地方にもよって異なりますが、12月28日ごろから1月7日ごろまで飾ることが多いようです。

飾る期間が短いこともあり、最近ではしめ縄を買わないご家庭も増えてきました。

でも、しめ縄を飾ることは、家や大切な場所を邪気から守るという意味合いもありますし、お正月ムードも高まります。

100円で気軽に縁起が担げるので、ぜひザ・ダイソーで、好きなデザインのしめ縄を選んでみてくださいね。


2. 鏡餅


お正月飾りにかかせない鏡餅。ザ・ダイソーでは、飾りではなくちゃんと食べられる「パック鏡餅」が購入できます。

高さ5cmほどと小ぶりながら、紅白の紐を結んだり、上部に小さな橙を飾ったりすれば、華やかなお正月飾りになります。

鏡餅は、おめでたい晴れの日に神様に捧げた餅を分け合って食べることで、神様の力を分けていただき、健康で幸せな1年にしたいと祈るものです。

食べられない飾り用の鏡餅も売られていますが、できれば餅をしっかり食べて、良い運気を身体の中に取り込みたいですね。

鏡餅を買うときは、電子レンジで簡単にふっくらとした餅が作れる「おもちプレート」も、一緒に購入しておきましょう!


3. ポチ袋

親族などに配るお年玉。2018年はポチ袋にちょっとこだわってみませんか。

ザ・ダイソーでは、一般的なポチ袋ももちろん売られていますが、少し変わったデザインのポチ袋も用意されています。

筆者のオススメ ふくわらいポチ袋


来年の干支である戌をモチーフにした、ふくわらいポチ袋。目鼻のシールが入っていて、ふくわらいとして遊べます。

おもしろい表情を作って渡してあげても良いですし、シールをポチ袋に同封してあげれば、子どもたちのちょっとした遊び道具にもなります。



子供のテンションが上がります 小判型ポチ袋


小判型のポチ袋もありました。

金色に輝くポチ袋は、袋そのものがおめでたい雰囲気ですし、子どもも中身を見る前からテンションが上がりそうです。

ユニークなポチ袋は人気があり、売り切れてしまうことも多いそうなので、気になる方は早めの購入がおすすめです。


4. おみくじ年賀シール


買ってきた年賀状をただ送るだけでは、ちょっと物足りない…

そんな方におすすめなのが、おみくじ年賀シールです。

1シートにたくさんのおみくじシールが入っていて、コインでけずったり、上部をめくったりすることで、おみくじの結果を見ることができます。

一般的なおみくじには「凶」などマイナスの結果も入っていますが、おみくじ年賀シールには良い結果しか書かれていないので、安心して利用できますよ。

年賀状のスペースが余ったところに貼るのはもちろん、ポチ袋などに貼ってあげても喜ばれます


5. 戌の置物



お正月気分が盛り上がる干支の置物。

2018年の干支は戌なので、かわいい犬の置物がザ・ダイソーでもたくさん売られていました。

5cm前後とてのひらサイズなので、狭いスペースでも飾りやすいのが良いですね。

よく見ると1つずつ目鼻の位置や形が違うので、購入するときは表情をチェックしてみてください!

筆者は株投資をしていますが、相場の格言では「戌笑い」と言います。

戌年は株価が上昇することが多く、笑いが止まらないという意味だそうです。

その格言にあやかって、筆者もこの戌の置物を、金運アップにつながるという玄関に飾っておきたいと思います。


100円ショップを活用してお正月準備を万全に!

