クレカ

「横浜インビテーションカード」は年会費無料で最強のサブカード 最高クラスの付帯保険やその他特典も

横浜インビテーションカードの概要

横浜インビテーションカードは、公益財団法人横浜コンベンション・ビューローが手掛ける、「横浜観光プロモーション認定事業」から認定を受けたジャックスが発行するクレジットカードです。





カードの概要は、以下の通りです。



年会費無料カードで最高クラスの充実保険

横浜インビテーションカードは、年会費無料のクレジットカードで最高クラスの付帯保険をそろえています。

最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯!


横浜インビテーションカードは、以下のような補償内容の海外旅行保険が付帯します。



年会費無料カードでこの補償内容であれば、他にもクレジットカードはありますが、そのほとんどが利用付帯(当該カードで旅行代金を支払うことで付帯する)です。

「JCB EIT」や「DCカードジザイル」は年会費無料で自動付帯ですが、リボ払い専用カードというくせ者です。

一方、横浜インビテーションカードは、年会費無料でリボ払い専用カードではなく、自動付帯の非常に珍しいカードなのです。

サブカードとしては最強ですね。

利用付帯ではあるものの、国内旅行傷害保険も最高1,000万円補償されます

年会費無料カードでは珍しい、ショッピング保険付き!


また、横浜インビテーションカードには、ショッピング保険も付帯しています。

当該カードで購入した品物が、購入から90日以内に盗難・破損などによって被った被害に対して、年間100万円(免責3,000円)を上限に補償されます。

年会費無料カードでショッピング保険が付帯していること自体すごいのですが、カードショッピングは国内でも海外でも、1回払いでもOKな点は、並のゴールドカードを凌駕します


「J’sコンシェル」で優待も受けられる



≪画像元:JACCS


ジャックスのネット会員に登録すると、「J’sコンシェル」というサービスを利用できます。

J’sコンシェルは、福利厚生サービスを提供するベネフィット・ワンのサービスです。

暮らしやリラクゼーション、医療やレンタカーなど、全国で23万件以上のサービスを利用可能です。



≪画像元:JACCS


J’sコンシェル専用カードを提示したり、専用IDとパスワードを使って専用サイトにログインしたりすることで、お得なサービスを受けられます。

以下の表で、一例を紹介しましょう。



優待券を購入できるのが、地味にお得ですね。


デメリットとその対策

いいことづくめの横浜インビテーションカードにも、デメリットはあります。

最後に、デメリットとその対策を紹介しましょう。

ポイント還元率が低い


横浜インビテーションカードは、200円利用につき「ラブリィポイント」が1ポイントたまり、以下のような商品に交換できます。



ポイント還元率はおおむね0.5%となり、メインカードとして使うには還元率が高くありません

このことから、横浜インビテーションカードはあくまでもサブカードとして持っておき、メインカードは高還元率のカードや利用付帯で手厚い保険が付くカードにするといいでしょう。

国際ブランドが選べない


横浜インビテーションカードに搭載されている国際ブランドはマスターカードのみで、選択の余地がありません。

ただし、マスターカードはVisaと並んで世界の2大国際ブランドですので、世界中で使えますので、心配いりません。

マスターカードはヨーロッパに比較的強いため、アメリカに行く人はVisaブランドのカードを別に持って行くといいでしょう

JCBの海外デスクのサービスや優待を受けたい人は、JCBブランドのカードを持って行きましょう。

横浜インビテーションカードは、基本的にはお守り代わりにサブカードとして持っておき、破損や盗難で損をしたくない高額商品を購入するときに利用すれば、ショッピング保険の対象となり、おススメの使い方です。(執筆者:角野 達仁)

クレジット払いは無意識に「2割増」の支出になっている ポイントはついてるけど、それって本当にトクしてる?

支払いはできるだけクレジットカードを利用してポイントをためてトクをする。



節約情報に関心のある方なら、いまや常識のワザです。

もちろん、わたしも支払いのほとんどを楽天カード払いにして、年間約1万円分のポイントをゲットしています。

同じ金額を支払うのなら、ポイントをもらったほうが安く買ったのと同じ効果があるので、どう考えてもおトクですよね。

でも、クレジットカードのポイント還元率の平均は利用額の1%程度

カード払いすると割引になるなどのさらなるサービスもありますが、それでも大きくて10%オフ程度ではないでしょうか。

けっして、その程度のポイントや割引などたいしたことないと言いたいわけではありません。

しかし、ポイントがたくさんついたということは、それだけたくさんお金を使ったということを忘れてはいけません


無意識に2割増の支出を許容してしまうクレジットカード払いのワナ

精神学医のデビッド・クルーガー博士著書の『「お金」のシークレット』には次のような興味深い記述があります。

現金で支払うよりもクレジットカードで支払うほうが、無意識に23%も支出が増える


数%のポイントが付いてオトクだからとクレジットカードを利用しているのに、引き換えに20%支出が増えてしまっているとしたら滑稽な話です。

しかも、ポイントがたまってトクしたつもりでも実はポイントの使い方がヘタで、よけいなモノを買ってしまったりうっかりポイントを消滅させてしまったりという残念な結末になっている可能性もあります。

