おかず

「缶ごと」で節約時短料理。夕飯の「あと1品」やおつまみにも大活躍、家族に大好評のレシピを公開。

あら! どうしましょう…



今日のおかずにあと1品が足りない!

だけど材料も時間もない!

パパのおつまみを作らないといけないのに、冷蔵庫がからっぽ…
そんな時、何を出せばいいのか頭を使いますし、ついイライラしてしまうこともありますよね。

毎日、家族の食事を用意するのは、とても大変なことです。

家計のことも考えなければいけませんから、できるだけ安くておいしいおかずが簡単に作れたらうれしいですよね。

そこでおすすめなのが、100円で売っている缶詰です。

しかも、調理によっては「缶ごと」作れてしまうので、洗い物も減らすことができます


缶詰は、困った時のお助けアイテム!

缶詰にはお助けメリットがたくさんあります。

お助け1 長期保存ができる


賞味期限が長いので、ストックしておけます。

安い時に買っておいて、いざという時に使えるのは本当に助かります。
「節約の味方」
というべき食材なのです。

お助け2 調理&味付け不要


缶詰は「すでに調理済み」の食材で、下処理不要、そのままでも十分おいしく食べられるので、調理時間を短縮することができ、忙しい時でもパパっと1品作ることができるんです。

しっかり味がついている缶詰だと、味のベースが決まっているので味付けがほとんど不要。楽々調理ができますよ。

今日は
「魚がいい」
「お肉がいい」
という家族のリクエストにも、缶詰を使えばいつでも答えることができますね。

わざわざ材料を買いに行く必要もないので、「今日は家事をお休みしたいなぁ」という疲れている時の献立としてもおすすめです。


缶詰を「缶ごと」アレンジ

缶詰をそのまま出しても問題はないのですが、やっぱり手抜き感が出てしまいますよね…

缶詰に「ちょい足し」アレンジすれば、立派なおかずのできあがりです。

さらに、缶をそのまま器として利用すれば、洗い物も簡略でき、ママの負担も軽減されますよ。


オイルサーディンのレモンチーズアヒージョ




・オイルサーディン 1缶
・にんにく 1かけ
・レモン汁 お好みで適量
・乾燥パセリ 適量

オイルサーディンに、みじんぎりにしたにんにくを散らし、トースターで3分ほど焼きます。

焼けたら、お好みでレモン汁、仕上げにパセリを散らしたら完成です。

バケットに乗せるのもおすすめです。

塩焼き鶏缶のねぎレモン焼き




・白焼き鶏缶 1缶
・ねぎ 10g
・レモン汁 適量
・ブラックペッパー 適量

塩焼き鳥缶に、みじん切りにしたねぎを乗せ、トースターで3分ほど焼きます。

焼けたら、お好みでレモン汁、仕上げにブラックペッパーをふったら完成です。

我が家では、缶詰アレンジおかず人気NO.1レシピです。

タレ焼き鶏缶の親子丼風




・タレ焼き鶏缶 1缶
・卵 1個
・玉ねぎ 10g

タレ焼き鶏缶に、みじん切りにした玉ねぎを乗せ、真ん中をくぼませたら卵を割り入れます。

そのままトースターで3分ほど焼いたら完成です。

ごはんにかけたら、絶品親子丼になりますよ。

ランチや朝ご飯にもぴったりです。

ツナ缶まるごとグラタン




・ツナ缶 1缶
・玉ねぎ 10g
・ピザ用チーズ 適量
・パン粉 適量
・牛乳 20cc(あふれない程度に加減して)
・乾燥パセリ 適量

ツナ缶に牛乳を少しずつ混ぜ、みじん切りにした玉ねぎ、ピザ用チーズを乗せます。

その上からパン粉をかけ、トースターで3分焼きます。

焼けたらパセリを振りかけて完成です。

パンにも合いますが、我が家では朝ご飯のおかずとして重宝しています。

ツナ缶だけをだすよりも、豪華になりますよ。

鯖味噌バター焼き




・鯖味噌缶 1缶
・刻みねぎ 適量
・白ごま 適量
・白すりごま 適量
・バター 1かけ

鯖味噌缶に、白すりごまと白ごまを混ぜて、上にバターを乗せ、トースターで3分焼きます。

仕上げに白ごまをふりかけたら完成です。
今日は料理を休みたい…
そんな時に助かっているレシピです。

ごはんも進むので、夕飯のおかずとしてもおすすめですよ。


パパッとメニュー

どれも、調理時間たったの5分程度でできる、簡単なレシピです。
・ あと1品
・ パパのおつまみ
・ ランチ
に…パパっと作りたい時におすすめです。

1缶100円で手に入る缶詰なので、コスパも良く、経済的にも助かるメニューなので、お給料日前にもピッタリです。

ぜひ、一度お試しください。(執筆者:三木 千奈)

業務スーパーでお得なお惣菜をゲット 毎日のお弁当作りにも使える、安くて美味しいおかず5選

ランチ代を節約するために、お弁当を持参する人が増えています。

ですが、毎日のお弁当作りはとても大変です。

作ること自体手間のかかることですが、何よりもコスト面も考えて「メニューを考えること」がとても面倒だったりしますよね。

おかずを作るにも、材料費がかかりすぎてしまっては、お弁当を持参する意味がなくなってしまいます…。

そこでおすすめなのが、「業務スーパーのおかず」です!