以前は専門の雑貨店でないと手に入らなかったようなアイテムが、100円ショップでもぞくぞくと販売されるようになりました。
・ 値段が高い
・ 使用する期間が短い
などの理由で、今まではお正月アイテムには手が出なかったという方にも、ザ・ダイソーの商品はおすすめですよ。

100円ショップのアイテムを駆使して、お得で賑やかなお正月を迎えましょう。(執筆者:青海 光)

100均とは思えないクオリティ ザ・ダイソーの「ピアスキット」で高見えアクセサリー作ってみました

100円ショップのザ・ダイソーでは、たくさんのアクセサリーを販売しています。

デザイン性も高く、値段を考えれば十分すぎる品質のアイテムがそろっていますが、ものによっては作りが粗く、アラフォーの筆者が使うには少々ためらいがありました。



≪画像元:ザ・ダイソー


しかし今回ザ・ダイソーで見つけた「ピアスキット」は、アクセサリー作りを趣味にしている筆者の目から見てもとてもレベルが高く、100円とは思えない仕上がりでした。

実際に作ってみましたので、作業工程とともにご紹介します。


ザ・ダイソーのピアスキットを作るのに必要なもの


購入したのは、ハンドクラフトビーズのピアスキットです。

全18種類あるそうなので、好みのデザインを見つけましょう!

作成にあたり準備するものはキットによって多少異なりますが、次のような工具が必要です。



・ 接着剤
・ 平ペンチ
・ 丸ペンチ
・ ニッパー

また、必要に応じて次のようなアイテムを追加で買っておくと便利です。

・ ピアスフック、またはイヤリングパーツ
・ 丸カン

ピアスキットの中には、ピアスパーツと樹脂のピアスフックが入っています。

樹脂のピアスフックを変えたい場合は別のピアスフックを、またイヤリングに加工したい場合は、イヤリングパーツを買っておきましょう

また、丸カンというパーツをつなぐ金具がピアスキットの中に入っているのですが、少し割れやすいように感じました。

アクセサリー作りに慣れていない方や、ザ・ダイソーに何度も足を運ぶのは難しいという方は、念のため丸カンを予備で一袋購入しておくと良いかもしれません。

工具や追加アイテムも100円ショップで購入できますよ。

ピアスキットを作ってみました



ピアスキットBセットを作ってみます。

説明書に従ってラウンドフープにビーズを通し、ビーズを全て通し終わったら、ラウンドフープの先に接着剤をつけて金具に差し込みます。



丸カンをペンチで開いて、ピアスパーツとピアスフックを連結します。これで完成です!

こちらができあがりの写真です。



100円でキットを購入し、10分ほどで作ったとは思えない仕上がりではないでしょうか。

ラウンドフープは真鍮でできているので、強い力を与えると曲がってしまいますが、そこさえ気をつければ十分活用できるデザインとクオリティだと感じました。


そのまま作ってもアレンジしてもOK。ピアスキットの実力に驚き!



その他にも2つのキットを作ってみました。

Tピンという細長い釘のような材料を使うキットは、先端をペンチで丸めたり不要な部分をニッパーでカットしたりという作業が必要になる分、少し難易度が上がります

とはいえ、アクセサリー作り初心者の方でも、1つのキットを作るのに30分はかからないでしょう。

手作りするというひと手間がかかるものの、その分完成形が売られているアクセサリーに比べると、パーツの質が高いように感じます。

もし完成したものが店頭で売られていたら、500円~1,000円程度はするのではないでしょうか。

また、追加でビーズなどを購入すれば、自分好みにアレンジすることも可能です。

特にイヤリングを使用している方は、好みのデザインがピアスでしかないということも多いと思います。


最後に

ピアスキットは、追加でイヤリングパーツを買っておけば自分で変えられますし、元の値段が100円なので、落としたときのショックが少ないのもメリットの1つです。

安くてかわいいアクセサリーが欲しい方は、ぜひザ・ダイソーのピアスキットを検討してみてくださいね!(執筆者:青海 光)