ですから、クレジット払いで「多用テク」を実践して節約しているはずなのに、なぜか貯金ができていないという方は、一度クレジット払いをやめてみてはいかがでしょうか


財布から払う日々の支払は現金にしよう



この6~7年でスーパーのレジでクレジットカードや電子マネーで支払う方がとても増えたと感じています。

おそらく、会計が速いということだけでなく、提携したクレジットカードで払えば割引やポイントアップなどのサービスを行うスーパーが増えているからでしょう。

みなさん、きっと少しでもおトクになるよう節約を意識されてるんですね。

しかし、現金払い主義の場合、もし財布に3,000円しか入ってなかったら、レジで足りなくならないように 慎重に買い物しますよね

ですが、クレジットカード払いならレジでお金が足りない不安がないので、買いたいと思ったらいま必要なモノでなくてもカゴに入れてしまうということはないでしょうか。

さらに、洋服などもっと単価の高い買い物の場合、現金払いよりクレジットカード払いをするほうが5,000円と6,000円(つまり20%)の違いをあまり気にしないのではないかと思います

このように、ちょっと想像しただけでも、クレジットカードを使うと支出が2割増しになるというのが真実味を帯びてきます。


まずはクレジットカード断ちを3か月

クレジットカード名人を自負しているけど支出を見直したい・貯金ができてないと思っている方は、3か月ほどクレジットカードを持ち歩くのをやめてみましょう

固定費用をクレジットカード払いにしている場合はそのままでよいです。

その他の支払いにクレジットカードを使わないように、封筒などにカードを入れて封をしておきましょう。

もちろん、ネットショッピングもガマン

これで支出減の効果を感じたらそのまま現金払い生活を続けてもいいですし、やはりポイントなどのオトクがほしいのなら、現金払いの感覚でクレジットカードを使えるように工夫しましょう。

たとえば、買い物にいくときはクレジットカード払いをする予定でも予算分の現金を財布に入れておきます。

そしてカード払いするたびに財布から現金を出して別の封筒に移すなどして、お金を使ったという事実をその都度確認しましょう

もちろん、用意した現金以上の買い物はできませんよ!

クレジットカード払いは1~2か月先に請求が来ますので、請求金額を見てビックリすることが起こりがちですが、使った分の現金をストックしておけば引き落とし口座に入金するだけでOKなので平常心でいられます。




支出をコントロールできるようになってはじめてクレジットカードでトクをする

わたしは学生のころから、航空会社のクレジットカードでマイルをためてはタダで飛行機に乗ったりとクレジット払いのメリットは利用していましたが、ポイントはたまっても貯金はたまりませんでした。

主婦になると、支払いにタイムラグがあるクレジットカード払いは家計簿の管理方法がむずかしく、一旦クレジットカード利用をやめたことがあります。

そのときはちょっと不便でしたが、現金を持ってないと欲しいモノがあってもわざわざATMに行かないと買えないことが抑止力になり、支出が減りました

そしてムダな支出をすることがなくなった今は、再びクレジットカード払いを駆使してポイントをガンガンためています。

今やポイント時代になり、現金払いでは損をする風潮すらあります。

ですが、クレジットカード払いによって実はポイントゲット以上に損をする消費者行動がみられるということをぜひ知っていてください。

もともと払ったお金からバックされるポイントのおトクに惑わされず、まずはムダな支出を増やさない習慣づけが最優先です。

クレジットカードのポイントゲットの研究は、支出をコントロールできるようになってからでもじゅうぶんですよ。(執筆者:野原 あき)

【筆者の恐怖体験】手元にあるクレカで50万円以上の買い物をされた! さらに…思ったより頼りないカード会社の対応。

まさか自分が被害に遭うとは!



