インテリア

100均にも材料がある。生け花の知識がなくてもできる「ハーバリウム」を手作りしよう

手作りハーバリウム



ドライフラワーやプリザーブドフラワーをオイルが入った瓶に入れて飾るハーバリウム」が人気を集めています。

「花を家に飾りたい」と思っても、
枯れてしまうことがわかっている花にお金をかけられない

せっかく花を買ってきても花瓶にバサッと入れるだけしかできず、花の良さを引き出すことができない
そんな方もいると思います。

ハーバリウムは、瓶の中に花を入れるため花の量が少なくても、周囲がガラスの壁に囲まれているため、寂しく横に広がってしまうことはないのです。

しかも、オイルがドライフラワーに欠けているみずみずしさを補い、ドライフラワーの「長持ち」と生花の「新鮮さ」の両方をいいとこ取りすることができています。


ハーバリウムはオイルが命

誰でも簡単に作れるハーバリウムですが、
材料の選び方は慎重に行う

必要があります。

とくにオイルは大切です。ハーバリウムがきれいにできるオイルは、透明性と粘度が決め手です。

透明度が高いオイルは、中の花をきれいに見せることができます。

粘度が適度にあるオイルは、花を支えることができるため、型崩れしにくいハーバリウムに仕上がるのです。

気泡対策


ただ、粘度の高いオイルほど時間がたつと気泡が上がってきます。

気泡になった分だけオイルの体積は減ってしまうため、気泡が上がってきたら、不足したオイルをつぎ足してフタを閉めましょう

オイルの種類と価格


ハーバリウム専用のオイルは、1リットル当たり約1,500円で購入できます。

ベビーオイルで代用できますが、ベビーオイルも1リットル当たり約1,300円するため、ハーバリウム専用オイルの方がいいでしょう。

ガソリンは絶対に使用しない




少量であってもガソリンは気化しやすいため危険です。

オイルには引火点と発火点があり、自然発火する温度はとても高いため、よほどのことがなければ大丈夫と思いがちです。

しかしハーバリウムはガラスの瓶に入れて太陽光が当たる窓辺に置いて楽しみます。そのため、想像以上に内部の温度が上がる可能性もあるのです。

ハーバリウム専用オイル以外のオイルを使うときには、メーカーに確認することをおすすめします。


主役の花は大きさよりも数で勝負

ハーバリウムの主役は花です。どうせ長持ちするなら、バラやシャクヤクのような豪華な花で作ってみたいと思うかもしれません。

ハーバリウムは上からではなく、側面から見ます

シャクヤクのように一番上に大きな花が一輪ついていても、瓶に入れるとフタの位置に花がきてしまうのです。

きれいに見せるコツ


ハーバリウムに入れる花は、小さくても側面にたくさんの花がまんべんなくついている方がきれいに仕上がるでしょう。

もしも一輪の大きな花を主役にしたいならば、長さを瓶の半分程度に切り、カスミソウのように小さな花が出ている植物に引っかけて「浮き」をおさえましょう。

ドライフラワーは色落ち注意


ドライフラワーの中には、発色をよくするために染色してあるものがあります。

油性の顔料はオイルに色が溶け出してしまう可能性があるので注意が必要です。


オイルに色をつけて表現

ハーバリウムでは土を入れることはできません。

表現したい景色などは「色」をつけます。

「土」を表現


瓶に精製水を入れます。量は、土部分にしたい高さまでです。

精製水をインクまたは絵の具で茶色に染めます。

続けてオイルを静かに注げば、比重の関係で水の層は下、オイルの層は上になるので「土」が表現できます。

「海」や季節を表現


水の色を水色にすれば海を表現できます。

貝殻や小石を敷き詰めれば「夏」のイメージになり、赤い実とグリーンを合せれば「クリスマス」になるでしょう。

ご祝儀袋についている水引も使えるアイテムです。花と水引を合せ、金のビーズを沈めれば「お正月」ムードが漂います。

「物語」を表現


子どもが飽きてしまった小さなフィギュアを組み合わせれば、瓶の中にお話しの世界を表現できます。


容器選びも重要



容器選びを上手にすれば、少ない花でもきれいなハーバリウムを作ることができます。

細身で背が高いビンを選べば、初心者でも失敗なく作ることができるでしょう。

また、瓶の下にステッカーを貼ったり、瓶にリボンをかけたりすると「買ってきたような仕上がり」になります。

試験管のような瓶もすてきですが、フタがコルクになっているときにはオイルがこぼれることもあります

プレゼントにするなら、フタがきっちりと閉まるタイプの瓶を選びましょう。


オイル処分方法