≪画像元:業務スーパー


業務用の食材を取り扱っているイメージが強い業務スーパーですが、お弁当にぴったりな安くておいしいおかずもたくさんあるんですよ。


ポテトサラダ


≪画像元:mitok


ポテトサラダは、お弁当の隙間を埋めるのにちょうど良いおかずですよね。

お弁当は、揚げ物をはじめコッテリ系のおかずが多めになりがちなので、そこにポテトサラダがあると箸休めにもなります。

ただ、1から作るとなると手間がかかりますし、なにしろポテトサラダは痛みが早いもの…。

そんな時、業務スーパーのポテトサラダが便利です。

ゴロゴロとしたじゃがいもに、人参、玉ねぎが入っていて、自家製ドレッシングで味付けしてあります

じゃがいも本来の味もしっかりと残っているので、とてもおいしいですよ。

国内製造なのもうれしいポイントです。1㎏に入って、なんと370円!

小分けにして冷凍すれば、お弁当数十回分になるので、おかず代も節約できますね。

【参考価格:370円】


プレーンオムレツ


≪画像元:mitok


お弁当の定番おかずと言えば、卵焼きですよね。

シンプルなおかずですが、いちいち作るのは結構手間がかかりますし、洗い物も増やしてしまいます…。

ですが、彩りを考えても卵焼きは欠かせませんよね。

そこでおすすめなのが、プレーンオムレツです。

電子レンジでチンするだけでふんわりおいしいオムレツに仕上がります。

味はあらかじめついていますが、薄味なので、ケチャップをプラスするとおいしいですよ。

少し大きめなので、1個で家族のお弁当1日分としても使えます。

約200円で10個入りなので、卵を買うよりも安いですね。

【参考価格:201円】


徳用ウインナー


≪画像元:mitok


お弁当には欠かせないおかず、それはウインナーですよね。

大人も子どもも大好きなので、お弁当には必ず入れるという家庭も多いのではないでしょうか?

我が家でも必ずタコさんウインナーにして入れています。

業務スーパーの徳用ウインナーは、460円でなんと1kgという大容量

100gあたり46円という、驚きの価格です。

スーパーでウインナーを購入する場合、100g100円でも安いほうですから、徳用ウインナーがいかに安いのかが分かりますよね。

激安にも関わらず、ウインナーは国内製造で安心安全、皮もやわらかめなので、子ども食べやすいです。

量が多すぎる…と購入を躊躇している人も心配いりません。

この徳用ウインナーは冷凍できるので、食べきれない分は冷凍保存すれば日持ちしますよ。

【参考価格:460円】


焼上ミニハンバーグ






業務スーパーで取り扱っているお弁当向け冷凍総菜の中でも、一番コスパが良いと思うものが、焼上ミニハンバーグです。

1袋に入っているハンバーグの数は、なんと30個。

1個あたりの値段は10円とびっくりするくらい低価格なんです。

スーパーで売っているお弁当用ハンバーグは、特売日を狙っても6個入で200円くらいはしますから、節約にはぴったりですよね。

すでに調理済みなので、使う時は電子レンジでチンすればOKという手軽さもうれしいポイント。

焼く必要はなく、温めるだけで食べられるので、常備しておくと何かと便利です。

【参考価格:298円】


鶏そぼろ



≪画像元:mitok


業務スーパーの鶏そぼろがあれば、簡単にそぼろ丼弁当が作れます。

甘辛味で、鶏肉の他に、にんじんやごま、しょうがもたくさん入っているので栄養満点です。

おにぎりの具としてもおすすめです。

我が家では、この鶏そぼろを使ったおにぎりが大人気なので、冷蔵庫には必ずストックするようにしています。

同じシリーズで、鮭フレークや青魚フレークもあり、値段もあまり変わらないのでそちらもおすすめです。

国内製造品なので、お子様のお弁当にも安心して使えますよ。

【参考価格:158円】


最後に

業務スーパーのお弁当おかずを組み合わせれば、メニューに悩むことも減りますし、節約にもつながります。

そして、お弁当を作る時間を短縮できるのもうれしいですね。

※ここで紹介している参考価格はすべて税抜きで、あくまでも目安です。店舗によって値段が多少変わる場合もあります。(執筆者:三木 千奈)