さまざまな支払いに便利なクレジットカード。

公共料金など生活費全般の支払いに利用でき、ポイントがたまる上、海外でもキャッシュレスで買い物ができて、海外旅行保険が自動で付いているものもあります。とても便利ですね。 

ポイントの還元率が良いなど、たくさんのメリットがあるクレジットカードが多いので、支払時に利用する方は多くなっていると思います。

しかし、盗難にあったり、スキミング、フィッシングにより、カードの情報や個人情報が盗まれたりなど不正に利用されてしまうケースも増えてきています

今回は、実際にクレジットカードの不正利用された私の体験をお伝えしたいと思います。


知らない間に使われていた私のカード

私は、マレーシアに住んでいます。

そのため、東南アジアの近隣の国を旅行する時や、日本への帰国時に航空券やホテルの予約をするためにインターネットでクレジットカードを使って支払いをすることが大変多いです。

今まで何度も海外旅行する際にクレジットカードで支払いをしてきました。

カード会社から電話


半年ほど前、私の良く使っている某大手カード会社のカスタマーセンターからカードの利用金額について確認する電話が日本からかかってきました。
「〇〇万円のご利用がありますが、よろしいでしょうか?」
というような、内容でした。

利用明細を教えてもらうと、自分で使った覚えのない50万以上の金額がカードで支払われたことになっているとがわかりました。

私は、1年の大半をマレーシアで過ごしているため、日本の住所に郵送されるクレジットカードの利用明細をしっかり確認していませんでした。

この電話がきっかけで、クレジットカードが不正利用されていたことが判明しました。

手元にあるカードなのに…


クレジットカードは、手元にあるのに不正利用されたのです。

どこかのサイトでカード情報を入力した際にスキミングされたのだと思いました。

クレジットカードのスキミングによる不正利用の話は聞いたことがあったものの、まさか自分の身にふりかかってくるとは思ってもいませんでした。

正体のしれない物に対する恐怖感を感じ、一瞬、凍りつきました。



カード会社からのヒアリング


少し冷静になり、再度カード会社に連絡をしました。
「いつ、カードが不正利用されたかわかりますか?」
と、具体的なヒアリングをしてきました。

不正利用された月にカードを使って買い物した内容を一つずつ読み上げてもらいました。

私は自分が確実に買い物したものを確認し、不正にカードが使われたと思われる支払先と金額を全て相手に伝えました。

実はカード会社もなれていない?


「カードが不正に使われたかもしれません」とカスタマーセンターに電話をすると、
「どう対応したらよいのかわからない」
という様子で何人も電話の相手がかわりました

「少々お待ちください」の繰り返しで、最後にやっと、責任者の男性に行きつきました。


不正利用に対してのクレジットカード会社の対応

私は電話で待たされている間、インターネットで「クレジットカードで不正利用された場合のカード会社の補償」についてのことを検索しました。

クレジットカードを不正利用された際の、カード会社の対応のしかたについは
全てのクレジットカード会社が「盗難保険」に入っていて、カードの持ち主の方によほど重大な過失がある場合を除いて「クレジットカードの不正使用の日から遡って60日以内に不正利用されたものに関して全額補償されます」
と記載がありました。

私は全額保証の件について、クレジットカード会社の男性にたずねました。すると担当の方は
「お時間いただいて詳しくお調べした上でなければ、今の段階では何ともお答えできません。」
の一点張りでした。

3日後…


担当の方から連絡があり
「ただ今調査中で時間が2か月程度かかりますので、不正利用された以外のご利用金額の分だけを先にお支払いいただけますか?

翌月分に含めて引き落としをかけさせていただきます」
と言われました。

2か月もかかると、全額補償してもらえる「不正使用の日から遡って60日以内」を過ぎてしまうのではないかと心配になったので、
「不正で使われた分についてはカード利用者が支払うことはないということがそちらの会社のサイトに書いてあるので、

2か月後に【不正使用の日から遡って60日以内】を過ぎても支払わないでいいですか?」
と聞いてみました。

しかし、その質問にもカード会社の男性は「今は何ともお答えできません」と歯切れの悪い答えしかしませんでした。

そして、カードの不正利用をカード会社に届け出てからはすでに2か月以上が経ちましたが、まだカード会社の方からは何の連絡もないままです。



クレジットカードの持ち主の方に重大な過失がある場合とは


・ クレジットカードの暗証番号をカードの裏側に記載していた

・ 暗証番号が生年月日など憶測されやすい番号に設定されていた

・ 盗難被害を届けたのが遅すぎた場合


クレジットカードを無効にし再発行

不正利用されたことにより、それまで使っていたカードは無効になりました。

その後、偶然にも日本に帰国のタイミングがあったので、クレジットカードのデスクに出向いて、カードを不正利用された旨を伝え、再発行手続きを行いました

すぐにカードデスクの受付の方が手続きを行ってくれ、新しいカード番号のクレジットカードを受け取ることができました。

その時に、カードの利用明細をウェブで確認できるように手続きをしました。

盗難届


クレジットカード会社から盗難届が郵送されてきたので、カードが不正利用された日付や、クレジットカード会社に届け出た日付など詳細について記入してカード会社に返送しました。