100均ダイソーグッズで毛玉取り 「スポンジ、ブラシ、電動リムーバー」どれが一番使えるか試してみました

すっかり洋服も冬仕様になりましたが、この時期に気になるのが洋服の毛玉。

冬服はモコモコとした生地が多いので、毛玉がどうしてもできやすいものです。



そこで100円ショップのザ・ダイソーで購入できるアイテムで、衣類の毛玉取りをしてみました

スポンジ・ブラシ・電動リムーバー、それぞれのビフォー・アフターとメリット・デメリットをご紹介します。


食器用スポンジ



「食器用スポンジで毛玉取りができる」と聞き、6個入りのキッチンスポンジを購入しました。

ザラザラとした硬い面で洋服の表面をこすると、毛玉が取れるのだそうです。

もしキレイに取れるなら、コストパフォーマンスも良いですし、余ったスポンジは他の用途にも使えて便利ですね。

さっそく毛玉取りをしてみたいと思います。

昨年子どもが着倒したコートで検証します。


アクリルが86%、毛が14%のコートの場合

コートの生地は、アクリルが86%、毛が14%です。

毛玉取り前




毛玉取り後




確かに多少毛玉が取れたことは取れたのですが、どちらかというと「毛並みが整った」という印象でした


ポリエステル40%、羊毛とナイロンがそれぞれ25%、カシミヤ10%のニットの場合

思いのほか効果が薄かったので、今度はポリエステル40%、羊毛とナイロンがそれぞれ25%、カシミヤ10%のニットで試してみました。

毛玉取り前




毛玉取り後




しっかりと根付いた毛玉は取れませんでしたが、小さな毛玉は取れて、スポンジにくっついています

スポンジ毛玉取りは、

・ 生地によっては効果が薄い
・ 生地を傷めず毛玉を取るという力加減が難しい
・ 硬い毛玉は取れない

というデメリットがありますが、家にある台所用スポンジでできる気軽さと、広範囲を一度に処理できる点が大きなメリットです。

やわらかめの毛玉が全体にできてしまったというときは、一度スポンジ毛玉取りを試してみるのも良いかもしれませんね。


毛だま取りブラシ



次は、豚毛でできた毛だま取りブラシを使ってみました。

毛玉取り前




毛玉取り後




大きい毛玉も取れて、スッキリしました!

ただ、使い始めだったからか、ブラシをかけている途中に豚毛がパラパラと取れて、コートについてしまいました。

また、ブラシにしっかり毛玉がからみつく分、ブラシから毛玉を取り除くのに少し手間がかかります

とはいえ1つ100円ですから、ワンシーズン使い切りで、ブラシに毛玉が大量についてしまったら取りかえる、という使い方でも良いのかもしれません。

ブラシ部分が縦10cmほどと大きいため、ロングコートなど面積が広い洋服でも活用できます。

広い範囲に毛玉ができてしまった場合には、毛だま取りブラシをおすすめします。


電動毛玉取り



ザ・ダイソーでは、電動の毛玉取りも売られていました。

毛玉取り器を服の表面に当てると、中に入っている回転式の刃物が毛玉を切ってくれるという仕組みです。

単三電池2本は別売りのため、家にない場合は一緒に購入しておく必要があります。

スイッチを入れると、思いのほかパワフルな駆動音が聞こえてきました。毛玉を取ってみましょう。

毛玉取り前




毛玉取り後




硬い毛玉もきっちり取れています!!

袖の一部分だけに毛玉取り器を当てただけですが、こんなに毛玉が取れていました。



カミソリを使うよりはるかに安全ですし、強く押しつけなくても毛玉が取れるため、生地にも優しいように感じました。

デメリットとしては、

・ 音がそれなりに大きいので、隣で子どもが寝ていると使いにくい
・ 広い範囲の毛玉を取るには時間がかかる
・ 毛玉を切る力や回転力がどの程度もつのかがわからない

といった点が挙げられます。

とはいえこちらも1つ100円ですから、1台購入しておいて、時間があるときに地道に毛玉を取り、ワンシーズンで使い倒すというのでも十分な気もします。

ゴワゴワとした硬い毛玉が多いという場合には、毛玉取り器を使うのがおすすめです。


ブラシ+毛玉取り器で冬を乗り切ろう!

筆者は、日々のお手入れはブラシで行い、毛玉が気になる時は毛玉取り器を使っています。

気に入って何度も着てしまう冬服にはすぐに毛玉ができてしまうのが悩みでしたが、ブラシと毛玉取り器を併用することで、大事な洋服をキレイに保つことができています

毛玉ができて困っているという方は、ぜひ一度、100円ショップの毛玉取りグッズを試してみてはいかがでしょうか。(執筆者:青海 光)

「100均の家計簿」のクオリティがすごい! ダイソーで買える3種類を写真付きでご紹介

家計簿というと本屋で購入するか家計簿アプリを使うのが一般的ですが、100均の家計簿も侮れません!

