アルトコイン

「ビットコインって正直よくわからない」 仮想通貨取引のポイントをできるだけシンプルにご紹介

最近では、ビットコインなどを取り扱う「仮想通貨取引所」のCMやポスターを、あちこちで見かけるようになりました。

メルカリやLINEなど、身近なサービスでも仮想通貨決済の導入を検討しているというニュースが出ています

「10万円の元金が1年で200万円に」といった景気の良い話を聞くと、仮想通貨取引に興味はわくものの、仮想通貨がどういうもので、どのように取引するものなのか、イメージしにくいという方も多いかと思います。

そこで昨年から仮想通貨取引に参加している筆者が、仮想通貨取引のポイントをできるだけシンプルにご紹介します。




仮想通貨とは?

仮想通貨は、インターネット上で使うことのできる通貨のこと暗号通貨、デジタル通貨といった呼び方をされることもあります

円やドルといった法定通貨とは異なり、公的な管理者が存在しないというのが、仮想通貨の大きな特徴の1つです。

仮想通貨の取引履歴は、ブロックチェーンという「参加者が皆で取引内容を共有・監視できる仕組み」によって管理されます

インターネットさえつながっていれば世界中どこでも使えるため、新たな送金・決済手段として注目を集めています。


どうやって買うの?

仮想通貨を手に入れる方法としては、専門の取引所を介して、円やドルなどの法定通貨と交換するのが一般的です。

日本の取引所としては、bitFlyerやcoincheckが有名です。

bitFlyer




≪画像元:bitFlyer


coincheck




≪画像元:coincheck


記事執筆時点のビットコインの値段は、1BTC=170万円ほどですが、0.001BTCなど少額からでも購入可能です


仮想通貨詐欺に気をつけて!

なお、仮想通貨取引が有名になったことで、「仮想通貨詐欺」も増えているようです。

仮想通貨を売買する場合は、基本的に人や代理店を介しての購入はせず、メジャーな取引所を利用して、自分で買うようにしましょう


値動きは?

仮想通貨としてもっとも有名なビットコインは、2017年の1月は1BTC = 10万円ほどでした。

それが12月には一時期1BTC = 200万円以上の値をつけ、現在は1BTC=170万円ほどになっています。

このことからもわかるように、価格の乱高下が激しく、大きな利益が出る場合もありますが、マイナスになってしまう可能性も非常に大きいものだといえます。


ビットコイン以外にも仮想通貨はあるの?

仮想通貨には多くの種類があり、現在は1,500以上もの仮想通貨があるといわれています

ビットコイン以外では、イーサリアムやビットコインキャッシュ、ライトコインなどが有名です。

各コインによってできた背景や役割が違い、例えば、大手掲示板サイト2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から生まれたモナコインは、主にネット上で気軽に支払えるチップとして利用されています。

これらの「ビットコイン以外の仮想通貨」を総称して、「アルトコイン(オルトコイン)」と呼ぶこともあります

アルトコインの一部は、日本の取引所でも購入可能です。


仮想通貨はこれから値上がりするの?



これから仮想通貨を買おうと思っている方にとって、一番気になるのが、

「結局、仮想通貨はこれから値上がりするのかどうか」

ということではないでしょうか。

正直なところ、これについては全く検討がつきません。

2008年にビットコインが誕生してから、まだ10年足らず。

徐々に決済手段として使えるお店やサービスも増えてきていますが、国によっては仮想通貨の取り扱いを禁止するといった動きも出てきています

世界中のアナリストが独自の見解を発表していますが、「今後さらに20倍にもなる」という意見もあれば、「1BTC = 10万円程度まで下落する」などさまざまです。

仮想通貨の「適正価格」がいくらなのかは、少なくとも今はまだ、誰にもわからないというのが実際のところではないでしょうか


それでも筆者が仮想通貨を保有する理由

筆者は少額ではありますが、ビットコインを始めいくつかのアルトコインも所有しています。

否定的・懐疑的な意見も多い中で、それでも仮想通貨を持っているシンプルな理由としては、「仮想通貨が普及したら、きっと便利だろう」と感じているからです。

仮想通貨が広がれば、外国に行くときも両替が不要になります。

世界中のどこに相手がいても、Twitterやメールなどで気軽に送金できるようになります

振込や送金にかかる時間も手数料も最低限になり、海外のものを買ったり、海外にいる人と一緒に仕事をしたりするのも、今よりずっと簡単になるでしょう。

人は便利なものが大好きです。

携帯電話もインターネットも、できた当初は「使うのは一部の人だけでしょ」と否定的な意見が多かったものです。

でも、現在では生活になくてはならないサービスに進化しています。

仮想通貨も、同じように発展していくポテンシャルがあるのではないかと、個人的には期待しています。


仮想通貨は「余剰資金の中の余剰資金」で!