被害に遭って思うこと

私はクレジットカードを不正利用された経験を通して、クレジットカードの管理をこれまで以上にしっかりすることが必要と感じました。

不正被害に遭わないために、どうしたらよいかも考えました。

・信用が置けないサイトではカード決済をしないこと

・カードの利用明細を必ず毎月確認すること

・カードをむやみに持ち歩かないこと、特に海外ではカードの管理に気を配ること

今回の経験で、不正利用の被害にあっても補償されるということもわかりました。きちんと使えば便利なものなので、上手に利用しようと思います。(執筆者:鈴木 美代子)

年賀はがき購入でも使えるカードがある 「クレカ払い」でポイントをゲットする方法を紹介します

2017年も残りわずかとなり、2018年の年賀状の準備をそろそろ始める時期です。

年賀はがきの購入でもお得になりたい人は、年賀はがきをクレジットカードで購入して、カードのポイントをためたいところです。

しかし、果たしてそれは可能なのでしょうか?



今回は、年賀はがきを購入してポイントをためる方法をいくつか紹介します。


郵便局ではクレジットカードを利用できない

年賀はがきの購入場所として真っ先に思い浮かぶのは、郵便局です。

しかし、郵便局では年賀はがきはもちろん、切手やその他の官製はがきの支払いでも、クレジットカードを利用できません


コンビニならば一部で可能

郵便局と並んで全国にネットワークを展開しているのが、コンビニです。

このうち、年賀はがきの購入でポイントが付くのは、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップです

セブンイレブンは「クレジットチャージしたnanaco払い」


セブンイレブンでは、支払いにクレジットカードが利用できますが、年賀はがきの購入はクレジットカード払いできず、それは「セブンカードプラス」も決して例外ではありません



≪画像元:nanacoカード


電子マネー「nanaco」で支払えば、年賀はがきを購入できますが、nanacoポイントは付与されません。

しかし、クレジットカードからチャージしたnanacoで年賀はがきを購入すれば、チャージしたクレジットカードのポイントは付与されます



≪画像元:リクルートカード


全てのクレジットカードが、nanacoにチャージ可能なわけではありません。

チャージ可能なクレジットカードの中で還元率を重視するならば、還元率1.2%の「リクルートカード」です

ファミリーマートでは、「ファミマTカード」




≪画像元:ファミマTカード


ファミリーマートでは、Tマネーを使っても年賀はがきは購入できませんが、クレジットカードの「ファミマTカード」で、クレジット払いが利用可能です。

税込200円のカード払いにつきTポイントが1ポイントたまりますので、還元率は0.5%です。

ファミマTカードのクレジットカードで年賀はがきを購入しても、カード提示によるショッピングポイントは付きません

ミニストップでは「クレジットカードでチャージしたWAON払い」


ミニストップの場合も、セブンイレブンと似た方法です。



≪画像元:WAONカード


それは、クレジットカードでチャージした電子マネー「WAON」で支払うことです。

WAON利用によるポイントは付きませんが、クレジットチャージによるポイントがたまります

ただし、セブンイレブン以上にチャージ可能なクレジットカードが少ないです。





まずは「イオンカードセレクト」で、WAONにチャージをすると200円ごとに1WAONポイントが付与されます。



≪画像元:JAPAN AIRLINES


他には「JALカード」がありますが、JAL・JCBカード、JALカードDC(VISA/MasterCard)、JALカード TOKYU POINT ClubQのみが対象です。



≪画像元:JMB WAONカード


また、使用するWAONカードは普通のものではなく、「JMB WAON」でなければなりません

以上の条件を満たせば、200円のクレジットチャージごとにJALマイル1マイルがたまります


ネットショッピングでカード払い

最後に、ネットショッピングで年賀はがきをカード払いで購入して、カードのポイントをためる方法です。

郵便局のネットショップ




≪画像元:郵便局


郵便局の窓口ではクレジットカードで年賀はがきを購入できませんが、通信販売の「郵便局のネットショップ」なら、10枚単位で年賀はがきを購入できます。

もちろん、主なクレジットカードは利用可能ですが、税込5,000円未満の注文については、送料が税込720円かかってしまいます

他の商品購入を前提にクレジット払いできる


楽天市場を見てみると、インクとの同時購入やプリントサービスとの同時注文、またはプリント済みの年賀はがきを条件に、年賀はがきの購入ができます。

はがき1枚の単価も、52円かそれ以下となっています。



≪画像元:楽天カード


楽天で購入するなら、もちろん「楽天カード」がお得です。

条件が合えば「ヤフオク!」もあり


インターネットオークションサイト「ヤフオク!」でも、年賀はがきの出品があります。

実は、ヤフオクで年賀はがきを落札して、登録してあるクレジットカードで落札代金を支払うことができるのです。

ただし、ヤフオクに出品されている年賀はがきは、50枚以上など枚数が多い出品が多いです。

また、出品者によっては手続きが遅いこともありますので、年末ギリギリでの落札には避けた方が無難です。

そして、コレクション目的で古い年賀はがきが混じっていますので、間違えないように確認しましょう。


結局どれがおすすめ?