数年前にちらっと見たときは、安いだけあって中身があまり充実していませんでしたが、最近は本屋で売られている家計簿に負けないくらいクオリティが高くなっているんです。



今回はダイソーで販売されている3冊の家計簿をご紹介します。


1.節約術家計簿



1月1日から1年間、毎日記入できるオーソドックスな家計簿です。


食費、日用品、被服など費目にそって書いていくだけなので、簡単につけることができます。

週間合計や予算の残りを記入する欄もあり、使った金額と節約できた金額が一目瞭然で、赤字や黒字の把握が楽です。

月初めに、今月の収入と決まって出ていくお金(家賃や光熱費)を書き込み、今月使えるお金を算出する欄があるなど、書き込む内容が多くて充実しています

また、光熱費や食費の節約アイディアや節約アドバイザー・和田由貴さんのお役立ちコラムも掲載されており、読みごたえがあります。


ベーシックな家計簿が好きという方におすすめの家計簿です。(年間決算表、年間貯蓄額、ローン・保険の記録、ボーナス・臨時収入の記録、医療費、クレジットカード、底値の記録ページがあります。)


2.レシートが貼れる家計簿


レシートを貼るスペースがある家計簿で、週ごとに使ったお金を書き込んでいく仕様になっています。



毎週、費目ごとに支出の合計を出す欄があり、月や年間の支出が簡単に計算できます。


年間支払い計画、我が家のライフプラン、支出のチェックグラフ、クレジットカードの記録など、使える書き込みページが充実しています。

こちらはファイナンシャルプランナー・豊田眞弓さんのマネーコラムや、家事のコツなどが掲載されており、読み物としても楽しめます。

巻末にはレシートがしまえるレシート袋がついていて、レシートで支出を管理するのが向いている方にぴったりです。




3.家計ノート



3冊の中で一番シンプルな家計簿で、費目ごとに毎月の支出を書き込むタイプです。


費目を自由に設定できるので、自分のライフスタイルや家族構成に合わせて好きなように使うことができます。

毎月の収入と決まって出ていくお金を書き込んで、今月使えるお金を計算するスペースがあるため、使い過ぎを防ぐことができる工夫がされています

年間決算表、ボーナスや臨時収入、医療費、おつきあいの記録など、かゆいところに手が届くページが満載です。

このタイプの家計簿は、毎日つけるのがしんどい、できるだけ楽に続けたいという方に向いています

他にも、ファイナンシャルプランナー・ゆりもとひろみさんの「賢いお金の使い方」や家事のコツなど暮らしに役立つ情報がたくさん掲載されていました。



3冊に共通するスゴイところ

すべての家計簿とも96ページあり、100円にしてはボリュームがあります

裏表紙には日本製と書かれており、紙質もしっかりしていました。

表紙は写真の通りフルカラーでおしゃれですし、中身は黒とオレンジ、またはマゼンタの2色カラー印刷で見やすいです。

3冊ともタイプが異なる家計簿なので、自分の好みに合ったものを選べます

使った金額だけ書いて終わりという内容ではなく、月ごとに使えるお金や年間の支出と貯蓄額を把握できる仕組みなっているので、書き込むだけでお金の使い方を見直すことができます

筆者は毎年本屋で家計簿を購入していますが、100円でここまで使える家計簿が手に入るなんて、驚きです。

本屋で数百円で売られていてもおかしくないクオリティと言えます。


自分にぴったりの家計簿を見つけよう

今回はダイソーの家計簿についてご紹介しました。

100円とは思えないほど内容が充実しており、自分の好きなタイプを選ぶことができるのが魅力的です。

家計簿は毎年本屋で購入しているという方も、来年は100均の家計簿を使ってみませんか?(執筆者:垣内 結以)