市販されているハーバリウムならば1年以上楽しむことができるものありますが、手作りのハーバリウムは、1年以上経過すると劣化が始まってしまうかもしれません。

不要になったハーバリウムのオイルは、下水に流さないようにしてください。

オイルは、新聞紙に浸み込ませて燃えるゴミとして処分します。

量が多いときには、牛乳パックに新聞紙を丸めて詰めて、オイルを流し入れます。オイルが漏れないように口を閉めてから燃えるゴミとして処分します。


ハーバリウムに慣れてきたらテラリウム調に挑戦

ハーバリウムに似た言葉で「テラリウム」があります。

テラリウム
とは、ハーバリウムと同様に瓶の中に苔や小石、貝殻を配置して小さな庭園や物語の世界を再現するものです。オイルではなく土を使います。

こちらは植物が生きているので、育てる楽しみもあります。




手作りインテリア

ストーリーを考えて、ビンのなかに表現できるハーバリウムやテラリウムは、生け花の知識がなくてもインテリアを配置する感覚で手作りできます。

最近は、材料も手軽に手に入るようになったため、玄関に飾る人も増えています。

正月飾りの代わりにお正月らしいハーバリウムを作ってみるのも楽しいですね。(執筆者:式部 順子)

風水の基本「余計なものを排除して、気の通りをよくする」を実践したら、部屋がスッキリして無駄遣いもなくなってきました。

風水

今から約4,000年とも5,000年とも言われる前に中国で発祥した学問で、環境学と統計学から成り立っています

毛沢東時代の文化革命によって風水が取り締まられた結果、中国独自の風水が海外に流失し、世界各国で広まりました。

日本でも地相や家相の吉凶を判断するためだけでなく、身近なインテリアに気軽に風水を取り入れることが多くなりました

筆者は、風水を参考にしてインテリアを少し変えると、無駄遣いが減りました。


「風水」は自然なものに運気が宿る



風水では、
・ 風
・ 水
・ 樹木
・ 太陽
・ 土
など自然のものに運気が宿るとされています。

風水においてNGなモノ


ドライフラワーやアートフラワー、プリザーブドフラワーには生気が宿っていないので、いくらすてきにアレンジされたものでも、風水上ではNGです。

また、人形やぬいぐるみを何年も飾っておくのも、悪い気をたくさん吸い込んでいるので好ましくないとされています。


風水と掃除

女性は雑貨が好きな人が多いので、あまり深く考えることなく玄関や寝室に飾っている人も多いと思います。

筆者も雑貨が大好きで、ブリキの缶やかごに庭に咲いた季節の花をドライフラワーにしてあちらこちらに飾っていました。

風水といえば掃除が基本




ほこりのついた雑貨は風が吹くたび、人が通るたびに目に見えないほこりが舞い上がり、呼吸器にも害を与えます。

特にドライフラワーはほこりが取りにくく、健康上よくないことは知っていたのですが、風水上もドライフラワーを飾るのはよくないと知って、この趣味をやめました。

ぬいぐるみやかわいいい雑貨も、お気に入りのものだけを残して片付けました。

当初は殺風景に感じられましたが、慣れてくるとスッキリ感が爽快で、その後雑貨を買わなくなりました

雑貨にお金を使わなくなって、ちょっぴりお金が貯まっただけでなく、季節の変わり目に起きていたアレルギー性鼻炎の症状が軽くなりました

きっと家の中のほこりが少なくなったからでしょうね。


風水上では、黒の家具は運気を下げる 

ひと昔前に、重厚感のある黒のソファや黒のベッドがはやったものですが、狭いリビングや寝室に黒い家具は確かに重苦しく感じられます。

それだけでなく風水的に見ると特に黒いベッドに寝ていると、その人が持っている運気を下げるというのです。

風水の良い点は、必ず対処の仕方がある


なんと我が家のベッドは黒でした。

ベッドはそう簡単に買い替えることができません。

黒いベッドは、キャメルやベージュなどの安定感のある色のベッドカバーで覆うと、運気が上がるというのです。

パッチワークが好きな私は、家中のベージュ系の布をつなぎ合わせて、大きめのベッドカバーを作りました。

そのカバーですっぽり覆うと、黒いベッドは「赤毛のアン」に登場するようなカントリーぽいベッドに生まれ変わりました。

捨てようかどうしょうかと迷っていた布や衣類はよみがえり、お金をかけずに運気が上がりそうです。




まとめ

風水は難しいものでも、うさん臭いものでもありません。

風水の基本は
「余計なものを排除して、気の通りをよくすること」
といったごくシンプルな考え方です。

納得いく部分は取り入れて、そうでもないところは自分の都合の良いように解釈するのもアリかなと思います。(執筆者:志水 恵津子)