面倒なことが嫌いな方は、ファミマTカードを使ってファミリーマートで年賀はがきを購入するのが、最も簡単です。

確実にポイント高還元を重視するなら、リクルートカードでチャージしたnanacoを持って、セブンイレブンで購入するのがいいです。

年賀はがきを安く買いたいなら、他の商品と同時購入をしてネットショップで購入するか、オークションで購入しましょう。

大量購入をする方、好みの年賀はがきを選びたい方は、大量購入で送料無料になりラインアップも豊富な、「郵便局のネットショップ」がおすすめですね。(執筆者:角野 達仁)

あなたが得する「ショッピング保険」付帯のクレカはどれ? 4枚を徹底比較しました

対象カードで購入した品物が破損・損害などの被害に遭ったとき、その被害金額を補償してくれるのが、クレジットカードの「ショッピング保険」です。



今回は、特にショッピング保険で特徴のあるクレジットカードを何枚か紹介します。


イオンカードセレクト







毎月20日・30日はイオンでの買い物で5%オフなど、日常でのお得度が目立つカードですが、実はショッピング保険も秀逸です。

年会費無料にもかかわらずショッピング保険が付帯しており、自己負担がなく補償期間も180日間とかなり長期間補償してくれます。

そして特筆すべきは、一般的なショッピング保険では補償されないスマホ・ノートPC・デジカメの破損も補償してくれる点です。

ただし、旅行傷害保険は全くついていないので、海外旅行に行くなら別途旅行保険が必要となります。


龍馬カード



≪画像元:龍馬カード




実質年会費無料で、誕生月にはポイント還元率が1.5%になるカードです。

補償限度額も300万円となかなかの高水準、そして特筆すべき点は、補償期間が1年と最長クラスだということです。

ただし、ショッピング保険で利用したいスマホ・ノートPC・デジカメは、補償の対象ではありません。

また、旅行傷害保険が付帯しているにもかかわらず、海外で購入した商品はショッピング保険で補償されないなど、若干ちぐはぐな面が見られます。


リクルートカード



≪画像元:リクルートカード




年会費無料でポイント還元率が1.2%、しかも電子マネーへのチャージでも1.2%分のポイントがもらえます

一般カードの中では、年間の補償限度額が200万円とかなり高水準です。

JCBブランドでしたら、デジカメやノートPCも補償してくれます。

ただし、海外旅行保険は利用付帯ですので、リクルートカードで旅行代金を支払いましょう


アメリカン・エキスプレス・カード(グリーンカード)







アメックスのプロパーカードで、その高いステータスは並のゴールドカードをしのぐほどです。

補償限度額が500万円と、一般カードでは最高クラスを誇り、しかもスマホ・ノートPC・デジカメの全てを補償してくれます。

ただし、年会費が一般カードにしては高額な点と、自己負担1万円な点がネックです。


タイプ別、ショッピング保険おすすめカード

高額商品を購入する人


高額商品を購入する人は、アメックスグリーンがおすすめです。

高額商品ならば、自己負担の1万円を差し引いても得をします。

500万円まで補償してくれるので、大概の高額商品をカバーできるでしょう。

デジタル・モバイル機器は欠かせない人


デジタル機器やモバイル機器を補償してほしい人は、イオンカードセレクトかアメックスグリーンがいいでしょう。

高額な機器でなければ、イオンカードセレクトの50万円の限度額で十分です。

長期間旅行に行く人


長旅、特に国内の長期旅行が好きな人は、龍馬カードがおすすめです。

最長1年間まで補償してくれますので、旅の途中で手続きができなくても、帰宅後に請求手続きができます。

コスパを重視したい人


ショッピング保険と日常生活のコスパを重視したい人は、どちらも年会費無料のリクルートカードかイオンカードセレクトがいいでしょう。

ショッピング保険と割引を重視するならイオンカードセレクト、ポイント還元重視の割合が高い人はリクルートカードといった感じです。(執筆者:角野 達仁)