とはいえ、無数にある仮想通貨の中で、「どのコインが最終的に生き残るのか」という予測を立てるのは難しいですし、結局各国で規制が広まって、仮想通貨が使えなくなる未来も十分にあり得ます。

価格のアップダウンも激しいですから、毎日ハラハラするような金額を投資するのはおすすめできません。

「投資は余剰資金で」とよく言われますが、仮想通貨投資に関して言えば、「余剰資金の中の余剰資金で」行う方が、気持ちとしても楽なのではないでしょうか

筆者は仮想通貨に投じる金額を、「宝くじを買うときと同程度」にしています。

最悪リターンがゼロになってしまってもしかたない、という金額であれば、値動きに一喜一憂せずに済みます。

これから仮想通貨投資を始めるという方は、「もうかるらしい」といううわさだけに振り回されず、リスクについて十分に考慮した上で、購入を検討してください。(執筆者:青海 光)

【ビットコイン】みんなはどうやって儲けてる? 3つのリスクを知れば、決して怪しくはありません。

名前は有名「ビットコイン」



ビットコインの価格が大きく上昇してきており、ニュースとして取り上げられることも多くなりました。

いまだに否定的な見方も少なくないですが、ビットコインとは何かについては、こちらの記事が参考になります。

株式や外国為替(FX)と比較して価格の変動が大きく、1日で30%以上変動することもあります。

11月末には1ビットコインあたり100万円を突破し、12月上旬には230万円付近の値を付けました。


ビットコインで利益を得る方法

1. マイニング(採掘)し、コインを手に入れる

2. 安いときにコインを買い、高くなるのを待って売る


裁定取引

上記以外に「裁定取引」と呼ばれる方法があります。

コインの売買は、民間の会社が開設している取引所で行います。取引所によって価格が異なり、また価格の変動のしやすさも異なります。

その取引所間の価格差を利用するのが裁定取引です。

いくつかの取引所に口座を開き、
安い取引所で買って、高い取引所で売る
というのが基本的なやり方です。

価格が急変動しているときは、数時間にわたって5%以上開きが出ることもあります。12/9には10%以上の開きも出たようです。

裁定取引の例


例えばA取引所で1ビットコインあたり180万円で購入し、B取引所で190万円で売却できたとします。

両取引所にあらかじめ0.1ビットコインずつと購入資金20万円保有していた場合、A取引所で18万円で0.1ビットコイン購入し、B取引所で19万円で0.1ビットコイン売却することにより、1万円の利益(5%強)を得られます

1年間預けて0.01%増えるような預金とは大きな差です。




「裁定取引」が有用なビットコイン

他の金融商品と違って、ビットコインは取引所間での価格差が大きいのが特徴です。

株式は、基本的には共通の取引所(東証など)を介して売買されるのでどの証券会社で売買しても価格そのものは同じです。

外国為替は、取引高が他の金融商品に比べてはるかに大きく流動性が高いため、取引所による価格差というものはわずかしか生じません。

ビットコインは市場への参加者や取引量がまだ少ないため、取引所ごとの価格差が生じやすく、その間は裁定取引は有用な方法かと思います。

ドル建て取引も可能


円建てだけではなくドル建てでも取引でき、ドル建てでは海外の取引所との間に毎日のように3~5%程度の開きが生じているような状態です。

自動プログラムで機械に上記の取引させることもできます。

今は妙味がありますが、やがて参加者が増え、取引所間での価格差が小さくなると収益機会も減少していくでしょう。


ビットコインのリスク

他の金融商品と比べ、リスクが大きいとされるビットコインですが、主に以下のようなリスクがあります。



1. 価格変動リスク


2つの口座で同時に売買するには、売るための一定量のコインを保持しておく必要があるので、保有中はその価格変動があります。

ただ、現在までのように価格が上昇基調の場合、大きな含み益となります。

価格が急激に上昇しているため、バブルともいわれていますが、実際にははじけてみないとわかりません。

そう言われているうちに、価格がさらにその10倍になるなんてことも十分考えられます。

一方で、今の十分の一程度になる可能性も考えられます。「適正価格」が存在しない商品の宿命です。

2. 取引業者の信用リスク


取引所が破たんすると、預けていた資産が返ってこない可能性があります

2017年10月から、仮想通貨取引所の運営会社は金融庁の登録制になりました。

登録制になったからと言って破たんしないわけではありませんが、会社としてさまざまな条件をクリアしないと登録されないので、以前よりは安心できるようになったかと思います。

3. セキュリティ


取引所がハッキングされてコインが盗まれることもあります。

また、自分の口座に不正ログインされると他人の口座に自分のコインを送られてしまいますので、アカウントのセキュリティも注意が必要です。


ビットコインは有望か

上記のようにリスクはありますが、これまでのように変動の大きな相場ですと数十%超(年換算)の利益を出すのはそう難しいことではありません。

裁定取引の良いところは、相場が上昇しても下落しても関係ないので、精神衛生上よいというところです。

保有コインが昔に安い価格で買ったものであればなおさらです。

しばらくは上記リスクを覚悟で利益を積み重ね、その合計が保有コインの取得価格以上に積み上がれば、仮にその後ビットコインの価値がゼロになっても累積損益はプラスです。

同じ1回の裁定取引の手間に対して、動かすお金が大きいほど利益額が大きくなります。

常に張り付いていなくても、価格が大きく変動しているときだけ参加するのでも一定の利益は得られます




アルトコイン

仮想通貨には、アルトコインと呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨がたくさんあり、その数千種類以上と言われています。

裁定取引を行うなら、よりマイナーな仮想通貨のほうが取引機会が多いかもしれません。

ただ、ビットコインも含めて今後も淘汰されることなく売買され続けるコインであるかどうかはわかりません。

ビットコインが生き残るのか、他のコインが王者になるのかわかりませんが、仮想通貨そのものへの需要はなくならないでしょう。

金融資産運用においては、選択肢の1つとして仮想通貨はしばらくは外せないものと思います。

ハイリスク・ハイリターンですので、「なくなっても大きく困らない余裕資金」で行うのが基本です。(執筆者:日比野 岳)